思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

ピント合わせに迷ったホタルブクロ 

ホタルブクロについた滴にピントを合わせたつもりがボケてました。
その代わり先端の産毛が鮮明に写ってる。
ひょっとして産毛にピントを合わせてたのか、自分自身思い出せない。
ボケたのは滴だけでなく、自分の頭も?

なにかしたいしなければいけないことが複数あるのに、ひとつのことをすませると、次なにをするんだったのか忘れてるというか思い出せないことが多い。
それで去年脳の精密検査をしたら異常なしだったし、認知症の気は微塵もないとの結果でした。
そして昨夜幼馴染とひさしぶりにいっぱい飲んだんですが、先週誕生日だったのに年を取るのはいやなものだと・・・
というのも最近四十肩で腕が上がらないとか、股関節がぎくしゃくしてしゃがんでから立ち上がる時痛みを伴うからです。
若い時から体力なかったし、職業病というべきぎっくり腰に悩まされ続けてきた結果でしょう。

その幼馴染と飲んでた居酒屋は本来立ち飲み形式で激安なのがウリですが、座って飲める椅子がありました。
店は俗にいう千ベロ晩杯屋です。
この晩杯屋は武蔵小山が本家本元ですが、今では都内だけでなく神奈川県にも出店しあちこちで見かけます。
初めの一杯は生ビールで次はホッピー
このホッピー市販だと330mmですが業務用だと500mm。
三冷ホッピーなら氷なしで同量を混ぜ合わせビールと同じ感覚で飲めますが、氷が入ってるのを自宅で飲むと330mmでも残すことが多い。
それが500mmですから半分近くも残したのはそれだけ弱くなってるからです。

二十歳ごろこのホッピーを三杯とか5杯飲んでべろんべろんになったことがよくありました。
小便横丁なる飲み屋があちこちあった当時、ビールが180円から200円ぐらいしたのにホッピーは80円。
金のない者はこのホッピーか焼酎と相場は決まってた。
千円どころか五百円あれば30円の焼き鳥や100円ぐらいの煮込みを肴に飲んで食べてべろべろ。
立ち食いの掛けそばが50円で、できたばかりの回転寿司が一皿30円。
電車の初乗りも30円だったか?

高校時代日光のホテルでアルバイトをしてたことがあり、そこで大学を卒業したばかりのIさんという方が武蔵小山の出身で近いこともあり遊びに来るようにいわれ行くと、昼から飲める飲み屋がそこかしこにありました。
飲食店のチェーン店はマクドナルドと養老の瀧ぐらいしかなく、個人商店がにぎわってた時代の武蔵小山はまさに闇市の雰囲気がそこかしこに残ってました。
たまに友人宅がある中野に行ってもそうだったし、昭和40年代後半といえども戦後の名残はまだまだ多かった。

そんな昔のことを幼馴染に話してると、よく昔のことを覚えてると感心されたものです。
今朝なにを食べたか思い出せなくても、昔のことは覚えてるのが自分自身不思議でならない。
そして冒頭のホタルブクロに話をもどせば、滴だったのか産毛だったのか、どっちにピント合わせしたのか思い出せないという始末です。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

ピントを合わせをどこにするべきか迷うスイレン 

ピント合わせをどこにするべきか迷うのはスイレンだけでなく、花が被写体の場合本当に悩んでしまいます。
というのはメシベがたくさんあるからです。

花の撮影はメシベにピントを合わせるのが基本とされてますが、スイレンはオシベだけでなくメシベもたくさんあり、しかもりょうほうとも長さがほぼ同じでこんなたくさんあっては、どこに合わせてもいいのではと思ってしまいます。
それでもほんの少しだけ高いのにピントを合わせましたが、どこに合わせたかわかりでしょうか?
マニュアルフォーカスなのでピンボケになる可能性があるので、被写界深度が深くなるようF11まで絞り込みましたが、手持ちなので少しばかりブレてしまいました。

なにをどう表現するかでピント合わせの位置が変わってしかるべきでしょうが、さしたる思い入れがある訳でなく、ただスイレンが咲いてるから撮りたいだけ。
この時こんなふうにスイレンを撮ったのかと・・・
本来なら光線状況と開花状況を見極め、それに見合ったレンズで撮影するべきでしょうが、限られた機材でどう撮るかになってしまいがちです。

ピント設定でフォーカス優先か合焦優先か任意で設定するのに、こちらはフォーカス優先にしてます。
PENTAX K-5ⅡsにSIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROを装着しこのスイレンをオートフォーカスにするとかなり迷うからです。
これまで迷う迷わないにかかわらず合掌マークが表示されシャッターを押しても、ピント位置が微妙にずれてるのが多い。
それは手持ちなので手ブレしてるのが原因かと思い三脚を利用してもピントずれしてました。
レンズメーカーでピント調整をしてもらえば解決するかも知れませんが、老眼だし撮影時の目のコンディションによっても見え方がかなり変わるので、そんな状況でレンズを調整してもピンボケになる可能性が高いのでしてません。

