FC2ブログ

ほのかに輝く白梅

ほのかとは、わずかと欠かすかとか人それぞれのとらえ方で違うでしょうが、ほのかに輝く白梅です。


昨日藤井聡太七段が朝日杯棋聖戦で二連覇を達成しましたが、勝っても驕らずたかぶらない優勝インタビューのコメントにますますファンが多くなるでしょう。
準決勝で対戦した行方八段は、悪手を指してないのにじわりじわりと攻め立てられ、気づいたら負けてたといってました。
藤井聡太七段はまさにほのかに攻め込んでてたのでしょう。

最近寝るまえに山本潤子さんの歌を聴いてます。
若い時に比べ声量がかすかに落ちてても高音域まで伸びる透明感或る歌声は子守歌になるからです。
ハイファイセットを結成した当時の”ハイファイセット・シングス・ユーミン”というアルバムを持ってますが、本家の荒井由実よりずっと歌い方がうまいんですよね。
それでも好きなのはこのアルバムではない、赤い鳥時代の竹田の子守歌がいちばん好きです。



恥ずかしいことに、この歌の竹田を大分県の豊後竹田のことだとばかり思ってました。
”盆から先にゃ 雪もちらつくし”
というからには寒い山国と思ってたからで、それなのに京都は伏見の竹田地区と知りびっくり。
こうした勘違いをされてる方が多く、このリンクにはそういった逸話が紹介されてます。

雪が舞う梅にメジロ

本日藤井聡太七段が準決勝で行方八段を、決勝戦で渡辺明棋王を下し朝日杯二連覇達成

昨日昼前買い物へ行くのに自転車を漕ぎだすと何度も目にゴミが飛び込んでくる。
と思ったらゴミでなくだった。
十分ほどでスーパーに着くと小だったのが、三十分後には積もるのではないかと思うような降り。
視界が悪くなるなか帰宅するとすぐカメラを持ち出しを撮りに。
が舞うを撮るつもりだったのに、着いたら小止みに。

数日前都内で5センチほど積もるといった日、自宅周辺ではこの日よりまだ降りが弱くそれもあっという間に止んでしまい景色を撮るどころでなかったし、今日こそはと思ってたのに買い物帰りがいちばん降り方が強く望みは叶わず。
そんななかのが舞うメジロです。

国の方にしたらこんなの雪じゃないだろうと笑うでしょうが、撮影後テレビのワイドショーを見ると、思いもよらぬ雪に戸惑う通行人の姿を捉えてました。
東京で雪が降ったり積もるのは二月より三月のほうのが多いようですが、富士山では早くも農鳥の雪渓が現れたというし、来週は春を思わせる陽気の予報。
春といっても雨が多い日が続くようで、雪は降るのかどうか・・・

snow_0001_20190216070128181.jpg snow_0002_20190216070129095.jpg