思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

柿の木坂は駅まで三里は広島県の明石峠です 

春には 柿の 花が咲き
秋には 柿の 実が 熟れる
柿の木坂は 駅まで三里
思いだすなぁ 故郷のょ 
乗合バスの 悲しい別れ

子供のころ青木光一さんの上記した「柿の木坂の家」の歌を聴き、高校時代なにかしらの用で都立大学へ行ったら柿の木坂がありびっくり。
東横線が通ってなかった昔でも最寄り駅の都立大学駅までは1キロもないし、ひょっとして渋谷までかと思ったものの5キロほど。
はて?
この柿の木坂がどこなのか調べたら、石本美由起氏が故郷である広島県大竹市の明石峠付近をイメージして作詞したという。
柿の木を見ると今でも柿の木坂の家の歌を思い出すし、この歌が流行ってた当時の明石峠はどんな感じだったのかと思いを馳せてしまう。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / smc PENTAX-A 50mmF1.4 
 2017_11_0004.jpg
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

びっくりしたな~~~もう・・・・・・ 

山尾志桜里は地球7周分走ったような膨大なガソリン代を政務費に計上したことで民進党政調会長を辞任した。
政務費の乱用は大方の議員がしてるだろうし、安倍晋三などガリガリ君や高価なミネラルウオーターまで計上してて、ことさら問題視するほどのことではないだろうに。
といっても政務費は税金だし、ふざけるなと思うのは当然。
それでも山尾志桜里だけを責めるのはおかしい。

そして弁護士とのW不倫の報道で民進党を離れ、先の衆院選に無所属で出馬したら834票差で自民党候補を抑えて当選した。
不倫といえばベッキーがめちゃくちゃたたかれてた。
相手の男が結婚してると思ってなかったというベッキーだったが、そんなことをメディアをはじめネット民たちが信じる訳がなくぼろくそにたたかれてた。
そんな風潮がさめやらないときに山尾志桜里の不倫疑惑が発覚し、他人の不幸は蜜の味とばかりにメディアだけでなくネット民たちもたたくはたたく。

それでも僅差とはいえ当選した山尾志桜里
彼女が一躍脚光を浴びたのは「保育園落ちた。死ね!日本」と嘆いた女性のSNSを国会で取り上げた時だった。
それ以前の言動を知らないとしても、以降は鋭い切り口で政権の要職者たちを追い込んでたのは周知の事実。
相手が誰であろうと怯まないのは元検察官だったからだろうか?
国会中継を見ててスカッとしたものだ。

その山尾志桜里が不倫相手とされる倉持麟太郎弁護士を政策顧問にするという。
かねてより共謀罪法などでアドバイスを受けてたようだし相通じるものがあったんでしょう。
それでホテルに一緒に入ってたようだが・・・
それを週刊文春に見つけられW不倫と報道され民進党を離れた。
それでも無所属で立候補し当選したし、離婚するのではといわれてるさなか不倫相手を政策顧問にする。
相手にしても離婚するかのような報道があったし、いずれ二人は結婚するかも知れない。
それはともかく不倫相手を政策顧問にするというのは並の神経ではできない。
言い換えればそれだけ欠くことができない人間ということだろう。
「保育園落ちた。死ね!日本」を採り上げたことで一躍顔を知られることになったようですが、それ以前から共謀罪や憲法改正にしても多くの有権者側に就いた論陣を張ってきてる。
個人的に嫌おうがなんであろうが、政策や意見が真っ当なら良しとするべきなのでは?
こちらが大嫌いな安倍晋三や高市早苗とか堀江貴文らが正論を訴えるなら同調するが、いずれも私利私欲に奔走する輩なので否定するのみ。

そして来日したトランプを安倍晋三はゴルフ接待するだけでなく芸能人を呼んでバカ騒ぎ。
さんまのから騒ぎじゃあるまいし、その挙句大量の武器購入を迫られるなど、売国奴そのもの。
そもそもトランプは大統領の地位を利用してる商人であって、まともな政治家じゃない。
アメリカを自分の嗜好に合わせた国にしようとしてるだけだろうに。
そのトランプを韓国民は朝鮮半島の危機をさらに深刻化させるとして訪韓するに際し大規模なデモを繰り広げてる。
これが仮に台湾だとしても同じ事態になるのは想像に難くないのに、日本政府が友好的に歓待したのはまさにアメリカの従属政策ばかりしてるからだろう。

