思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

ヤマボウシで思い出すのは八海山 

サクラが終わりハナミズキも花を落とすと、替わってヤマボウシが花を咲かせる。
3年ほど前までヤマボウシをハナミズキと勘違いしてたのは花が似てるからでした。
それにしてもヤマボウシとは変わった名前ですぐに覚えたのは、かつて越後の名峰八海山に登るのに前泊したのがペンションやまぼうしというところだったからです。
ペンション名やまぼうしは八海山山麓にあるのでなるほどというか、洒落た名前だと感じたものです。

翌日八海山へ登り山小屋で泊まると、とれたての新米魚沼産コシヒカリをお代わりをしていいというので何杯も食べてしまいました。山小屋といっても最近はフランス料理など観光ホテル並みのところがあれば、いつ行ってもカレーライスばかりというところもありますが、八海山の千本檜小屋の食事は質素ですが味噌汁も漬物も美味しく、いかにも山小屋らしい。

ヤマボウシの花に八海山を思い出したのは泊ったペンションの名前がやまぼうしだったからですが、もう20年以上も前のことだし山に登れなくなってて懐かしむばかりです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


撮影機材 NIKON F601 / Nikkor ED 70-300mm F4-5.6D
mount_0046.jpg mount_0047.jpg mount_0048.jpg    

上はリバーサルフィルムをスキャンしたものです。

富士フィルムHDがニコンを買収!?  がんばれニコン!!! 

上記のリンク先の記事に興味があり読んでいくと、フジフィルムが東芝メディカルを買収するのにキャノンに負けた遺恨ともとられかねない内容ですが、出典の大元は月間誌「選択」でありそのすべてを引用してるわけでないので詳細がわかりません。
ただ、キャノンの社長だった御手洗冨士夫が経団連会長になると消費税は上げるべきだが法人税は下げろと要求し、安倍内閣はそれを実践し庶民にどれだけしわ寄せをしたか!
そんな御手洗富士夫がいまだにキャノンの会長では、フジフィルムとしてはなんとしてでもニコンを救いたくなるのは人情でしょう。
その行く末はどうなるかわかりませんが、「ニコン神話」なる言葉まで誕生させたニコンがこのまま滅んで中国や台湾などの企業に買収されるのはあまりのも悲しすぎる。
ライカやカール・ツァイスなど古い製品がいまだに重宝され流通してるのは製品自体のよさもさることながら、その高貴なブランドを所持したい物欲主義があるのかも知れません。
ニコン神話は頑丈で長持ちということでしょうが、半世紀前数多あった国内カメラメーカーでニコンだけは値引きをしなかったというかしても5パーセント。
それだけ強気な商売をしてたのが、スマホの台頭でカメラで写真を撮るという人口がめっきり減り、フィルムカメラ同様デジタル一眼の売り上げ各メーカーともに売り上げが激減してるため過当競争に巻き込まれてる。
コニカはカメラだけでなくフィルムメーカーとして赤外線フィルムを販売してたものの、業績不振でミノルタと合併するもそれも揮わずソニーが吸収。
旭日ペンタックスも然りで行く先にいろんな憶測が飛び交ってるようで、デジタルカメラもいずれはアナログカメラ同様過去の遺物になる恐れが・・・
スマホは確かに便利ですが、そのためにカメラメーカーが衰退していくのはどうかと思ってしまいます。

八海山を撮影したのもそうですが、4年ほど前ペンタックスに替えるまで、二十歳ごろからニコン一辺倒でした。
それだけにニコンの凋落は寂しい限りだし、労働者の敵ともいえる御手洗富士夫のキャノンなんかに負けないで欲しいものです。
テーマ: 山の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

ガラス戸から見える光景 

ガラス戸から見える光景は里山の梅だったか・・・
曇りガラスと透明ガラスを合わせた硝子戸は木製でかなりの年月を経た時代もの。
右に見える建物も木造。
そんな建物にノスタルジーを感じるのは自分だけだろうか・・・ 

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_sakura_02145.jpg  
テーマ: *写真で残す日常* | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

永すぎた春 

少し離れた隣町では桜が満開になってるというのに、こちらは山があるせいか梅がやっと満開といった状態で、桜は一分咲きにも満たない状態でした。
それでも里山の梅は風情があっていいです。

