思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

この道はいつか来た道 そしてまたいつか行く道 

奥日光の紅葉が見頃を迎え紅葉前線がじょじょに南下し始めるようです。
竜頭の滝や湯滝などいろは坂は渋滞必死ですが、それでも行きたくなるのが人情でしょう。

このところハードディスクの整理をしてて昔の画像を見ることが多くなってます。
そんななか八甲田ロープウエーから見た紅葉は圧巻ですが、ここもまたロープウエーに乗るのに週末は行列ができるようです。
ま、こちらが行ったときは平日だったので待ち時間はさほどでもなかったですが・・・
travel_aomori_0010_2016101623122007c.jpg

そういった有名なところでないのに心打たれたのは弘前と鰺ヶ沢を結んでる鰺ヶ沢街道です。
世界一長い桜並木がお岩木山を背景に紅葉してる光景は見事なのに、誰一人として撮影してる者はいないしもちろん渋滞もない。
地元の方にすれば当たり前の光景として見過ごしてるだろうし、県外の観光客がここを通るとすればわさおがいるきくや商店目当てでしょうか?
かくいう私は湯段温泉にある時雨庵のももちゃんまろ君目当てで1年間に5回も行ってました。
blog_background_0080.gif

その湯段温泉は別荘地帯にいくつかの源泉を持った宿が点在してる鄙びたところです。
食事付きで宿泊できるのはわずかで、時雨庵は味もボリュームも満点だし、それに猫がいて和ませてくれます。
縞ミケのももちゃんはツンデレですが、まろ君は人懐こく部屋に入って接待してくれます。

撮影機材 NIKON D7000 / AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED (0)
travel_aomori_0012_20161016231245c6e.jpg cat_shigurean_0001_20161016231246844.jpg cat_shigurean_0002_201610162312482d9.jpg cat_shigurean_0003.jpg cat_shigurean_0004.jpg cat_shigurean_0005.jpg      

そんな猫で癒されるのもいいし、散歩すればなにげない光景にカメラをむける被写体がそこかしこにありました。
この道はいつか来た道そしてまたいつか行く道と思いながら6年も経ってます。
もう長旅はできないにしろせめて二泊でもいいから行きたいと思いながら・・・
travel_aomori_0011_20161016231227efb.jpg
テーマ: 四季 −秋− | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

牧場の猫 

4年前1年間に5回も青森へを撮りに行ってました。
そのことを友人にいうと気が狂ってるのかといわれたし、思い出すたびに我ながら酔狂なことをしたものだと苦笑してしまいます。

その青森へ友人と初めて行ったとき泊まったのが湯段温泉にある時雨庵さんです。
がいるというのを知り予約したんですが、接待部長のまろ君とツンデレなももちゃんにご機嫌な一夜でした。
女将さんにがいる農家を紹介してもらったり、大鰐温泉では自ら捜し歩いたのももちゃんの写真を撮って帰宅したのはちょうど今頃だったような気がします。

そして先日あるブログを見てると牧場のソフトクリームの記事が目に留まり、読んでいくうちそこへ行ってたことに気付きました。
その牧場へ行ったのは事前調査でがいる牧場だと知ってからでした。
たしかにはいますが寝てばかりとか突然どこからともなく現れたりで、あまりいいの撮れなかったのが残念でなりません。

今年の春こそひさしぶりに行こうとあれこれ調整してたんですが、腰の調子が悪かったりで行けなかったし・・・
そんなことでブログで目にした牧場の一件で、また青森行きたい病に火が付きそうですニャア~♪ヾ(=゚・゚=)ノ

私が猫を撮るようになってからというもの、旅行するのも猫目当てになってます。
それでも宿は食事と温泉のいいところを選んでます。
猫を撮影するといっても相手は気まぐれで思い通りにはなかなか撮れません。
青森ではほとんどレンタカー利用ですが、それでも歩きまわって疲れ宿に戻れば、まろ君ががニャ~と寄って来る時雨庵
地場産の食材を活かした家庭料理ですが品数が多いし、つかずはなれずで対応してくれる女将さんの接客がいいし、なんといっても温泉が最高です。
予約は旅行サイトを通さず直接したほうがいいですよ~ 0172-83-2089