そのトランプの娘イヴァンカが女性起業家を支援してて、安倍晋三がそれに57億円を拠出すると表明した。
57億もの金で東日本大震災や熊本地震などの被災者たちを救援するならわかるが、女性起業家支援にそんな大金を思いつきのような感じで出すという発想が信じられない。
多くの国民は小泉純一郎が米百俵の精神を唱えたことに共鳴したものの、その成果は一部の富裕層を潤わせるだけで庶民に還元されることはないし、トランプが横田めぐみさんら拉致被害者を救済するというが、危機を煽るだけのトランプにそんなことできるはずがない。
そんなトランプと強い絆で結ばれたとにやけてる安倍晋三の神経がわからない。

右翼だろうと左翼だろうといい。
日本が以前のように日々平和で穏便な国民に戻ることを願ってやまない。
それは日本だけでなく世界中の人々に対しても同様だし、戦争などしてはならない。
そのためにも山尾志桜里の強い信念を信じたい。
いいものはいいし、ならぬものはならぬと邪悪な政府を糺してほしい。

ガソリン代の不正請求と不倫疑惑の山尾志桜里に自民党候補は絶対勝てると踏んでたのが僅差とはいえ敗れ、びっくりしたな~~~もう・・・・・・と目を白黒させてたに違いない。
ま、2位の自民党候補は比例復活して万々歳でしょうが・・・

ちいさな女の子も猫に、びっくりしたな~~~もう・・・・・・でも、ほのぼのとしてていいですけどね~~~
画像をクリックし少しすると変化します
テーマ: 面白・爆笑写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

ブログ記事のタイトルをつけようがない 

毎度のことながらブログ記事のタイトルに悩まされてもつけようがない。
この野草の名前を知らないし画像が眠いし・・・
それでもなにかに惹かれて撮影したわけで~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


2000年正月。
静岡県の寸又峡へ車で向かった。
このときシティーフォンやきjフォンを使ってたのをiモード搭載のデジタルムーバに切り替えたのはインターネットができるからで、出先で何があるか検索するのに便利だからだし旅行にはもってこい。
車中箱根駅伝の中継放送を聞きながら新年の挨拶をメールで送ると、即座に返信されるのが面白かったし不思議だった。

それはともかく寸又峡で泊まったあとは西伊豆は大瀬崎と戸田温泉の中間にある井田部落の平田荘へ投宿。
部落というと差別用語と言われそうですが、単なる単語であり同和問題とかそうしたこととは一切無縁であり、ガイドブックにも地域の名称として井田部落と紹介されてたし、それを知ったのはアッちゃんやベビーギャングの漫画家岡部冬彦の兄で登山家でエッセイストの岡部一彦の四季の旅宿にも西伊豆の秘境・井田部落とタイトルが明記されてる。
ま、それはともかく昔は沼津から船でしか行けない陸の孤島だったらしく、道路は崖を切り開いたような感じで狭くて曲がりくねった山道が続く。
それでも海沿いを走るので富士山が見えるし夕焼けに染まった富士山が素晴らしかった。
寸又峡から熱海へ行くつもりが平田荘になったのはこちらの思い付きで、それは上記した陸の孤島がどんなところなのか、テナガエビやタカアシガニを食べたいからだった。
それを予約するにもネットができるデジタルムーバの恩恵にあずかったもの。

伊豆半島をぐるり回って伊東温泉で泊まって帰宅すると、この旅行でiモードというかネットの便利さを否応なく痛感しすぐにノートパソコンを購入。
まだネット接続は従量課金制で1分30円か50円ぐらいした時代で1日10分ほどに制限してたものの、悪徳サイトにひっかかり高額請求されたことに地団駄踏んで悔しがったことがあった。
今でもネットを介した詐欺が横行してるし、このブログを提供してるFC2の管理画面で表示される広告サイトにはネットをするだけで1日3万円などという甘言で勧誘してるのがありますが、くれぐれもひっかからないようにして下さい。
テーマ: 雑記 | ジャンル: 携帯電話・PHS |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

