思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

歓楽街で見つけた猫の親子 

観光地というか温泉街に猫はたいがいいると昨日記事にしましたが、そのどこにいるかといえばたいがい飲食店街とか歓楽街に源泉を管理する施設が多いようです。
そんな見当をつけて行ってもいなかったので紅葉を撮りに行きそこで地元の人に猫はいないか聞くとこちらが通って来たところでした。
撮り終えてもどって行くといましたよ。
1匹かと思ったらその猫が店のスタンド看板に行き、そこにそっくりな親か兄弟猫もいました。

cat_kinugawa_0007.jpg cat_kinugawa_0008.jpg    
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

合縁奇縁は猫のおかげ 

知らない街を歩いてみたい どこか遠くへ行きたい
知らない海をながめていたい どこか遠く へ行きたい
遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅・・・・ 

永六輔さんが「遠くへ行きたい」を作詞したのは日本テレビが同名の旅番組を放送を始めたときだと思ってたら、NHKの「夢で逢いましょう」の今月の歌のために発表した50年以上も前らしい。
若い人でもつい最近まで放送されてたトットてれびを見てたなら「夢で逢いましょう」がどんな番組だかわかるでしょうが、ハナ肇さんらのクレージーキャッツとザ・ピーナッツらが出演してたシャボン玉ホリデーみたいな内容ですね。

それはともかく「遠くへ行きたい」の番組が始まったときの私は高校生で、毎回永六輔さんが全国各地を訪問しなにげないことを興味深く紹介してるのが好きでした。
旅番組というより、永六輔さんの博識を披露してるような内容でしたから。

そんな永六輔さんに影響されたかどうか、母の実家がある姫路へ14歳のとき初めて一人旅をしたのを皮切りにこれまでいろんなところを訪ね、行ってないのは高知県と沖縄だけ。
風来坊というより浮遊するデラシネなのか・・・

若いときはいろんな人と一緒に旅をしましたが、鼾だけでなく歯ぎしりが凄い私に同行する者が根を上げたし、それが心苦しかったし思いたったらさっと好きなとき好きなところへ行きたいという思いが強く、その後は一人旅がほとんど。
しかも四十代後半から猫に興味を持ったことで、なおさら同行者がいなくなってしまいました。
なぜって、猫を見るのに何万円も使うか?猫カフェなら千円ぐらいで人懐こいのいるじゃないかと・・・
いやいや、そんな単純なことじゃない。
野良猫と疎まれながら逞しく生きてる姿、そんな猫に憧れるし畏敬の念を持つといったらおかしいでしょうが・・・

とにかく猫は写真の被写体として魅力があるし、それをうまく撮れなくてもいい。
撮りたいがために猫を探し歩く。
猫をうまく撮れなくてもいいと書きましたが、猫を見てるだけでなにかしら得るものがあるからです。
それが自宅付近でなく旅さきでなら気分が高揚しててなおさら楽しいものです。

そんなことで青森で顔馴染みの猫たちと何度目かの再会をし、そして函館と定山渓をまわり小樽へ行ったわけです。
小樽は五回目だろうか、めぼしい観光地は過去に行ってて何度も行く気はない。
それでも小樽で猫を撮影するのは初めて。
さて、どこにいるのか?

そう思ってるとヤクルトレディーが通りかかりました。
街の様子を知ってるだろうと猫がいるところを知らないか聞くと、すぐそこにいるというところへ行くと何匹もいました。
撮影してると人が現れ猫が好きなのかと聞かれ、三度の飯より好きで東京から来たというと仔猫を抱き上げてくれました。
生後二か月ぐらいで今がいちばん可愛い盛り。
ここの猫をもらったのが自宅にもいるという夫婦はこちらとの親戚だという。
cat_otaru_0001.jpg cat_otaru_0002.jpg cat_otaru_0003.jpg 

その夫婦と少しばかり話し街を歩いてると、あちこちに猫がいるものの写真にはならない。
それが手宮の廃線跡に行くと若い親子のそばで錆猫がいいポーズをしてたのに、慌てたせいかピンボケ。
cat_otaru_0004.jpg cat_otaru_0005.jpg cat_otaru_0006.jpg cat_otaru_0007.jpg cat_otaru_0008.jpg cat_otaru_0009.jpg 

