思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

浅草羽子板市 

浅草羽子板市、昼と夜のどちらに行こうか迷いましたが夕暮れ時にしました。
夜のが風情があっていいだろうとの思いでしたが、人出が少なく閑散として寂しい感じでした。
羽子板は羽を突いて返すことから災いを跳ね返すに転じ、厄除け祈願とされたそうです。

そんななか撮り歩きましたが羽子板を買う人を見たのは一組だけで、それもカメラを向けたときは私と同じようにカメラを持った人たちが黒だかりになってて撮ることができませんでした。
そんなことで撮るといえばスカイツリーや五重塔を取り入れたのスナップばかりです。

PENTAX K-5ⅡsSIGMA 24mm 1.8 DG MACROの取り合わせは久しぶりですが、開放値F1.8は露天の灯りでもシャッタースピードを稼げ、開放値近くでは1/200という測光値も出ました。
これがズームだとよくて1/60とか1/30ですから、やはり単焦点の明るい開放値はいいと思わずにいられません。
ただ、露天の灯りでさえゴーストやフレアーが出るのが難ですけど、それでも夜のスナップ撮りには欠かせないレンズです。

先日smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WRを購入しそのコンパクトな筐体と軽量さに、ペンタックスのレンズを使いたくなってます。
12-24mm 20-40mm 43mm 50mm MACRO とか考えてますが、レンズ沼にはまって所有欲を満たしたところで撮る意識が低いとかセンスないと宝の持ち腐れになるし、それよりペンタのフルサイズの正式発表はいつなんだと思ってしまう。
フルサイズの発売がないなら、今すぐにでもレンズを買いたいんですけどね・・・

night_0013.jpg

night_0006.jpg night_0007.jpg night_0009.jpg night_0008.jpg night_0010.jpg night_0011.jpg night_0012.jpg night_0014.jpg
テーマ: 夜景・夕景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑

クロススクリーン効果 

SIGMA 24mm 1.8 DG MACRO逆光にあまり強くないのか、フレアーやゴーストが出やすいレンズです。
それでも木で太陽を遮るとハレ切り効果どころか、クロススクリーンフィルターのような効果を得られました。
大昔のことですがソフトフィルター代わりにストッキングをかぶせたり、uvに鼻の油を塗ってポートレート撮影したことがあります。
今回は怪我の功名というか、いい感じでクロススクリーン効果になりました。

tamagawa_fall_0019.jpg
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

光と影が織りなすカエデ 

光と影が織りなすカエデというと格好いいですが、迷った末のタイトルで・・・
都内の紅葉が見ごろを迎えてるというのに、以前多摩川台公園で撮影したのを記事にするために追われてます。
それでも先日は日比谷公園の紅葉を撮影して来ました。
雨のなかシャッター速度が遅くなりブレブレで、記事にできるのがあるのかどうか・・・
新宿御苑の下の池のカエデと温室前のイチョウを撮りに行きたいんですが、何かと雑事に追われて行けないのが辛いです。

tamagawa_fall_0020.jpg tamagawa_fall_0022.jpg tamagawa_fall_0021.jpg tamagawa_fall_0023.jpg
テーマ: 紅葉 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

透過光で撮影したカエデ 

透過光で撮影したカエデはどぎつかった赤が柔らかくなりました。
アンスリュームのようにてかってはいないものの、それでも光線状態では毒々しい赤でしたけどね~~~

tamagawa_fall_0018.jpg tamagawa_fall_0017.jpg
テーマ: 紅葉 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

トリミングの妙 

体力が衰え身近な花を撮影することが多くなってます。
たまに使うSIGMA 24mm 1.8 DG MACROは最大撮影倍率が等倍ではありません。
フードの先端近くまで近づいて花を撮影するとそれなりに大きく写りますが、それでも1/2.7倍です。
望遠マクロのようにとろけるようなボケとか玉ボケはなかなか撮れません。
APSサイズの24mmはフルサイズで36mm相当になり広角と標準レンズとの中間に位置する画角が中途半端なんですよね~
このレンズを購入した目的はスナップ撮りで、それも夕暮れとか夜でも開放値が明るいことに惹かれてでした。
それがいつの間にか、花の接写ばかりになってる状態です。