私もラブラドールも日向ぼっこ 

これが男郎花(オトコエシ)だと知ったのは、門扉ごしに見えてるコスモスを撮りたいと草むしりしてた家人にいうと快諾してくれ、塀の外からなんども見上げるように撮影してたことを話したからです。
するとシシウドでなく男郎花と教えてくれました。
山へ行ってたとき山麓でよく見かけてたシシウドのイメージが強く、花の名前がチンプンカンプンで、いかにも自分らしい。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4
2017_10_0006.jpg 2017_10_0007.jpg  

2017_10_0005.jpg 

そればかりか敷地内を案内してくれると、大きいだけでなく武蔵野の面影を残してて趣がある。
そんななか早くも熟してた柿があちこち落ちてたのは鳥たちの仕業でしょう。
除草剤をまけば草むしりの手間は減るものの、そんな鳥が来なくなるばかりか蝶々や虫たちも寄り付かなくなってしまうし、そうなれば花の生育が悪くなるといってました。
2017_10_0004.jpg 

そういうのに不耕起栽培や映画「奇跡のリンゴ」の主人公木村秋則さんが無農薬でリンゴ栽培に成功したことを話してたら、近く上映される「岩合光昭の世界ネコ歩きコトラ家族と世界のいいコたち」という映画のことがよぎり、そのコトラ一家が木村秋則さん宅の猫だと思い出したのを伝えました。

岩合光昭さんが撮影で伺った木村秋則さん宅のオオトラとコトラなどの猫はもちろんですが、それ以上に木村秋則さんが農薬被害に遭った奥さんのために無農薬栽培を始めたことで、近隣農家から馬鹿にされ疎まれ、自死しようとまでいろんな苦労をしてきたことをあっけらかんと話す人柄に惹かれ本にしたらいいと出版社まで紹介したら、それがすごい反響で映画化された経緯がある。

その岩合光昭さんのデジタル岩合の会員になってまして、2013年夏に東京都写真美術館で開催された「猫ライオン」の写真展に先駆け抽選で30名だったか優待されされたことがあります。
1時間にわたって主だった写真の撮影秘話が終わるとネコライオンの写真集と記念品がプレゼントされサインをしてくれたとき、青森へ1年間に5回も猫を撮りに行ってるが青森へ行かれたことはあるかと聞いたらよく行ってるとの答え。
岩合光昭さんはこの当時というより、ずっと以前から木村秋則さん宅へ猫の撮影に行ってたようです。

少し強面なラブラドールですがおとなしく撫でると喜んでました。
今年の春、前足をかきむしるのがひどく獣医に診せたところ切断する憂き目に遭ってしまいましたが、三本足で立つだけでなく歩き回るようです。
そして立たせてくれたのを撮りましたがピンボケばかり。
いつかまた撮れる機会があったなら、そのときはきちんと撮りたいものです。
dog_0001_20171019093910b44.jpg 

秋霖というか梅雨のようで毎日が雨。
それが昨日束の間とはいえ晴れた。
猫が日向ぼっこするがごとく、3日間風邪で寝込んでたため久々の陽射しが恋しく外へ。

風呂に入れず無精髭はやしたままのこちらに、つかず離れずで色々話していただいたラブラドールの飼い主様へ。
いつかまたモチーフに応じて使い分けできるレンズを用意して撮影できたらと思います。
昨日は誠に有難うございました。  
テーマ: 犬の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

幻の美少女 

2日前買い物へ行くのに電車に乗った。
すると目の前の美人と向かい合わせになった。
濁りのない目にくっきりした太い眉。
口紅も塗ってないし、ほぼすっぴんなのに端正な顔立ち。
肩より少し長い髪はもちろん染めたりしてない。
山本美月とか松本典子堀北真希のような清純な女性といえばイメージできるだろうか?

半世紀前多感な年頃だった私にとってアイドル的存在として思い浮かべるのは、内藤洋子 酒井和歌子 松原智恵子 榊原るみ 小山ルミ 岡崎友紀 沢知美 十朱幸代 藤山陽子 恵とも子ら・・・

最後に記した恵とも子は学校へ行く前に見てたテレビのヤング720に出てたし、ハリスガムのコマーシャルにも出演してて凄い人気だった。
彼女は池上線蓮沼駅近くの美容院の娘で自宅から近いこともあり、悪友たちとその美容院の前まで行ったこともあった。
会えたらサインをもらうとか握手してもらおうとか、ニキビ面の悪童どもと他愛のないことを言い合ってたのが懐かしい。

