FC2ブログ

生きとし生けるもの

昨日墓参りに行ってきました。
7時過ぎに出て着いたのは10時前。
父が亡くなったそばを選んだので仕方ないとはいえ、辺鄙なところで不便極まりない。
霊園墓地なのに墓石建立するまでの費用が350万ほどかかってる。
これなら小さくてもいいから近所のお寺にすればよかったと思うものの、お布施とかなにかと購入後にお金がかかる。
その点ここはそういう心配がないし、何よりも山里気分を味わえるのがいい。
母が亡くなってお彼岸と盆は必ず墓参りをしてましたが、十年たつうち今回はいいかということも多くなってますが、今年は春の彼岸とこのお盆墓参りをしてるのは由乃が去年亡くなったからだろうか、肉親より孤高の猫を供養したいがためのようで・・・
ササユリが咲いてるものの強烈な陽射しに樹木の葉が萎れそうな感じだし、枝垂桜は生彩を失ってる。
春の彼岸時に行ってもこの枝垂れ桜が花をつけてるのを見たことがないので、来年こそ満開時を狙って墓参りをしようかと思ってます。
 hakamairi_0002.jpg hakamairi_0003.jpg hakamairi_0004.jpg   

山を切り開いた霊園へ近づく電車内では奥多摩の大岳山が見え隠れしてた。
山へ行かなくなってから二十年たち、足腰が弱って1キロ歩けば股関節と膝が痛む。
以前なら墓参りをした後あちこち行きたいので、霊園の送迎バスでなく路線バスの始発を利用してました。
それも最近朝早く起きるのが辛くなってるのは自堕落な生活をしてるからですが・・・
それでも昨日は5時に起きて弁当を作ったし、墓参りの後はなじみの猫がいる所へ行きました。
その弁当をひろげると寝てた猫たちが起きて寄って来る。
塒のそばにはカリカリがあるというのに、以前も他の人のおにぎりをねだってたのを思い出す。
hakamairi_0005.jpg 

猫たちと別れ里山気分を味わいながら駅へ。
そして西武秩父駅へ行きました。
駅の仲見世に去年祭の湯が開業しものすごい人でしたが、番場町の裏通りは相変わらずひっそりしてて、行くたびに見てた猫たちも暑くていないのか、亡くなっていないのか・・・
安田屋で初めて食べたコロッケが美味しかった。
hakamairi_0006.jpg hakamairi_0007.jpg 

そして廃墟と化してた猫だまりだった秩父会館へ行くと、活々亭と番場ホルモンなる飲食店ができてるのにびっくり。
秋の彼岸墓参りに行った3年前だったか、両神荘に泊まったときが秩父へ行った最後だったと記憶してる。
その廃墟を工事してたのはいつだったか思い出せませんが、地元の方が昔は役者が来たりしてにぎわってたという。
そのことを役所に問い合わせると元旅館だったので俳優とかを呼んで演芸をしてたらしい。
旅館名は不明ですがその後秩父会館と称してたようです。
hakamairi_0008.jpg hakamairi_0009.jpg 

時は光陰矢の如しではありませんが、秩父銘仙として名を馳せ宿場町としても栄えてたのは何百年も前のこと。
こちらがその秩父へ行き始めたのは8年ほど前からだろうか?
8年だろうと10年だろうと大昔繁栄してた秩父とは比べ物にならないほど廃れた街になってしまいました。
時は時勢に関係なくどんどん進み、生きてるものはやがて死んでいく。
地球規模で考えるなら人の一生など一秒にも満たないだろうし、猫ならなおさらのことであっという間の命。
我が家の孤高の猫が14年と8か月余り生きたのが長命だとしてもだ。

そんなことを真新しい飲食店に思いを馳せながら帰宅し、窓を閉め切った我が家に着けば蒸し風呂。
秩父へ最後に行ったのがいつだったのかハードディスクで秩父のフォルダーを探すもない。
エリアごとに撮影した猫はあっても、それは2013年だけだし、旅行ごとに分けたフォルダーに秩父がない。
去年お釈迦になったハードディスクを復旧させようかと思うが何十万円もかかるのではそうもいかない。
そんな悔しさもまた刹那なのだろう。
煩悩を払うには執着心を持たないこと。
なにごとも諦めが肝心なのだ。
そうは思うものの諦めきれないのが人情ですが・・・

何年か前秩父で猫撮りをしてると10歳ぐらいの少女がそばに来た。
持ってた餌を隠したのは、誰かに猫に餌をやるなと言われたからだろうか?
それでも猫を好きなのか聞くと黙ってうなずいた。
顔馴染みの猫に餌をやりたいんだろうが、こちらがいては邪魔だろうと早々に退散した。
おとなしそうだったその少女は、今でもその猫に餌をやってるのだろうか?
いや、その猫は元気なのだろうか?

