FC2ブログ

秩父のシンボル武甲山

武甲山はセメント採掘で山肌が削られ荒々しいばかりで、下の屋根瓦が優美に見える。
chichibu_0002_20180817165758b6c.jpg 

昨夜は肌寒くあんかけ焼きそばを作って食べましたが、今夜は昨日よりまだ寒くなりそうなのでラーメンにしようかと思ってます。

多摩川台公園から南アルプスが見えました

三年前まで12月から2月の間、多摩川浅間神社から富士山や奥秩父奥多摩がよく見えるのを撮影してました。
冷え込んで大気が澄んでるときは滝子山の左に南アルプス農鳥岳なども見えびっくりしたものですが、年をとるにつれ寒いのが嫌になり行かなくなってます。
それが昨日桜の開花状況を確認しに行くと、富士山は雲に隠れてましたが農鳥岳が見えてました。
彼岸に降った雪のせいで奥秩父奥多摩の一部にも雪が積もってました。
山はまだ冬でも、都会ではすっかり花見に浮かれてるようですが~~~

 mount_0002_2018032320064362f.jpg 

ヤマボウシで思い出すのは八海山

サクラが終わりハナミズキも花を落とすと、替わってヤマボウシが花を咲かせる。
3年ほど前までヤマボウシをハナミズキと勘違いしてたのは花が似てるからでした。
それにしてもヤマボウシとは変わった名前ですぐに覚えたのは、かつて越後の名峰八海山に登るのに前泊したのがペンションやまぼうしというところだったからです。
ペンション名やまぼうしは八海山山麓にあるのでなるほどというか、洒落た名前だと感じたものです。

翌日八海山へ登り山小屋で泊まると、とれたての新米魚沼産コシヒカリをお代わりをしていいというので何杯も食べてしまいました。山小屋といっても最近はフランス料理など観光ホテル並みのところがあれば、いつ行ってもカレーライスばかりというところもありますが、八海山の千本檜小屋の食事は質素ですが味噌汁も漬物も美味しく、いかにも山小屋らしい。

ヤマボウシの花に八海山を思い出したのは泊ったペンションの名前がやまぼうしだったからですが、もう20年以上も前のことだし山に登れなくなってて懐かしむばかりです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


撮影機材 NIKON F601 / Nikkor ED 70-300mm F4-5.6D
mount_0046.jpg mount_0047.jpg mount_0048.jpg    

上はリバーサルフィルムをスキャンしたものです。

富士フィルムHDがニコンを買収!?  がんばれニコン!!! 

上記のリンク先の記事に興味があり読んでいくと、フジフィルムが東芝メディカルを買収するのにキャノンに負けた遺恨ともとられかねない内容ですが、出典の大元は月間誌「選択」でありそのすべてを引用してるわけでないので詳細がわかりません。
ただ、キャノンの社長だった御手洗冨士夫が経団連会長になると消費税は上げるべきだが法人税は下げろと要求し、安倍内閣はそれを実践し庶民にどれだけしわ寄せをしたか!
そんな御手洗富士夫がいまだにキャノンの会長では、フジフィルムとしてはなんとしてでもニコンを救いたくなるのは人情でしょう。
その行く末はどうなるかわかりませんが、「ニコン神話」なる言葉まで誕生させたニコンがこのまま滅んで中国や台湾などの企業に買収されるのはあまりのも悲しすぎる。
ライカやカール・ツァイスなど古い製品がいまだに重宝され流通してるのは製品自体のよさもさることながら、その高貴なブランドを所持したい物欲主義があるのかも知れません。
ニコン神話は頑丈で長持ちということでしょうが、半世紀前数多あった国内カメラメーカーでニコンだけは値引きをしなかったというかしても5パーセント。
それだけ強気な商売をしてたのが、スマホの台頭でカメラで写真を撮るという人口がめっきり減り、フィルムカメラ同様デジタル一眼の売り上げ各メーカーともに売り上げが激減してるため過当競争に巻き込まれてる。
コニカはカメラだけでなくフィルムメーカーとして赤外線フィルムを販売してたものの、業績不振でミノルタと合併するもそれも揮わずソニーが吸収。
旭日ペンタックスも然りで行く先にいろんな憶測が飛び交ってるようで、デジタルカメラもいずれはアナログカメラ同様過去の遺物になる恐れが・・・
スマホは確かに便利ですが、そのためにカメラメーカーが衰退していくのはどうかと思ってしまいます。