手ブレを防ぐには三脚利用がいちばんですが、スイレンのように水面に咲いてるのに三脚では俯瞰したのばかりになってしまいます。
ローアングル用のもありますが、公共の限られたスペースでそんなものは他人に迷惑をかけてしまいます。
チルトやバリアングルのカメラなら普通の三脚で割合低い位置での撮影が可能ですが、光線しだいでは反射して見づらいし、構図を決めるのにはなんといっても手持ちがさっとできていちばん。
それでなるべく手ブレを起こさないよう高速シャッターにしてます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
flower_suiren_0028.jpg   


映画「光」
監督 河瀬直美
出演 永瀬正敏 水崎綾女 藤竜也 神野三鈴
物語 視力を失いそうな男性カメラマンと視覚障害者のための映画の音声ガイドを製作する女性が出会いと交流

映画「光」の主人公ではなくてもピント合わせに苦しむ老眼だし、両耳の鼓膜は破れ再生不能の難聴。
ヘレンケラーに比べたらまだましですが、それでも健康というか若いときの視力と聴力にもどりたい。
若いとき両眼とも1.7の視力で10メーターほど離れた駅の時刻表が鮮明に見えてたし、4チャンネルサラウンドスピーカーから流れるクラシックやジャズの微弱な音もよく聞こえてましたから~~~
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

たくさんの花や樹木にピントを合わせることは可能なのか? 

ギンリョウソウのように半透明なシャガの付属体にピントを合わせましたが、ピンボケになってなくてよかったです。
撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
2017_04_0002.jpg
 
前ボケはウメで後方はサクラでピントを合わせしたのはハナモモです。
なんとなくピントが合ってるように見えますが、等倍で見るとボケてるというより被写体ブレを起こしてます。
ウメにしてもこのハナモモにしても枝からじかに花をつけてるので軸が長い桜に比べると被写体ブレは少ないですが、それでも風が吹けば揺れます。
撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
2017_04_0003.jpg

梅や桜の木がたくさんあるのを引いて撮影すると、よほどのピンボケでない限り全体にピントが合ってるように見えます。
それでも等倍で見ると隅々までピントが合ってるとはいえないのが多いのは、屋外撮影だと被写体が揺れてるからでしょう。
室内で無風状態で花を撮影するなら被写体ブレはありえないでしょうが、屋外では少なからず風が吹いてますから・・・
それを少しでも緩和させるにはシャッタースピードを上げることですが、そうすると絞りを開けることになって被写界深度が浅くなってしまいます。
ま、いまは高感度でも画像があれないカメラが増えてるようですが~~~


昨日の記事で書き忘れてましたが、神田正輝さんが小さいころ近所に住んでました。


五木寛之氏はパリで五月革命が起こったときヨーロッパの他国にいたのにすぐ駆けつけたそうです。
その理由がなぜかは知りませんが、学生やドゴール大統領と反目する民衆がデモしてるのを自分の目で見たかったからと推測します。
なぜなら五木寛之氏は安保闘争を目の当たりにしてたからです。
このときもし五木寛之氏が陸続きでない、いいかえれば島国の日本にいたなら、パリに駆けつけることはできなかったでしょう。
パリ革命は1968年に起きましたが、この当時五木寛之氏はすでに「さらばモスクワ愚連隊」「蒼ざめた馬を見よ」「海を見ていたジョニー」「青年は荒野を目指す」などを立て続けに上梓し文学界の寵児としてもてはやされ、海外へ行く暇などなかったからです。
それがなぜヨーロッパにいたかといえば小説の取材をしに行ってたからでしょう。
帰国した五木寛之氏はパリ革命を舞台に「デラシネの旗」を上梓し多くの学生や活動家たちが共感を覚えたようです。

今日は憲法記念日です。
暴走理は憲法改憲か否かでなく、どのように改憲するかを議論するべき時だといってます。
国民の半数以上が改憲に反対してるというのにです。
ま、改憲というより改悪ですが、ネットでは改悪派の書き込みは見ても、憲法改悪に反対する書き込みはあまり目にしません。
メディアは改悪されたらどうなるのかを公明正大に示すべきなのに、それをしないで反対か否かを問うことに重きを置いてるようです。
そういう事態に海外のメディアはかなり冷ややかなようです。

