思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

岩合光昭さんが語った猫撮りの心得 

昨日所用である街へ行った帰り、ひさしぶりにスナップしようと思ったら猫がいました。
以前にもここでこの猫を見たことがあるんですが、カメラを持ってなく撮影できませんでした。
ちょうど昼時で行き交う人が多いなか、腰を落としなるべく猫目線で撮影。
 
ほとんどが猫をよけて通り過ぎて行くのに、こちらが猫を撮影してると気づいた若いグループが可愛いと立ち止まりました。
cat_town_0057.jpg  cat_town_0058.jpg 

猫はするっと物陰に。
それでも人懐こい猫なのか若者たちが撫でるのを嫌ってないようです。
そんなのを撮ろうにも猫は彼らの足の間で見え隠れしそれも暗くては撮る気になれない。
そんな彼らが離れて行ったのを撮りました。
痩せてるものの目やにが出てないし毛並も悪くない。
cat_town_0060.jpg 

その猫がまた人通りに出て来ました。
cat_town_0059.jpg 

野良猫が道行く人々の前に出て行くなどあまりないのに、どうしてなのか不思議です。
cat_town_0061.jpg 

少しすると猫が喜んだような顔になりました。
そして物陰に入って行ったのは、餌やりの人が来たからでした。
cat_town_0062.jpg 

猫が人通りの多いところへ出て行ったのは餌やりさんを待ってたからでした。
その女性にしても去って行った若者たちにしても、顔を撮るとなにかと面倒なことになるので撮影できなかったのが残念です。
この猫と会ってから別れるまで15分ほどでしたが、小さなドラマがあったことに和んでしまいました。
この猫の画像だけではそうした経緯をイメージできないでしょう。
画像だけで見る者を魅了する写真を撮りたいと思っても撮れない。
それは見知らぬ人たちの顔を撮影しネット上で公開できないからでなく、この猫の出自や生き様を知らないからでしょう。

帰宅しテレビ欄を見ると岩合光昭さんの名前が目につき、なにかと思えば「プロフェッショナル 仕事の流儀」でした。
岩合光昭さんが猫の撮影をするのに次のようなことを挙げてました。

猫に叱られないこと
猫と時間を共有する
自分が撮りたいとおりにするのではなく猫らしいのを撮る

以上のことは先日岩合光昭さんの写真展ねこの京都」を見て実感したし、京都のねこでなく、あくまで猫が主題の「ねこの京都」というタイトルにも岩合さんのネコに対する思いが如実に表れてました。
ボスニアに「世界ねこ歩き」の取材に行った際には、もっとも平和な動物の猫を通しお伽の国にしたいといってたのは、内戦の爪痕が至る所にあろうと猫はたくましく生きてるし、それをファンタジーとして描きたいんでしょう。

そしてなぜ猫を撮るかという問いに、山がそこにあるから上るのと同じで、そこに猫がいるからといってました。
私が8年もの間我が家の野良猫を撮ってるのは、まさにそれです。
それでも由乃がなにを思ってるのかわからないし、密集地のなかで撮るにはなにかと憚られることもあり、思うように撮れないのがもどかしいばかりです。
岩合さんのように地面に伏せて撮影はできませんが、草っぱらに猫がいたなら試そうと思います。
ま、ライブビューにしてカメラを地面すれすれにして撮ることもありますが、それでは猫の警戒心を完全に解きほぐすことはできないでしょうから。
テーマ: 猫撮りの撮影技法 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

夜の猫をSIGMA 24mm F1.8 DG MACROでオートフォーカスで撮影 

夜の猫をSIGMA 24mm F1.8 DG MACROでオートフォーカスで撮影しました。
15枚撮影しピントがきっちり合ってたのは6枚で半分以下だったのは、AFCのコンティニュアスにしてたんですがシャッタースピードが1/24では猫が少しでも動けばブレたからです。
それでもキャッチライトがあたってる夜の猫はきっちりピントが来てました。

PENTAX K-5Ⅱsを購入してから3年いじょうたちますが、この当時中級機クラスで輝度範囲がEV−3というカメラはなかったような気がします。
夜の猫を撮影するにはもってこいと購入したのはそんな理由でしたが、めったに夜間撮影してないのがもったいないとひさしぶりに使いました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 24mm F1.8 DG MACRO
 yoshino_02202.jpg
テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 1 | edit