八海山を撮影したのもそうですが、4年ほど前ペンタックスに替えるまで、二十歳ごろからニコン一辺倒でした。
それだけにニコンの凋落は寂しい限りだし、労働者の敵ともいえる御手洗富士夫のキャノンなんかに負けないで欲しいものです。

都内から富士山と南アルプスの遠望

元旦は穏やかな日和でヘイズが邪魔して見えないと思ってましたが、都内から富士山南アルプスの遠望できました。
気温は少々高めでもお正月で車の通行量が少なく排ガスがあまりなかったためでしょう。
140キロも離れてる農鳥岳と塩見岳が見えるのは冬ならではこそです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
mount_0043.jpg mount_0044.jpg 

このあと初詣へ行きましたが、その帰りにカワセミを見つけました。
250mmではかなり小さいですが、撮れただけでもいいかと~~~
bird_kawasemi_0001.jpg 

高尾山へ紅葉ハイキング

高尾山紅葉ハイキングとして選んだルートは6号路びわ滝コースです。

高尾山口駅に着いたのが8時半ごろですが、日陰に入ると暗くて寒い。
駅からケーブルカー乗り場を見やって川沿いに少し行くと左に分岐する道があり、そこから登山道になってるのをほどなく行くとびわ滝が見えてきます。
takaosan_0001.jpg takaosan_0002.jpg takaosan_0003.jpg

高尾山へ行くとき上りは稲荷山コースを利用するのが多いんですが、紅葉狩りのシーズンなので沢沿いのコースを選びました。
初めての6号路は稲荷山コースの尾根道と違い暗くて人が少ないし、高尾山といえどもけっこう馬鹿にならない。
というのも大木の根張りや石ころに階段の段差がきつく、稲荷山コースのように樋状になってないからです。
それに九十九折とまでいかないまでもそれに近い感じの急勾配もあります。
takaosan_0004.jpg

そんな道をしばらく行くと樹間から奥多摩の大岳山や都心方面が見え始め、頂上が近いことを思わせます。
takaosan_0005.jpg takaosan_0006.jpg takaosan_0009.jpg 

水平道が続きちらほら色づいたカエデが見えるものの頂上はまだまだですが、休憩にはもってこいの広場に到着。
takaosan_0011.jpg  takaosan_0007.jpg takaosan_0008.jpg takaosan_0010.jpg

ベンチで一休みして30分ほど行くといよいよ頂上直下。
ここの紅葉が綺麗でした。
takaosan_0012.jpg takaosan_0013.jpg  

そして頂上に着けば富士山が綺麗に見えました。
都心方面はヘイズで高層ビルがかすんでます。
takaosan_0014.jpg takaosan_0015.jpg takaosan_0016.jpg takaosan_0017.jpg    

休憩なしの標準所要時間1時間半のところを、撮影したり小休止しても2時間で登れまだまだ登れるのかと思うものの、やはり息が上がってました。
それでも、体力を蓄え膝と腰の調子さえよければ、三頭山や七ツ石山どころか雲取山さえ登れるのではと思いましたね~
実際三頭山の避難小屋泊まりならなんとかなるのではと考えてました。
それでも万が一ぎっくり腰になって動けなくなればどうにもならない。
それで高尾山にしたんですが、へんに自信をつけないようにしなければ・・・

高尾山の詳細についてはこちらを参照してください。
明日は山頂から下山の模様を予定してます。

富士山が初冠雪しました

富士山が初冠雪しましたが、撮影しに行くと生憎雲がかかり頂上しか見えませんでした。
都内でも朝晩冷え込んできたとはいえ、100キロ近く離れてる富士山がはっきり見えるのは例年11月半ば過ぎからのようですが、青空だった今日撮影しに行った時間が晩かったため雲に覆われてました。
昨夕も青空だったので撮りに行ったのに、丹沢山塊と富士山だけ雲のなかというつきのなさでした。

16日9:45撮影
mount_fuji_0017.jpg
14日9:07撮影
mount_fuji_0018.jpg

台風一過で富士山が都内からでもくっきり見えました

台風18号は沖縄から本州の茨城まで縦断したようですが、被害に遭われた皆さんは大丈夫でしょうか?
無事でいられることを願ってます。
私が住んでる東京は昼前に雨が上がりフェーン現象のような蒸し暑さになりました。
それでも青空がひろがり、ひょっとして台風一過のおかげで富士山が見えるのではと・・・

夕方西の空を見るとどんよりとしてましたが、それでも多摩川浅間神社の展望台へ行って来ました。
4時半ごろはヘイズがものすごくこりゃ駄目かと思いながら待ってると、陽が山の端に沈むにつれ空が焼け赤から青くなっていきます。
そんなアーベンロートのなか富士山はもちろん西は箱根の二子岳、東端には秩父の武甲山までくっきり見ることができました。

