思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

smc PENTAX-A 35-70mm F4はボケ味が良いのか悪いのか・・・ 

smc PENTAX-A 35-70mm F4が発売された正確な年月日を知りませんが、おそらく30年ほどまえでしょう。
その発売当時、準広角から中望遠域にちかい2倍ズームはキットレンズとして売られたようですが、開放値が暗いものの使い勝手のいいレンズだったと思います。

なによりも最短撮影距離が25cmというのはマクロ撮影とまでいかないまでもかなり大きく写せるのは、花のクローズアップだけでなくポートレートにも向く。
こちらはもっぱら花の撮影に使ってますが、逆光でなければフレアゴーストが発生しないしボケが柔らかい。
それでも二線ボケとか絞り羽根の形状が出たりします。
smc PENTAX-A 35-70mm F4はボケ味が良いのか悪いのか・・・

デジタル専用の現行レンズはコーティングがよくフレアゴーストを抑制できるし、ボケがまるくて柔らかい。
アナログ時代のレンズはそうはいかないものの、それでもsmc PENTAX-A 35-70mm F4はいい味わいだと思ってますけどね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4
2017_07_0001.jpg 2017_07_0002.jpg
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

オールドレンズsmc PENTAX-A 35-70mm F4でアジサイのマクロ撮影 

オールドレンズsmc PENTAX-A 35-70mm F4アジサイのマクロ撮影しました。
ほぼ最短撮影距離したので等倍以上に写ってます。
下段はSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROで撮影したもので、こちらも等倍以上に写ってます。
それでもsmc PENTAX-A 35-70mm F4のボケのが滑らかに感じるのは思い込みでしょうか?

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROはスナップや猫撮りなど万能ズームとして多用してますが、花の撮影ではsmc PENTAX-A 35-70mm F4のほうが好きです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4
 flower_ajisai_0113.jpg flower_ajisai_0114.jpg flower_ajisai_0112.jpg flower_ajisai_0111.jpg 

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_ajisai_0115.jpg 
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

マクロ撮影もできるsmc PENTAX-A 35-70mm F4 

花の撮影でクローズアップできるマクロレンズがいいと思う方が多いのでは?
マクロレンズといえばタムキューといわれるほど評判がいい。
でも、こちらはペンタックスなのでsmc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WRを使ってます。

下のスイカズラを撮影するのに邪魔なものはいっさいなく、最短撮影距離まで寄れました。
そういう状況でsmc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WRだと画角が狭くなるので後退しなければ、下のような画角になりません。
そうなるとフォーカスポイントから離れた前後のボケがどうなるかといえば、開放値にしても距離が離れた分被写界深度が深くなるのは自明の理。

SMC PENTAX-D FAマクロ100mmF2.8の最短撮影距離30cmに対し今回撮影したsmc PENTAX-A35-70mmF4は最短撮影距離25cmで5cmの差があります。
この5cmの差は大きく、ほぼ被写体にくっつきそうな距離まで寄れます。
開放値がF4でも寄った分ボケが大きくなり、100mmF2.8にも負けず劣らずといった感じです。
マクロレンズで開放値がF4というのはかなり暗いですが、ほとんどがF5.6以上に絞り込むことが多い私にしたら問題ありません。

そんなsmc PENTAX-A35-70mmF4は発売当時はキットレンズとして販売されてたようで、オールドレンズでも在庫が豊富だし値段もピンキリで安い物なら千円ぐらいで手に入りますが、マニュアルフォーカスなのでピントリングのしっかりした五千円以上のを選んだ方がいいと思います。
私が購入したのは税込み四千円弱でしたがグリス切れなのかピントリングが軽いのが難点です。
それでもあまりピンぼけにならないのはピントの山がつかみやすいのかも知れません。

これからアジサイと花ショウブの季節になるし、オールドレンズでマクロ機能のあるレンズなら、是非ともsmc PENTAX-A35-70mmF4を選んでほしいものです。
ま、それはこちらの主観だし、撮影者によっては焦点距離が短くて寄れないときのことを考慮したらタムキュークラス以上を望むんでしょうが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4
flower_2017_05_0011.jpg

 flower_2017_05_0007.jpg flower_2017_05_0008.jpg flower_2017_05_0009.jpg flower_2017_05_0010.jpg       
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

目黒不動へ初詣 

元旦、富士山を見たあと目黒不動初詣に行きました。
一年の始まりに何か願ってる人やお年玉をもらった子供が射的のまえで真剣なまなざしをしてる。
子供も大人も屋台には目がないんでしょう。
門前町の鰻屋にしむらは正月返上で初詣客を迎えてました。