この梅を撮影してからまだ一か月たってませんが、桜が満開となって葉桜になったしハナミズキにツツジやチューリップといろんな花を撮影してきました。
春が永いというか1年12か月を四季に当てはめると4月は夏に相当するし、草花が競うように咲くのは無理ないですね。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_ume_0311.jpg flower_ume_0312.jpg  


菊川怜さんが結婚してたそうです。
永すぎた春に終止符を打った彼女の幸せを願います。
テーマ: 風景写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

隣の芝生は青いが・・・ 

隣の芝生は青いが・・・
人によって解釈のしかたはいろいろあるでしょう。
田舎にいても働き口がなく都会に出て行かなきゃと思うのがいれば、ごみごみした都会より田舎暮らしのがいいと思うのもいる。
そんなふうになにかを羨むより、今を謳歌しなければと思ってるんですが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_sakura_02146.jpg 

以前、自治体がインターネットのプロバイダの運営をしたらどうかと書いたことがあります。
その費用がどれぐらいかかるのかわかりませんが、プロバイダ業者は大手資本の事業者ばかりでないし不可能な金額でないと思うんですが・・・
もし可能ならプロバイダ料金だけでなく広告を出店できるように法整備をすれば、税収が少ない自治体は増収になる。

これまでいくつか大手のプロバイダを利用してて思うのは、役立つことがある反面くだらなすぎることが氾濫してて、広告収入を得るためにどうでもいいトピックを何ページにも分けて多数回にわたって閲覧させてるのが多い。
その鬱陶しさといったらないし、誤字脱字だらけ。

倉本聰さんが今のテレビ界を憂いて「やすらぎの郷」という脚本を書いてシニア向けドラマを放映してます。
購買力が高い団塊世代を超えたシニア向けというのは、スポンサーにしたらかなりリスクが高いと思いますが、予想した視聴率の倍以上を上げてるようです。
その理由はなにか?
出演者の多彩な顔ぶれはもちろんだし、主演の石坂浩二の子を宿したと週刊誌に書かれた加賀まりこに、その石坂浩二と結婚したものの離婚した浅丘ルリ子。
団塊世代はそんな顔ぶれに嗚呼と思わずにいられないし、身につまされるというか共感を覚えるシーンがあるかも知れません。
敬称は略させていただきます。

テレビ放送が始まって64年。
映画化された三丁目の夕日では、東京オリンピックに向け高度経済成長の真っただ中。
テレビが届いた家に近所の皆が寄ってたかって見たのは映画だけの話でなく、私自身ポパイやディズニー番組を近所のお宅で見せてもらってたし、繁華街での街頭テレビも見た記憶がいまだ鮮明に残ってる。

それなのに今、テレビ離れが進んでるという。
理由はいろいろでしょうが、単身者が家賃を払って生きていくには無駄な出費を抑えなくてはならず、森永卓郎が12年前に「年収300万円時代を生き抜く経済学」を上梓してますが、その2年後には「年収120万円時代-生き抜くための知恵と工夫」を書いてます。
小泉純一郎は米百俵の精神論で有権者をだました構造改革に安倍晋三を揶揄したアホノミクスと続く政策は相も変らぬ富裕層優遇で、5パーセントから8パーセントに上げた消費税の一部を大企業の減税にまわしてるというのがから何をかいわんやでしょう。
そうしたなか正社員より非正規社員が多い企業が跋扈し、若者たちだけでなく中高年者も年収百万円前後という者が多い。
そういう状態でテレビを見るにも見られないのがいるだろうし、テレビ自体所有せずスマホのワンセグで見てるのかも知れない。

本離れ新聞離れテレビ離れと続き、スマホが取って代わりPC離れも加速してるという。
確かにスマホは便利だが、PCにしてもソニーが壁や机をモニター代わりにしどこでも使えるのを発売するし、やたら広告ばかりが出て来るスマホよりずっといい。
インターネットが普及し始めて20年近くなります。
1分10円ほどの従量課金制度で始まり、今は光回線で定額制が当たり前。
それでも地方や山間部では光回線を利用できない地域があるだろうし、自治体同士が協力し合えばネット難民を救済できるだろうし、テレビもネットで見るようになりつつある今、民間業者まかせでなく自治体が率先していくべきだと思うんですが・・・
テーマ: *写真で残す日常* | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

古民家の横溝屋敷 

鶴見区獅子ヶ谷にある古民家横溝屋敷です。
重厚な長屋門をくぐれば、里山の雰囲気に心が落ち着いてきます。
二階に上がると茅葺の長屋門が見えるし、そのむこうにはトレッサ横浜があるのが不思議な感じです。

