思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

北の丸公園から見た千鳥ヶ淵の桜 

都内の桜は昨日嵐のような風で花吹雪にになり、かなり散って若葉が目立つようになってきました。
それでも東北や北海道ではこれからが桜の季節だし、日本は南北に細長いため桜を追いかけて撮影してる方もいるんでしょう。

4月も半ばになりもうすぐゴールデンウイーク。
山へ行ってたとき盆休みは暑くて山に登る気になれなくても、ゴールデンウイークは登山にはもってこいの季節。
それで大蔵高丸とか三頭山など手ごろなハイキングを兼ね桜を撮影しに行ったものですが、奥多摩湖は近くて季節問わず行ってました。

その山から遠ざかって20年ほどたってるんですが、都内の桜を撮るにしても山の雰囲気を感じさせるところがいい。
そんなところがあるのか調べてもピンとこないし、起伏に富んだ大きな霊園墓地とか去年秋初めて行った北の丸公園なら千鳥ヶ淵の桜が水面に映えるのを撮れるかも知れない。
そんな思いで撮影しましたが、奥多摩湖や山の雰囲気を感じられるでしょうか?
flower_sakura_02133.jpg flower_sakura_02138.jpg  flower_sakura_02134.jpg flower_sakura_02135.jpg flower_sakura_02136.jpg flower_sakura_02137.jpg 

山登りをしてたといっても八ヶ岳や南アルプスに、奥秩父とか奥多摩がほとんどで北アルプスの山は上ったことがない。
一時は山岳写真のサークルに所属するも、組織の醜さに辟易し退会。
違う同好会へ行くとそちらは雰囲気も会員もよかったのに、とにかく仕事が多忙を極め山どころでなかった。
そこの会員たちと毎月例会で神田の大越などで飲み会をしてたのが懐かしいし、できることならまた山へ行きたいものですが・・・

繁華街や有名なスポットはいつ行っても外国人が多く、北の丸公園も例外ではありません。
上野公園や浅草寺のように偽僧侶はさすがにいなかったものの、とにかく外国人の多さが奇異に感じてならないのは自分が古い人間だからでしょう。
外国人による経済効果を思えば、風情がなくなったとばかり嘆いてもしょうがない。
それでも日本人老夫婦のスナップ撮影ができました。
flower_sakura_02139.jpg flower_sakura_02140.jpg flower_sakura_02141.jpg flower_sakura_02142.jpg  flower_sakura_02143.jpg flower_sakura_02144.jpg 

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

今日テレビで「誰だって波瀾爆笑」」を見てるとゲストが中川家でしたが、愉快な兄弟にほのぼのとさせられました。
この番組は「いつみても波瀾万丈」がはじまりで、その当時のアシスタントが遠野舞子さんでした。
彼女まだ高校生だったような気がしますが、凄く可愛かったと記憶してます。
なぜこんなことを覚えてるかといえば、時同じくして林真理子さん原作の「葡萄が目にしみる」という単発ドラマがあり、戸田菜穂さんが主演しその初々しさに惹かれたし、舞台が山梨県勝沼のぶどうの丘でした。
山梨は仕事の関係で1年ばかり住んでたこともあるし、勝沼インター近くの紅玉園というドライブインで何度も食事をしてました。
それで茅が岳へ行った帰りぶどうの丘によると泊れることがわかり、山の帰りで疲れてたので泊まることにしました。
ワインカーブで試飲し放題のワインを飲み、夜は石和の花火大会があり宿泊棟前のテラスから見てました。
夕食はガラス張りの展望レストランで思蓮鍋なるすき焼きを食べ、翌日朝食を終えてテレビを見てると遠野舞子さんが出てたしだい。
少女から女性に移ろって行くような感じだった遠野舞子さんも今では40代となってますが、ますます美貌に磨きがかかってるようです。
今でこそぶどうの丘の宿泊棟は豪華なホテル顔負けの広さだし、温泉の天空の湯もできてますが、当時は木造の研修室のような感じでした。
それも20年ほど前第三セクターに運営を委ね宿泊料が倍近くなってからというもの泊ってないし、今はどうなってるのか・・・
なんだかとりとめがなく脈絡のないことですが・・・