時雨庵さんについての詳細はこちらです

時雨庵のまろ君フミフミするは布団絵で寝るは接待部長合格ですにゃ~
cat_shigurean_0001.jpg cat_shigurean_0002.jpg  

牧場の猫

cat_aomori_0001.jpg cat_aomori_0002.jpg  
テーマ: 東北旅行 | ジャンル: 旅行 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

不老ふ死温泉で極楽気分に浸る 

温泉は疲れを癒すだけでなく日常の雑事を忘れられることがいちばんでしょう。
昔山登りをしてた当時山麓の温泉を浴びビールを飲んだ爽快さ。
なんともいえない気分でした。

写真は4年前行った不老ふ死温泉です。
ゴールデンウイークを温泉で極楽気分に浸ってる皆さんが羨ましいです。


spa_0001.jpg
テーマ: 温泉旅行・温泉宿 | ジャンル: 旅行 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

1年間に5回も行った青森の思い出 

1年間に5回も行った青森の思い出について記事にしようと思ったのは特急寝台あけぼのが今月で廃止されると聞いてたし、つい先日弘前のかくみ小路をネットで見たこと、それに先月はオホーツクへ今月は飛騨路へバスツアーに参加したことで、またぞろ旅に出たくなったからです。

その青森へは3年前の秋が最後で、それ以来今年2月までどこへも旅に出てません。
それだけにこれまで行ったところのことが懐かしく思い出されてきます。
なぜ青森へ1年間に5回も行ったかといえば、岩木山麓の農家で見た猫たちがきっかけでした。
この猫たちの人懐こさと野性味あふれる姿に感動したし、こちらを紹介してくださった湯段温泉時雨庵という宿にも猫がいて癒されたものです。
そればかりか前泊した大鰐温泉にはももちゃんというキジシロにシャムもどきの猫がいて、これが可愛くてまた会いたくてしかたない。
それでなんどとなく猫を撮りに行き、その合間に鰺ヶ沢のぶさかわ犬わさおを見に行ったりこみせの黒石や五所川原に竜飛崎などへ行きました。

回を重ねるにつれ猫撮りだけでなく弘前市内を散策する余裕もでき、かくみ小路にある喫茶店万茶ンでコーヒーを飲みながらアップルパイを食べたり、大鰐温泉では名物の温泉もやしいりラーメンを味わったりしてました。

私が旅に出るのは写真撮影が目的です。
それも有名観光地ばかりでなく人気のない街でのスナップ写真を撮ったりするので、時間的な余裕があまりないです。
そんななかでほんのわずかですが、喫茶店へ行ったり街中でボーっとできたのは貴重な時間だと思わずにいられません。
夏にはねぷた祭りの下準備がされてたことなど、観光客の知らない側面を目の当たりにし、その地に根付いてる風土を垣間見ることができました。

写真はいまデジタル全盛で撮りためたファイルはフィルムと違い、保存してたメディアがいつ使えなくなるかもしれないという不安と波乱があります。
そういうこともあってブログを備忘録として続けてます。
とにかく旅に出たいという思いが募ってしょうがないです。
いろんな事情があってそうは問屋が卸してくれませんが、もう一度青森へ行きももちゃんやほかの猫たちに会いたくてしかたありません。

岩木山麓の元気な猫たちです
travel_aomori_0012.jpg

湯段温泉時雨庵のまろ君
travel_aomori_0002.jpg

大鰐温泉のももちゃん
travel_aomori_0010.jpg travel_aomori_0011.jpg

浅瀬石川の白鳥       大鰐温泉平川の白鳥
travel_aomori_0001.jpg travel_aomori_0009.jpg

雪の湯段温泉別荘地
travel_aomori_0003.jpg

大鰐温泉街の路地
travel_aomori_0004.jpg

弘前かくみ小路と喫茶店万茶ン
travel_aomori_0005.jpg travel_aomori_0006.jpg travel_aomori_0007.jpg

中央弘前駅と津軽そばの三忠食堂
travel_aomori_0008.jpg

テーマ: 旅先での風景 | ジャンル: 旅行 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