思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

smc PENTAX-A 50mmF1.4の開放値で撮影すると・・・ 

smc PENTAX-A 50mmF1.4開放値で猫を撮影しました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
PENTAX K-5Ⅱsはモニター固定でチルトできずライブビューで猫の目に合わせても、カメラを中腰で膝を抱え込むようにして持ったままそっとシャッターを押しましたが、見事に外れてカリカリに合ってしまいました。
カリカリからレンズ先端までの距離は70センチぐらいでしたが、開放値F1.4の被写界深度はめちゃくちゃ浅くピントが合ってる範囲が10センチぐらいしかありません。
 

こちらも同じような恰好で撮影しましたが猫がじっとしてたので目に合わせたピントは外れませんでした。
それでも足のつま先がボケてるし背景はなおさらでなんだかわからないぐらいボケ、いかに被写界深度が浅いかというのがわかります。
yoshino_02213.jpg yoshino_02236.jpg  

PENTAX K-5Ⅱsにsmc PENTAX-A 50mmF1.4だと35mm版換算では75mmの中望遠になり、フィルム時代憧れてたNikon Ai-S NIKKOR 85mm F1.4に匹敵する写りではないでしょうか?
もっとも逆光での撮影は鏡筒内で乱反射を起こし、ゴーストとフレアだけでなくフリンジも結構発生します。
それでも夕暮れに1/320 1/640のシャッタースピードを稼げたし、夜間撮影にはもってこいです。
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

被写界深度でボケを活かす 

幹にかたまって咲いてる八重桜がリースのように見えるのをじょじょに近づいて行くとボケが比例して大きくなっていく。
それで被写界深度でボケを活かしながら撮影しました。
なんてことのない八重桜も最短撮影距離まで近づくと、背景が大きくボケて見映えがよくなったような気がするんですが~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
flower_sakura_02147.jpg flower_sakura_02149.jpg flower_sakura_02148.jpg     


昨夜テレビでジェリー藤尾さんが「遠くへ行きたい」を歌ってました。
若くて活きのいい時から年を重ね76歳となってる今、音程をはずしたりでレコーディングした当時とは比べようもない歌唱でした。
レコーディングはコマ切れをつないでいくので生で歌うのと違って上手く聞こえるのは当然です。
かといって昨夜の歌が下手だといわないのは味があるというのか、年を重ねてきた滋味深さを感じたというべきでしょうか・・・

中学時代写真部の後輩の家へ行きブザーを鳴らすとジェリー藤尾さんが出てきたのにびっくりし、何事かと思ったものですが、坂本九さんもいてホームパーティーをしてたようです。
後輩宅の向かい側には元巨人軍でキャッチャーをしてた藤尾さんが住んでて、こちらにはペギー葉山さんがいたり、少し離れたところにはハワイアンの大橋節夫さん宅があったりで芸能人がかなり住んでました。

ペギー葉山さんはつい先日鬼籍に入ってしまいましたが、ジェリー藤尾さんにはまだ現役で歌って欲しいし、慰問も頑張って欲しいものです。
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 1 | edit

ページトップへ↑

カタクリの撮影はぎっくり腰になりそう 

カタクリは地面すれすれに咲いてるのが多く、撮影するのに腹這いになってる人もいます。
猫を撮るにも腹這いになってるのを見たことありますが、そこまでするのはよほどの熱意があってこそでしょう。
ビニールシートを敷いてヒガンバナを腹這いで撮影したことありますが、カメラを持つ手が震えてブレまくりでした。

そんなことでバリアングルLUMIX DMC-FZ1000を購入しましたが、それでも中腰にならなければならず、カタクリの撮影はぎっくり腰になそうでした。
ぎっくり腰は癖になるし、完治させないと歩行困難になるので気をつけないと~~~

撮影機材 LUMIX DMC-FZ1000

テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

可愛く撮って 

猫が可愛く撮ってといわんばかりにカメラを見つめてくれたのをパシャリ。
ゴロニャンしまくりなのをフォーカスモードをAFCで狙っても、動きが不規則で激しいと追随できないことが多いので、ここぞとばかりにシャッターを押しました。
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROはマニュアルフォーカスでも合わせやすいし、ドンピシャのピントだとかなりシャープに写るのがいいです。
目だけでなく毛並みまで鮮明に写ってますからね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
cat_matsu_0027.jpg 


このところほぼ70キロだった体重がリバウンドし2キロほど太ってきたので食事はもっぱら野菜中心。
大根と油揚げを麺つゆで炒めたのにキュウリとワカメにマロニーの酢の物にキャベツの塩昆布和え。
本当は分厚いトンカツを食べたいんですけどね~~~
cooking.jpg  
テーマ: 猫撮りの撮影技法 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