さらに街中を徘徊し坂を上って行くと何やら声が聞こえる。
両耳の鼓膜が破け難聴なのがやっと気づいたのは坂道に面した家の二階から声をかけられてた。
見ると、仔猫を抱き上げた女性でした。
街中で会ってから2時間ほどしかたってないのに、それもさっき会ったばかりの方との再会?
お腹空いてないの気安く言う方に、それより猫を飼ってるといってたのを思い出し、撮らせてほしいというと快く猫を玄関先に連れ出してくれました。
2匹の猫は不審者のようなこちらを警戒しまくりでしたが、奥さんが抱き上げたのを撮影したの帰宅後送りました。
猫を撮影してるとなにかと話しかけられることがあるし、これまでにいろんな一期一会とか合縁奇縁があります。
このブログではありませんが、撮影した猫を記事にしたら飼い主の方からうちの猫だと思わぬコメントがあったりとか~~~
まさに合縁奇縁は猫のおかげです。
cat_otaru_0010.jpg 

昔ながらのいかにも北国の民家に猫が2匹。
雪が降ったらこの猫たちはどこでどうやって雪をしのぐのか考えてしまうが、猫には猫の知恵がありこちらが案ずるより逞しく冬を乗り越えていくんでしょう。
cat_otaru_0011.jpg cat_otaru_0012.jpg cat_otaru_0013.jpg 

青森から始まった旅がいよいよ最終日を迎えるとなると、やっと帰るのかと思う半面、由乃とクロがいなければもっと旅をしていたいとも思う。

愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行き たい 
愛し合い信じ合い いつの日か幸せを 
愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい

そんなセンチメンタルでなく、愛らしい猫を追い続けたいだけですが~~~


夜明けの小樽港ですが、部屋からこんな光景を見られたのは小樽港湾センターシーサイドインに泊まったからです。
名称からして港湾関係者が出張時に利用するための施設のようですが、一般の宿泊も可能で和室素泊まりが税込み3240円でビジネスホテルより安いし、食事は併設されてるひら川で朝夕食とも予約で可能で昼は一般利用できます。
港湾関係者の利用が主ですが地元民もかなり来てます。
travel_hokkaido_0049.jpg 

小樽港湾センター シーサイドイン 

小樽港湾センター食堂『ひら川  

ここを見つけたのは公益社団法人日本観光振興協会が運営してる「観るナビ」でした。
大手旅行サイトが取り上げてない宿がかなり多く、予算や目的に応じたのを見つけられるし、観光歳とも全国ネットで掲載されてます。
きめ細やかに紹介してるじゃらんや楽天もいいですが、掲載件数が少ないと思われる方にはお勧めの検索サイトです。

撮影機材 Nikon D90 / Nikon D7000 / AF-S NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED / AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

おくゆかしい美猫 

キジシロの美猫に我が家の野良猫由乃の若いときがオーバーラップしてくるのは、顔が似てるだけでなく自宅を出て10日ほどたってて由乃がどうしてるのか気になってたからに違いない。
cat_jozankei_0028.jpg cat_jozankei_0029.jpg  

遠慮がちな感じがここにいるほかの人懐こい猫と少し違う。
おくゆかしい猫に惹かれたのは人に取り入るのが下手な自分に似てるからだろうか?
人馴れしてる猫は確かに可愛いが、少し距離をおきながらこちらの様子を窺ってる猫もいい。
cat_jozankei_0030.jpg cat_jozankei_0031.jpg  

そのキジシロがこちらのいるベンチに来た。
シーバを出すと3粒ほど食べてベンチの背に上がる。
なにもそんなところで香箱座りしなくてもいいだろうに・・・
顎をなでてあげると微笑んだような顔をする。
cat_jozankei_0032.jpg cat_jozankei_0033.jpg

1週間も餌を出してれば懐くだろうと思った由乃は2年たっても警戒してた。
もし由乃が懐いて家猫になってたなら、外猫を撮り歩くことはなかっただろうし、ましてや北海道まで来ることはなかったに違いない。
そんなことを思いながら定山渓温泉から小樽へ向かいました。

撮影機材 / Nikon D90 / Nikon D7000 / AF-S NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED

先日半夏生のことでタコを食べる風習があると書きましたが、皆さんタコ食べましたか?
こちらは2日続けて刺身で、そして昨日はタコ飯にして食べました。
明石のタコは足が短くて太く旨味が濃いといわれますが、モーリタニア産のでも醤油と味醂で味付けすると美味しかったです。

cooking_0001_20160704094129478.jpg cooking_0002.jpg
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

