思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

ほむらたつ蝋梅 

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROで撮影した蝋梅ですが、右は背景が明るいためかなり絞り込んだのにフリンジが派手に発生しました。
左は背景が暗いのでフリンジは発生しませんでした。
どちらも点光源がほむら立つような感じで写ってました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 flower_ume_0270.jpg
テーマ: 季節の花 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROに接写リング2でカワヅザクラをクローズアップ 

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROに接写リング2でカワヅザクラをクローズアップしました。
フルサイズ用のレンズなので実質APS版1.5倍の105-450mmになり、さらに接写リングで高倍率になってます。
接写リングは本来書類などをコピーするためのツールですが、昔から花の接写に使われてたし、それをSIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROにかましたらどうなるか去年スイレンで試してます。
マクロ領域の200mmをこえ50cmメーターから5メーターほどの撮影距離ならピントが合い、かなり倍率が上がったのを検証済みです。
それで3メーターほど離れてるカワヅザクラを撮影したら、実物の2倍から3倍ほどの大きさになりました。
手持ち撮影なのでブレるのを覚悟で何度も同じカットを撮りましたが解像度が極端に悪くなることはないようです。

中古で2倍のテレモアを購入してますが、解像度が悪くなるしピントがまともに合わないジャンク品のようで使い物にならなかったのが接写リングを使ってみたのが勿怪の幸いとなりました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO / 接写リングN.o2
flower_sakura_02032.jpg flower_sakura_02034.jpg flower_sakura_02033.jpg
テーマ: カメラ機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

何を撮影するにしてもレンズの選択が肝心 

どんなものでも撮影するのに何にするのか迷うのがレンズです。
こちらが現在所有してるのは以下の通り。
smc PENTAX-M 35mm F2.8
smc PENTAX-A 50mmF1.4
smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR
smc PENTAX-M 150mm F3.5
smc PENTAX-A 35-70mm F4 MACRO領域あり
smc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0 MACRO領域あり
SIGMA 24mm F1.8 DG MACRO
SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO領域あり
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO領域あり

このラインナップで花をとるのに一時 smc PENTAX-A 35-70mm F4 MACRO領域あり ばかり多用してました。
その理由は最短撮影距離が短いのでとにかく寄れてマクロレンズに劣るもののボケが大きいからでした。
ただし逆光だとフリンジが発生しやすいのと、開放値がF4なので寄らないとボケがうるさくなることがありました。
それなら開放値が2段明るい smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR にすれば円形絞りでボケがうるさくならずに済むだろうと思いますが、単焦点が故の画角というか構図を決めるのに自ら前後移動しなければならない不便さがあります。

ということでズームレンズ、それも望遠ズーム SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO領域あり の使用頻度が高くなってます。
1.5メートルの最短距離がマクロにすると0.9メートルまで縮むし望遠端にすればF8まで絞っても背景のボケがうるさくなるのはめったにないどころかかなりボケます。
さらにいいのはピントがドンピシャで手ブレしなければ、カミソリマクロに負けず劣らずの鮮明な画像にすることができます。
ズームとはいえ構図を決めるのに単焦点レンズのように多少前後移動したとしても、望遠端にすれば35mm換算で450mmの超望遠となるので多少うるさい背景でもそれほど気にならない。 
300mmなら寄りたくても寄れない被写体でもけっこう寄れるし、作画するのにさほど悩まないのがいいです。

下のホトトギスは生け垣がありレンズ先端から最短でも1メーターほどあり、smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WRだと倍率が下がるのに対し、SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO領域ありなら等倍以上で写せます。
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO領域ありの倍率は実際には1:2ですがパソコンで見ると等倍以上になるのは解像度とかの関係でしょうが、手持ちなのでブレてるのはご勘弁を・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
2016_11_0003.jpg

2016_11_0002.jpg 2016_11_0007.jpg 2016_11_0006.jpg 2016_11_0001.jpg        
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

キバナコスモスにヒョウモン蝶 

キバナコスモスとヒョウモン蝶はどちらも黄色で背景は薄緑で好きな色合わせです。
いちばん好きな色は緑ですが緑といってもいろんな色合いがあるし、それが写真の背景となると単一色でないことが多い。
それがまたいい。
それもこれだけ大きくやわらかくボケるのはSIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROのおかげです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
butterfly_0004.jpg
テーマ: 季節の花 | ジャンル: 写真 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

アブかハチか?スイレンかハスか? 

アブは目が大きく体形にくびれがなくハチにはくびれがある。
そしてアブは針がないのにハチはお尻に針がある。
触角はアブが短いのに対しハチは長い。
ということで3枚の画像はいずれもハチと判断しますが・・・

スイレンの花は細く水面に浮いてて菊の花のようなシベが多く、葉は撥水性がなくつるっとしてる。
ハスの花は水面より高いところに咲き花びらが幅広でカールし、葉は産毛のようなものに覆われ滴が転がるほど撥水性が高い。
ということで左2枚はスイレンで右端はハスということになりますが、大きな違いはジョウゴのような花托があるのがハスでスイレンにはありません。

こんなことを知ったのはつい2年ほど前のことだし、それも花を掲載してるブログを見てるうち覚えたものですが、アブとハチの見分けはいまだにはっきりしません。
花にしてもヒュウガミズキかブルーベリーかアセビかドウダンツツジなのか紛らわしい。
ということで、花よ、いっそのこと名札をつけて咲いてくれない?

