暑いので冷やし中華作りました

今日は暑いので冷やし中華を作りました。
酢を多めにした醤油だれと粉からしのつんとした味がさっぱりして美味しかった(^_-)-☆
cooking_0012_20180420130900cad.jpg


緑萌えるカエデ
目には青葉 山ホトトギス 初鰹ではありませんが、新緑のまぶしい季節になりました。


美味い新蕎麦に定食屋の豚肉生姜焼きとトンカツ

外へ飲みに行くのも外食するのもめっきり減ってます。
食欲の秋で思い浮かべるのはまっさきにカキですが、次はなんといっても新蕎麦です。
10月からなんどか蕎麦屋へ行くもいまいちでしたが、先日初めて入ったこの蕎麦屋は大当たりでした。
メニューはほんのわずかですが、沿線の隣駅で同じメニューを頼んだら倍の料金を取られるし、蕎麦の量といったら三口でなくなってしまう。
みみっちいことこの上ないですが、蕎麦は本来主食にしてた地域もあるし料理屋が出すようなご馳走ではない。
気楽に食べたいのにそうもいかないのが時勢で、そのうち寿司と同じように高級店ばかりとなって、庶民の食べ物でなくなってしまうのでは?
北海道産の新蕎麦と蕎麦湯はもちろん天ぷらにしても美味しいしこのボリューム。
それで千円だし、女将さんと主の接客がすこぶる良いのにまた行くのは間違いない。

 

二十歳ごろ二年ほど行ってた勤務先近くにあったと思われる食堂が新しくなってたのを知り入りました。
町工場が多かったので工員相手だったのが、口コミサイトの評判に流されて来るような感じのもいました。
それでも昔ながらの定食屋然としてるのがいいし、料金に見合ったメニューが美味しい。
こういう店が近所にあるなら足繁く通う羽目になるでしょうね~~~
gourmet_0001_20171210142617dc7.jpg gourmet_0002_20171210142618827.jpg gourmet_0003_201712101426196fb.jpg

両方とも画像で知ってる店だと思う方がいるかも知れませんが、敢えて店名と所在地は伏せてます。
安くて美味しい店がネットで評判になると混んで、食べたくても食べられなくなってしまいますから。
そういうことをなんども経験してるので・・・

武蔵小山のさんきちでカキフライとホタテ貝柱にエビフライ盛り合わせを食べて来ました

さんきちのメニュー看板の後ろはもち豚とんかつたいようの行列です。
開店してあまり日が経ってないころ食べに行ったことがありますが、今では常に行列してるし並んでまで食べたいと思いません。
 

入り口脇のメニューは何種類あるのか?
sankichi_0002.jpg 

カキのシーズンなのでステーキやホタテほかのセットを頼んだら、女将さんこちらがどれぐらい食べられるのか知ってて、カキフライとホタテ貝柱にエビフライ盛り合わせの安いからとすすめてくれました。
安い高いはともかくそういう気遣いが有り難いし嬉しい。
こちらのカキは能登産で小ぶりですが、ジューシーで美味しいです。
トンカツとか鶏のから揚げが好きですが、秋から冬はなんといってもカキフライ
今年になってまだ一度も痛風の発作起きてませんが、油断してるとやばいですからね~~~
やばいよやばいよの出川哲郎の充電させてもらえませんか?を見ながら記事を書いてます(^_-)-☆

sankichi_0003.jpg  

レンコンとカボチャの天婦羅に鶏の唐揚げ 

無性にレンコンとカボチャの天婦羅とか鶏の唐揚げを食べたくなる。
レンコンのシャリシャリっとした食感にカボチャのほくほくしてて甘みがあるのが好きだからです。
それに鶏の唐揚げはショウガとニンニクを利かせた香ばしい醤油味の風味がなんともいえずよく作ります。
それをビールもいいんですがこのところ寒いので焼酎のお湯割りでつまむ。
作って飲んで食べた後片付けは面倒でも自分好みの味付けで食べられるし、酔って電車にを乗り過ごす心配がないしバタンキューだってできる。