昼過ぎは「草刈正雄の島で一杯~ 今晩、一緒に呑みませんか?」という番組で、顔を真っ赤にしながらも端正な顔立ちは相変わらずで、男が惚れておかしくないマスクでした。

夜「 バナナマンのせっかくグルメ!」は草刈正雄さんとは対照的なルックスの日村勇紀さんですが、彼が女性に人気があるのがなるほどと納得する人柄がにじみ出てました。

桜の花はほとんど散ってカメラを持ち出すことが減りそうで、今日はそんなこともあってテレビを見てました。
夏を思わせるほど暑かった日中も夜ともなればひんやり冷えてきてますが、我が家の野良猫由乃がフードを食べたあと少しばかり撮影に付き合ってくれました。
穏やかな気分でのんびりした日曜日。
毎日こんな気分でいられるといいんですけどね~~~
テーマ: 桜のある写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

やすらぎの里 

先週から始まったシニアドラマ「やすらぎの郷」を見てます。
テレビがつまらなくなったといわれて久しく、脚本家倉本聰氏自らが企画提案したドラマです。

主演の石坂浩二の演技の上手さは相変わらずですが、かつては夫婦だった浅丘ルリ子に、恋人だったともいわれてた加賀まりこをはじめとし、有馬稲子・五月みどり・野際陽子・八千草薫・風吹ジュン・山本圭・藤竜也・ミッキーカーチスらの豪華な共演者たち。

ドラマの舞台は俳優や歌手などテレビで活躍した者しか入居できない老人ホーム。
そこにはカサブランカというバーがあり入居者が集いタバコをくゆらせてる。
また数年前ジブリが制作した「風立ちぬ」では喫煙シーンが多すぎると物議が・・・
両者としては時代背景にあったシーンを描いてるだけでしょうが、それさえも許さない社会風潮の滑稽さに笑ってしまう。

東京オリンピック開催にあわせかなり以前から喫煙はまかりならぬと、神奈川県は条例で禁煙運動を展開するも飲食業界から猛反発される。
WHOは先進国で日本ほど喫煙者が多いのはおかしいと非難。

煙草を吸うのは個人の自由であり、大麻のように禁止すべき違法行為ではない。
それどころか喫煙者は高い税金を払ってるし、それがJRへの補助金になってる。
それはともかく、嫌煙権を認めるなら喫煙権を認めるべきで、それこそが先進国というものでしょう。
山東昭子や塩崎恭久のように自分の嗜好でないからと健康増進法改正案を楯に馬鹿げた法案を作成したが、与党の自民党さえ厳しすぎるとそっぽを向かれた。

重ね重ねになりますが喫煙は個人の自由で、受動喫煙になる者がいなければどこで吸おうと勝手じゃないですか。
喫煙する本人は健康を害するかも知れないと自覚してるんですから。
そのくせ、神経を麻痺させいろんな事件を引き起こす酒を飲んでも寛容なのが不思議。
なにごとも個人の責任ですることに他人がとやかくいうことはないと思うんですが・・・

倉本聰氏はそんな自分の気持ちを代弁してくれてるのか、さりげなく喫煙してるシーンが多い「やすらぎの郷」はまさにオアシスです。
そして過日600枚ほど撮影したこの地は、猫と花見ができたやすらぎの里でした。
flower_sakura_02108.jpg flower_sakura_02109.jpg flower_sakura_02110.jpg flower_sakura_02111.jpg flower_sakura_02112.jpg flower_sakura_02113.jpg flower_sakura_02114.jpg flower_sakura_02115.jpg flower_sakura_02116.jpg flower_sakura_02117.jpg flower_sakura_02118.jpg flower_sakura_02119.jpg flower_sakura_02120.jpg flower_sakura_02121.jpg flower_sakura_02122.jpg flower_sakura_02123.jpg flower_sakura_02124.jpg flower_sakura_02125.jpg 

