思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

木製物干しにスカイツリー 

ここを何度か撮影してるのは、昭和の遺物と化した木製物干しと近代が誇るスカイツリーのアンバランスな組み合わせが面白いからです。
それでも限られた構図にしかできないジレンマがあるし、曇ってても空が背景になれば物干しが黒くつぶれがちになる。
そうならないように露出をプラス補正すれば背景の家とスカイツリーがとんでしまう。
三脚利用でHDR撮影すれば解消できますが、何キロも歩きまわるスナップ撮影に三脚を持ち運ぶのは疲れてしまうので持参してません。
ということでRAW現像する際、アンダー・適正・オーバーの3枚のレイヤーを合成しHDR撮影したような感じに仕上げました。
コントラストが上下か左右きっちり分かれてるならハーフNDフィルターで処置できるでしょうが、左のように混在してるような構図では不可能でしょう。
明暗比の高い画像をこうして再現できるのは画像処理の妙というか画像処理ソフトのおかげですね。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 kyojima_0016.jpg 

今日「やすらぎの郷」が最終回でした。
中盤見ないこともありましたがストーリーもさることながらほとんどが八十代前後の出演者たちに圧倒されるばかりでした。
六十代半ばの自分が朝なにを食べたか思い出せなかったり、外出したはいいものの鍵を閉めたかガスを消したかといった強迫観念に駆られ、したことを思い出せないことが多くなってるというのに、やすらぎの郷の俳優たちは台詞を覚え演じてた。
台詞を覚えるのが仕事とはいえ八十歳前後で記憶力は衰えないものかと感心しながら見てました。

内容はテレビをつまらなくしたテレビ局を皮肉ってるし、原案と脚本担当の倉本聰は愛煙家ということで男優女優問わず煙草をふかすシーンが多いのも時勢を皮肉ってるようでした。
テレビにしても喫煙にしても問題提起してるように感じたし、単なる団塊世代向けとは一味違うドラマでした。

このところリアルタイムでテレビを見るのはニュースぐらいで、あとは動画サイトで見てることが多い。
ドラマにしてもバラエティーやその他もろもろを見られるし、こんなのがあったのかとときめいて見るのもある。
それでも「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」とか「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」など各地を巡るロードサイド物は気楽に見られて面白い。
それなのに毎週のように見てた土曜スペシャルの旅番組とか大和田伸也ナレーションの「いい旅夢気分」がほとんど見ることができないのが残念でならない。

テレビがつまらなくなったというのは若者たちだけでなく年寄りも同様なのかテレビ離れが多い。
理由はいうまでもなく見たい番組がないからだし、見ててほっとしたりクスッと笑えるのがないからでしょう。
どうでもいいことを大袈裟に、それも無理に笑わせようとする番組にそっぽを向くのは当然で、視聴者をくすぐる番組がないのか見つからないのか?
そういう意味ではテレビ東京はなにかと話題の番組が多いし、テレビ朝日にしても今回のやすらぎの郷ドラマとはこういうものだと見せつけてくれた。
まだまだテレビは捨てたものではないと思いますけどね~~~

敬称は略させてもらいました。
テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

無彩色を再現する 

雨上がりの白い花ショウブ。
しっとりした雰囲気を出すには無彩色を如何に再現するかにかかってます。

画像処理にAdobe Lightroomを利用してます。
マニュアルというか入門書を読んでも細かい設定まで載ってないし、自己流なところがかなりあります。
とりあえずホワイトバランスを調整し、そのあとトーンカーブで無彩色になるよう逆Sの字に近い感じ。
シャドウとダークを持ち上げライトとハイライトを下げてコントラストを落としすぎると、濁って嫌な感じになります。
それでも見た目に近づけるならそれもやむを得ません。
撮影時は薄日が射しててそういうふうでなかったし、わりと楽に見た目に近づけることができました。
それでも緑が黄色みがかってるのが気になりましたが・・・




撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

画像処理に思い悩むチューリップ 

晴れてるとき撮影したチューリップです。
内側は筋状のピンクに色づいてますが、外側だけでなく全体的に白い。
段階露出で撮影したのをモニターで確認し、あとは画像処理でどうにでもできると判断しました。
なぜそう判断したかといえば上記したように露出値を変えながらアンダーからオーバーに4枚撮影してたからです。

ところが帰宅してPCに転送したのを見ると、カメラのモニターで見たのとかなり違う。
濁ってるし適正露出が1枚もないんです。
それにホワイトバランスもおかしく、画像処理するのにてこずってしまいました。

肉眼で見たときは透けるほどではなかったにしろ、もう少し明るかった。
それでトーンカーブを調整するとコントラストが強くなるし、そうでなくても白飛びを起こしてるので明度と彩度を上げたり下げたり、あれこれやっても見た目と同じようにならない。
白飛びを抑えパステル調にならないようにと・・・
それでもまだ濁ってて見た目よりかなり暗い。
かといってこれ以上明るくすると、写真でなくパステル画のようになってしまいそうでした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 2017_04_0008.jpg 2017_04_0009.jpg
テーマ: ひとりごとのようなもの | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

画像処理に思い悩む 

ツメクサがそろそろ咲きだすのではと思いながら河原へ行きましたが全く見当たりませんでした。
一面絨毯のように咲き誇ってたハマダイコンはかなり花を落としてましたが、それでもまだいくらか残ってます。
このところLUMIX DMC-FZ1000ばかりで撮影してたので、たまにはデジイチ、それもsmc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WRでマクロ撮影しました。

青空の晴天でなく、雲が多めの薄曇りというか高曇り。
段階露出したのを画像処理するのに、肉眼で見たときに最も近い画像を選びました。
画像処理にしても見た時と同じ感じに近づけるようにしてるだけですが、まったく同じとように再現するのは無理。
だいいち見た時を完全に思い出すことができないんですから・・・

それでこんな感じだったろうと仕上げたのが下の画像です。
白飛びしてるのを選択ツールで部分的にあるていど補正することはできますが、目で見たとき反射してたしこれはこれで妥当でしょう。
左は少しハイキーぎみだし右は眠い気がしないでもないですが、それも見た目に近づけた結果です。
画像処理に思い悩むのはいつものことで、できるなら撮ってだしにしたいと思いますが、露出をはずすことが多くて無理。
肉眼で見たとおりをカメラの設定でき、画像処理しなくても見たままを再現できる日がくればいいんですけどね~~~

撮影機材 / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR
flower_2016_05_0002.jpg flower_2016_05_0001.jpg
テーマ: 写真日記 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

彼岸花を思い通りに画像処理 

昨日記憶色を画像処理ソフトで再現できるかについて書きましたが、今日はその真逆で彼岸花を思い通りに画像処理しました。
思い通りとは記憶色に縛られることなくこういうイメージで撮りたかったとか、このほうのがいいのではという感じで、撮影時に見たときとは違います。
それもこれも撮影するときカメラのホワイトバランスや露出とピクチャーモードなど、画像処理するのにどういうイメージで仕上げていくかを想定した設定をしてればいいだけのことですが、それがなかなか思いどおりにいきません。
そんなことで画像処理を好き勝手にしたくなってしまいます。

撮影場所は彼岸花が200本ほど咲いてますが、その上を桜か梅の大木の枝が覆いかぶさってて日中でも薄暗い。
夕方なら西日が当たるようですがそれまでは日が射しても彼岸花全体を照らすことはありません。
上記したように何本もの枝が覆い木漏れ日が当たるといった感じです。
その陽射しはスポットライトのような感じです。
それをイメージし黒つぶれしようと画面全体をローキーに、そして白飛びしようがスポットライト効果を強調したものです。

撮影機材 smc PENTAX DFA MACRO 100mm F2.8 WR
fliower_higanbana_0020.jpg

fliower_higanbana_0014.jpg fliower_higanbana_0015.jpg fliower_higanbana_0016.jpg fliower_higanbana_0017.jpg fliower_higanbana_0018.jpg fliower_higanbana_0019.jpg 
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

記憶色を画像処理ソフトで再現できるのか? 