陽のあたる坂道の恵とも子 渡哲也と十朱幸代主演で山本圭の共演


ヤング720について少しふれておきます。
TBSテレビで朝7時20分開始の若者向けバラエティー番組で、その司会者たるや今思えば錚々たる顔ぶれでした。

松山英太郎(1966年10月 - 1968年4月) - 第1回の司会を担当。
関口宏(1966年11月 - 1968年12月)
竹脇無我(1966年11月 - 1967年9月、1967年4月以降は田辺靖雄と隔週)
由美かおる(1966年10月 - 1968年6月) - 第1回の司会を担当。
大原麗子(1966年11月 - 1967年6月、1967年4月以降は恵とも子と隔週)
小川知子(1966年11月 - 1967年3月)
田辺靖雄(1967年4月 - 9月、竹脇無我と隔週)
恵とも子(1967年4月 - 12月、6月までは大原麗子と隔週)
ジュディ・オング(1967年4月 - 9月)
山内賢(1967年10月 - 1968年9月)
小橋玲子(1967年10月 - 1970年3月)
川口晶(1968年1月 - 1968年9月) - 同年5月のみ藤田淑子が代行。
小柳徹(1968年4月 - 1969年3月)
江美早苗(1968年6月 - 9月)
黒澤久雄(1968年10月 - 1969年12月)
プラバー・シェス(1968年10月 - 1969年3月)
小山ルミ(1968年10月 - 1969年10月)
北山修(1969年1月 - 9月)
大石悟郎(1969年4月 - 1970年2月、10月 - 1971年3月)
早瀬久美(1969年4月 - 1970年2月)
目黒祐樹(1969年10月 - 1970年2月)
岡崎友紀(1969年11月 - 9月)
土居まさる(1970年3月 - 9月)
青木英美(1970年3月 - 9月)
可愛和美(1970年3月 - 9月)
岸ユキ(1970年3月 - 9月)
小西まち子(1970年3月 - 9月) 
吉沢京子(1970年3月 - 9月)
岡田可愛(1970年6月 - 9月)
Kとブルンネン(1970年10月 - 1971年3月)
市地洋子(1970年10月 - 1971年3月)
おちゆうじ(1970年10月 - 1971年3月)
久万里由香(1970年10月 - 1971年3月)
道上洋三(当時朝日放送アナウンサー、1970年10月 - 1971年4月、土曜版)

その一人、小柳徹はNHKのドラマ「ホームラン教室」で人気を博した子役でした。
東京オリンピック前の子供向けドラマでしたが、自宅にテレビがなかった私は近所の家や街頭テレビで見てたものです。
その当時小学生だった私が中学生になるとヤング720が始まり小柳徹が司会を務めてました。
この時空は5年か6年ぐらいだと思いますが、成長著しい十代だった私は子役の小柳徹が司会をしてることに違和感を持つとともに凄いと思ったものはたった四歳上の彼がテレビに出て司会をしてたからです。
その彼が第三京浜で事故を起こし、わずか二十歳で亡くなったことに衝撃を受けたものです。

※敬称は略させていただきました

さて、下はスカシユリだろうか?たまに馴染みの猫を撮りに行くところにポツンと一輪咲いてました。
手に取るな やはり野に置け 蓮華草
ではありませんが、美しいからといって野の花を摘んで持ち帰ったところで枯れてしまうだろうし、野に咲いてた美しさとは違う。
世に美人といわれる女性は数多いれども、それはそう思う人の価値観であって誰しもが美人と思うのかどうか?
いや、美人についてどうこう言いたいわけでない。
ほとんど化粧っけなしで眉を剃ってないし髪も染めてない。
そんな二十歳前後の幻の美少女
いや爽やかな女性に目を洗われただけのことです。


テーマ: 写真にコトバをのせて | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

或る夜 

10時からブランケットキャットを見ながらナスの煮びたしで晩酌をしよう。
それでも、油炒めにするかレンジで加熱するか迷う。
番組開始まで20分。
まるごとでは灰汁抜きできないのでレンジででなく油炒めにしよう。
切ってるとあまりにも大きいので少しばかり塩もみして、即席の茄子漬も作ってると10時を過ぎてしまった。