桜を背景に紅のモクレンが映え、遠くにはスカイツリーが見ました。
2017_04_0001.jpg  flower_sakura_02126.jpg 

高校生の頃よく奥多摩へハイキングしてた時、石坂浩二と樫山文枝が共演してたドラマを見てましたがなんというタイトルだったのか思い出せず、喉に棘が刺さったような思いをずっとしてました。
それが昨夜やっとわかりました。
わが青春のとき」でした。
夜晩くガラガラの青梅線に乗ってる二人が、まだ奥多摩駅が氷川駅だった時代、寂しい駅に降り立つシーンが印象に残ってます。
このドラマの脚本が奇しくも倉本聰でした。
40年ほど前Sさんと奥多摩湖畔にあるこまどり荘に行ったとき、ロケをした二人の写真が飾られてたのを忘れられないのが不思議です。

倉本聰さんにはこれからももっと活躍してほしいし、テレビドラマとはこういうものだというのをテレビ局関係者に知らしめていただきたいですね~~~

一部敬称を略させていただきましたが、山東昭子と塩崎恭久のようなろくでもない者に敬称はつけるべきでないでしょう。
テーマ: 桜のある写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

花散らしの雨 

金曜の夜は暖かかったし夜桜の花見に絶好でしたが、昨日今日は花散らしの雨
それでも近所に桜並木があるので毎年蕾から花筏になるまで撮影してて、今日もカメラを持ち出しました。
ただ単に花びらが溜まってるのを撮るのではなく、今日は水面に映る桜を撮影しました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
flower_sakura_02104.jpg flower_sakura_02103.jpg flower_sakura_02105.jpg flower_sakura_02106.jpg flower_sakura_02107.jpg
テーマ: 桜のある写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

小川町西光寺の枝垂れ桜 

小川町の東昌寺の次に行った西光寺の枝垂れ桜です。
枝垂れ桜だけでなくソメイヨシノか山桜だかも見頃でした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / smc PENTAX-A 50mmF1.4 / LUMIX DMC-FZ1000 

flower_sakura_02089.jpg flower_sakura_02090.jpg flower_sakura_02091.jpg 

flower_sakura_02092.jpg flower_sakura_02093.jpg flower_sakura_02094.jpg flower_sakura_02095.jpg flower_sakura_02096.jpg flower_sakura_02097.jpg flower_sakura_02098.jpg flower_sakura_02099.jpg 

flower_sakura_02100.jpg flower_sakura_02101.jpg flower_sakura_02102.jpg    
テーマ: 桜のある写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

旅気分で撮影した東昌寺の枝垂れ桜 

過日幼馴染と居酒屋で煙草の喫煙禁煙について話したことを記事にしましたが、その彼と今年初め居酒屋でばったり出くわしたのは6年ぶりでした。
それで募る話をしてると、寝台特急あけぼので一緒に行った不老ふ死温泉や宿泊先にいた猫のことなどを話したものです。
その旅行でちょっとした行き違いで6年ほど会ってなかったんですが、その間行ったおたがいの旅行話に花を咲かせたものです。

そして私が最後に泊りがけの旅をしたのは去年秋の鬼怒川温泉でした。
その間に墓参りを兼ねて秩父で、そして猫撮りで熱海や千葉などに一泊してますが、去年秋から由乃の弟分だったクロが出没してて由乃が塒に入らないことを、仔猫当時の由乃やクロに餌出ししてた人物に話すと、クロを引き取ってないし由乃に餌を出そうにも現れないのであげてないということでした。
由乃に餌を出してると思ってばかりいたので、それを聞いて愕然となったのはいうまでもないし、これからは一泊とはいえ外泊できないと思わされました。

