思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

餌の時間だにゃ(=^・^=) 

下屋にいるのを呼ぶと下りて来たのは餌の時間だとわかってるからでしょう。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
 yoshino_02210.jpg yoshino_02211.jpg 


昨日テレビドラマのカルテットが最終回でしたが、あっけない幕切れに消化不良を感じました。
それはあくまで自分自身の感性の問題なのかも知れませんが・・・

カルテットの舞台となった軽井沢へ初めて行ったのはちょうど50年前の3月下旬でした。
夜行の鈍行で軽井沢駅に到着したのは確か真夜中の2:52でした。
なぜこんな時間を覚えてるのか自分自身不思議です。

その軽井沢駅の隣に交番がありストーブが赤々と燃え盛ってるのに誰もいない。
あまりの寒さにそのストーブに当たってると夜回りを終えた警官が戻って来て追い出されてしまいました。
それで駅前に出てた夜泣きそばを食べると、屋台の主が目の前の旅館に泊まるように交渉してあげるといいますが、中学二年生の私に宿賃などありません。
往復の交通費いがいに所持してたのは五百円ほどでしたから。
夜明けと同時に駅前から旧軽井沢を抜け峰の茶屋を過ぎ、上越国境近くまで行ってからまた駅まで歩いて戻りました。
駅前の土産物屋でミルク煎餅を買い夕方帰宅すると、翌々日の昼まで死んだように寝てたと母が言ってました。
40キロ近く歩いたのですから無理もないです。

この年の秋には後輩と行きましたが、彼の父親が勤務してた会社の保養所がある中軽井沢から峰の茶屋経由で軽井沢まで歩きました。
今ではホテル業界の雄として名を馳せてる星野温泉が途中にああり、美人になる温泉と書かれた立札がありました。
ひなびた温泉旅館だったのが半世紀を経て日本を代表する宿になってますが、私には無縁です

その後も何度か軽井沢へ行ってますが、二十代初めに行ったとき原宿のようになってたのを目の当たりににして以来、二度と行かなくなりました。
というのも軽井沢へ行ってたのは堀辰雄の小説を読み更けてて、軽井沢はいいところだと憧れを持ってたからでしたが、それは自然が豊かで物語の舞台になってたからこそです。
それなのに都会と変わらない街並みとなっては行く意味を失ってしまいました。

それでもドラマのカルテットを見てたのは、満島ひかりさんの演技に惹かれてのことでした。
それも昨日で最終回になってしまい、しかもあっけない結末に物足りなさを感じて仕方ない。
と思うものの、ストーリーはともかくいろんなシーンでさりげないことが散りばめれられてた脚本に唸ってました。
次回が楽しみな秀作ドラマをひさしぶりに見た気分です。

そういえばミルク煎餅ではないですが似たものを先日買ったばかりで、それを食べながらこの記事を書いてます。
テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

眠そうな猫がアンモナイトになりました 

寝たくても寝られないことほど辛いものはなく、睡眠障害になんどもなってる自分としては、寝ようにもなかなか寝付けないこの猫の気持ちがよくわかります。
伸びをして緊張をほぐしたかと思えば、日射しがきつくなって日陰に移動したり・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
yoshino_02191.jpg  yoshino_02192.jpg yoshino_02193.jpg yoshino_02194.jpg 

眠そうな猫がアンモナイトになってます。
yoshino_02195.jpg

足をまとめて寝てるのが可愛いし、口をむにゃむにゃしてるのは夢でも見てるんでしょうか?
撮影が終わるとぐっすり寝込んだようです。
 


いぜん紹介した凍死寸前の猫ですが無事救出されたものの、尻尾の一部が壊死してて少し切断しましたが家猫となって元気そのものです。
サイベリアン種で寒さに強い猫だったのが一命をとりとめたんでしょう。