ページトップへ↑

スポットライトを浴びる海辺の猫 

歩いてる猫に望遠ズームを向けても海面が反射しててCFではピントがうまく合わない。
AFにするかMFにしようか迷ってるうち猫はスポットライトがあたってる海辺の岩場に。
ここぞとばかりにシャッターを押す。
連写モードでなく単写だったのでシャッターを押せたのは、これと全身がスポットライトを浴びてるのと2回だけでした。

これを撮影した2010年12月は、私が本格的に猫撮りを初めてから1年余り経ってた。
とにかく猫がいればどこへでも飛んで行きたい思いに駆られてた時期です。
時は恰も猫ブームに火がついたころだったか、宮城県の田代島猫島として脚光を浴びてて片耳ジャックのDVDまで発売されてた。
その田代島へ行こうと思っても民宿が2件だけでその予約がなかなか取れなかった。

そこで行ったのがある小さな島だった。
そこは私が中学2年のとき田舎がある姫路へ初めて一人旅をしたとき立ち寄った島で、なにかと思い出があった。
可愛い女の子2人が砂浜にいるのを撮らせてもらったのを今でも覚えてるし、渡船した島の民宿では主が少年一人でよく来たと歓待してくれるも奥さんの方は愛想なしというよりぶっきらぼうだったことなど、昨日のことのように覚えてる。
国内でも指折りの観光地をひかえた本土から沖合10キロほどに浮かぶ島は釣り人ぐらいしか来ない。
そんなところにひねた子供とはいえ、民宿の主にすれば現金収入になると喜んだのだろう。
夕飯のアジのたたきとハンバーグはもちろん、朝食に出された放し飼いにしてる鶏の卵がけご飯が美味しかった。

そんな島へ行く船の発着所が昔と変わってるのは当然だとしても、その場所が明らかに違うと感じてた。
昔は駅から急な階段を下りて行くと船着き場だったはずなのに、今のはそこから2キロほど離れたところにある。
そんな街にも猫があちこちいていろんな人と知り合うようになり、猫だまりはないかと教えてもらったら、そこが昔の船着き場だったのには奇遇をとおりこし口あんぐりだった。

この1か月前40数年ぶりに日帰りで行った島ですが、この時は一泊してるので昔泊まった民宿がどこだったのか探しまわったものの見る影もなかった。
昔の民宿といえば農業や漁業のかたわらやってるところが多かったのが、今は本格的な宿顔負けな超豪華なのまであるなか、島の民宿は高齢の老婆一人でやってて質素そのもの。
というより島のことを聞いても知らないというし、話すのが面倒といった感じだった。
少年のころ泊まった民宿の奥さんのような感じで、ひょっとしてこの老婦が当時の奥さんだったりして・・・

そんなことはともかく初めて撮影する島猫にワクワクドキドキしてた。
猫さえ撮れればご機嫌という時期をとっくにとおりこし、少しでもドラマチックなのを撮りたいと思い始めてたころで、スポットライトを浴びる海辺の猫を撮れたことに満足したものです。

撮影機材 Nikon D7000 / AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
cat_ilmd_h_0001.jpg



都知事選でスポットライトが当たったのは小池百合子。
自民党は増田寛也を公認し分裂選挙になったにもかかわらず鳥越俊太郎とともにダブルスコア以上の大差で落選。
初の女性都知事誕生となった。

小池百合子の公約に満員電車を0にするというのがあり、痛く共感したものである。
その理由が何かといえば、都心へ向かう電車はとにかく混んでる。
それは朝のラッシュ時だけでなく午前10時前後でもかなり混んでる。
オフピーク通勤やフレックスタイム出勤が影響してのことだろうが、その乗客が地方の赤字路線に乗ったらどうだろう?
赤字脱却するのは間違いないはずだ。
乗客を誘致する方法としては、都心への一極集中化を分散させればいいだけのこと。
ま、それが難しくてできない、というよりはなからやる気のない政治家が多い。

