思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

猫の目と人を見る目 

たまに地域猫を撮りに行く近くに飼い猫がいるのを知ってたので寄ると家人がいました。
猫もいたので撮らせてもらいましたが、警戒して階段のてっぺんへ逃げて行くにも拘わらず気になるのかこちらを見てました。
そんな猫の目は警戒するとともに、誰?知ってる人とでも飼い主に聞いてるような感じでした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
cat_house_0041.jpg  


檀一雄の小説「花筐」を映画化するにあたり大林宣彦さんが監督がしました。

◆来夏公開満島、常盤さんら出演
 「尾道三部作」などの映画で知られる大林宣彦監督が唐津を舞台に撮影する映画「花筐(はなかたみ)」の制作記者発表会が22日、唐津市であり、主要キャストの満島真之介さんら出演者や概要が紹介された。戦前の若者たちの物語で、8月25日にクランクインし、虹の松原、西の浜、旧高取邸など市内約40カ所で撮影、来夏の公開を予定している。

 原作は檀一雄の純文学小説で、戦前の少年少女が織りなす青春群像劇を描いた1937年の作品。小説の舞台は架空の場所だが、生前に檀は「唐津をイメージした」と語り、大林監督は40年前に自身のデビュー作として脚本まで作り温めていた。

 大林監督は「未来を戦争に奉仕させられる子どもたちが、どのように表現の自由や平和を祈っていたかという切実な願いが、40年たった今、この日本でひしひしと感じられる。まさに今こそ、作られる映画」と語った。新たな設定として「唐津くんちの凛とした気風、魂が物語全体を後ろから支えている」と明かした。

 主要キャストは満島真之介さんのほか、窪塚俊介、長塚圭史、柄本時生、矢作穂香、山崎紘菜、門脇麦、常盤貴子の各氏が名を連ねる。このほかに、村田雄浩、武田鉄也、小野ゆり子、品川徹、池畑慎之介、片岡鶴太郎、入江若葉、南原清隆、高嶋政宏、白石加代子が脇を固め、地元出身の大川竜之助、原雄次郎の各氏も出演する。

 会見で満島さんは「脚本を読み、自分がどう生きてきたかを考えさせられた。久々にとても美しいものに出合った感じがする。演じる上で、唐津が後押ししてくれると思う」と抱負を語った。

以上引用元は佐賀新聞です。
映画花筐についての詳細はこちら

昨年公開されたアニメ映画「この世界の片隅に」はのんちゃんが声の出演をして話題になりましたが、いつの時代でも戦争は国民を不幸にするだけ。
戦争は思想や宗教観の違いが大きな原因となることが多いですが、それだけでなく自分が一番偉いんだと誇示したい愚か者が権力者となればいつ戦争を始めるか痴れたものでない。
そういう輩を諫めたところで聞く耳を持たないし、逆らえば貶めるのは安倍内閣と前川文部省前事務次官を引き合いに出すまでもない。
安倍晋三は国民を幸福にするどころか不幸にしようとしてる節が多い。
そう思うのは自分だけだろうか?
親子三代にわたって総理大臣になり、しかも第三次政権を握ってるどころか第四次まで継続しようとしてる。
こんなことをネットで発信すれば「共謀罪法案」が成立し立法されれば特高警察化した連中にしょっ引かれるに違いない。
それだけに自分の周りに注意してないと酷い目に遭わされることもあり得るし、人を見る目を凝らさなければ…

こうしてタイピングしてると、階段の上の猫が飼い主にこちらのことを誰か知ってる人といった感じと書いたものの、なにも悪いことしてないのにどうして警察に捕まらなければならないのかと嘆いてる自分ではと思ってしまう。
共謀罪ならず狂暴罪を立法化し気に食わない者を逮捕するのはまさに独裁者そのもの。
そんな安倍晋三は為政者とは真逆の人間にしか思えない。
こういう人間こそ「この世界の片隅に」や「花筐」を見るべきでしょう。

高望みなどしてないし日々安穏な暮らしをしたいだけなのに、それが米百俵の精神といって規制緩和し新自由主義を推し進めた小泉政権以降叶わなくなってる。
自分に都合のいい者が善人で、都合が悪いのは悪人。
そんな連中が多くなって、昔の日本人とは雲泥の感が強い。
憂鬱な日々を送ってる今、自宅周囲に棲みついてる野良猫由乃とカメラだけがよりどころになってる。
そんなことで末期癌の大林亘彦さんが監督した「花筐」を必ずや見ようと思ってる。
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