ロシアの猫が道路に凍り付いて

今日大田区の久が原にいるとヘリコプターが何機も上空を旋回してて何事かと思ったら、今朝見たトピックで渡瀬恒彦さんが亡くなられたことを知り、渡哲也さんの自宅が近くだったことを思い出しました。
渡哲也さんの自宅上空を旋回したところでなにになるかはともかく、昭和の映画俳優や歌手がなくなるのは寂しい限り。
72歳は若いとはいえないにしても、これから余生を楽しむところだったでしょうし、逝くには早すぎた感が否めません。
私が渡瀬恒彦さんを知ったのは40年ほど前だったか、鵜の木にあった安楽座で見た「実録 私設銀座警察」という映画ででした。
やくざ映画でも山口組三代目のように義理人情を重んじたのと違い、血なまぐさい映画に目をそむけたくなりましたが、渡瀬恒彦さんのぎらついた役がなんともいえませんでした。
健在なら「警視庁捜査一課9係」などのシリーズ物だけでなく、中村佳津雄さんのように連続ドラマで味のある脇役を演じて欲しかったものです。
故人のご冥福を祈るばかりです。
合掌!

※ヘリが旋回してたのは池上の方で火事があったからでした。
テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

寝てる白猫に忍び寄る黒猫 

気持ちよさそうに寝てる白猫の忍び寄る黒猫です。
といっても白猫しか写ってませんが画像にマウスをあわせると・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


黒猫に気づいた白猫がすぐ起きて睨みつけると、黒猫が目をそらしました。
白猫は腹を震わせかなり興奮してますが、それでも手を出さないのはかつては弟分として仲が良かったクロだとわかってるからでしょうか?
そんなクロも由乃と目を合わせることなくすごすごと退散しました。



今日の東京は降雪予報が発令されてましたが、たまに小雨がぱらつく程度でした。
それでも風が冷たく最高気温が7度で真冬のような寒さでした。
そんななか桜の花芽が色づくだけでなく膨らんできてました。
東京の桜開花予想は3月24日らしいですが、近所の桜がいつ咲くのか楽しみです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_sakura_02036.jpg flower_sakura_02037.jpg
テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

舌を出してる猫の変顔 

舌を出してる猫の変顔ですが、それでも元はかなりの美猫だったんです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
yoshino_02197.jpg yoshino_02198.jpg yoshino_02200.jpg 

論より証拠で、凛々しいというか端正な顔つきの猫です。
もうすぐ14歳になりますが、8年前初めて見た時、こんな美しい野良猫がいるのかと驚いたものです。
自画自賛ではありませんが、老いてもなお美猫では~~~
yoshino_02201.jpg
テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

はぐれ猫 

このところかつて弟分だったクロが毎日来てるというより、飼い主のところに戻らず由乃の定位置に居ついてしまいました。
仲が良かったこの2匹、今では由乃がクロを外敵として見做してるし、それに由乃はある猫を追っ払うのに返り討ちにあって以来、外敵が来ると追っ払うどころか逃げまわってます。
弟分だったクロに対しても同様で、定位置を奪われ縄張り内でもおちおちしてられないようです。
それでこちらがクロを追い帰そうとしても帰らないし、一昨日はついに一度も由乃に餌を出すことができず、由乃もこちらも困ってます。
クロにしてみれば懐かしくて来てるのかも知れませんが、一年に数回ひょっこり現れるなら歓迎もしますが、こうなるとも有難迷惑。
飼い主のところに戻れと昨夜何度もいいましたが、猫に話が通じる訳ないし・・・

あなたの後ろ姿に そっと別れを告げてみれば・・・
由乃の後ろ姿に小椋桂さんの「裏の木戸を開けて」の一節を思い浮かべたのがなぜなんだか・・・
家出するというかもう二度と戻ってこないような気がすることがしばしあったし、そんな潜在意識が思わせたのかも知れません。
はぐれ猫にならないように願ってますが~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

猫と話せたら 

ベランダで香箱座りしてる猫。
なにを思ってるのかわかりませんが、そんな猫と話せたらどんなにいいことか~~~

先月末クロが現れたかと思うと雨の日いがい毎日来てます。
それも由乃の定位置に居座ってて、由乃の居場所がなくなってしまいどうしたものかと・・・
そんなこともあって猫と話せたらと思ってしまいます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
 


今日散々迷ったものの獅子ヶ谷の横溝屋敷へ行きました。
それは後日掲載するとして、行くかどうかなぜ迷ったかといえば、少し長い距離を歩いたり屈んだりすると痛くなるだけでなくこむら返りを起こすからです。
このところ股関節がぎくしゃくしてて、撮影時に屈むと立ち上がるのに一苦労。
それでもひな人形の展示は今日までだし、年に一度のことなので無理して行ってきました。