廃墟の猫たち 

猫が自由に出入りできる廃墟が定山渓温泉街のど真ん中にありましたが、Google Earthでどうなってるか確認するとなくなってるのでネットでいきさつを調べると、この廃墟の後ろにあったホテル渓谷荘が今年2月火事になりそれが燃え移ったのか?
猫たちがいた廃墟がなくなったのがこの火事の影響かどうか知りませんが、あるネットでは猫たちは無事だったとか・・・
ホテル渓谷荘自体閉館してて廃墟マニアとかホームレスが立ち入ったりしてたとのことなので失火が原因なんでしょうが、猫たちが無事ならなによりです。

昨夜東京は熱帯夜で今日は猛暑日
今夜もまた熱帯夜で梅雨はどこへ行ったのか?
空梅雨と予想してたのが現実になってますが、皆さん熱中症には気を付けてくださいね~~~

撮影機材 Nikon D7000 / AF-S NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED
cat_jozankei_0025.jpg cat_jozankei_0026.jpg cat_jozankei_0027.jpg   
 
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 1 | edit

ページトップへ↑

じゃれまわる人懐こい仔猫たち 

今日みたいな蒸し暑さを吹っ飛ばすようにトップ画像を海にしてみました。
昨日は富士山の山開きだし江の島や湘南の各海岸の海開きが間近ですからね~~~

昨日半夏生の記事を割り込ませましたが、また定山渓の猫たちにもどります。
ボランティアの方と会ったとき、ここの猫たちは人懐こくて近寄っても逃げないといってましたが、そのとおりで逃げるどころか自ら寄って来ます。
それに遊び相手になってた観光客を見送る意地らしさに胸が熱くなりました。

cat_jozankei_0011.jpg cat_jozankei_0018.jpg cat_jozankei_0019.jpg cat_jozankei_0020.jpg cat_jozankei_0021.jpg cat_jozankei_0024.jpg

見送りがすむと撮影してたこちらの足元に来ました。
カラスが隙あらばと虎視眈々としてて決していい環境ではありませんが、それでも仔猫は母親に見守られときにはおっぱいを飲んだりしてました。
じゃれまわる人懐こい仔猫たちがどうしてるかと思うと、今すぐにでも飛んで行きたいんですけどね~~~
cat_jozankei_0012.jpg cat_jozankei_0022.jpg cat_jozankei_0023.jpg       
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 1 | edit

ページトップへ↑

定山渓温泉 猫たちの昼と夜 

一作日の函館から昨日は信州に飛んでしまいましたが、今日はまた北海道にもどり定山渓温泉です。
北海道に10回ほど行ってますが定山渓はこの旅が初めてでした。
北海道といえば新鮮で美味しい漁貝類は当然として、いろんなところに温泉があるというのに屈斜路湖の川湯しか入ってません。
ま、後に函館の湯の川温泉にも行くことになるんですが、青森から函館にわたり札幌へ高速バスで5時間半かかります。
列車でさえそんな時間乗ってるのはきついのに、バスならなおさら。
小樽にも行くんですが自宅を出てからすでに1週間ほどたってるし、先に定山渓温泉でゆっくりするほうが得策だと決めました。

撮影機材 / Nikon D90 / Nikon D7000 / AF-S NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED / AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR / Tamron SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical

定山渓は紅葉真っ盛りですがかっぱバスに乗っただけで、あとはホテル周辺というかがいる二見公園でちょろっと撮影しただけ。
travel_hokkaido_0023_20160630095623924.jpg travel_hokkaido_0024_20160630095625843.jpg travel_hokkaido_0025_20160630095626f10.jpg travel_hokkaido_0026_201606300956284a8.jpg    

撮りにつかれると温泉に入り、食っちゃ寝飲んじゃ寝の繰り返しでしたが、それでもたちの昼と夜をを撮りました。
定山渓温泉たちはホテル街を平気で歩いてるし、二見公園では観光客だけでなく顔馴染みの方たちに撫でられたりで人懐こいのが多い。
cat_jozankei_0001.jpg cat_jozankei_0002.jpg cat_jozankei_0003.jpg cat_jozankei_0013.jpg cat_jozankei_0014.jpg 