記憶色を画像処理ソフトで再現できるのか?
この記事に掲載する彼岸花の赤を撮影時に見たとおり画像処理するのは困難極まりないです。

記憶色は人が物を見た色ですが、同じものを見ても人によって多少なりとも色が違って見えることがあるらしいです。
というのも記憶色は専門機材で測定した数値でなく、その人が見たものはそれまで見てきた経験によって加味された色になるからです。
たとえば夕日は赤いというイメージがあり、ほとんどの方はそう思って見てますが、実際には黄色かったりピンクっぽく見えることだってあります。
それを撮影し画像処理すると赤っぽくする方が多いのでは?
それこそが記憶色たる所以でしょう。

私は仕事柄塗料を調色することがありました。
その調色をするのに晴れた日の午前11頃、北側でするのが理想だとされてます。
その理由がなんだったのか正確なことを覚えてませんが、太陽光の波長が肉眼で見るものを干渉しない?
そんなことだったと思います。
それを画像処理にあてはめるならモニターのキャリブレーションでしょうが、専用の測定器を使ってモニターをキャリブレーションし画像処理ソフトで記憶色に近づけようとしても、思い通りになかなかできません。
その結果見映えがいいように仕上げてしまう。
それは私だけだろうか・・・

撮影機材 LUMIX DMC-FZ1000 / smc PENTAX DFA MACRO 100mm F2.8 WR
fliower_higanbana_0004.jpg fliower_higanbana_0005.jpg fliower_higanbana_0006.jpg fliower_higanbana_0009.jpg fliower_higanbana_0010.jpg fliower_higanbana_0011.jpg fliower_higanbana_0012.jpg fliower_higanbana_0013.jpg                      
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

画像処理が間に合いません 

10日ほどまえ蕾のころから撮り始めた桜が2千枚以上ありますが、RAWファイルの現像というか画像処理が遅々として進みません。
撮影地は目黒不動・目黒川・新宿御苑・多摩川台公園・六郷用水・桜坂・小川町などです。
いくら撮影してもデジタルは自分で画像処理しなければならないのは楽しい反面、処理数が膨大になると辛くもなる。
画像処理したらしたでブログの記事をどう書くか?
画像を掲載するのにuntittleとしキャプションなしというブログをたまに見かけますが、よほど惹きつける画像でないといたずらに掲載してると見做されそうなのが嫌だし・・・
ということで、とりあえず今日は小川町にある西光寺の枝垂桜を掲載しておきます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs smc PENTAX-DFA MACRO 100mm F2.8 WR
flower_sakura_0029_20150331161307a6d.jpg
テーマ: *写真で残す日常* | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

記憶色と画像処理 

彼岸花にしてもこのダリアにしても、鮮烈な赤色を忠実に再現するのは難しいというかできないのは私だけなのか?

私としては撮影したときと同じ色を再現したいんですが、長い間生きてきて刷り込まれたことがたくさんあり、赤というと彩度が高く透明感があるというとおかしいですがくすんでないイメージが強い。
これすなわち記憶色であり、ダリアを撮影したときの赤がそうであるかといえば、おそらく違うでしょう。
なぜなら少しくすんだような赤色だったからです。