綱島からバスに乗るとすぐ綱島街道に出るんですが、かつてあった綱島温泉の敷地で相鉄と東急の相互乗り入れする神奈川東部方面線の工事をしてる。
spa_0007.jpg 

開通すれば確かに便利になるものの、都心部ばかり開発してこれ以上人口を増やしてどうする気なのか?
いいたくはないが、政治が愚かなため地方は限界集落ばかり。
少しは地方の利便性を考え都心部の人口集中を緩和させる政策をとったらどうかと思わずにいられない。

それはともかく撮影し終えて綱島駅にもどったら、温泉があれば入ったのにと・・・
綱島温泉へ初めて行ったのはSさんに誘われてで、もう40年ほど前のこと。
こちらが二十代前半のときで、うらぶれた感じのヘルスセンターのような綱島温泉にあんぐりとなったものです。
それなのに五十代になって行くと、こんないいところないと思ったのは中高年というより年寄りが多く、のんびりした感じはもとより庭には猫がいたし、ビールを飲んで昼寝するにはもってこいだったからです。
綱島温泉としては銭湯だけでも再開したい意向のようですが、それさえ目途が立ってないようだし・・・
こないだの日曜旧友と酒を酌み交わしたんですが、彼は工事してるとは知らず行ってがっかりしといってました。
かつては綱島温泉駅という駅名だったし、東京の奥座敷としてにぎわった温泉街もこの東京園が最後の温泉施設でした。
ま、鶴見川の対岸には最近できたゆけむりの庄がありますが、私にしたら東京園のがず~っといいですから~~~~

ラジウム温泉というか黒湯です。
売店では餃子や焼き魚とかいろんなつまみが格安で販売されてました。
spa_0008.jpg spa_0009.jpg spa_0010.jpg 

他にも猫はいましたがこの猫が最後の猫となり、それも営業停止する2年ほど前に亡くなってしまいました。
spa_0011.jpg spa_0012.jpg spa_0013.jpg      
テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

手で餌をかき集める猫 

ペットショップで購入した容器にウエットとカリカリを入れてますが、食べてるうち餌が隅によってしまい手でかき集めるというかちょいちょいとまんなかへ持っていきます。
人が使ってる少し小さめの皿で出すと端からこぼれてしまうので替えたんですが、りょうほうとも食べづらいようです。
それでスプーンなどで端にかたよったのをかき集めようとするとひっかくし、懐かない猫には困ったものです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

猫2匹が一触即発 

猫2匹が一触即発で、白猫は我が家の野良猫由乃で、黒猫はかつて由乃が弟分として認めたクロです。
そのクロは5年前の初冬に突然失踪したものの、2年前からひょっこり現れたりしてました。
そしてつい先日来たときは由乃と一触即発の状態に・・・

クロが疾走したといってもこちらが知ってる人のところに棲みついてるようです。
その人とクロのことでちょっとした意見の食い違いがあったとたん疾走したというかいなくなり、その人が引き取ったことは想像に難くない。
それもなにもいわずにだし、それまでも傲慢なものいいに我慢できず以降断絶状態。

それはともかくクロは去年の秋ごろにも来てたようで、こちらは確認してないものの作り替えたばかりの塒にいたようです。
クロがいなくなったのは由乃が風邪をこじらせ、生死の境を彷徨ってるような状態で目も開かず、鬱陶しく思ったのかクロの足に噛みついたようです。
と、これはあくまでこちらの想像で、クロはそのまえにも足を噛まれたというか肉をえぐられるような怪我を負ってました。
そのとき由乃とクロはいつも一緒にいて仲がいい状態でした。
そんな猫を毛嫌いするのが近所にいてクロを蹴っ飛ばすような真似をしてるのを見たことがあり、あの人間がクロに怪我をさせたのかと思ってました。
そして冬めいて来たとき由乃が風邪を引き苦しんでるのを、クロが寄り添って猫団子になってたものです。