そんなたちを撮影し一息入れるのにカメラバッグからウーロン茶を取り出すと、餌をくれるのかと黒が寄って来てじっとこちらを見てる。
地域猫で人馴れしてるのは バッグを開ける=餌をくれる という学習が刷り込まれてて条件反射を起こすのが多い。
持ってるシーバをあげたところで、ボランティアの方が餌をだしたとき満腹で食べられなくなる心配はない。
我が家の由乃の弟分のクロを思い出しながらシーバを数粒出すと喜んで食べる。
この年の春に広島と瀬戸内海の離島めぐりをしたときも10日ほど留守にしてますが、今回はそれよりさらに長い日数でこの後小樽へ行く予定なのに里心がついてしまう。
猫というのはなにかと人の心を乱す生き物のようで・・・
cat_jozankei_0015.jpg   

猫が配管の上にいるのは北海道の秋は寒いからでしょう。
cat_jozankei_0004.jpg cat_jozankei_0005.jpg 

10月中旬後半ともなれば定山渓は冬も間近で、夜ともなれば猫たちは温泉の配管で暖をとってました。
冬雪が降っててもこの配管で暖まってる猫がかなりいるようです。
cat_jozankei_0006.jpg cat_jozankei_0007.jpg cat_jozankei_0008.jpg cat_jozankei_0009.jpg cat_jozankei_0010.jpg   

個人旅行とパックツアーのどちらがいいか?

目的にあった旅行をしたいと思ってる私は、目的地が決まると交通手段と宿泊先を決め、それが似たようなパックツアーと比較し料金と自由時間があるかを確認します。
まず、希望にそったものはないです。
パックツアーは個人で行くよりはるかに安い料金の反面、観光地での自由行動は昼食時ぐらい。
ま、高山とか京都などでは2時間とか3時間ほど設定してるのもありますが、それで事足りるのは複数で面白おかしく旅行気分を味わえればいい方でしょう。

撮影がメインの私とすれば、短時間のうえ好きな時間帯さえ選べない。
そして目的地が遠く時間がかかるようなところなら飛行機でしょうが、近距離だとバスがほとんど。
ほとんどの旅をひとりでする私にすれば隣り合うのが気にならないならいいですが、なかには貧乏ゆすりするのがいたりして・・・
それに宿が洋室で大の字になれるのはベッドだけというのも辛い。

そんな条件でもオホーツクの流氷を見に行くのにパックツアーを利用したのは、流氷が常に接岸してるとは限らないし宿を予約しても、飛行機が間違いなくその日発着するかどうか当日にならないとわからない不安があります。
流氷が接岸する頃の北海道内は荒天になることが多いからです。
そして宿泊料が馬鹿高くなるし、個人宿泊の予約がとりづらいということがあってでした。

こういう特殊な事情は別とし、北海道の場合函館まで新幹線が延伸したことで交通手段はいろいろありますが、記事にしたこの旅行時はまだ新青森まででした。
そんなことで弘南バスの東京函館切符を利用しましたが、往復とも飛行機利用で1泊だけ楽天やじゃらんなどが指定した宿に泊まり、あとは目的に応じた宿を自分で手配してます。
ということで定山渓では伊東園グループのホテルに宿泊しました。
食事がバイキングでどういうもの分かってましたが、アルコールが飲み放題だし、物足りなければコンビニがあるので事足りると思ってのことでした。
本来であれば北海道の新鮮な魚介類を堪能すべく旅行会社と提携せず個人客のみ受け入れてる「ホテル山水」にしたかったんですが、紅葉の見ごろでは無理でした。
紅葉時だけでなく間近な夏休みに定山渓へ行く方が多いと思いますが、「ホテル山水」なら団体客がいないのでのんびりできると思います。

なにもかもがネットだよりになりがちでも、人の行く裏に道あり花の山の格言ではありませんが、大手旅行サイトばかり見てては自分好みの宿を探しあてられません。
るるぶならマイナーというか一般の方が避けたくなるような宿でも掲載してるし、iタウンなら商人宿とか木賃宿まであります。

青森函館定山渓小樽と12泊し往復の交通費を含めた総額は15万円弱でした。
青森は顔馴染みになってる定宿だし、函館はビジネスホテルで、小樽では一般の方が目にすることがほとんどない宿泊サイトから選んだからこそ料金に見合ったというかそれ以上の満足感を得られました。
その宿は広くないしなにがいいかと聞かれても自分好みというだけのこと。
それでも部屋は清潔だし料金はビジネスホテルなみで、なにより小樽港が目の前だし畳の部屋が疲れを癒してくれます。
それはまた後日紹介したいと思います。
テーマ: 北海道 | ジャンル: 旅行 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