アジアでもヨーロッパやアメリカ大陸と地続きなら、日本がどういうふうに見られてるか実感できるでしょうが、幸か不幸か島国でそういった情報をあまり見聞できません。
外国人の反応を考えろというのでなく、物事を冷静に見つめ考えることは絶対必要でしょう。
国民投票となればなおさら慎重を期すべきですが、改憲のトピックを見る限り付和雷同してるようなのが多く、改憲後どうなるかを知らないのではと思ってしまいます。
戦前戦中のような時代になっても、こちらはもうそう長くない人生なので我慢する期間はそう長くないでしょう。
それに対し若い人たちなら窮屈この上ない社会の中で生きなければならず、可哀想にと思うばかりです。

五木寛之氏がパリ革命を見て帰国すると、たいしたニュースになってないことに愕然としたそうです。
日本が島国でなく大陸続きなら、どういう状態なのかもっと報道されておかしくないのにと思ったそうです。
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

ピントを合わせられない 

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROだけではありませんが1時間以上間断なくファインダーを覗いてると、目が疲れるのかピントを合わせたつもりでも合ってないことが多い。
それでピントリングを段階的にずらして撮影してますが、それでも合ってないのがほとんど。
1時間以上撮影したらマニュアルフォーカスでなく、オートフォーカスに切り替えて撮影すべきかなと・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
2016_11_0010.jpg
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

梅の花のどこにピントを合わせるか? 

花をマクロ撮影というかクローズアップするときシベにピントを合わせるのが定石とされてるようですが・・・
シベといっても1本のメシベを囲むようにたくさんのオシベがあります。
それでメシベよりオシベのが目立ってることが多い。
そのオシベをさしおいてメシベにピントを合わせるにも薄暗いところに位置してて、オートフォーカスなら迷うのは必至なのでマニュアルフォーカスにしてます。
その結果ジャスピンのがあってもレンズの焦点距離と撮影距離によってはメシベだけが浮き立ち、それ以外ボケボケというのが多い。
それも見ようによっては立体感があっていいのかも知れませんが、自分としては凡庸に思えてなりません。
せめてオシベの半分ぐらいにピントがあってればいいんですが、それはメシベとオシベの長さが同じぐらいという稀な条件下だけでしょう。

そんなことで最短撮影距離まで寄らず少し離れ、しかも被写界深度を深くすればどちらか一方にピントを合わせてももう一方にもそれなりにピントが来てるはず。
それは被写界深度しだいで一概にどうこういえませんが・・・

左のは花びらからはみ出してるオシベにピントを合わせてたところ、ハチが飛んでくるというハプニングがありましたが、メシベにもそれなりにピントが行ってました。
右のはメシベに合わせた結果、オシベまで被写界深度内に入らずかなりボケてました。
ハチが飛んでる思わぬハプニングだけでなく、どちらかといえば左のが構図的にもいいし好みです。
左右ともに絞り値はF6.3です。

マクロレンズはタムロンの90mmが有名ですが、それより短い50mmとか60mmぐらいのが被写界深度が深くなり、メシベだけでなくオシベにもそれなりにピントが合いかえって都合がいい時があります。
そういう意味では最短撮影距離が25センチのSMC PENTAX A 35-70mm F4はマクロ領域があり、それなりに背景をぼかすことができ重宝してます。

ファインダーを覗いて構図を決め、梅の花のどこにピントを合わせるか決めてます。
決めるといってもウメは花軸が短く枝にくっつくようにして咲いてるので、まずは枝ぶりを見極める。
その枝があまり交錯してないところを選ぶようにしてます。
必然的に花をアップするようになってしまいますけどね・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SMC PENTAX A 35-70mm F4 MACRO領域あり
flower_ume_0122.jpg flower_ume_0123.jpg  
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

目黒不動のしだれ梅 

1月末目黒不動しだれ梅の撮影に行くとかなり花が咲いてたのに、思うようにピントを合わせられませんでした。
それで三日とあけずに行き、今度は一脚持参で撮影しました。
すると今度は風がかなり強く、しだれ梅が柳の如く揺れる始末。
無精者がせっかく一脚を持参したというのに、なんてこったぁ~~~
コンティニュアスモードにしたところでメシベにピントが合うことなど稀だし、マクロレンズはマニュアルフォーカスでないと思ったところにピントが行かないので、もともとオートフォーカスは使いませんが・・・

透過光で撮影したウメは凛々しさとともに清々しさがあって好きです。
この日は節分前日で本堂とともに左脇のしだれ梅にバリケードが張られあまり撮れなかったのが残念です。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR
flower_ume_0118.jpg flower_ume_0119.jpg flower_ume_0120.jpg
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 1 | edit