そんな状況で埼玉県小川町の東昌寺枝垂れ桜の撮影に行きましたが、去年一昨年と花見弁当を作ってたのをどうするか?
最終目的地の下里分校の桜はまだ蕾で花見でもないだろうし・・・
それでも弁当を作ろうかどうか迷ったのは、コンビニ弁当では味気ないし少しでも旅気分を味わいたいからでした。
それなのに作らなかったのは今週末彼と一緒に花見に行くときにしようと思ったからでした。

それはともかく都心を出た列車が郊外に向かいある駅を通過すると、その駅名に高校時代付き合ってた女性がかつて住んでたところだと思い出し、彼女が自宅に来るのに2時間近くかかってたのが今は相互乗り入れで1時間ほど。
高校を卒業後ドイツへピアノ留学するのに羽田空港まで見送りに行ったことが思い出されたし、その後何年たったか定かではないですがNHKラジオでピアノコンクールが放送されてたのを聞いてると審査員代表でその彼女の名前がいわれびっくりしたものです。
帰国しピアノの道に進んでるのがわかっただけでも嬉しく思えたものです。

2時間ほどで到着し3回目ともなれば勝手知ったる道とばかり東昌寺へ向かうのに高架橋からその枝垂れ桜が見えると、1年ぶりかと懐かしくなってきます。
flower_sakura_02077.jpg 

と思ってると犬の前を通り過ぎて行くおなかが大きい白黒猫を発見。
車の後ろを通って行くのを追って行くとキジ猫がいて、恋の相手はこの猫かと~~~
畑があちこち残ってて昔は農家が多かったんでしょう。
農作物を荒らすネズミ退治に猫を飼うのは農家の常。
そんな名残なのか他のルートで行った時も猫を見てます。
cat_ogawa_0005_20170406185617577.jpg cat_ogawa_0006_20170406185619051.jpg  
 

駐車場には三脚を持った先客が一人いましたが、さっと撮影してさっといなくなり自分一人だけ。
これ幸いとばかり撮影しますが、過去2回と同じようなアングルになってしまう。 
flower_sakura_02078.jpg  flower_sakura_02079.jpg flower_sakura_02081.jpg flower_sakura_02082.jpg flower_sakura_02083.jpg flower_sakura_02084.jpg flower_sakura_02085.jpg flower_sakura_02086.jpg flower_sakura_02087.jpg 

お年寄りたちが集まってゲートボールを始めるようです。
こういう光景に心が和むし、こうした老後を送りたいと思ってしまいます。
里山暮らしに憧れますね~~~
このあと同じく枝垂れ桜の西光寺へ、そしてカタクリを見ながら下里分校へ向かい里山気分を堪能しました。
それはまた後日掲載しますが、往復4時間の小旅行気分を味わって帰宅すれば、我が家の野良猫由乃が昼飯出さないでどこへ行ってたんだとおかんむりでした。
flower_sakura_02088.jpg

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

埼玉県小川町東昌寺の枝垂れ桜が満開でした 

梅にしても桜にしても枝垂れてるのが好きで、埼玉県小川町東昌寺の枝垂れ桜を撮影してます。
今年の桜は開花が早かったわりに見ごろというか満開になるのが遅れ気味ですが、枝垂れ桜はソメイヨシノに比べ開花がかなり速い。
それで先週問い合わせたらまだ早いということでしたが、昨日確認すると満開だということなので今日行ってきました。

5時に起きて6時前に出発し、東昌寺に着いたのが8時。
雲ひとつない快晴に、こりゃ白飛び起こすとマルチパターン測光で撮影しましたが、案の定ハレーションを起こしてました。
あまり天気がいいのも善し悪しで、白い花は薄曇りぐらいのが諧調がつぶれなくていいんですけどね~~~