明日はこの横溝屋敷のひな人形を掲載する予定です。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / smc PENTAX-M 35mm F2.8 / smc PENTAX-A 50mmF1.4
old_house_0002.jpg old_house_0003.jpg old_house_0004.jpg old_house_0005.jpg old_house_0006.jpg old_house_0007.jpg old_house_0026.jpg old_house_0027.jpg old_house_0028.jpg old_house_0029.jpg      old_house_0008.jpg old_house_0009.jpg snap_190.jpg
trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

都内から富士山と南アルプスの遠望 

元旦は穏やかな日和でヘイズが邪魔して見えないと思ってましたが、都内から富士山南アルプスの遠望できました。
気温は少々高めでもお正月で車の通行量が少なく排ガスがあまりなかったためでしょう。
140キロも離れてる農鳥岳と塩見岳が見えるのは冬ならではこそです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
mount_0043.jpg mount_0044.jpg 

このあと初詣へ行きましたが、その帰りにカワセミを見つけました。
250mmではかなり小さいですが、撮れただけでもいいかと~~~
bird_kawasemi_0001.jpg 
テーマ: 山の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 3 | edit

ページトップへ↑

木曽御岳山麓の白川氷柱群 

マツコの月曜から夜ふかしを見てると夜のスキー場だかで歌ってるのが出てきたかと思えば、木曽御岳山麓の白川氷柱群が映し出され、2年前バスツアーで高山と白川郷をまわった帰り寝覚の床とここへ行ったことが蘇ってきました。
ブログを見てると時節柄秩父の三十槌の氷柱とか目にしてるし、それにはるか昔、厳冬期に奥秩父の西沢渓谷東沢渓谷氷瀑を撮りに行ったことが思い出されてきました。


昨日高校時代の友人に余寒見舞いを出しましたが、その彼と東・西沢渓谷だけでなく八ヶ岳を縦走したことがあります。
そんなこともあり、夜中だというのに雪山のなか歌ってるテレビに、なにを馬鹿なことしてるんだと思ってしまうが、歌ってる彼らにすれば寒さに耐え死に物狂いになってるに違いない。
白川氷柱群のそばにはけやきの湯という旅館があり、もしこれが生中継だとすれば、宿の人はもちろん宿泊してる人はこの中継の騒ぎに起こされたというか寝られなかったかも知れない。
そんな思いで笑うこともなくテレビを消しましたよ。

撮影機材 NIKON FE / NIKKOR 43-86mm F3.5 / PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO領域あり

ここは東沢渓谷の清兵衛滝ですが、西沢渓谷は遊歩道が整備され崖にできた氷柱だけでなく人為的に水を撒いてツララを造形し氷瀑を見るハイカーでにぎわってました。
それも国立公園内ということで行政からストップがかかってしまい数年で取りやめになりました。
七ツ釜五段の滝よりさらに奥深いところに不動小屋があり鉱泉風呂に入ったものですが、台風で倒壊したあと西沢渓谷入り口で山小屋というよりドライブインみたいな形で営業してるようです。
1973年2月に撮影したもので、さすがに若かった~~~
mount_0030.jpg mount_0031.jpg  

白川氷柱群
travel_shinshu_0001.jpg travel_shinshu_0002.jpg travel_shinshu_0003.jpg travel_shinshu_0004.jpg travel_shinshu_0005.jpg travel_shinshu_0006.jpg travel_shinshu_0007.jpg

このバスツアーの初日の記事の画像を上書きしてしまったのを訂正しましたので、時間のある方はご覧ください。
山好きな方は笑ってしまうでしょうが("^ω^)・・・
厳冬期の笠ヶ岳は雪崩が凄い
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 1 | edit

ページトップへ↑

実りの秋間近 

柿の色づいた下では稲刈りの真っ最中。
初めて行った寺坂の棚田は彼岸花の見頃が過ぎてたせいか観光客がほんの少ししかいませんでしたが、日高の巾着田は彼岸花が終わってるというのにそれでもかなりの人出でした。
彼岸花もいいですが実りの秋間近で食欲の秋。
今年は松茸が豊作で例年の半値近いとか~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
satoyama_0034.jpg
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