ページトップへ↑

手すりの間に見える猫にピントを合わせる 

猫にピントを合わせたつもりがエアコンの室外機に合ってしまいました。
レンズ先端から猫まで10メーターほどだったろうか?
その距離はいいとして、手すりの間に見える猫にピントを合わせるのは、この画像をご覧いただければわかりますが至難の業です。
手すりの格子の間隔はおよそ15センチほどで、それを斜めから見ると10センチほどでした。
もう、隙間といっていいようなところに見える猫ですが、この状態でオートフォーカスしてもレンズは迷いっぱなしでしょう。
ここは当然マニュアルでピント合わせしましたが、ピントの山をつかみきれずこの結果でした。
これが至近距離なら絞り込んで被写界深度を深くすればそれなりにピント幅が深くなり、エアコンの吹き出し口にピントが合ってるので猫にもおそらくピンとはいってたでしょう。
塀に阻まれた道路わきから二階のベランダを見上げ、そして猫の白い被毛にピントを合わせようにもズームを目いっぱい繰り出してたせいでブレもあるでしょう。
室外機に載ってる仔猫を見上げてる親猫らしき2匹。
顔が隠れてそれが微笑ましいのかどうかわかりませんが、冬の夕暮れらしい光景に、ボケててもいいと思いながらシャッターを押したものです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
cat_shim_0011.jpg
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

庇の上の猫 

庇の上の猫は通行人を見たり爪とぎをしてるのがいるかと思えば、カメラ目線でこちらを見てるのも・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
cat_shim_0008.jpg cat_shim_0009.jpg cat_shim_0010.jpg 

最近オートフォーカスのレンズでもマニュアルフォーカスでピントを合わせてます。
上の3枚はどれもピントが甘いですが、オートフォーカスで撮影してもこれぐらいボケることがしょっちゅうなのはピントの山を見極められないからです。
それにマニュアルフォーカスに慣れれば思い通りのところにピントを合わせられるし、そんなことでもっぱらマニュアルフォーカスしてます。
それなのにこんなにボケたのは、300枚ほど撮影してて、さすがに目が疲れたからでしょう。
いま梅の花をよく撮ってますが、1時間ほどファインダーを覗いてると目が痛くなり、ピントが合わなくなる感じがします。
それで同じ構図のものを何枚もピントを微調整しながら撮ってますが、猫の場合動きまわるのでそうはいきませんからね~~~
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

ピンボケマクロ写真 

中学時代写真部の先輩からシャッターを押すときは息を止めかるく押せといわれてました。
それもカメラを持った両肘を絞め、手ブレさせないようにと。
確かに理にかなったことですがあくまで理想論で、場合によっては寝転がったりすることもありなかなかそうはできません。
理想としては三脚と蛇腹式レリーズもしくはリモコンシャッターでしょう。

smc PENTAX DFA MACRO 100mm F2.8 WRの最短撮影距離はおよそ30センチで、このルコウソウはフードから10センチほどしか離れてなかったと思いますがピンボケになってしまいました。
俗に前ピン後ピンといいますが、このルコウソウはシベに合わず下ピンです。
下ピンなどという言葉があるかどうか知りませんが、わずか1センチあまりの誤差でシベでなく花びらに合ってしまいました。
これでも絞りはF6.2ですからもっと離れての撮影なら被写界深度内におさまってシベにもピントが来てたかも知れません。
それだけマクロレンズピント合わせはシビアにしなければならないと痛感させられた思いです。
手持ち撮影だとピンボケマクロ写真を増産させますが、三脚利用できない状況ではやむを得ないでしょうね・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX DFA MACRO 100mm F2.8 WR
2015_10_flower_0002.jpg
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

アジサイの滴のアップ画像 

マクロ撮影でもほとんど三脚や一脚を使いませんが、同じカットを何度もシャッターを押してるので1枚ぐらいピントが合ってるのが撮れます。
それでもアジサイのをアップにした画像は流石にブレてます。

浅井美紀さんのようにパンフォーカスな写真を撮るにはきちんと三脚を利用としないと駄目でしょうが、否、彼女三脚使ってるんでしょうか?
使ってなければアリやにあれだけピントを合わせるのは至難の技だろうし、よほど視力がいいんでしょう。
使用カメラがオリンパスなので手ブレ補正はかなり強力だし、ピーキングでタッチフォーカスできるとしても、あれだけ見事にピント合わせできるのだろうか・・・
や花を這いまわるアリの姿はマクロ写真というよりまさにアートで、写真歴2年とは恐れ入ります。
浅井美紀さんの画像サイトはこちらです

さて小生の画像ですが一見ピントが合ってるようですが、マウスをのせれば如何にブレてるというかボケてるかというのがよくわかります=^_^=
撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX DFA MACRO 100mm F2.8 WR


今日は映画「深夜食堂」を見てきました。
テレビドラマの映画化ですが、ドラマを大きなスクリーンで見るのは格別でよかったです。
大人が見るにふさわしい映画でした。
テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