かなり歩いて疲れ切りましたが、猫を撮れたし帰りの電車内でそれを見てにんまりしてました(=^・^=)
それにしても疲れたし、今夜は早く寝ないと"(-""-)"

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_sakura_02075.jpg flower_sakura_02076.jpg cat_ogawa_0004_20170404184823c39.jpg   
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

六郷用水密蔵院の枝垂れ桜 

六郷用水密蔵院の枝垂れ桜です。
いつもなら朝撮影するんですが、今日は夕方の光線だとどうなのかと試してみましたが、どんより曇ってて透過光での撮影ができなかったのが残念です。
六郷用水のソメイヨシノもかなり咲いてきて見頃ですが、満開とまではいきません。
桜坂は六郷用水より日当たりが悪いので見頃は今週末になるのではと予想してます。

明日は天気がよければ少し遠出して、枝垂れ桜を撮りに行く予定です。
ソメイヨシノもいいですが、枝垂れ桜が好きなので~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
flower_sakura_02069.jpg flower_sakura_02070.jpg flower_sakura_02071.jpg flower_sakura_02072.jpg flower_sakura_02073.jpg 

flower_sakura_02074.jpg
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

目黒川の桜は5分咲きぐらい 

今日4月2日現在、目黒川の桜は五分咲きぐらいで満開には程遠い感じでした。
といっても科学的ななデータを基にした訳でなく、あくまで個人的主観です。
上野公園が満開と宣言したようですが、それもどうなのか?
というのも今年は開花宣言が早かったにもかかわらず、見頃というか満開になるのが晩い気がするからです。

交通費と時間をかけて遠方から行かれる方は目的地がどういう状態なのか調べて行かないと、あてが外れがっかりされるかも知れません。
そんなことでこちらも遠方に足を伸ばしてません。
ま、撮影のしかた次第で満開でなくても絵にできることもあるでしょうが、少なくても五分咲きぐらいでないと~~~

東横線ホームからの目黒川の桜ですが、例年に比べるとかなり遅れてるようです。
撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 

こちらは去年とほぼ同じころの目黒川です。
比較すれば一目瞭然で見頃がかなり遅れてます。
といっても明日から気温が平年並みに戻るようなので、いっきに満開になるかも知れませんけどね~~~
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

東京はサクラの開花宣言早かったのに見頃はまだまだの感じで・・・ 

ソメイヨシノの開花宣言は全国に先駆けて東京がいちばんでしたが、氷雨が降ったりで見頃はまだまだ先の感じです。
それでも日当たりのいいところは咲いてるので撮影してますが、どうしてもアップ狙いになってしまいます。
というのも全体で見るとこんな感じなのでやむを得ないでしょう。
それでも300mm以上の超望遠なら切り取り方しだいで画になるでしょうが、こちらが所有してるのは300mmがいちばんの長焦点レンズでどうあがいても無理です。
それでも画にするのがセンスなんでしょうけどね・・・

flower_sakura_02068.jpg 

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 flower_sakura_02064.jpg flower_sakura_02065.jpg flower_sakura_02066.jpg flower_sakura_02067.jpg 
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

六郷用水の枝垂れ桜が見頃です 

六郷用水の枝垂れ桜が見頃です。

今日は久しぶりに晴れましたが撮影した朝はけっこう風が吹いてて、柳のように吹かれる枝垂れ桜にピントを合わせるのに一苦労。
それでも光線状況は朝がベストなので仕方ありませんが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 flower_sakura_02061.jpg flower_sakura_02059.jpg flower_sakura_02060.jpg flower_sakura_02062.jpg


ブログのトップ画像を替えました。
野良猫なのにこんな綺麗な猫がいるのかと、8年前初めて見た由乃に驚かされたものです。
それでも寄せる年波に結膜炎を患って、赤や黄色い涙を流すようになってからというものはその美貌にも陰りが・・・
そんな由乃を1万5千枚も撮ってるのにびっくりですが、それだけ憑りつかれてるともいえますね~~~
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