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
70_300mm_0001.jpg 70_300mm_0002.jpg 70_300mm_0003.jpg   
テーマ: 自然観察 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

SIGMA 70mmF2.8 EX DG MACROほど剃刀マクロではないですが・・・ 

SIGMA 70mmF2.8 EX DG MACROほど剃刀マクロではないですが、SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROもジャスピンになるとかなり鋭いです。
老眼でマニュアルフォーカスにはいつもてこずってるのに、この日はいつになく目が冴えた感じで、帰宅して削除したピンボケのファイルはさほどありませんでした。
カメラのシャープ設定はノーマルだし、画像処理でアンシャープをかけてないのに、手持ちでこんなドンピシャなのが撮れるのかと驚きでした。
それもボディー内手ブレ補正のPENTAX K-5Ⅱsのおかげでしょうか?
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROでも、手ブレさせずジャスピンだとエッジが立ちすぎるほど精細でした。
それでいて背景のボケが大きく被写体が浮き立ってる、
一万円余りのレンズとは思えない写りに大満足です。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
flower_hanashobu_0051.jpg flower_hanashobu_0052.jpg flower_hanashobu_0053.jpg flower_hanashobu_0054.jpg flower_hanashobu_0055.jpg flower_hanashobu_0056.jpg flower_hanashobu_0057.jpg flower_hanashobu_0058.jpg
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

朝日を浴びてるスイレン 

睡眠障害がずっと続いてて明け方というより2時か3時に起きてしまいます。
時によってはその後すぐ寝られることもありますが、ほとんどは起きたまま。
それでしかたなく散歩を兼ねカメラを持ち出すことに・・・

公園では顔馴染みになってるボランティアの方が清掃をしてて挨拶。
1時間ほどしてスイレンにカメラを向けても、陽射しが弱く花が透けてない。
いや、帰宅して画像処理するのに、完全に透けてるより半透明のが朝日を浴びたばかりの雰囲気があっていいように感じる。
柔らかだった斜光線がじょじょに高く上がり、水面が反射してぎらつき始めた頃帰宅。

朝日が昇るころ社長さんは帰る ああ~いい気だね
どうして朝日が昇るのか電信柱に聞いてみよ
ああ~社長さんはいい気だね

子供のころ流行ってた鈴木ヤスシさんのこんな歌をくちずさんでると、そういえばNHKの井上あさひさんがニュースウオッチ9から降板し京都にいて、クローズアップ現代とか歴史秘話ヒストリアにたまに出演してるらしいのにとんと見てない。
あさひという名前がらみで思い出した彼女ですが、ほんわかしたあの雰囲気はなんともいえない魅力がある。
朝日が昇るが如く、京の都より江戸へ上って来て欲しいものですが~~~🌞

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
flower_suiren_0001_2016051507142779e.jpg flower_suiren_0002_2016051507144892a.jpg flower_suiren_0004.jpg flower_suiren_0003.jpg    
テーマ: お散歩カメラ | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

梅雨が待ち遠しい 

沖縄と奄美が梅雨入りしたようですが、東京もあと半月ほどすれば雨降りになるんでしょう。
じめじめした鬱陶しい雨は嫌ですが、梅雨といえばアジサイ。
そのアジサイは晴れてるより雨か雨上がりのほうが雰囲気があっていい。
ま、今アジサイを撮りに行ってもほんの数株色づいてるぐらいで見頃になるのは今月末から。
それで今はどうすれば情感があるのを撮れるのか、雨が降ったときや雨上がりに違う花であれこれ練習してます。
それが昨日に続き今日も記事にしてるアカツメクサかセッカツメクサなのか?
とにかく雫が煌いてる花は綺麗だし、アジサイのときはどのようにして撮とろうかと思ってます。
アジサイだけでなく花には雨がお似合いだし、梅雨が待ち遠しい。
といっても雨ばかりでは嫌になりますけどね・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
同じ花でも晴天時と雨上がりでは雰囲気がガラッと変わりますから~~~
flower_2016_05_0010.jpg shizuk_0003.jpg  

タレントのなすびさん4度目にして念願のエベレスト征服

世田谷ボロ市でカンパを募るなすびさん
下から2段目右の写真になすびさんが写ってます
テーマ: 写真で心を癒しましょう♪ | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

色づき始めたガクアジサイ 

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROでオートフォーカスで撮影することがめったにないのは、カメラとの相性かレンズ自体なのかピント幅が広すぎジャスピンにならないからです。
それでマニュアルフォーカスにしてますが、開放値が暗いのでピントを合わせづらい。
それなのに使うのは、望遠側にマクロ領域がありそこそこ寄れるからです。
色づき始めたガクアジサイに寄ってかなり絞り込んでも背景がボケてうるさくならないし、これだけピントがあってれば文句なしです。
そんなこといってどこにピント合わせてるんだと思う方がいるでしょうが、額の装飾花より手前左玉状の両性花にフォーカスを当ててます。
すぐ上と右の額は被写界深度内におさまりそれなりに合焦してますが~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
flower_ajisai_0001.jpg  

テーマ: カメラ機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROで三脚利用しましたが 

昨日の記事では手持ちで今日はSIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO に三脚利用しましたが、カメラ側の手ブレ補正解除するの忘れて撮影してしまいました。
年をとるとともにじょじょにボケ始めてるのか?
背景がボケるのはいいとしても、ピンボケや頭がボケるのは勘弁してほしい伝ですけどね・・・

三脚スリックマスターですが、35年ぐらい前の年代もの。
山登りしてるときよく携行してましたが、3.5キロぐらいあって嵩張るし今ではほとんど使うことありません。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
flower_spring_0044.jpg flower_spring_0043.jpg   

テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