逆光のホトトギス 2017年11月26日 SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO コメント:1

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROで逆光のホトトギスを撮影しましたが、ゴーストとフレアが発生せず綺麗に撮れました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


貴ノ岩が来日中の元小結旭鷲山に電話で事件の経緯を話したという。
この電話でのやり取りについての詳細は皆さんすでにご承知であろうし書きませんが・・・
それよりこの暴行事件でいちばん気になってるのは伊勢ケ浜親方と日馬富士が貴乃花部屋へ謝罪すべく向かったのに、出かけようとして車に乗り込んでた貴乃花親方は二人が来たことに気づいてたにもかかわらず二人に会うことなく車を走らせた。
謝罪を受け入れる気がないとしても、子供じみたその態度に反感を抱いたのは自分だけでなく多くの方が首を傾げたのでは?

現役時代貴乃花が兄の若乃花と千秋楽で優勝争いになると、父親である藤島親方から兄に勝たせるように含まされたか否かが話題になった。
これを境に兄弟の不仲が噂され始めるが、今では兄だけでなく母親とまで断絶してる。
あまりにもストイックな性格がこうまでさせるのかはともかく、こうなると大人げないと思わざる得ない。

日馬富士が貴ノ岩を殴ったのは彼自身認めてるが、その原因は貴ノ岩がスマホをいじってたからだという。
人と話してるときスマホをいじってるのを窘めるのは当然だ。
それが暴力という形になり少しやりすぎた感は否めないが、非礼を正すためなら多少の腕力も致し方ないのではと思う。
この真相解明は警察の捜査で明らかになるまで静観するほかない。

なんでもかんでも体罰反対で授業を妨害しようがなにをしようと、教師は児童を言葉で叱責するだけ。
それでいうことを聞かないなら、拳骨であろうとピンタであろうと喰わせるべきだろう。
そうしなかったから我がままで自分さえよければいいという人間が多くなってると思ってしまう。
本人のためと愛ある拳骨やピンタは体罰とか暴力とは違うと思うのだが・・・

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

点光源を活かせなかったホトトギス 2017年11月09日 SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO コメント:0

薄曇りだったのが背景に日が射して点光源となった。
それとばかりホトトギスをその点光源に重ねて撮影するが、右側半分に締まりがない。
理想をいえば画像左半分を右側に寄せ、写ってない左側を取り入れるべきだったろうに。
撮影してから半月近くたっててその左側がどうなってたのか思い出せないものの、折り畳みの携帯チェアーに座りながらというより前のめりになってピント合わせしてた。
そして点光源を背景にするのにあれこれ考えてたのははっきり覚えてるのだが・・・
左向きの花の左側が寸詰まりになってるは右半分は余計。
いっそのこと縦位置で撮影すべきだったと後悔しきりだが、上体を地面と平行にさせながらカメラを縦位置にして微妙なピント合わせをしぶれずに撮影出来たろうか?
点光源にホトトギスを重ねることしか考えなかったせいでおかしな構図になってしまった。

点光源を活かせなかったホトトギスですが、露出といい点光源のボケ具合といい、それはそれでいいと思ってるんですが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

テーマ:撮影技法について - ジャンル:写真

スイレンと蝶々 2017年07月07日 SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO コメント:0

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROテレモアをかましてスイレンを撮影してると蝶々が飛んできました。
ところがこちらはパイプチェアーに腰を掛けてて、それも狭い木道なので少しでも動こうものなら音がして蝶々が逃げてしまう。
それで上体を後ろに反らせてなんとかピントを合わせました。
若干ボケ気味ですが掲載します。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

水面に映るスイレン 2017年06月03日 SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO コメント:2

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROのズームを目いっぱい繰り出してもピント合わせしにくいのは、望遠端で開放値がF5.6では水面に映るスイレンが暗いし微妙に揺らいでたからです。
それでも400mmとか500mmならもっと大きく映って、ピント合わせが楽になると思うものの手ブレやピンボケになりやすいでしょう。
そういうことでもSIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROは自分にとって手放せないレンズになってます。



撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
flower_suiren_0033.jpg flower_suiren_0034.jpg

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

被写界深度でボケを活かす 2017年05月02日 SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO コメント:1

幹にかたまって咲いてる八重桜がリースのように見えるのをじょじょに近づいて行くとボケが比例して大きくなっていく。
それで被写界深度でボケを活かしながら撮影しました。
なんてことのない八重桜も最短撮影距離まで近づくと、背景が大きくボケて見映えがよくなったような気がするんですが~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
flower_sakura_02147.jpg flower_sakura_02149.jpg flower_sakura_02148.jpg     


昨夜テレビでジェリー藤尾さんが「遠くへ行きたい」を歌ってました。
若くて活きのいい時から年を重ね76歳となってる今、音程をはずしたりでレコーディングした当時とは比べようもない歌唱でした。
レコーディングはコマ切れをつないでいくので生で歌うのと違って上手く聞こえるのは当然です。
かといって昨夜の歌が下手だといわないのは味があるというのか、年を重ねてきた滋味深さを感じたというべきでしょうか・・・

中学時代写真部の後輩の家へ行きブザーを鳴らすとジェリー藤尾さんが出てきたのにびっくりし、何事かと思ったものですが、坂本九さんもいてホームパーティーをしてたようです。
後輩宅の向かい側には元巨人軍でキャッチャーをしてた藤尾さんが住んでて、こちらにはペギー葉山さんがいたり、少し離れたところにはハワイアンの大橋節夫さん宅があったりで芸能人がかなり住んでました。