19時間近く起きてるるというのに、昨夜はいろんな思いが交錯し、疲れてなかなか寝付けなかった。
不敵な面構えだった仔猫が元気でいるといいんですが~~~
hakamairi_0010.jpg

異常な猛暑に早くもクラゲが発生

クラゲが発生するのは盆過ぎてが通例なのに、今年は異常な猛暑に早くも7月半ばに発生してました。
昨夜から今朝にかけて29度から30度で、熱帯夜というより猛暑のままの夜で寝苦しく、7時間から8時間寝てるのが5時間で起きてしまいました。
朝5時半の室温29度でしたが、歯医者から帰って来た4時前には35度に。
青梅では観測史上初めて40度を超したそうですが我が家の外気温は35度。
室内外とも同じ温度ですが、部屋の方が断然涼しいのは照り返しがなく扇風機をつけてるからです。
いつまでクーラーをつけずにいられるやら・・・


2018_07_0006.jpg

夏なのに梅雨のよう空模様

昨夕ブログの記事を更新しネットを見てると雨が降り出し慌てて窓を閉めました。
午前中はときたま日が射してたのに午後になると雲が多くなったのは雨雲だったようで、隅田川の花火を見に行った人たちは濡れなかったか、打ち上げするのかと気を揉みましたが、予定通り隅田川の花火大会は開催されたのをテレビでのんびり見てました。

夏というとやはり花火ですよね。
それに青い空。
都内は6月から夏日に、7月になると猛暑日が多く空梅雨もいいところでしたが、梅雨明け宣言したと同時に曇った日が多くスカッと晴れた日が少ないし、晴れてもすぐ曇ってしまう。
日本の四季ははっきりしてるのに、これでは梅雨に逆戻りしてるのかと思ってしまいます。

下のサルスベリを撮影して1時間足らずで左のような空模様になりました。
夏なのに梅雨のよう空模様で、おかしな夏ですね・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4
 2017_07_0019.jpg 

梅雨明け直後のムクゲと夏空
2017_07_0009.jpg 

多摩川のハナダイコンが咲き始めました

我が家の野良猫はこの冬、一度も塒に入ることなく無事越冬するようです。
それにひかえこちらは年々寒さに弱くなり、山へ行ってた時真冬でも窓を開けたまま寝ては寒さ慣らしをしてたのが嘘のようです。
冬来たりなば春遠からじとはよくいったもので、春が間近に迫ってるなか我が家の野良猫の後ろ姿に、寒さに負けずよく頑張ったといってあげたくなりました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
yoshino_02199.jpg

啓蟄が過ぎ来週は彼岸の入りを迎えるし、桜の花芽も心なしか膨らんできたしユキヤナギと多摩川のハナダイコンも咲きだしました。
日中なら湯沸かし器を使わず。水道水そのままで洗い物や米をといでもさほど冷たく感じない日が多くなってきてるし、春が本当に間近に来てる感じです。
といっても朝晩は寒いですけどね・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / smc PENTAX-A 35-70mm F4
2017_03_0001.jpg 2017_03_0002.jpg flower_sakura_02035.jpg bird_tsugumi_0001.jpg

東京は昨日との気温差-18度で雪

一昨日20度近くまで気温が上昇し、我が家の野良猫は日向ぼっこに勤しんでました。
夕暮れ間近に呼ぶと西日のなか下屋から下りて来るんですが、グラスライトの波板を歩くのに桟の上でないので割れて踏み抜かないか気が気でない。
4キロないというかはっきりわかりませんが、見かけだと3キロちょっとぐらいしかなさそうな猫なので難なく下りて来ました。
yoshino_02133.jpg 

今朝7時ごろ、霙から雪に変わり最高気温は2度で昨日との温度差は18度。
人間でもこんな目まぐるしく乱高下する温度差に体調がおかしくなりそうなのに、外猫たちはどうすることもできない。
我が家の野良猫は塒の存在を忘れてるのか入らず、縁の下で厳しい寒さに耐えてるようです。
強情張らずに懐いてくれば家猫にしてるのに、警戒心をゆるめない。

奥多摩辺りへ行けば紅葉に雪が降り積もるドラマチックな景色でしょうが、行くにも帰るにも電車は運転を見合わせることが多いので行かずじまい。
そんなことで近所の桜並木で雪景色を撮影しましたが、パッとしないものばかりで・・・
snow_0001_20161124133048fc4.jpg

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

ゲリラ豪雨をもたらす空模様

昨日昼頃我が家の周辺では雷を伴った雨が土砂降りとなり、大慌てで窓を閉めたもののかなり吹き込まれてしまいました。
そして今朝もゲリラ豪雨で目が覚め少しばかり開けてた窓を閉めに走りました。
そんなゲリラ豪雨をもたらす空模様を昨日夕方撮影しましたが、は方角によって全く異なってて不気味でした。

撮影機材 LUMIX DMC-FZ1000
cloud_0001.jpg cloud_0002.jpg cloud_0003.jpg cloud_0004.jpg 

我が家の野良猫はスコールのようなゲリラ豪雨が過ぎ去るとのんびり毛づくろい。
yoshino_0201.jpg