いつの頃からか家飲みなどという言葉を耳にするようになり、初めて聞いたときノミでなくダニじゃないのかと思ってしまった。
鶏の唐揚げはいたるところに専門店ができてて近所にもありますが口に合わない。
仕事で疲れてても調理する人はするし、しない人はしない。
それが女性だとしても、主婦だとしてもできあいのものを購入する。
時間がないし疲れてるのに自炊などする気になれないというのはごもっとも。

そう思うものの、調理というか料理できないのでは?
「噂の東京マガジン やってtry」を先日久しぶりに見たら相変わらず頓珍漢なことをしてて、面白おかしくするために敢えてそういう女性を選んで演出してるんでしょうが、あまりにもひどかった。
友人がまずくて食べられないといっても、当の女性があっけらかんとしてる姿に唖然となりもしないのは、もう20年以上前からそんなのを見てて当世はこういう女性が多いと感じてたからです。

料理できなくてもできあいのものを食べて生きていける時代。
結婚相手の女性が料理できようができまいが、また結婚するからと料理を覚える覚えないのも当人の自由だし、それを家族や友人たちが料理学校とか行ったほうがいいなどともいわないんでしょう。
こういうことを書くと女性は料理をできないといけないのか!
女性差別や女性蔑視だと思う人がいるかも知れませんが、4年間ほとんど毎日のように更新してるブログすべてといわないまでも直近10日間だけを読んでも、性差別などしないし男尊女卑でない人柄はわかっていただけるでしょうが・・・

で、何を言いたいかといえば、自分で調理する楽しみを知って欲しいだけです。
調味料の配合で味がどうなるかわかれば、煮物はもちろん和え物なども作れるし、健康な食事にすることもできますから。
また生産地がどこなのか知らないまま危険な食材や食品を食べないためにも、自ら確認して購入し調理すればそういうリスクも回避できますから。
といっても生産地が明記してない食材がかなりあるし、不可抗力で危険食材を口にしてることが多々あるかもしれませんが、そういったものを極力避けててもこれまで知らないうちに食べてた量がかなりあるだろうし、ここ10年ほど注意を払ってきたところでなにもならないんでしょうが・・・

上記リンク先の記事を読んで唖然となってしまいました。

 cooking_0011_20171017105903160.jpg

酒の肴だけでなく丼物にもなる漬物ステーキ

白菜と卵でなにを作るかといえば飛騨高山の郷土料理漬物ステーキです。
普通のお新香より少し小さめに切った白菜を塩漬けにします。
できれば酸味がきつく感じるぐらい長めに漬け込んだほうがこくがあって美味しいですが好み次第。
ゴマ油で炒め顆粒和風出汁と一味を混ぜ合わせたのを卵でとじおかかをまぶして完成。
酒の肴なら卵を固めに、やわらかめにとじてご飯にのせれば丼物にもなる簡単料理。
少し寒いと感じた先日、日本酒の晩酌用に作りました。
キムチと豚肉炒めもいいですが、塩漬けのあっさりめも美味しいです。

今日から秋の高山祭りが始まり、ご当地の郷土料理というか家庭料理の漬物ステーキを紹介したくなりました。

 cooking_0007_201710091221518b5.jpg cooking_0008_20171009122151785.jpg cooking_0009_20171009122232006.jpg

イカが高いとはいうけどイカ大根が食べたい

イカが高いとはいうけどイカ大根が食べたいので作りました。
というのもスルメイカが安く買えたからですが、夏の大根は冬大根と違いえぐみが強いのが難でした。

大根は米のとぎ汁で茹でるといいといいますが、とぎ汁がなかったので生米と一緒に茹でました。
それでもえぐいんですからあまりいい大根ではなかったんでしょうか?
イカは大根とは別にさっと煮て盛り付けました。
硬くなってなくてちょうどいい柔らかさだったし、一晩おくと煮汁を吸って美味しかったです。


餃子を作る

暑いとビールを飲みたくなるのが人情というもの。
といっても発泡酒ですが・・・
で、つまみに餃子を食べたくなり作ってます。

食べておいしいと思う餃子は食感で、キャベツだけでなくセロリと椎茸を混ぜてます。
セロリの代わりにレンコン、否、クワイなんかもいいと思うんですが、秋が深まらないとクワイは出て来ない。
それはともかく餡に絶対入れるのが砂糖。
10個に対しひとつまみ入れるだけで、ニンニクと生姜がまろやかな後味になるのが不思議です。
餃子の皮は市販のものを使ってますが、米粉入りがもちっとしてる反面かりっと焼けて好きです。