ペギー葉山さんはつい先日鬼籍に入ってしまいましたが、ジェリー藤尾さんにはまだ現役で歌って欲しいし、慰問も頑張って欲しいものです。

テーマ:撮影技法について - ジャンル:写真

可愛く撮って 2017年03月29日 SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO コメント:2

猫が可愛く撮ってといわんばかりにカメラを見つめてくれたのをパシャリ。
ゴロニャンしまくりなのをフォーカスモードをAFCで狙っても、動きが不規則で激しいと追随できないことが多いので、ここぞとばかりにシャッターを押しました。
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROはマニュアルフォーカスでも合わせやすいし、ドンピシャのピントだとかなりシャープに写るのがいいです。
目だけでなく毛並みまで鮮明に写ってますからね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
cat_matsu_0027.jpg 


このところほぼ70キロだった体重がリバウンドし2キロほど太ってきたので食事はもっぱら野菜中心。
大根と油揚げを麺つゆで炒めたのにキュウリとワカメにマロニーの酢の物にキャベツの塩昆布和え。
本当は分厚いトンカツを食べたいんですけどね~~~
cooking.jpg  

テーマ:猫撮りの撮影技法 - ジャンル:写真

ほむらたつ蝋梅 2017年02月19日 SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO コメント:0

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROで撮影した蝋梅ですが、右は背景が明るいためかなり絞り込んだのにフリンジが派手に発生しました。
左は背景が暗いのでフリンジは発生しませんでした。
どちらも点光源がほむら立つような感じで写ってました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 flower_ume_0270.jpg

テーマ:季節の花 - ジャンル:写真

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROに接写リング2でカワヅザクラをクローズアップ 2017年01月29日 SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO コメント:0

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROに接写リング2でカワヅザクラをクローズアップしました。
フルサイズ用のレンズなので実質APS版1.5倍の105-450mmになり、さらに接写リングで高倍率になってます。
接写リングは本来書類などをコピーするためのツールですが、昔から花の接写に使われてたし、それをSIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROにかましたらどうなるか去年スイレンで試してます。
マクロ領域の200mmをこえ50cmメーターから5メーターほどの撮影距離ならピントが合い、かなり倍率が上がったのを検証済みです。
それで3メーターほど離れてるカワヅザクラを撮影したら、実物の2倍から3倍ほどの大きさになりました。
手持ち撮影なのでブレるのを覚悟で何度も同じカットを撮りましたが解像度が極端に悪くなることはないようです。

中古で2倍のテレモアを購入してますが、解像度が悪くなるしピントがまともに合わないジャンク品のようで使い物にならなかったのが接写リングを使ってみたのが勿怪の幸いとなりました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO / 接写リングN.o2
flower_sakura_02032.jpg flower_sakura_02034.jpg flower_sakura_02033.jpg

テーマ:カメラ機材 - ジャンル:写真

何を撮影するにしてもレンズの選択が肝心 2016年11月07日 SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO コメント:0

どんなものでも撮影するのに何にするのか迷うのがレンズです。
こちらが現在所有してるのは以下の通り。
smc PENTAX-M 35mm F2.8
smc PENTAX-A 50mmF1.4
smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR
smc PENTAX-M 150mm F3.5
smc PENTAX-A 35-70mm F4 MACRO領域あり
smc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0 MACRO領域あり
SIGMA 24mm F1.8 DG MACRO
SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO領域あり
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO領域あり

このラインナップで花をとるのに一時 smc PENTAX-A 35-70mm F4 MACRO領域あり ばかり多用してました。
その理由は最短撮影距離が短いのでとにかく寄れてマクロレンズに劣るもののボケが大きいからでした。
ただし逆光だとフリンジが発生しやすいのと、開放値がF4なので寄らないとボケがうるさくなることがありました。
それなら開放値が2段明るい smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR にすれば円形絞りでボケがうるさくならずに済むだろうと思いますが、単焦点が故の画角というか構図を決めるのに自ら前後移動しなければならない不便さがあります。

ということでズームレンズ、それも望遠ズーム SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO領域あり の使用頻度が高くなってます。
1.5メートルの最短距離がマクロにすると0.9メートルまで縮むし望遠端にすればF8まで絞っても背景のボケがうるさくなるのはめったにないどころかかなりボケます。
さらにいいのはピントがドンピシャで手ブレしなければ、カミソリマクロに負けず劣らずの鮮明な画像にすることができます。
ズームとはいえ構図を決めるのに単焦点レンズのように多少前後移動したとしても、望遠端にすれば35mm換算で450mmの超望遠となるので多少うるさい背景でもそれほど気にならない。 
300mmなら寄りたくても寄れない被写体でもけっこう寄れるし、作画するのにさほど悩まないのがいいです。

下のホトトギスは生け垣がありレンズ先端から最短でも1メーターほどあり、smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WRだと倍率が下がるのに対し、SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO領域ありなら等倍以上で写せます。
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO領域ありの倍率は実際には1:2ですがパソコンで見ると等倍以上になるのは解像度とかの関係でしょうが、手持ちなのでブレてるのはご勘弁を・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
2016_11_0003.jpg

2016_11_0002.jpg 2016_11_0007.jpg 2016_11_0006.jpg 2016_11_0001.jpg        

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

キバナコスモスにヒョウモン蝶 2016年10月06日 SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO トラックバック:0コメント:2

キバナコスモスとヒョウモン蝶はどちらも黄色で背景は薄緑で好きな色合わせです。
いちばん好きな色は緑ですが緑といってもいろんな色合いがあるし、それが写真の背景となると単一色でないことが多い。
それがまたいい。
それもこれだけ大きくやわらかくボケるのはSIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROのおかげです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
butterfly_0004.jpg

テーマ:季節の花 - ジャンル:写真

 » »