都心が地方のように駅から1キロも行けば野山が見えるようでは、不動産屋が商売できないと喚くだろう。
不動産屋といっても街中にある個人経営だけでなく森ビルのような大手デベロッパーもあるし、電鉄会社の不動産部門も然り。
そしてなにより不動産に関する利権をにぎる政治家と役人たちが地方分散に反対するのだろう。

電鉄会社にすればラッシュだろうがなんだろうが交付金などの支援で、それこそ小池百合子がいってるところの二階建て列車を走らせるだろう。
それで満員電車0を可能にしたところで、郊外から都心へ通勤する者は満足するだろうか?
往復の通勤時間が少なくても3時間かかるし、自宅から最寄り駅まで自転車で行くにしても駐輪場の絶対数が少なくて契約できないとか、あっても駅まで歩いて5分とか10分かかる現実。
会社へ行けば行ったで営利至上主義で詐欺まがいの商慣行が横行しストレスが溜まってしょうがない。
ランチ難民といわれて久しいがオフィス街の飲食店は常に行列してる上高い。

それもこれも都心の一極集中化の弊害だとわかってても改善しない。
満員電車が0になったところで通勤地獄がなくなるだけで、現状の生活が変わるわけでない。
それどころか乗車運賃が上がり、おいそれと電車に乗ることができない者が出現するかも知れない。
そのためにも地方を活性化させる政策をしなければいけないし、地方にしてもただ手をこまねいてるだけでなく地元の人材を多く登用する企業には何らかの優遇をするなどして、魅力ある地方を訴えていくべきでこれはとっくに自治体としてやってることだろうが、税収を鑑みながら市民とのバランスをとりつつ企業が根付きやすい地域にするべきだろう。

「美しい日本」と安倍晋三が訴えてるが、地方は疲弊するばかりで都心への一極集中化はとどまることを知らない。
年間30万人ほどが都心へ入り込んでるという。
当然出て行くのもいるだろうが、出て行きたくても行けない者だっている。
かくいう自分にしても生まれてから63年も住んでるところを出て行きたいとは思わないが、これ以上住みづらくなれば出て行きたくなるのが人情というものだろう。

青森県の岩木山麓でありふれたトウモロコシを嶽きみとしてブランド化した鈴木健さんが、都会へ出て行った若者たちへ呼びかけた文章。

若者よ、故郷に帰れ。
今、君が幼いころを過ごした故郷を思い出そう。
そこには、山や川、そして学び舎があったはずだ。
君たちの力は理不尽に使い捨てをするよう企業のためでなく、農業にこそ必要なのだ。
低迷する食料自給率の向上などにその力を使ってほしい。
なによりも、故郷では人間らしく生きることができるはずだ。

私も農業だけでは食べられず、黒四ダムの現場でふた冬過ごす出稼ぎをした。
厳しい山間地でトウモロコシ栽培に取り組み続け、息子が後を継げるほどの地域ブランド「嶽(だけ)きみ」に育った。
村の若者は出稼ぎや派遣として都会に出た。
残ったのは後期高齢者ばかりで、村は限界集落と呼ばれている。

君にも、昔ながらの頑固一徹な父と寡黙な母がいる。
意見や小言も言われるだろう。
だが、老いた親の後ろ姿は小さく、腰も曲っているだろう。
親孝行は今しかできないぞ。
コンビニまで車で25分と不便だ。
古いしきたりに嫌気もさすだろう。
だが、春には、木々の芽がもえ、花が咲き乱れ、小川が清らかに流れる。
米や野菜を作れば、食べ物に困ることはない。
山や小川からさわやに吹く風が「お帰り」と君のほおをなでてくれはずだ。


都会へ流入してくる者が鈴木健氏がいってる田舎出身者かどうかわからないとしても、地方には地方としての生き方がある。
都会に憧れるのもいいが、田舎でのんびり暮らす方がよっぽどいいと思うのだが・・・