埼玉県横瀬町の寺坂棚田 

昨日埼玉県横瀬町にある寺坂棚田へ行って来ました。
彼岸花の見頃を終えコスモスは数年前から咲かなくなってるのを知ってても、初めて行くのでとても楽しみでした。

6時前電車を乗り継いで現地に着いたのが9時。
棚田にしては傾斜が緩く規模もそれほど大きくない。
それに観光農園に近い形態。

それでも黄金色の穂波がそよいでるし、はさがけされてる光景は里山の雰囲気がありあり。
そんな田園風景を撮影し自分で作ったマイタケ弁当に舌鼓を打ち、思わぬところで猫を見たりしながら近くの武甲温泉で汗を流せば極楽ですが、日高の巾着田へ行くのでビールはお預けでしたけどね~~~
コスモスは咲いてないと思ってたのに少し咲いてて、秋のひと時を堪能できました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 28-50mmF3.5-4.5 / smc PENTAX-A 50mmF1.4 / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

秩父の名峰武甲山コスモスが花を添えてました。
satoyama_0043.jpg

彼岸花は色褪せて枯れ尾花になってるのが多かったです。
今年は開花が早かったぶん見頃も早く終わったようだと近所の方がいってました。
satoyama_0035.jpg satoyama_0036.jpg satoyama_0037.jpg satoyama_0038.jpg satoyama_0039.jpg satoyama_0042.jpg satoyama_0041.jpg satoyama_0040.jpg        

数年前まで彼岸花と入れ替わるようにコスモスが咲き乱れてたらしいですが、今ではほんの数株だけです。
satoyama_0044.jpg satoyama_0045.jpg

棚田としては規模が小さく傾斜が緩いですが、観光農園として復元される以前はもっとスケールが大きかったのかも知れませんが・・・
satoyama_0046.jpg satoyama_0047.jpg satoyama_0048.jpg
satoyama_0052.jpg satoyama_0053.jpg satoyama_0055.jpg satoyama_0056.jpg satoyama_0054.jpg satoyama_0057.jpg 

はさがけされたが黄金色に輝いてました。
satoyama_0049.jpg satoyama_0050.jpg satoyama_0051.jpg satoyama_0058.jpg
satoyama_0060.jpg
 satoyama_0059.jpg   

この日あちこちで見かけた猫は何匹いたんだろうか・・・
satoyama_0061.jpg 
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

山門に夏モミジ 

5年ほど前の早朝妙本寺を訪ねたとき、勤行を始める僧侶たちが本堂へ入っていくのを見たことがあります。
鎌倉駅からさほど離れてないのに山深い趣のなか、夏だというのに清々しい思いになりました。
今回もそんなことを期待し一番電車に乗って行くつもりが起きたら8時過ぎ。
行こうか行くまいか迷ったあげく鎌倉に到着したのは11時過ぎだし、どうせなら八幡宮へ寄ってからにしようと行けば源平池のハスは終わりかけだし、小町通りの人波にはうんざり。

それが妙本寺に行けば風が吹いててひんやりしてる。
山門に夏モミジ。
葉擦れと蝉の鳴き声がするだけで静寂そのもの。
そんななか階段の途中でなんどもシャッターを押すが、暗くてシャッター速度は1/120がせいいっぱい。
使用したオールドレンズの解像度がどれほどだかわからないですが、現行レンズにくらべれば劣ってるはず。
しかも風で葉が揺らいでるとあれば、全体をピタリと写し止めることは不可能でしょう。
いや、それは最新のレンズとて同じで、新緑や紅葉を撮影しても全体がピンボケというかブレて写ってることが多い。
肉眼では静止してるように見えても、レンズは少しでも揺らいでるとその揺らぎより早いシャッタースピードでないとぴたりと写し止められない。

何千何万枚とある葉の1枚1枚をブラさずに写し止めるのは無風状態でも難しいでしょう。
板橋区舟渡にあるリコーイメージングである講習を受けに行ったとき、ロビーに飾ってあった写真はまさにそういう木々の葉を写し止めてましたが、大伸ばししてあるのに葉の一枚それぞれが鮮明に写ってました。
おそらくブローニーで撮影してるんでしょうが、非の打ち所がない。
センサーサイズが大きくなればなるほどブレが目立つというのに、撮影条件もさることながらカメラマンの秀逸なテクニックがあってこそ撮れたというべきでしょう。

妙本寺の階段から見上げた山門と夏モミジ。
晩秋ともなれば色づいてさぞかし綺麗だし、そのときは三脚持参で隅から隅までピントが合ったパンフォーカスなのを撮りたいと思ってます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0
kamakura_0001.jpg kamakura_0002.jpg
テーマ: 風景写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