では、ここに掲載した画像のダリア実際とはどのように違うのか?
昼過ぎに撮影してるので色温度はだいたい5500kbでもう少し黄色がかってたはずだし、逆光にもかかわらず少しくすんでた気がします。
ところが私の好みとして黄色がかってるのは嫌いだし、見た目違和感が強い。
画像処理する際に暖色より寒色を好むし、黄色の補色である緑というか青紫に近づける癖があります。
こうなると記憶色云々より好みの問題になってしまいますが、赤だけでなく青や黄に緑といった原色を再現するのはとにかく難しく、結局は好みと勘だよりになり実際に見た色とかけ離れたものになりがちです。
いや、実際に見た色がどうだったのか思い出せないからこそ、好みの色合いにしてしまうし勘だよりになるというのが実情です。

そんな赤いダリアですが、皆さんの目にはどのように映ってるんでしょうかね・・・
上が自分好みというか勘だよりで画像処理たもので、下がホワイトバランスを5500kbにしたものです。

flower_fall_0015.jpg

flower_fall_0022.jpg
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

画像処理について 

デジカメは便利で楽しい。
撮影したのをPCに転送するのは暗室で現像液に浸した印画紙がじょじょに画像を浮かび上がらせるのと同じで、この上なく興奮します。

ところが、すべて表示されたファイルは自分の意に叶った写りでないのが多い。
ピンボケは例外としても、ホワイトバランスやコントラストいがいに特定の色が見た目と違うなど例を挙げたらきりがありません。
これは使ってるカメラのアルゴリズムをつかみきれないからだし、設定が思惑と一致しないためです。
それはたとえ五十万百万円するカメラでも同じことで、自分が何をどう撮ろうとしてるかをカメラの設定に反映させなければならないのに、それがうまくいかないからでしょう。
それを補うのが画像処理ソフトだと思ってます。

私がパソコンをはじめて最も時間を費やしてきたのは画像処理です。
AdobeのPhoto DeluxからPhotoshop Limited版、そしてPhotoshop7と乗り換えながら今年はじめまで使ってきました。
トーンカーブやレベル補正に色相など何枚もレイヤーを重ね、その反映率のパーセンテージを変えながら最もいい画像になるまで試す。
夜が更けるのも忘れとことんやったものです。
といっても誰に教わったわけでもなく、市販されてる教本片手にです。

買い換えたパソコンのOS windows 8.1にPhotoshop7は互換性がなく、万が一インストールできたとしてもトーンカーブを任意のポイントだけを上下できない。
かなり広範囲にわたって変化してしまう欠点を感じてました。
そんなことでAdobeのLightRoomを使い始めてます。

はじめは写真の読み込み方すらわからず戸惑いっぱなしでしたが、ブログ仲間の方に教えてもらったり教本を読んだりしてるうち画像処理だけはなんとか使いこなせるようになりました。
ただ、LightRoomのもうひとつの売りである画像管理に関しては全く手を付けてません。
これまでデジカメで撮影したのはおそらく5万枚を超えてるでしょうが、残しておきたい画像はその1パーセントぐらいでしょう。

画像処理してブログに掲載する。
ま、人様に誇れるようなものなど稀有ですが、備忘録として残しておきたい。
それもできるなら、見たときと同じ感じにしたい。
そんなことで画像処理してます。

今日掲載する上の写真はjpegでなんら画像処理することなく圧縮しただけです。
下のは撮影時同時保存したrawファイルを画像処理しました。

上のは空いがい赤みが強く不自然です。
それで赤みを抑えながら、夕暮れから夜になる雰囲気を出したのが下です。
どちらがいいかは皆さんの判断で分かれますが、私個人としては暖色系より寒色系のが好きです。
ということで赤と補色関係の青が強くなってますが、それでも祭り屋台の雰囲気を伝えてるのではと思ってます。

night_0001.jpg 
night_0002.jpg

画像ファイルの特徴としてjpegは劣化しますがrawならしません。
画像処理するなら容量を消費しますが、是非とも rawファイルで保存すべきです。
画像は写ってればいいという方はともかく、撮影したのが思い通りに写ってないがどうしたものかと思ってるなら、是非画像処理してみてください。

 
テーマ: 夜景・夕景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