ブランケットキャットは亡き妻が残した猫の里親募集をする西島秀俊が主人公で、彼の幼馴染の獣医吉瀬美智子が共演し、猫の里親になりたい者の人間模様を描くドラマ。
出て来る猫たちは動物プロからの借りものなのか、皆人懐こくておとなしい。
そんなドラマを見ながらナスの煮びたしと浅漬けにトマトとレタスのサラダをホッピーで晩酌してると、体中の筋肉がほぐれていく。


去年から続いてた近所の工事が終わったかと思ったら、また違うところで工事が始まってる。
いずれも我が家の野良猫由乃がよく行ってたところ。
それで行き場を失ってストレス過多になったのか、つい先日はまったく餌を食べなかった。
猫の由乃にしたら行き場を失い相当なストレスになってるのは想像に難くない。
そんな猫のまなざしが心許ない気がする。

我が家の野良猫由乃もそうだし、自分自身この工事で物凄いストレスを感じ、最近また睡眠障害に陥ってる。
そんな或る夜、ブランケットキャットに続きドキュメント72時間を見てると心なしか穏やかな気分になったし、洗い物をすませて由乃にシーバを出し部屋にもどると家ついて行っていいですかをやってた。

エロ本が散乱した部屋の住人は65歳で結婚歴なし。
年金暮らしなのに風俗通いしてるという。
こちらは40代半ばで女性に興味が失せ、それからというものは写真撮影に没頭してる。
外に出るのは写真撮影目的だけだし、この男性の自由奔放さが羨ましいと思う反面、虚しさも感じる。
風俗など行かないにしても、クラブの梯子をしてた三十代半ばから十年あまりのことが蘇ってきたからだ。
月に一日か二日しか休みがなく、しかも朝五時過ぎには仕事へ行ってて寝る時間をさいてでも飲みまわってた。
それでもゴールデンウイークや盆休みは山へ行ってて、帰るとき里山の温泉に入ると生きてると実感してた。

それも今は昔のこと。
静かに、穏やかな日々を過ごしたいと願うだけだが、去年から近所で続いてる工事のおかげで血圧が上がる一方だ。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO / smc PENTAX-A 35-70mm F4
 yoshino_02252.jpg
テーマ: 日常 | ジャンル: 独身・フリー |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

タコ飯 

昨日は半夏生だったのでタコ飯を作りました。
土鍋で炊いたのをヒノキだかサワラの桶で水分を飛ばすと、もちっとした食感になりました。
奥大井の寸又峡へ行った帰り川根は最後の職人のところで買った弁当用の曲げわっぱは、食べ終えたら大中小の順に収納できコンパクトになるのが便利でした。
匠の技で作られた曲げわっぱにしてもご飯桶にしても、昔の家庭ならあるのが普通だったのに、今では目にすることさえめったにないですが・・・
gourmet_0035.jpg gourmet_0036.jpg  
 
半夏生という雑節を知ったのは会津の大内宿へ行った時でした。
大内宿では毎年7月2日に半夏祭というのを開催するからで、帰宅して調べたらお百姓さんたちが野良仕事を休んで豊作を祝うとのことでした。

今日の東京は真夏日どころか酷暑日になったとか・・・
そんなことで真冬の大内宿の画像で少しでも涼んでいただければと思います。
こう暑いと冷やし中華とか冷や麦を食べたくなりますが、大内宿は長ネギを箸代わりにして食べる高遠蕎麦が有名です。
会津鉄道は芦ノ牧温泉駅の名誉駅長ばすも天国で半夏祭を楽しんでるのかも知れませんね~~~

撮影機材 NIKON D90 /Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G
travel_aizu_0006.jpg travel_aizu_0004.jpg travel_aizu_0005.jpg travel_aizu_0007.jpg travel_aizu_0008.jpg       
テーマ: 福島県 | ジャンル: 地域情報 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

ハトはどこへ行ってしまったのか 

昨日病院へ行った帰り公園へ寄りました。
昨秋からバリアフリー化工事のためアジサイ園と西洋庭園が封鎖されてて、毎年1月初めに梅を撮りに行ってたのが今年初めての撮影。
背丈が低い梅はすでに花を落としててアップでの撮影は無理でした。
flower_ume_0307.jpg flower_ume_0308.jpg flower_ume_0309.jpg 

