思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

二線ボケ? 

うしろのオシロイバナは二線ボケなのか?
揺れたのがそう見えるのか?
風が強い日だったのでかなりシャッター速度を早めにしたので、うしろの花だけが揺れたとは思えないんですが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO



広島平和記念公園がかつては4400人が住む町だったとは・・・
1945年8月6日はアメリカ軍が広島に原爆を投下した日です。

広島市の平和公園は、かつて4400人が暮らし多くの民家がひしめき合う中島地区と呼ばれた町だった。ここにあった旅館をルーツに持つ被爆2世の吉川晃司さんが、失われた町の記憶を求め平和公園のいまと過去をたどる。当時の住民が語る町の姿とは?発掘調査で露わになった黒い地層、出土した生活遺品は我々に何を訴えるのか?そこから見えてくる原爆の破壊とは?原爆で一瞬にして町と人々の声が失われた事実を今、改めて訴える。

枠線内の文章はhttps://tv.yahoo.co.jp/program/32950549/より引用
昨夜のNNNドキュメントで吉川晃司さんが出演し中島地区についてレポートしたようです。
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC でマクロ撮影 

鬼百合のシベSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DCマクロ撮影しました。
最短撮影距離が35センチですが撮像素子からの距離なのでフードがぶつかりそうなぐらいシベに接近できました。
その結果ボケも大きくやわらかに。
SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO簡易マクロといえども馬鹿にできないと、再認識した次第です。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

正月でもカラフルな花 

正月でもカラフルな花が咲いてたのには驚きでした。
背景が適度にボケ主題が引き立ってる。
色にじみが多少あってもこれぐらいならいいし~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
2017_01_0005.jpg 2017_01_0004.jpg  

テーマ: 季節の花 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

簡易マクロでも侮れないボケ 

今年初めて撮影したキクとサザンカ。
SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROはともに簡易マクロとはいえ撮影の仕方次第でけっこうボケてくれるのが気に入ってます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
2016_11_0011.jpg 2016_11_0012.jpg  
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

これからデジイチデビューしたい方にお勧めのレンズ 

私が3年前ニコンからペンタックスに買い替えたとき購入したレンズはSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DCです。
純正のペンタックスsmc PENTAX-DA 18-270mmF3.5-6.3ED SDMは価格が高かったせいもありますが、今思えば撮影最短距離がシグマのが短く花のマクロ撮影もでき正解だと思ってます。

これからデジイチデビューしたい方にお勧めのレンズというタイトルにしたのは、そんな花のマクロ撮影からスナップに風景まで撮れる万能ズームは旅先の1本として最適だからです。
とはいえ万能ズームの宿命として建物などを撮ると歪みが生じるし、開放値が暗いので夜間での手持ち撮影は厳しいです。
それが気にならないなら期待を裏切らないレンズだと思います。

そんなSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DCで撮影した花の数々です。
これからいろんな花が目を楽しませてくれるし色づくカエデもこの1本で撮れます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC
2016_09_0034.jpg 2016_09_0035.jpg 2016_09_0036.jpg 2016_09_0040.jpg 2016_09_0041.jpg 2016_09_0039.jpg 2016_09_0038.jpg 2016_09_0037.jpg         
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROで撮影した花 

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROで撮影した花のあれこれです。
二線ボケやボケに色にじみがあったりうるさかったりそれなりに欠点はありますが、万能ズームとして手放せないレンズとなってるのは最短撮影距離が短く手軽にマクロ撮影ができるからです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC
18_250mm_0008.jpg 18_250mm_0009.jpg 18_250mm_0011.jpg 18_250mm_0010.jpg    

テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

侮れない万能ズームSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO 

SIGMAがPENTAXむけに発売するレンズが減少してるのはPENTAXが純正レンズを購入させるためなのか?
SIGMAのラインナップを見るとNIKONとCANONや4/3用はあってもPENTAXのKマウントは発売してない。
TOKINAはとっくにだしTAMRONにしてもPENTAX用のマウントから撤退しつつある。
PENTAXはHOYAやRICHOと合併し経営合理化を進め利益を上げなければならないのはわからないではないが、純正のレンズだけで満足してるユーザーはいるのか気になる。
それは純正レンズが悪いのではなく、むしろいいレンズが多いとしても、ユーザーが欲しいと思わせる開放値及び焦点距離のレンズがSIGMAに比べると少ないし、おいそれと手を出せる価格設定でないのが多すぎる。
特にズームレンズにおいてSIGMAは純正のPENTAXを凌駕するコストパフォーマンスを誇ってる。
それは開放値が明るいだけでなく最短撮影距離においてもです。