餃子の焼き方はいろいろありますが、こちらはフライパンに油を引いて熱したのをいちど火をとめてから餃子を並べます。
それで1分弱熱してから熱湯をかけまわして蓋をして蒸し焼き。
3分ぐらいで様子見し、きつね色になる前にゴマ油をかけまわして焼き上げてます。
青森県の田子産のニンニクはあまり売ってませんが、間違っても中国産のは苦いだけなのではよした方がいいです。
そんなことで田子産のを通販で予約しましたが、届くのは年明けの1月。
餃子だけでなくパスタとかいろいろと使い道があるニンニクは高くても美味しい方がいいですから。

ギャザーをつけたりつけなかったりいい加減で見た目よくないですが、思い通りの味で美味しかったですよ~~~

gourmet_0038.jpg  

衣はサクサクカリカリなのに中はジューシーな鶏のから揚げ

よく鶏のから揚げを作ります。
その手順は
1 鶏のモモを一口大に切る
2 たれに漬け込んで半日から一日冷蔵庫へ
3 小麦粉と片栗粉を合わせた衣をつけて
4 低温と高温で二度揚げ

2のたれは
醤油・塩・胡椒・砂糖・酒・麺つゆ・和風だし・すりおろしたニンニクと生姜
3の衣は
片栗粉:薄力粉=3:7ぐらいに調合したのをジップロックなどに入れ肉片をひとつずつ躍らせるようにして衣をまとわせますが、面倒な時は肉片を漬け込んでるボールに衣を混ぜ合わせてしまいます。
4低温で揚げたら3分ほど寝かせてから高温で揚げます。

そんな手順でしたが、先日は肉の漬け込みを30分ぐらいにし、冷蔵庫から出したのが常温に戻るまで30分ほど待ちました。
そして、衣は先に片栗粉をまぶしてから小麦粉をつけてすぐに揚げました。
そして二度揚げするのに寝かせる時間を若干長めにしたところ、衣はサクサクカリカリなのに中はジューシーな鶏のから揚げになりました。
肉をあまり漬け込むとニンニクと生姜の風味がなくなるし、衣を別々にまとわせることで肉汁とたれの流出が少なくなるのではという発想からです。
ニンニクは青森の田子さんがいちばんいいんですが、先日は入手できずスペイン産でしたがまずまずでした。
間違っても安いからと苦いだけの某国産のニンニクは使いません。
もちろん鶏肉も国内産ですが、名古屋コーチンや比内鶏に大山地鶏とか阿波尾鶏などのブランド物ではありません。
それでもたれが美味しいならその旨味が肉にうつって結構おいしかったです。

 cooking_0023.jpg

揚げ物をすると後片付けが面倒ですが、こちらは揚げ油を凝固剤で固めたのをスーパーの袋のなかでつまみ出し、鍋に水を入れて沸かします。
そうすると油分が完全に溶けるので、洗うのが楽になります。
とはいえ上げ前据え膳で食べたいと思いますけどね~~~

目に青葉でもカツオが不漁とか

明日からゴールデンウイークで、今夜から出かける方もいるのでは?
でも猫を飼ってる方はゴールデンウイークであろうとお盆だろうと、猫最優先で泊りがけの旅行をしない方が多いんでしょうか?
こちらも野良猫といえど餌を出さなければならず、旅行できません。

目に青葉山ホトトギス初ガツオの季節ですが、カツオが不漁だとか・・・
クロマグロも漁獲制限となったようで・・・

2017_04_0018.jpg

若葉が新緑となってまばゆかった今日撮影してるとけっこう暑くて、帰宅して冷やし中華を作りました。
コンビニで売ってるのもいいですが具が雀の涙で物足りないし、タレが好みとあわないからです。
タレといっても自己流で味見しながら調整してるのでばっちりです。