それでヒュウガミズキを撮影しに行くと映画蛍川のラストシーンを思い出したのは、逆光のヒュウガミズキの小さな花がまさに蛍が群舞してるかのように見えたからです。
2017_03_0006.jpg 2017_03_0003.jpg 2017_03_0004.jpg 2017_03_0005.jpg 

ユキヤナギは日一日毎に花数をふやしてるようです。
2017_03_0007.jpg 

最近由乃がいるのはここ。
こちらが由乃を初めて見たのもここですが、それも建て替えが始まるようで由乃の居場所がますますなくなっていくようです。
2日間姿を見せなかったクロがまた来てました。
気のいいクロですが、由乃が外敵としてる以上追い帰すほかありません。
そんなこちらにクロは戸惑ってるようで、こちらとしても心中申し訳ないと謝ってました。
yoshino_02204.jpg kuro_0024.jpg 

平和の象徴ハトですが・・・

東日本大震災からまる6年。
いまも避難者が12万人いるそうです。
そういったなかで横浜市の児童は災害見舞い金が入っていいだろうと、金を無心する者がいたとか・・・
当の避難者にしたら避難したくてした訳でないし、できるなら地元を離れたくなかったはず。
そんな気持ちを理解し、少しでも和ませるのが人としてのあるべき姿なのに、これでは避難した方たちが救われる訳がない。

米国の51州目と揶揄されてきたというか自虐的に認めざる得ない日本。
オバマからトランプが大統領になり、超タカ派の安倍晋三が尻尾ふりふりゴルフ三昧でますます米国従属に。
ロシアのプーチンを招いて北方四島返還を迫るどころか、経済政策で3千億円も投資するという愚策。
ロシアはその北方領土に対米政策というか脅威のため、基地を建設するというのだから盗人に追い銭とはこのことだろう。

方や東日本大震災で仮設住宅暮らしを余儀なくされてる人たちにはこれといった進展はない。
進展どころかいつかは立ち退きを迫られるだろうし、故郷を奪われた挙句流浪の民となるばかりに違いない。

北朝鮮に拉致された遺族たちは高齢となって、我が子との対面は叶わぬまま。
対中対韓を煽りまるでマッチポンプの安倍晋三になびくばかりで、今の自民党に良識ある議員はいないのか!
この安倍晋三と女房が時代錯誤甚だしい教育勅語を、年端のいかない幼稚園児に叩き込んでる籠池夫婦が運営する学校法人がもとで足元に火がついてる。
火のないところに煙は立たずの喩えがあるように、足元だけでなく火焔地獄に堕ちるかも知れない。
堕ちなければ自分がしてることの非道さは、いつまでたってもわからないだろう。
稲田朋美にしても早晩辞職する羽目になるだろうし、いつまでもこんな狂った内閣が続いてては困るのだ。
加藤紘一が生きてたなら自民党はもっとましな政策をしてるだろうし、東日本大震災の被災者や北朝鮮による拉致被害者にきちんとした対応をしてただろうに・・・
ハトはどこへ行ってしまったのか・・・
bird_hato_0001.jpg    
テーマ: *写真で残す日常* | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

建設途中のスカイツリー 

昨日なにげなく目にしたアサヒカメラのトピック。
なにかと思えば「写真を無断使用する“泥棒”を追い込むための損害賠償&削除要請マニュアル」についての特集を再掲載するとのことでした。

以前からまとめサイトなどで画像の無断使用が横行してるようで、FC2の利用者も被害に遭い画像にロゴを貼るようにしてました。
そのブログの運営者は利用者とサイトを提供してる運営会社に、無断使用しないように再三申し入れをしても取り合ってもらえなかったようです。
関東地方の古い町並みを精力的に取材し掲載してたサイトは興味を持つ者には垂涎の的だったでしょう。

昨日デジカメのデータ保存について記事にしましたが、古いデータを整理してたとき建設途中のスカイツリーの画像がありました。
古い町並みが残る京島の後ろにスカイツリー。
隅田川にかかる桜橋を渡り向島を経由して初めて行った京島
今から40年ほど前S氏と昼下がりの向島を歩いてると、二階の窓にもたれかかって三味線を弾いてる着物姿の女性に、さすが芸者の街だと風流な街に感激したものです。