こうして見るといいなと思いますが、実はかなりトリミングしてます。
tamagawa_fall_0012.jpg tamagawa_fall_0014.jpg

こちらがトリミング前の画像です。
tamagawa_fall_0013.jpg tamagawa_fall_0015.jpg

写真を撮ったあとの画像をトリミングしてブログに掲載するのは日常茶飯事。
といってもカメラのフォーマット3:2の比率を替え上下をカットするぐらいです。
それでも予期せぬものが写りこんでるとトリミングしなければなりませんが、スナップがメインのこちらは若干切り詰める程度です。
それをこれほどまでトリミングすることはめったにありませんが、画角が広いためやむを得ずです。
というより、こういう表現があってもいいのではと思ってのことです。
いや、本音は望遠マクロが欲しくてたまらないんですが・・・
smc PENTAX-D FA マクロ 100mm F2.8 WRが欲しいんですけどね~

ところで、同じ額に違う色の花をつけてるこの花はなんというのでしょう?
教えていただければ幸いです。
tamagawa_fall_0016.jpg 
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑

SIGMA 24mm 1.8 DG MACRO  

 SIGMA 24mm 1.8 DG MACROは好きなレンズですが逆光シーンではゴーストとフレアーが派手に出ます。
ハレ切りするにも手が写りこむほどでないとゴーストとフレアーを防御できない。
付属の花形フードもかたなしです。

2枚の画像は新宿御苑下の池で昼頃に撮影しました。
陽がみじかくなりトップライトといっても高度が低く、それがかえってゴーストとフレアーの原因になりやすいんでしょうが、来月下旬は開園と同時に下の池の紅葉を撮影するし、そのときは斜光線ベストアングルを狙うつもりだし、これほど派手なゴーストやフレアーは出ないと思うんですが・・・

wood_0002.jpg wood_0005.jpg   
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

SIGMA 24mm 1.8 DG MACRO でバラのマクロ撮影 

SIGMA 24mm 1.8 DG MACROは私が唯一持ってる単焦点レンズです。
夕方のスナップや暗いところで猫撮りするために購入したんですが、めったに使うことがないのは万能ズームをつけたまま交換レンズを持ち歩くことがほとんどないからです。
それをあえてSIGMA 24mm 1.8 DG MACROだけを持ちバラのマクロ撮影をしました。

SIGMA 24mm 1.8 DG MACRO最短撮影距離は22センチですが、それはレンズ先端からでなく撮像素子からなのでバラにフードがぶつかりそうなぐらい寄れます。下手をするとフードの影が出てしまうぐらいです。
撮影倍率は1:5でマクロ専用レンズより小さく写りますが、寄れる分大きく撮ることができます。

また開放値がF1.8なのでボケが滑らかで綺麗なのがいい。
これは大口径単焦点レンズならこそで、万能ズームが逆立ちしても敵わない。
それをあえてF6.3まで絞って撮影したのは被写界深度を深くすることでなるべく多くのシベにピントを合わせたいからです。
それでもフォーカスポイントがメシベからずれてしまい、オシベばかりに合焦してるのが癪ですが、手持ちなのでしょうがないでしょう。
そのぶん後ろの花びらの脈というか筋がボケながらも出てて、単調な画像の雰囲気作りに一役買ってると思うんですが・・・

flower_fall_0042.jpg
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

日本橋コレド室町の アートアクアリウム  

今朝掲載した金魚は日本橋コレド室町の アートアクアリウムへ行った時のものです。
館内というか水槽自体なのか、照明の色が目まぐるしく変わります。
それでホワイトバランスの調整がうまくできません。
だからこそスチル撮影をしてもいいんでしょう。
が、動画撮影は禁止です。
連休に子供連れで涼感あふれるアートアクアリウムへ行くのも一考じゃないでしょうか~

animal_0003.jpg animal_0002.jpg animal_0001.jpg   
テーマ: 写真で心を癒しましょう♪ | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

スナップ撮りの醍醐味 

何か面白いというか、いい光景に出くわさないかと街中を歩きまわる。
これはいいと思ってカメラを向けても、時すでに晩しということがままあり、なかなかいいものを撮ることができない。
猫好きな私が猫に出くわしても動きが激しく、カメラを構えたときにはシャッターチャンスでなくなってることが多く、地団太踏む思いをしょっちゅうしてます。
相手が人となればいろんな制約があり、いいのを撮れてもブログに掲載できないこともある。