この日万能ズームを持ってましたが撮影したのはすべてsmc PENTAX-A 35-70mm F4だけで。
万能ズームなら広角から望遠まで幅広い画角を選べますが、smc PENTAX-A 35-70mm F4は35mm換算だと52-105mm相当で人混みの中では中望遠域になるので被写体から離れての撮影はけっこう手間どりました。
その結果万能ズームとさして変わらない写りでしたが、久しく使ってなかったsmc PENTAX-A 35-70mm F4の使用感を取り戻せたのがなによりでした。
というのは中旬ともなれば梅が蕾をほころばせるし、それにはやわらかな描写をするsmc PENTAX-A 35-70mm F4を多用するからです。
いちばん右のカンザクラの写りはいまひとつですが、近接撮影できるならレンズの持ち味を発揮しますからね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4
2017_01_0002.jpg 2017_01_0001.jpg child_0002.jpg 2017_01_0003.jpg flower_sakura_02029.jpg
テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

切っても切っても伸びては咲くランタナ 

自宅に咲いてるランタナは切っても切っても伸びて咲きます。
その生命力の逞しさに敬意を表したくなります。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4.0
35_70mm_0011.jpg 35_70mm_0012.jpg
テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑

雨上がりのサルスベリ 

過日のトリプル台風で当方では風と雨が強かっただけでしたが、東北や北海道で被害がかなり多かったようでお見舞い申し上げます。
台風といえば9月が相場というイメージが強かったので8月に続けて上陸するとは驚きです。
8月といえばなんといってもヒマワリですが近所であまり目にしない代わりサルスベリが多い。
ゲリラ豪雨の隙を縫って雨上がりのサルスベリを撮影しましたが、いちぶ萎れてたりで盛夏が過ぎつつあるのを感じました。
それでもまだまだ残暑は厳しいですけどね・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4.0
左から2枚目の小さなボケはオールドレンズ固有なのか古いレンズだとこういうボケになることがありますが、それが時にはシャボン玉のような感じになって面白い時もあります。
大きくぼけるマクロレンズと違い背景がなんなのかわかる適度なボケ具合。
ま、それは被写界深度によって変わりますが、簡易マクロ搭載のsmc PENTAX-A 35-70mm F4.0らしい写りに満足です。
35_70mm_0004.jpg 35_70mm_0005.jpg 35_70mm_0006.jpg 35_70mm_0007.jpg 35_70mm_0008.jpg
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

smc PENTAX-A 35-70mm F4.0で撮影したキバナコスモスなど 

smc PENTAX-A 35-70mm F4.0smc PENTAX-A 40-80mm F2.8-4.0と違いフリンジの発生があまりないので晴天時でも安心して使えます。
マツバボタンをアップにしても白い空を背景にしたムクゲにしてもフリンジが出てない。
最短撮影距離が25センチでさらに簡易マクロ搭載ということで花の撮影に多用してますが、スナップ撮りにもむいてます。
右のキバナコスモスは電車を取り込んで、線路端を表現したものですがどうでしょう?

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4.0
35_70mm_0002.jpg 35_70mm_0001.jpg 35_70mm_0003.jpg
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

川崎大師の風鈴市へ行ってきました 

昨日行こうと思ってたのが雨が降ったりやんだりで躊躇ってるうち行く気が失せてしまい、今日こそはと川崎大師風鈴市へ行ってきましたが、開始前に並んでも土曜日とあってあっという間に人垣ができて満足に撮影できませんでした。
重い腰を上げなまってる体に鞭をいれ往復20キロほどを自転車で行ったというのに、惨憺たる成果でした。
ということで去年のも併せてご覧いただければと思います。
去年の川崎大師風鎮市 

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4.0
event_0027.jpg event_0028.jpg event_0029.jpg event_0030.jpg event_0031.jpg       

smc PENTAX-A 35-70mm F4.0は開放値は暗いですが風鈴自体けっこう明るかったのでF5.6-8.0まで絞り込んでもそれほどブレずに撮れました。
適度なボケがいいしかなり寄れるので重宝してますが、風鈴だけに揺れるので若干感度を上げてシャッター速度を稼ぐことでカバーしました。
明日日曜は最終日なので相当な人出になるし、行くなら開始前の10時か、それとも昼過ぎとか夕暮れ間近のがいいのかも知れませんが、ゆっくり見て風鈴の音色を楽しむのはまず無理でしょうね・・・
テーマ: 四季−夏− | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

梅雨入り間近なのに湿度が低すぎる 

このところ朝晩肌寒いのはこの時期にしては湿度が低いからでしょう。
昨日朝5時に起きたら寒くてストーブをつけたほどです。
6月だというのに北海道では雪が降ったし・・・
関東の梅雨入りは来週半ばだそうですが、アジサイの開花がいつになく晩い気がするのは錯覚だろうか?