そんなクロを由乃が噛みつくのか?
それでもクロが疾走しときたま現れると、由乃は弟分として可愛がってたそんなクロに敵愾心をまる出しにしてました。
なぜそうなるのかあれこれ2匹のことを考えても埒があきません。
真相は由乃とクロ、それにクロを蹴る真似をしてた男しか知りません。
そしてつい先日クロが現れると、下の画像のように睨み合い一触即発の状態でした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 yoshino_kuro_0024.jpg yoshino_kuro_0026.jpg 

睨み合ってる時クロの尻尾に触れると驚いて由乃の方へ行こうとしましたが、由乃の物凄い剣幕に後ずさり。
そんなクロを呼ぶと由乃から離れて行きました。
そして緊張をときほぐすように砂浴びしたら、黒い毛並み白茶けて・・・
そのクロが昨日まで3日続けて来てますが、埃をすっかり払い落としたのか飼い主が手入をしたのか、元通り奇麗な毛並みになってました。
それにしてもクロは飼い主がいるというのに、なぜこうも頻繁に由乃のところへ来るのか?
1年半ほど由乃と一緒にいて、懐かしくなってるんでしょうか?

※今買い物から戻るとクロがまた来てて4日間連続です。

kuro_0020.jpg kuro_0021.jpg kuro_0022.jpg kuro_0023.jpg 

由乃はクロのことを忘れ外敵と思ってるのか、それとも覚えてても憎んでるのか?
6匹兄弟として産まれた直後母猫が車に轢かれ、それからは近所の住人が入れ代わり立ち代わりしながら面倒を見てもらってた由乃。
そんな仔猫時代に我が家の塀の中にいたのを何度か目にしたことがありますが、こちらは猫などまったく興味がありませんでした。
もし生後間もない時こちらが由乃の面倒を見てたなら、とっくに家猫にしてたでしょう。
そうすれば風邪をひくこともなかったし赤い涙を流すこともないはず。
8年ちかく餌を出しててもいっこうに懐かない強情なのは、不遇な仔猫時代がトラウマになってるからでしょう。
あと2か月すれば14歳になる由乃。
こちらが可哀想だと思ったところで、これが自分の生き方だとクロを外敵としても、それが由乃の生きる術なんでしょう。

クロが去ってほっとしたのか、由乃も緊張を和らげるのか爪とぎ。
yoshino_02185.jpg yoshino_02186.jpg yoshino_02187.jpg 

今は険悪なのに、かつて仲が良かった由乃とクロです。
こんな光景をまた見たいと思っても、強情な由乃は頑としてクロをはねつけるんでしょうが・・・
撮影機材 Nikon D90 /AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED / FUJI FinePix F770EXR / LUMIX DMC-TZ5
yoshino_kuro_0014.jpg yoshino_kuro_0016.jpg yoshino_kuro_0002.jpg yoshino_kuro_0001.jpgyoshino_kuro_0005.jpg yoshino_kuro_0015.jpg yoshino_kuro_0013.jpg yoshino_kuro_0008.jpg yoshino_kuro_0009.jpg yoshino_0157.jpg yoshino_kuro_0018.jpg yoshino_kuro_0017.jpg yoshino_kuro_0019.jpg yoshino_kuro_0027.jpg yoshino_kuro_0028.jpg yoshino_kuro_0029.jpg                 
テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

猫の目をアップにしたら自分が映ってました 

猫の目をアップにしたら自分が映ってました。
といってもシルエットですが・・・

撮影機材 Nikon D90 /AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED
 yoshino_02184.jpg
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

春遠からじ 

一昨日朝玄関を出ると小雪が舞ってましたが、通り雨ならぬ通り雪は30分ほどですぐ止みました。
昨日はまずまずの天気で春遠からじを思わせましたが、東京は3月に雪が多いので気が抜けません。

外猫たちは人より陽気に敏感で、我が家の野良猫を見てると寒いのか暖かいのかわかります。
そんな猫が冬至を過ぎたばかりで日が伸びて行くのを感じてるのか、夕暮れ間近まで庇で寝てました。
寝起きで目を細めてる我が家の野良猫。
それも今ではあまり撮影できなくなってるのが寂しいです。

昨日CP+へ行くとものすごい混雑。
じっくり新製品を見てさわってなどできず、早々に引き上げました。
去年一昨年と平日に行ってたし、来年は間違っても土日にはいかないと決めました。

撮影機材 Nikon D90 /AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