夜の猫をライブビューで撮影 

K-5Ⅱssmc PENTAX-A 50mmF1.4で夜の猫をライブビューで撮影しました。
しかも手持ちでこれぐらいピントがきてれば上出来でしょう。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
yoshino_02206.jpg yoshino_02207.jpg yoshino_02208.jpg 

我が家の野良猫は餌を食べ終えてもすぐ去って行かず、じっとしててくれたおかげでブレなかったんでしょう。
8年ちかく餌を出してても懐かない猫ですが、それでもこちらの気持ちがわかるのかズームレンズから単焦点に付け替えてる間も待っててくれました。
おなかいっぱいになった由乃はサービス満点でレンズを見てくれキャッチライトがあたってました。
昨夜は幼馴染と飲んで帰宅してからの撮影でしたが、これだけ撮れれば満足です。   
テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

smc PENTAX-A 50mmF1.4のボケ味 

smc PENTAX-DA 50mmF1.8を一時使ってたことがありますが、少しでも逆光気味になるとゴーストとフレアが大量に発生するのに嫌気を感じてました。
smc PENTAX-A 50mmF1.4smc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0にしても同じような現象を起こしますが、下の画像を見るとやっぱりsmc PENTAX-A 50mmF1.4のボケ味は捨てがたいです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
flower_2016_05_0028.jpg flower_2016_05_0029.jpg flower_sakura_02038.jpg 

少し絞れば解像度が上がりますがAPS版だと75mmの中望遠になるので、フルサイズ機で標準レンズとして使うのがベストでしょう。
それでもこちらは貧乏人なので、あるもので工夫しながら撮るほかないですが・・・
flower_sakura_02039.jpg 2017_03_0008.jpg      

彼岸入りですが明日から三連休だし行楽を楽しんでくださいね~~~
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

ほむらたつ蝋梅 

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROで撮影した蝋梅ですが、右は背景が明るいためかなり絞り込んだのにフリンジが派手に発生しました。
左は背景が暗いのでフリンジは発生しませんでした。
どちらも点光源がほむら立つような感じで写ってました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 flower_ume_0270.jpg
テーマ: 季節の花 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROに接写リング2でカワヅザクラをクローズアップ 

SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROに接写リング2でカワヅザクラをクローズアップしました。
フルサイズ用のレンズなので実質APS版1.5倍の105-450mmになり、さらに接写リングで高倍率になってます。
接写リングは本来書類などをコピーするためのツールですが、昔から花の接写に使われてたし、それをSIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROにかましたらどうなるか去年スイレンで試してます。
マクロ領域の200mmをこえ50cmメーターから5メーターほどの撮影距離ならピントが合い、かなり倍率が上がったのを検証済みです。
それで3メーターほど離れてるカワヅザクラを撮影したら、実物の2倍から3倍ほどの大きさになりました。
手持ち撮影なのでブレるのを覚悟で何度も同じカットを撮りましたが解像度が極端に悪くなることはないようです。

中古で2倍のテレモアを購入してますが、解像度が悪くなるしピントがまともに合わないジャンク品のようで使い物にならなかったのが接写リングを使ってみたのが勿怪の幸いとなりました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO / 接写リングN.o2
flower_sakura_02032.jpg flower_sakura_02034.jpg flower_sakura_02033.jpg
テーマ: カメラ機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

正月でもカラフルな花 

正月でもカラフルな花が咲いてたのには驚きでした。
背景が適度にボケ主題が引き立ってる。
色にじみが多少あってもこれぐらいならいいし~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
2017_01_0005.jpg 2017_01_0004.jpg  

テーマ: 季節の花 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

目黒不動へ初詣 

元旦、富士山を見たあと目黒不動初詣に行きました。
一年の始まりに何か願ってる人やお年玉をもらった子供が射的のまえで真剣なまなざしをしてる。
子供も大人も屋台には目がないんでしょう。
門前町の鰻屋にしむらは正月返上で初詣客を迎えてました。

この日万能ズームを持ってましたが撮影したのはすべてsmc PENTAX-A 35-70mm F4だけで。
万能ズームなら広角から望遠まで幅広い画角を選べますが、smc PENTAX-A 35-70mm F4は35mm換算だと52-105mm相当で人混みの中では中望遠域になるので被写体から離れての撮影はけっこう手間どりました。
その結果万能ズームとさして変わらない写りでしたが、久しく使ってなかったsmc PENTAX-A 35-70mm F4の使用感を取り戻せたのがなによりでした。
というのは中旬ともなれば梅が蕾をほころばせるし、それにはやわらかな描写をするsmc PENTAX-A 35-70mm F4を多用するからです。
いちばん右のカンザクラの写りはいまひとつですが、近接撮影できるならレンズの持ち味を発揮しますからね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4
2017_01_0002.jpg 2017_01_0001.jpg child_0002.jpg 2017_01_0003.jpg flower_sakura_02029.jpg
テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