猫バンバンしなくていいからね 

3月3日はひな祭りですが、すでに雛人形は撮影してたので下町へのんびりと猫撮りに行きました。
春にはまだという感じでも日中は暖かく、寒ければ日射しで暖まった車にいる猫も壁の上にいました。
日産がそんな猫の特性に注意を払うよう猫バンバンのコマーシャルを放映しましたが、葉桜となった東京は夏を思わせるように暑くなってるし、猫バンバンしなくていい季節になってきました。
といっても朝夕はひんやりした車の上だけでなく下とかにいるし、やはり猫バンバンはしたほうのがいいかも(=^・^=)

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

農家の猫 

1年ぶりに訪ねた農家ですが、猫の姿が見えない。
家人がいたので猫を撮りに来たというと呼んでくれました。

あちこちから集まって来るのを撮りきれず、尻尾をぴ~んと立てた白猫にしぼりました。
昔は30匹以上いたこともあったようですが、じょじょに減って今は5匹とか・・・
去年は確か7匹いたはずで、姿が見えない人懐こい猫のことを聞くと残念なことに亡くなったと・・・
白猫たちは初めて見たのに警戒することなく撮影させてくれました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
cat_ogawa_0007_201704171655217f6.jpg cat_ogawa_0008_20170417165523405.jpg cat_ogawa_0009_201704171655237b4.jpg cat_ogawa_0010_201704171655284b0.jpg cat_ogawa_0011.jpg cat_ogawa_0012.jpg cat_ogawa_0013.jpg cat_ogawa_0014.jpg        
テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

仁義をきる黒猫 

おひかえなすっておひかえなすって!
さっそくのおひかえ有難うござんす。
手前、生国は下町。
下町といっても広うござんすが、江戸七不動は目黒不動のお膝元でござんす。
ご覧のように毛並みがいいのは人情厚き者に飼われたお陰でして、お兄ぃさんが以前シーバをくれたことは忘れもしません。

とでも言って仁義をきってるような黒猫。
4年ほど前仕事先で見つけた黒猫なんですが人懐こくて、毎日のように行くと撫でさせてくれたものです。
兄弟なのか仔猫なのか、かたわれも元気だったしこちらの足元に寄って来ました。
飼い猫なのか首輪がついてるのに外にいるのが解せませんが、そういう猫はこれまでに何匹も見てるし、猫にすれば室内飼いされるより外に出てる方が楽しいんでしょうが、車にはくれぐれも気を付けて欲しいものです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC / LUMIX DMC TZ5
cat_house_0032.jpg

cat_house_0033.jpg cat_house_0034.jpg cat_house_0035.jpg cat_house_0036.jpg cat_house_0037.jpg 

cat_house_0038.jpg cat_house_0039.jpg
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

仕事の合間に猫を撮影 

仕事の合間に猫を撮影するほど、一時猫に憑りつかれてました。
というのも行く先々の現場でよく猫がいたからです。
デジイチを購入したばかりでなにを撮るのも楽しかったですが、さすがに現場に持ち込むのはひかえコンデジで休憩時間にささっとです。

この猫たちを撮影した年の正月諏訪湖畔の源泉の宿緑水で温泉三昧してました。
いまでは上諏訪温泉しんゆとしてリニューアルしてるらしく行ってないのでよくわかりませんが、緑水時代はとにかく料理の品数が多く、食事の進捗具合で出してくれるので温かいものは温かく冷たいものは冷たいまま食べられました。
それでも15品ほど出されるのを食べ切るのは大食漢の自分でもやっとという感じでした。
また上諏訪駅のそばにレストラン割烹いずみ屋、といっても居酒屋のような感じで、八ヶ岳登山の帰りは茅野駅前のおろし蕎麦が美味しいよもぎ庵白鳥かこちらのいずみ屋さんで食事をするのがそして当時上諏訪駅ホームにあった日帰り温泉で汗を流すのが下山後の何よりの楽しみでした。
そんなことでいずみ屋さんへ行ったんですが、そのまえに諏訪プラザで暇つぶしのために新田次郎原作劔岳点の記を購入。
宿で夕食後テレビを見るのもいいですが、旅に出ると本を読みたくなるのが常。