そんなことを思いながら一昨日画像処理し、いつものようにレンズ名のキャプションを貼り付けるのに戸惑ったのは、上記した画像を無断使用されたブログ運営者のことで、建設途中のスカイツリーは多くの人が撮影してたとはいえ今では珍しい光景になってるし、ひょっとすると無断転用されるかも知れない。
いつもなら画像の上か下に貼ってたキャプションを薄目にし真ん中にしたのはそんな懸念からでした。

そして昨日目にしたアサヒカメラのトピックに心無い者がいるし、酷いのになると画像の販売サイトに登録してるのもいるらしいとのこと。
完全に泥棒してることがわからないのかとただただ呆れるばかりでした。
京島からのスカイツリー建設途中の画像を記事にしようと思ったのは久しく行ってなかったし、以前行ってた街並みが今どうなってるのか見比べるうえでフォルダーを開いたわけで、一昨日とりあえず画像処理たのをアップロードしてました。
そして昨夜目にしたアサヒカメラのトピックに、偶然とはいえそんなのがいまだにいるのかと・・・
ま、私の画像が無断転載されることはないでしょうが、なかには奇特なのがいるかも知れませんので・・・・

こちらがパソコンを始めたのは2000年。
その当時コンデジで撮った写真をPhotoshop Deluxeで画像処理するのが面白く、そうこうしてるうちブログの提供が始まりました。
なかには独自でサイトを立ち上げてる方がいましたが、こちらはFC2が提供を始めたのに飛びついてから13年ほど利用してます。
FC2のブログ同士でリンクするにしても相手側に了承を得てからしたし、他のプロバイダや独自で立ち上げてるサイトの方には相互リンクしてもらうには好みが違うとかの理由で断られることが多かったです。
それだけマナーの厳しい方がサイトを運営してました。

昔、田宮二郎の高原へいらっしゃいというブログを運営してるとき他の同好の士とネットで知り合い、ドラマの舞台になった八ヶ岳高原ヒュッテで十数名が一堂に会したことがあります。
散会するとき皆で「お早うの朝」を歌ったのが懐かしく思い出されます。
この当時のネットは健全でオフ会がしきりに行われてましたが、出会い系サイトが登場してからというものオフ会とは名ばかりで、悪事に利用されたりでおいそれと参加できなくなりました。
話題が紆余曲折しましたが、なににしろ常識ある行動をして欲しいものです。

 kyojima_0001_2017021922514412b.jpg
テーマ: 建物の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

ブログ記事のタイトルに悩む 

年末からちょこちょこスイセンを目にしてましたが先日今年になって初めて撮影しました。
ウメ目当てでそれもかなり背丈が高いのでマクロレンズは持参せず、望遠ズームと万能ズームの2本だけ。
葉が萎れてるスイセン、それも後方から撮ることなどまずありえませんが猫が現れたので背景にして撮りました。
この日初めてシャッターを切ったカットですが、前日の露出補正そのままだったので物凄い露出不足になってるのを忘れたまま撮影するチョンボ。
それでもなんとか画像処理で救えました。

右はカメラ設定を確認して撮りましたが、寄れないし暗かったので300mmまでズームを繰り出すと間違いなくブレる。
適当に繰り出したズームをプレビューすると背景の葉が玉ボケになってたので、これでいいかという感じでシャッターを押しました。
特別なにかに惹かれた訳でなく、こういう単純な動機でシャッターを押すことが多いのは不純かも知れない。

そんな2枚の写真をブログに掲載するのはいいとして、記事のタイトルをどうするか?
杳としてふさわしいタイトルを思いつかない。
今回に限ったことでなく、毎回ブログのタイトルに悩む。
写真撮影にしてもなぜシャッターを押したのか?
ただ撮りたいから押しただけで、その撮りたいと思った動機がなになのか説明しようがない。

昨年12月から撮影意欲が衰えてると感じてて、原因がなになのかわからない。
それでもウメが咲きだしてるし半月もすればカワヅザクラも開花する。
毎年ウメからサクラ、そしてツツジにアジサイと季節ごとに撮影する花々。
光線状況がいいのを見つけると、それこそ血沸き肉躍る感じになりますが、今はまったくそんな感動する被写体に出会うというか見つけることはない。
それでもなんとなくカメラを手にぶらついてます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG
cat_shi_0014.jpg flower_suiren_0023.jpg     
テーマ: 季節の花 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