タレは多い順から 水 醤油 酢 醤油 中華出汁 砂糖 ゴマ油 塩 ですが、中華出汁でなく和風出汁にしてゴマ油を抜いたのは素麺や冷や麦で流用してます。
4食詰めの生麺なので食べたい分量を適宜にできるのがいいし、味も自分好みで1食あたり100円もかからないので経済的です。
とはいえ真夏日ともなれば作るのが面倒になり外で食べたくなるのが人情だし、具にしてもハムでなくチャーシューや蒸し鶏にクラゲにカニとかトマトなど豪華なのを食べたくなります。
神保町の揚子江菜館で食べた冷やし中華は確かに美味しかったですが、今では人気店になって行列ができてるし並んでまでとなって、街中の昔ながらのラーメン屋でありふれた冷やし中華のがいいとなってしまいます。
それでも真夏はあまり出歩かなくなってるし、やっぱり自分で作って食べるんでしょうね~~~
cooking_0019.jpg cooking_0020.jpg cooking_0021.jpg   

質素な晩酌と夕食で痛風発作を起こさないように

痛風と診断されて20余年。
この間に起きた痛風発作は少なくても50回以上かと思われます。
その結果足の親指の関節が肥大し、靴幅が合わなくなって履けない革靴が下駄箱で肥やしとなってます。
それより痛風発作が起きると歩けないばかりか寝返りを打つにも痛く、足をちょん切りたくなるような激痛に襲われます。
そんな苦しみに喘ぐのがいやで、食事療法とまでいかないまでもカロリー過多にならないような食事を心がけてます。

昨夜は サツマイモのレモン煮 水菜のサラダ 厚揚げとカブ炒めを作りましたが、先日の残り物の カブの葉の胡麻和え 玉こんにゃくと油揚げにゴボウの煮つけも。
これらを肴に焼酎の水割りを3杯飲み、水菜のサラダが残ったのに醤油をかけたのをご飯にのせたのとうどんを食べました。
これでもカロリー過多になるでしょうが、サツマイモのレモン煮はひとつだけだし野菜中心なのでたいしたことはないでしょう。
ご飯にしてもみくちほどで少なめです。

水菜のサラダですが、めんつゆにマヨネーズを水菜の量に応じて適宜、それに砂糖と酢を少々ですが、醤油を入れても美味しかったです。
水菜でなく三つ葉なら砂糖と酢抜きで三つ葉本来の味を、それでも鰹節やちぎった韓国海苔をまぶしたりいろんなバリエーションで食べてます。
カブは油炒めにしても煮物にしてもすぐ火が通るので、食感を楽しみたいなら厚めにカットしたほうがいいでしょうね。

毎日こういった感じですが、ときにはトンカツやカキフライに天婦羅とか鶏のから揚げも食べます。
それでも量を控えめにするし、飲酒も毎晩でなく適度に抜いてます。
それより痛風発作を起こさないためには、飲酒量が少ないから毎日飲んでも平気だろうと思わず1日おきにするとか、食事はさっと食べ寝るまで少なくとも2時間以上間を開けることです。
すると太らないだけでなく発作が起きません。
そのせいか去年は一度も発作を起こさなかったし体重が5キロも落ちました。
とにかく食べてバタンキューはいちばん悪いです。

cooking_0007.jpg cooking_0008.jpg cooking_0009.jpg cooking_0010.jpg cooking_0011.jpg


蓮舫議員の代表質問に対し、安倍晋三が 「訂正云々」を「ていせいでんでん」といった。
国会議員、それも総理大臣たるものが誤読したというより、云々をはなからでんでんと覚えてたのかも知れない。
地名の「九品仏=くほんぶつ」を「くひんぶつ」というならまだしも、「小鳥遊」もきっと「ことりあそぶ」というのかも知れない。
そのくせアメリカでは英語でスピーチしてる。
自分は英語だって話せるんだというのを知って欲しかったんだろうが、故田宮二郎さんのようにネイティブなキングイングリッシュとまでいかなくとも、中学生が教科書を棒読みしてるようで敢えて自分の恥をさらしたのも気付いてないんだろう。
自分のことは棚に上げ他人を攻撃(口撃)するのは毎度のことで、そんな幼児性を直そうとしないばかりかますます酷くなってる。
こんなのが総理大臣では、日本がますます酷くなっていくのは間違いない。