そういう状況で出合った、夕暮れに花が咲いたような4人の笑顔。
朝顔市でのスナップですが、一期一会をうまく切り撮れたと、こちらまでにっこりしてしまいました。

こういう醍醐味があるからこそスナップ撮りをやめられません。

ボディー                      PENTAX K-5Ⅱs
レンズ                       SIGMA 24mm 1.8 DG MACRO
測光モード               中央部重点測光
絞り         F3.5 -1/3補正
シャッタースピード  1/125

asagao_0013.jpg

今日の独り言
ベネッセの個人情報がジャストシステムに転売された。
その経緯は早晩つまびらかになるとして、名簿屋なる業者が存在すること自体がおかしい。

こちらがネットをはじめた当時ヤフーはプロバイダ事業に参加したばかりで、ホワイトパラソルをあちこちで開いて通行人を勧誘してた。
俗にいうパラソウル舞台であっという間に他社を凌駕したのはいいが、その後個人情報が漏洩し加入してたこちらに500円の商品券が届いた。
その後も東武鉄道が漏洩し、東武ワールドの入園券が届いたのを記憶してる。
それぞれ内部事情に詳しい者が、名簿業者に個人情報を売ったのだろう。
百人や千人でなく何十万何百万もの個人情報であれば、その見返りが大金となって入ってくるのだから、捕まるとわかっててもやってしまうんでしょう。

この名簿業者とは違うものの、電話帳はどうだろう?
そこには住所氏名が明記され、いろんなセールス業者が見ては電話をかけまくる。
それどころか、オレオレ詐欺に使われてる。
電話帳は個人情報を不特定多数の目にさらしてるのは明らかだ。

知り合いの電話番号を忘れたからといって、携帯電話が全盛のいま電話帳を調べてかける者などいるだろうか?
そういう観点からも個人宅の電話番号と住所氏名を明示してる電話帳など、百害あって一利なしに等しいと思うのだが・・・

電話帳から自宅のを削除するように昔依頼したことがありましたが、登録者である父が亡くなっていないこともあり手続きが面倒でほったらかしにしてました。
それでもひっきりなしにセールスの電話がかかってくるし、去年はオレオレ詐欺の輩からもかかってきた。
それでなんとかならないかと再度依頼すると、あっさり了解してくれました。

個人情報が予期せぬところで悪用されることがあるので、皆さんお気をつけください。
テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

夕暮れの朝顔 

朝顔というのは朝花を開き、夕方にはしぼんでるものと思ってましたが・・・

裸電球のきらめきと朝顔の取り合わせはなんとも妙ですが、夕暮れの雰囲気を表現したかったので・・・
というより、開放値の明るいSIGMA 24mm 1.8 DG MACROで撮ってみたかっただけです。 
 
絞りF5.6 -1/3補正
シャッタースピード  1/40

asagao_0011.jpg
今日の独り言
台風8号が去り、朝からもわっとしてたのが昼には34度を超え各地で猛暑となった。
エアコンをつけずにいられない暑さだ。
梅雨明け宣言は出されてないものの、東京はむこう一週間雨マークがなく、今日が実質梅雨明けになるだろう。
梅雨明けはいいが、高温が続き野菜がまた高騰するに違いない。
昨日秘密のケンミンSHOWを見てたらさすらいの女子アナ編が岐阜県で飛騨牛やほう葉味噌だけでなく、漬物ステーキを紹介してた。
塩漬けした白菜を卵とじにするだけの家庭料理で、これが好きでよく作るが、とにかく白菜が高くて高くて・・・
1/4カットが150円前後するのに、肝心な芯はわずかでほとんどが葉っぱ。
レタスやキャベツはもちろん、とにかく葉物野菜がめちゃくちゃ高い。
それなのに梅雨が早く明けてしまえばますます高くなって、庶民の味の漬物ステーキが高級料理になってしまう。

昨夜の台風はそれほどひどくもなかったせいか、由乃はずっと車の下にいたようだ。
気まぐれなエサやりのところへ行ったかどうか知らないが、10時半と2時前、そして5時半に呼ぶとよく食べた。
テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