その比較として挙げるのは絞り値はまったく同じですが撮影最短距離で
SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROは25センチに対し
SMC PENTAX-DA 18-270mmF3.5-6.3ED SDMは49センチ。
マクロを搭載してないPENTAXはSIGMAの倍近く長い。
万能ズームは高倍率だけでなく花にマクロといえどもなければ花のアップを撮れず、そういう意味でいえばSMC PENTAX-DA 18-270mmF3.5-6.3ED SDMは万能ズームとしては片手落ちと思えてなりません。
マクロでなくともせめて最短撮影距離が35センチなら、ペンタ党としてはSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROでなく純正のSMC PENTAX-DA 18-270mmF3.5-6.3ED SDMを選ぶかもしれないのに・・・
こうしたことを書きながら、SMC PENTAX-DA 18-270mmF3.5-6.3ED SDMを持ってないのはまさに片手落ちの記事で心が痛い。
といより、SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROは歪みやオートフォーカスで迷ったりとかボケが少々うるさい傾向があるにせよ、撮り方しだいでは簡易マクロとは思えない写りをします。
ペンタックスはいいボディーを発売してるし、そのボディーをより多く売るためにはレンズのラインナップをもっともっと充実させてほしいし、でなければシグマなどのレンズメーカーに発売してもらえるようにというかパテント問題など許容緩和して欲しいものです。

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROについて過去には批判めいたことも書いてきましたが、3年ちかく使ってるとコストパフォーマンスの良さだけでなく、レンズ自体かなりいいものだと実感してるところです。
2度も落とし写り自体なんら問題ありませんが、後発の18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO HSMに買い替えたいのは望遠側が50mm伸びてるからだし性能がいいとの評判だからです。
ま、それでも買えないので当分は使いますけどね~~~
そんなSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROで撮影した季節の草花です。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
18_250mm_0005.jpg 18_250mm_0001.jpg 18_250mm_0002.jpg 18_250mm_0003.jpg 18_250mm_0004.jpg 18_250mm_0006.jpg 18_250mm_0007.jpg

台風10号は北海道新得町でとんでもない交通事故を起こしてました。
崩落した橋に気づかず車3台が川に転落したのです。
詳細はこちら

農作物被害が甚大なところへ持ってきて岩手県岩泉町でも死者が出てるし、地球温暖化による異常気象はいたるところで被害を起こす傾向が増大してます。
ハザードマップの作製を国と自治体が至急徹底して周知するべきでしょう。
台風とは違い人的な被害を起こしかねない築地市場の豊洲移転は白紙に戻すべきだと思うんですが・・・
テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

被写界深度の妙 

斜面を埋め尽くしてるのは松葉菊だろうか?
これをパンフォーカスにして撮ったとしてもうるさくなるので、狙ったところだけ浮き立たせるようにしました。
ピントを合わせるところにできるだけ近づいて絞りを開放近くにしただけですが、被写界深度の妙でモチーフいがい見事にボケました。
といっても万能ズームなのでボケがあまり綺麗ではありませんが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_2016_07_0007.jpg
テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

涼しげに泳ぐ金魚や鯉 

関東地方が昨日梅雨明けしました。
と同時にいっきに暑くなってきました。
ということで暑さに負けないよう、暑中お見舞い申し上げます。

最後に海で泳いだのが40年ほどまえだしプールにしても15年ぐらいたってる。
小学生のころから泳ぐと中耳炎や内耳炎になり、今では両耳の鼓膜が破けて難聴。
バブル最盛期は仕事が忙しく医者に行く暇もなく、ほったらかしておいた罰が当たってしまった。
それだけにこの暑い時期、涼しげに泳いでる金魚や鯉を見ると無性に泳ぎたくなります。
和金とか流金に、右端は冬に撮影してて季節外れですがボラの群れか?

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
fish_0005.jpg fish_0006.jpg fish_0007.jpg fish_0008.jpg   
テーマ: 四季−夏− | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

ピントばっちり 

手持ちでズームを目いっぱい繰り出しての撮影で、これだけピントばっちりは珍しい。
しかも背景のボケがマクロレンズで撮ったような感じ。
といっても道路ですが~
花の名前がわからないのが何とも・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
2015_11_flower_0001.jpg
テーマ: 花・植物 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