大気が澄んでくる秋から3月初めごろまで、多摩川浅間神社の展望台は富士山の撮影をする人が少なからずいます。
今日も100-400mmの大砲を手持ちで撮影する人がいました。
撮影したのを見せてもらいましたが、ホワイトバランスの調整がばっちりでこちらとは大違い。
そんな私が撮影した拙い富士山奥多摩奥秩父の山をご覧いただければと思います。

mount_fuji_0001.jpg mount_fuji_0002.jpg mount_fuji_0003.jpg mount_fuji_0004.jpg mount_fuji_0005.jpg mount_fuji_0006.jpg mount_fuji_0007.jpg mount_fuji_0008.jpg mount_fuji_0009.jpg mount_fuji_0010.jpg mount_fuji_0011.jpg mount_fuji_0012.jpg mount_fuji_0013.jpg mount_fuji_0014.jpg mount_fuji_0015.jpg mount_fuji_0016.jpg                

上高地に宿はいろいろありますが西糸屋山荘がリーズナブルです

 上高地に宿はいろいろありますが西糸屋山荘がリーズナブルです。
というのは二段ベッドをおいてる部屋がいくつかあり、バックパッカーのように相部屋になるからです。

今の人はユースホステルの存在すら知らないと思いますが、ドイツが安い料金で観光者向けに学校が休みのとき期間営業したのが始まりです。
私が高校生のころ軽井沢の愛宕山山麓にあったユースホステルで泊まったのも二段ベッドのある部屋でした。
そのベッドに寝袋のカバーのようなスリーピングシーツに入って寝るんですが、これが圧迫感があって寝つき悪かったのを思い出します。
夕食後はミーティングの参加が義務付けられてて、宿泊者同士が集まったなかペアレント化マネージャーを交え雑談をしたものです。

西糸屋山荘のベッドルームではそんなスリーピングシーツもミーティングもなければ禁酒でもありません。
風呂は旅館部と同じ大風呂に入れるし、宿泊代はその旅館部より安くなってます。
それに山好きだけでなく写真愛好家が多いので、いろんな情報交換できるのが有難いです。
それも繁忙期の今観光気分の方が大勢を占めてるでしょうが、ほかの高級ホテルが満員でも、西糸屋山荘なら泊まれる可能性あるかも知れません。
もちろん一般客向けの旅館部もありますし、どちらを選ぶかはご自由に~


mount_0027.jpg  mount_0026.jpg 

上高地の梓川と明神岳に穂高

上高地の梓川というか河童橋からは明神岳と穂高がよく見えますが、こちらが行ったときは雲が垂れ込め山頂部があまり見えませんでした。

明日からはお盆だし、すでに盆休みをとってる方がいると思いますが、夏だからこそ気楽に行ける上高地へ足を伸ばし、涼むのもいいと思いますね~

mount_0023.jpg mount_0024.jpg   


上高地の河童橋

上高地河童橋は子供連れの避暑客がいるかと思えば、北アルプスの玄関口ですから当然ハイカーもいます。
いろんな世代、そしていろんな目的でにぎわってる河童橋です。

mount_0016.jpg mount_0017.jpg  mount_0018.jpg mount_0019.jpg    

今日の独り言 タヌキかアライグマか?

台風の影響で雨が降ったりやんだりしてたのがようやく治まった
昨夜、由乃に餌をあげてるとこちらの後ろをかすめるように駆け抜けていく影が目に入りました。
何事かと目を凝らし暗いなか影を追うと、あっという間に駐車場の車の下に潜り込んでしまいました。
餌を食べてた由乃はこちらより早くその影に気付いて追っかけましたが、逃げられたようです。
数年前その駐車場にタヌキの親子連れがいたのにびっくりしましたが、今回もその狸だかアライグマでしょう。
近くに雑木林と川があり、タヌキにとって棲家には最適な場所だし、都会とはいえ野生動物がいてもおかしくありません。

それにしても、由乃。
おまえタヌキやアライグマなんてめったに来ないし、縄張りを荒らすことなんてないんだぞ。
それよりあのホルスタインを追っ払えよ。
おまえの行くところ行くところ追って来て、いつもびくびくしてるんだろう?
このところ由乃の定位置にちゃっかり居座ってるホルスタイン。
このままではますますストレスがたまり、由乃の体調が気になってしょうがないんですが・・・

昨夜はカメラを持ってなかったし撮影できませんでしたが、数年前現れたタヌキはこんな感じでした。