現場最終日は昼で終わり、正月読んだ劔岳点の記が上映されてる映画館へ直行。
現場は築50年ほどの古いアパートで屋根がトタンだし40度以上になってただろうか?
下着が汗でだくだくになったのも着替えて映画館に入ればエアコンが効いてるし、雪山の剣岳に寒ささえ感じてた。

仕事先の猫から旅先でのこと、そして好きだった山のことが入り乱れた脈絡で思い出されてきたのは、10時過ぎ寝たら3時間で起きてしまい寝つけなかったからだろうか?
4時過ぎになんとか寝ることができ9時に起きるといつもいるところにいるはずの我が家の野良猫がいない。
よく見れば昼寝するところにいて、餌を持って行くと怒ることなく食べた。
多少なりとも気を許してる今、以前のように定時に餌を出さないと怒るのが常だった由乃は心が丸くなったのかも知れない。
ベーコンでなくハムのアメリカンクラブサンドを作ってると山梨の姪が送ってくれた巨砲とロザリオビアンコに陽峰の詰め合わせが届いた。
巨砲は時期的に少し早いせいか糖度が少し低いものの濃厚な味わい。
11月半ばともなれば葡萄の葉が紅葉し見事な光景になる。
秋の小旅行をそんな山梨にしようかあれこれ考えてます。
というより、姪がいっそのこと山梨に引っ越してこないかといってくれてますが・・・

撮影機材 LUMIX TZ-5
cat_town_0002.jpg cat_town_0003.jpg cat_town_0004.jpg 

gourmet_0022.jpg   
テーマ: *写真で残す日常* | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

白昼の黒猫 

白昼の黒猫は首輪がついてて野良猫ではないのに街中を歩きまわる。
いや、元野良猫だったのか?
家のなかより外のがいいという猫なんでしょう。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
cat_ke_ta_0003.jpg 

テーマ: 猫写真 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

怖い顔の猫がゴロニャン 

怖い顔の猫が近づいて来たと思ったらいきなりゴロニャン
どんどん近づいて来るのをズームをワイド側にしながら親指シフトでピントが狂わないように注意してただけに、このフェイントにはいっきに気抜けしてしまいました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
cat_hakusan_0002.jpg cat_hakusan_0003.jpg
テーマ: 猫写真 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

挨拶する猫2匹 

挨拶する猫2匹は人ならキスしてるように見え微笑ましい。
ところが、この後すぐ右のが猫パンチをくらわし喧嘩モードに。
気まぐれな猫の行動は不可解なことが多いですから・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
cat_hakusan_0001.jpg
テーマ: 猫写真 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑

ツンデレそのものの猫 

強面の縞ミケですが・・・
cat_house_0024.jpg 

それがいきなりゴロニャン
cat_house_0025.jpg cat_house_0027.jpg cat_house_0026.jpg  

手を舐め始めたのはそんな自分が恥ずかしくなったからなのか?
cat_house_0028.jpg 

見てたんでしょう?
cat_house_0029.jpg 

恥ずかしくなって自転車を隠れ蓑にしたのも束の間でこちらに近づいて来た縞ミケ。
この猫と初めて会ってから6年ぐらいたつのか?
強面に似合わず意外と人懐こく足元でまったりする。
それを撮れなかったのはsmc PENTAX-A 50mmF1.4の最短距離が長すぎて、あまりにもそばに来すぎてピントを合わせられなかったからです。
cat_house_0030.jpg 

猫はツンデレとよくいいますが、まさにツンデレそのものの猫です。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

猫日和 

猫日和をウェブで検索するといろんなのがヒットしますが、辞書だと該当事項はありません。
ということは正式な熟語ではないんでしょう。
そこで日和を検索すると、天気がいいとか晴れてるとか、なにかをするのにちょうどよいことと表示されます。
それらのなかで猫にとって”なにかをするのにちょうどい”といえば寝ることでしょう。

猫は寝ることが仕事のようなものですが、5月ともなれば陽射しはかなりきつくなるし先日は東京でも真夏日になり、猫がいくら暑さに強いとはいえおちおち寝ていられないでしょう。
それがこの猫を撮影した日は薄曇りで、暑くもなく寒くもなく寝るにはもってこいで、まさに猫日和でした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / 中間リングN.O2
cat_house_0005_201605282258337d5.jpg cat_house_0006_20160528225834a2c.jpg cat_house_0007_20160528225930dea.jpg 