雨が降れば鬱陶しいといい、晴れればたまには雨が降って欲しいというのは身勝手というもの。
晴れてるときそっと傘を差し出し、雨が降ると傘を取り上げるのは銀行で、半沢直樹が倍返しだと叫ぶのはごもっとも。
これから梅雨入りするし、中小零細企業の経営者は銀行屋に足をすくわれないようにして欲しいものだし、それには来る参議院選挙でまともな人に投票することです。

舛添要一のように政治資金を自分の金と勘違いしてるのがごろごろしてるし、自分の保身しか考えてない政治屋を選ばないこと。
そうすれば米百俵の精神とのたまわり、自民党を壊すどころか日本を壊した小泉純一郎の構造改革がいかに庶民を愚弄したものかわかろうというものだし、消費税を5%から8%に上げたものの社会保障や福祉にまわしたのはほんのわずかで、法人税を切り下げ大企業を優遇してる阿保のミクスに騙されずにすむというもの。

田中角栄が議員立法するにあたり、与党も野党もないといって社会党議員に声をかけ道路特定財源制度を成立させたという。
道路特定財源制度そのもの是非はともかく、田中角栄は政治家は事を成すのが本分であり役人まかせではだめだともいってたそうです。
安倍晋三はそういう意味では目下まっしぐらに事を成そうとしてるが、憲法改悪では何をかいわんやで・・・

梅雨は鬱陶しくていやですが、雨降って地固まるといいます。
梅雨を楽しむには心にゆとりがなければできない。
それは物欲が満たされてるからでなく、精神面でのこと。
ま、物心両面ともに満たされるほうがいいですけどね~~~

北海道七飯町で行方不明になってた田野岡大和君が、10キロ離れた鹿部町にある自衛隊演習所の小屋で無事保護されたそうです。
小屋にはマットがありそれにくるまって寒さをしのいでたとのことで、小屋の外に水道があったとはいえ、1週間なにも食べずに生き伸びてたのは奇跡といってもおかしくないでしょう。
躾と称して山林に置き去りした是非はともかく、父親としてはまっとうな人間になって欲しいとの思いからだし、舛添要一をはじめとした自分さえよければいいと思ってる政治屋に、文化人気取りでどうでもいいことをぐだぐだいってる猪八戒みたいな男も、この男とかかわったがために自殺者まで出てるし、生死の境を彷徨うような罰を受けさせてほしいものですね~~~

♪ 六月の雨には 六月の花咲く花の 
姿は変わるけれど 変わらぬ心を誓いながら・・・ ♪


撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4 MACRO領域あり / 中間リングN.O2
flower_ajisai_0016.jpg 
テーマ: 何気ない日常の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

夏日のアジサイとタチアオイ 

昨日も暑かったですが、今日の東京は31度でついに真夏日。
明日から少し気温は下がるようですが、熱中症にならないようお気を付けください。

昨日smc PENTAX-A 28-80mmF3.5-4.5が破格値で展示されてるのを見に行きましたが、グリス抜けでピントリングがスカスカ。
購入をあきらめ帰ろうとするとそこかしこでアジサイが目につく。
昼前でもトップライトはきつく30度ちかい夏日なのに、アジサイは咲き誇ってるかの様。
負けじとばかりにタチアオイが大輪の花を見せつけてました。

smc PENTAX-A 35-70mm F4はフリンジが派手に出るだけでなくゴーストやフレアも発生しやすい。
smc PENTAX-A 28-80mmF3.5-4.5にしても同じでしょうが、広角側と望遠側がそれぞれ広くなってる。
スナップにいいしそのうえマクロ撮影ができ、使用頻度が高いSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROにくらべ大きさと重量がコンパクトでとりまわしがいい。

オールドレンズに惹かれるのは、撮り方しだいで味わいのある写真が撮れるからです。
その味わいは単なる懐古趣味でなく撮影すること自体が面白いし、オートフォーカスがなかった時代当たり前だったマニュアルフォーカスに一喜一憂するからに他ならない。
オートフォーカスの精度が高いカメラとレンズを持ってる方にしたら、なにをつまらないことにこだわってるんだと思われるでしょうが、持ってない私にすればそれもまた写真撮影の楽しみなんです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4 MACRO領域あり
flower_ajisai_0002.jpg flower_ajisai_0003.jpg flower_ajisai_0004.jpg flower_ajisai_0005.jpg flower_2016_05_0017.jpg
テーマ: 花・植物 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