鳥越俊太郎のホームページに原発や改憲反対よりラッシュアワーとかもっと身近なことを訴えたほうがいいとメールしたものの、街頭演説ではその片鱗さえなかった。
癌検診は自身の体験上訴えるのはわかる。
待機児童や高齢者対策にしても当然だが、それ以上に反原発反自公のイメージが強すぎたところに女子大生を淫行というとんでもない記事が掲載された。
選挙陣営が立候補を取り下げた宇都宮健児氏に応援演説を依頼したところ、この淫行事件を自ら記者会見で釈明しない限りできないと断られたとか・・・
妙なことにスポットライトを当てられた鳥越俊太郎が今後どうするのか見守りたい。
というより、年齢的に若かったなら都知事選でなく国選に出るべきだったろう。
立候補辞退した宇都宮健児氏が地団駄踏んでるかと思うと、実に嘆かわしいのだが・・・

さて小池百合子都知事誕生に対し自民党都連と自公政権はどう出るのか?
分裂選挙した咎で除名処分の文書を配布してるが、除名すれば世間から相当バッシングを受けるだろう。
そこで除名しない代わり融和政策を打って出るのか?
小池百合子にしても東京オリンピック予算が膨大に膨らんだ経緯を明かしたいと息巻いてるし、それには都議連を掌握しなければならないが一筋縄ではいかない。
そこで自公連立政権は内田茂を差し出す代わり傀儡政権をせよと交換条件を出すかも知れない。
それを飲めば以降よきに計らうと祭り上げるに違いない。
政党をうまく渡り歩いてきた小池百合子ならそれを良しとするかも知れない。

政治家たるものなりたいからなるのでなく、周りから是非にと請われた者がなるべきもの。
それは利益誘導するだけでなく、地元のため国民のためになるものを請うべきでしょう。
そういう政治家というか町長が福島県矢祭町にいた。
その名を根本良一といい、町民から辞めないでくれと泣きつかれ6期24年間の任期を果たした。
清廉潔白で志が高いからこそ町民から圧倒的な支持を得た結果だろう。
小泉純一郎のように米百票と高邁な精神論をぶち上げながら国民を苦しめる輩とは正反対に、自ら質素倹約を実行し平成の大合併にも反対し独自の政策で町民から愛された。
こういう役人というか政治家を輩出しない限り日本に未来はない。

民主党の岡田克也が都知事選開票まえに党代表選に出馬しないと表明しただけでなく、宇都宮健児氏に立候補を見送らせ鳥越俊太郎を担ぎ上げたのに、党首としての会見もしなかった。
昨夜都知事選の開票が始まると同時に小池百合子の当確が決まり、前原誠司などそれ以前から党首選への根回しに忙しく都知事選そっちのけになってただろう。
その前原が党首になったら自民党寄りになり、それこそ維新と連合するかも知れない。
有権者そっちのけで俺が俺がしかない小童が国民をどん底にたたきつけるばかりだ。
テーマ: 野良猫と地域猫 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

猫のジャンプ写真を撮るには? 

猫の撮影でいちばん難しく感じてるのはジャンプするのを写し止めることです。
昨日の記事で猫の撮影時シャッター機能を連写に設定すると書きましたが、ジャンプや跳躍など動きが激しい場合オートフォーカスをシングルでなくコンティニュアスモードにしてます。
私が使ってるPENTAX K-5Ⅱsのコンティニュアスモードは蜂や蝶々のようにひらひら不規則な動きは苦手でも、直線的な動きにはかなり威力を発揮します。
それでもシャッタースピードを1/500以上にしないと、猫のジャンプ写真はうまく撮れません。

下の画像はズームを目いっぱい繰り出しての撮影でした。
フォーカスポイントを顔に合せるか胴体にするかで迷いました。
というのは顔に合わせたら体全体にピントが合うのか?
というより体はブレるのではないか?
胴体に合わせれば顔がブレるだろう・・・
そんな懸念がありましたが、なんとか撮れました。
それでも残念に思うのはただ写し止めてるだけで、構図に難があることです。

金網のてっぺんから庇へジャンプする状況。
庇は家の壁際にあり、猫が飛ぶ方向に対し行き止まりとなってます。
そしてジャンプした猫が真ん中に写ってて、いわゆる日の丸構図。
ジャンプ先が壁際でも、この画像でいえばカメラをもっと右側の位置にすれば猫を右に寄せることも可能なんですが、それができない立ち位置。