私が初めて猫を撮影したのがこの茶猫でした。
そしてデジカメなる物を初めて手にしたのはオリンパスのCAMEDIA C-730 Ultra Zoomで、カシオが1995年にコンパクトデジタルカメラを一般向けに市販したのに遅れること10年ほどたってでした。
それだけにCAMEDIA C-730 Ultra Zoomは10倍ズームに動画撮影もでき至れり尽くせりの機能満載でしたが、今と比べれば月とスッポンの如しです。

この当時すでに山へ行くことはなかったし、旅行したくても母が末期癌で闘病生活してるさなかそうもいかないなか、久しぶりにカメラでも始めようとなにかと持ち出しては撮ってました。
そんなある日、秋の釣瓶落としの夕暮れ間近、公園へ行くと茶猫が水道台の上で寝てました。
首輪をしてる猫がどうしてこんなところにいるのかと怪訝な思いで見てましたが、猫に興味なかったので猫の習性などまったく知らない。
今から思えば水道台は陽射しで暖められて、猫にすれば居心地がよかったんでしょう。
何度もシャッターを押すとさすがに起きてしまいました。
それでも逃げないし鷹揚な感じでした。

cat_house_0009_201605282259335ef.jpg cat_house_0008_2016052822593312e.jpg    

その後この公園のそばを通るたびに茶猫はいないか見てまわってるし、一度飼い主の方に何歳か聞いたら10何歳かといってたのを失念してしまいました。
その茶猫は何度も私を見てるせいか、先日撮影してると塀の上で寝てたのが起きて鳴きながらこちらの間近に寄って来ました。
そして塀から下りるとひとしきりゴロニャンし去って行きました。

初めてこの猫を撮影してから7年半が過ぎ、赤かった首輪が色あせて年月の経つ速さはまさに光陰矢の如し。
カシオのコンデジが発売されてから20年。
フィルムカメラは衰退の一途をたどり世界的なメーカーだったコダックは倒産するものの、フジフィルムは化粧品などの異業種参入で見事な転換を果たしてる。
それも乳化剤をベースとしたフィルム産業だからこそ達成できたんでしょうが、それだけにとどまらずカメラメーカーとして脚光を浴びてるのはフィルムの良さを熟知しそれをカメラとレンズに活かしてるからでしょう。

地球がどうなろうと時は休むことなく進む。
時空がどんなものか知りませんが、今地球上で起きてることなど宇宙からすれば塵にも満たないでしょう。
そんななか本日でちょうど63年間生きてきたことになりますが、それこそ塵の爪の垢にもならない人生。
いろんなことをしてきて顧みれば、自己嫌悪に陥ることばかり。
できることなら生まれ変わりたいと思う半面、これこそが自分だとも・・・
そんな自分でまた生きてくし、あちこち体にガタがきてるとはいえ三浦雄一郎さんなど80歳でエベレスト登頂を果たしてるし、63歳など洟垂れ小僧で山登りは無理だと諦めず、体調を整えまた山の頂に立ちたいと思ってます。

shirane_004.jpg 

このところ睡眠障害がひどく2時間ぐらいで起きてたのが、ようやく5時間とか6時間寝られるようになりました。
といってもほぼ2時間おきに目が覚めてますが・・・
それで今朝は5時過ぎに起き少ししてから散歩。
昨夜来の雨がやんでも、アジサイがしっとり。
flower_ajisai_0015.jpg 

散歩から帰れば塒から出てた由乃が目ざとくこちらを見つけ、餌の小父さんだとばかりに相好を崩して駈け寄って来る。
自転車のタイヤにひとしきり顔をこすりつけるのは、あまえるというより、早く餌を出せと催促してるようで・・・
50歳のとき胆嚢癌になり家族にもいえずどうしたものかと思い悩んだ末手術しました。
その後転移はないようですが胃に特殊な腫瘍ができたり、1か月ほどまえは切除した胆嚢のあたりがずっと鈍痛に見舞われたり・・・
一度は捨てた命と思いながら、こんな由乃をよすがに生きていこうと思ってます。
yoshino_0176.jpg yoshino_0177.jpg
テーマ: 何気ない日常の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