猫の撮影はいろんなことが制約されたなかでのことが多く、思い通りにいきません。
それだからこそ魅力的な被写体に思えます。
猫を思い通りに撮ること自体無理なのかも知れませんが‥‥‥

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
yoshino_0151.jpg
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

猫を撮影するにはシャッターの連写機能設定は必須でしょう 

彼岸花を撮ってて猫がいるのに気付くもシャッターの連写機能設定をする暇もなくシャッターを押したら、肝心の猫は姿半分が彼岸花に隠れてしまいました。
最低でも1/500以上のシャッター速度でないと猫がジャンプする姿をピタリと写し止められないのに、単発ショットでは当然の結果でしょう。
猫の撮影時シャッター機能を常に連写に設定しておけばジャンプもうまく撮れるでしょうね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX DFA MACRO 100mm F2.8 WR
cat_hidaka_0007.jpg 

テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

猫ちゃん撮らせてね 

外猫を撮り始めた当時心に余裕がないというより、猫を見つけられた興奮ですぐカメラを向け逃げられてばかり。
7年近く外猫たちを撮ってるといろんなことがわかり、カメラを向ける間合いは心得たものでよほど警戒心の強い猫でない限り逃げられることはありません。
それでも心のなかで、猫ちゃん撮らせてとつぶやきながら撮ってます。
猫写真の大家岩合光昭さんではありませんが、猫に語りながらカメラを向ける。
そんな自分をはたから見たらおかしいどころか、怪しいと思われてるのかもしれませんが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
cat_katsu_0006.jpg cat_katsu_0007.jpg cat_katsu_0017.jpg cat_katsu_0025.jpg
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑

カリカリを必死になって食べる黒猫 

何度かこの黒猫を撮っててどういう環境下にいるのかわかってます。
それでもしやと思いブルゾンのポケットに手を入れると、馴染みの猫にあげるつもりの小袋入りのカリカリがあったのであげることにしました。
ところがこの黒猫ときたらいつも塀にいて下りて来ないので塀の上に置きました。
それで様子を見てると塀の内側をよじ登るというか踏ん張ってるんでしょう、必死になってカリカリを食べ始めました。
それでも食べづらく塀に上って一粒もこぼさず食べました。

私が初めて由乃に猫缶を出したのは歯医者に行くときで、予約の時間に間に合わなくなりそうなのを自宅にもどってプルトップを引っ張って出したんですが、由乃はうまく食べられず往生してました。
そこに知り合いが通りかかり小枝で中身をとりだしてくれたのが6年前の8月でした。

あれからいろんな外猫を見てきて食べ方がいろいろだし、その猫たちの状況や性格にいろんな思いが交錯します。
この黒猫にしてもきちんとした塒はあるもののほとんど外にいることが多い。
そんなことで、車に轢かれないように願うばかりです。

蛇足ですが、猫撮りの撮影技法です。
黒猫といっても光線の加減で赤や黄色がかって見えます。
その階調を表現するのに露出を切り詰めてマイナス補正してます。

これは何度か記事にしてますが黒いものを黒く写すにはマイナス補正しなければならない、グレー反射率18パーセントの法則に則ってのことで、白いものは逆にプラス補正が定石です。
撮影時にそのようにしなくても画像処理ソフトである程度補正できます。

この場合日陰になってる牙にピントを合わせてるし黒い毛並みを肉眼で見たように表現するには、あまりマイナスしないほうがいいと1段切り詰めました。
それでライトルームで露出の自動補正をするとかなり明るめになりました。
確かに撮影時強い光線が当たってたし、撮ったままではかなり暗く毛並みの諧調がつぶれ気味でした。
それで自動補正後も細部をいじりこのような画像になりましたが、もう少しコントラストを強めにするべきでした。
でも、そうすると毛並みがつぶれ気味になるし・・・
すべてが思い通りにならないところが写真の面白さというか、人の目とカメラでは見え方が違うのでしょうがないですね・・・

この黒猫が塀の上でカリカリを食べてるのも撮ってますがそれはごくありきたりな感じで、こちらの牙をむき出しにしてカリカリを食べようと必死な形相のが迫力があります。
写真をブログの記事にする場合撮ったから掲載することがほとんどですが、時にはこうして見る側に立って画像を選ぶことも必要だと思ってます。

昨日アカシアとして掲載した画像はミモザらしいです。
アカシアで検索しても黄色い花が出て来るんですが、どうなんでしょうかね・・・

cat_tow_kama_0001.jpg
テーマ: 猫撮りの撮影技法 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 5 | edit

ページトップへ↑

威嚇する猫とされる猫 

アメショーのような毛並み模様の猫がこちらに振り向かないかとファインダーを覗いてると、右上にいた猫が通りかかった猫を威嚇したのが見えそちらにピントを合せようとしましたが、時すでに晩く威嚇された猫はすたこら歩きはじめてました。
それでもまだ、びっくりした名残が顔に現れてたのでそちらにピントを合せました。

猫を撮影してていつも思うのは、不意な動きに対応したくてもすぐさまできないジレンマです。
私はカメラを親指AFに設定してますが、構図を変更してピントを合わせなおしても、撮りたいシーンでなくなってることがほとんどです。
そんなことで上のは手前のアメショーもどきにピントを合わせたままシャッターを押しましたが、下では威嚇した猫と威嚇された猫の様子をかろうじて撮ることができました。

このときのレンズはsmc PENTAX-DA 50mmF1.8で絞り値はF5.0でした。
安いレンズでも単焦点ですからそれなりに自然なボケ具合がいいんですが、これが万能ズームのSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROで絞り値がF8.0以上だったなら、上の構図でアメショーもどきにピントを合わせてても被写界深度が深くなり上の2匹もこれほどボケなかったと思います。
それでも朝は日が低いし日陰ではシャッター速度が遅くなるのでsmc PENTAX-DA 50mmF1.8を使いましたが、むしろ準広角のSIGMA 24mm 1.8 DG MACROだったらパンフォーカス気味になって3匹ともピントが合ってたかなと・・・

その時々で使用レンズを交換するのが理想ですが、面倒がりな私には億劫で・・・
それに猫相手にレンズ交換を瞬時にすることなど不可能。
そういうことで開放値が暗くてもズームを多用してるんですが、この時にかぎって50mmをつけてたとは皮肉なものですね・・・

cat_ito_0009.jpg

cat_ito_0008.jpg
trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

夜の猫撮影にはPENTAX K-5Ⅱsがもってこい 

夜の猫撮影にはPENTAX K-5Ⅱsがもってこいというのは-3EV値まで検出してくれるからです。
以前使ってたNikon D7000でこれとほぼ同じ状況を何度か撮ってますが、レンズによる違いもありますがなかなか合焦してくれませんでした。
それがPENTAX K-5Ⅱsなら、こんな暗い状況でもオートフォーカスしてくれるので楽に撮影できました。

もう5年ほど前になるのか、あるブログで夜の猫ばかりを撮影しては掲載してるブログがありました。
この時私は1Nikon D90を使っててたまに我が家の野良猫を撮影してましたが、それは街頭などの下で比較的明るいとこが限定でした。
じっとして動かなければマニュアルフォーカスし被写界深度内におさめてスローシャッターを切ることで撮影できますが、夜は猫がもっとも活動的になる時間ですから、寝てるか餌を食べてるときいがいは動いてます。
そんな猫を撮るためにPENTAX K-5Ⅱsに買い替えたんですが、なかなか夜間撮影しに行けないのがもどかしいです。

EV値についての詳細は検索してくださいね~ 

yoshino_0101.jpg
テーマ: 猫写真 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

猫を撮影する 

愛玩動物として身近な犬と猫。
そのどちらがいいかと話題になることがありますが、テレビのCMでは猫をとりあげてるほうが多い気がします。
CMとしての効果がどれだけあるかわかりませんが、癒されていいです。

街中で散歩してる犬を撮る人はいませんが、猫を見つけるとカメラがなくてもスマフォを向ける人がかなりいます。
その理由が何であれ、プロアマ問わず犬より猫を撮る人のが多いようです。
私もそのひとりですが、たまたま猫を見たから撮るのではなく、わざわざ猫を探してまで撮影してます。
いい写真を撮りたい。
そんな思いで猫を撮り歩いてますが、今日の成果はどうなのか・・・

cat_bunkyo_0005.jpg

テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