思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

都内から富士山と南アルプスの遠望 

元旦は穏やかな日和でヘイズが邪魔して見えないと思ってましたが、都内から富士山南アルプスの遠望できました。
気温は少々高めでもお正月で車の通行量が少なく排ガスがあまりなかったためでしょう。
140キロも離れてる農鳥岳と塩見岳が見えるのは冬ならではこそです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
mount_0043.jpg mount_0044.jpg 

このあと初詣へ行きましたが、その帰りにカワセミを見つけました。
250mmではかなり小さいですが、撮れただけでもいいかと~~~
bird_kawasemi_0001.jpg 
テーマ: 山の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 3 | edit

ページトップへ↑

高尾山へ紅葉ハイキング 

高尾山紅葉ハイキングとして選んだルートは6号路びわ滝コースです。

高尾山口駅に着いたのが8時半ごろですが、日陰に入ると暗くて寒い。
駅からケーブルカー乗り場を見やって川沿いに少し行くと左に分岐する道があり、そこから登山道になってるのをほどなく行くとびわ滝が見えてきます。
takaosan_0001.jpg takaosan_0002.jpg takaosan_0003.jpg

高尾山へ行くとき上りは稲荷山コースを利用するのが多いんですが、紅葉狩りのシーズンなので沢沿いのコースを選びました。
初めての6号路は稲荷山コースの尾根道と違い暗くて人が少ないし、高尾山といえどもけっこう馬鹿にならない。
というのも大木の根張りや石ころに階段の段差がきつく、稲荷山コースのように樋状になってないからです。
それに九十九折とまでいかないまでもそれに近い感じの急勾配もあります。
takaosan_0004.jpg

そんな道をしばらく行くと樹間から奥多摩の大岳山や都心方面が見え始め、頂上が近いことを思わせます。
takaosan_0005.jpg takaosan_0006.jpg takaosan_0009.jpg 

水平道が続きちらほら色づいたカエデが見えるものの頂上はまだまだですが、休憩にはもってこいの広場に到着。
takaosan_0011.jpg  takaosan_0007.jpg takaosan_0008.jpg takaosan_0010.jpg

ベンチで一休みして30分ほど行くといよいよ頂上直下。
ここの紅葉が綺麗でした。
takaosan_0012.jpg takaosan_0013.jpg  

そして頂上に着けば富士山が綺麗に見えました。
都心方面はヘイズで高層ビルがかすんでます。
takaosan_0014.jpg takaosan_0015.jpg takaosan_0016.jpg takaosan_0017.jpg    

休憩なしの標準所要時間1時間半のところを、撮影したり小休止しても2時間で登れまだまだ登れるのかと思うものの、やはり息が上がってました。
それでも、体力を蓄え膝と腰の調子さえよければ、三頭山や七ツ石山どころか雲取山さえ登れるのではと思いましたね~
実際三頭山の避難小屋泊まりならなんとかなるのではと考えてました。
それでも万が一ぎっくり腰になって動けなくなればどうにもならない。
それで高尾山にしたんですが、へんに自信をつけないようにしなければ・・・

高尾山の詳細についてはこちらを参照してください。
明日は山頂から下山の模様を予定してます。
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

富士山が初冠雪しました 

富士山が初冠雪しましたが、撮影しに行くと生憎雲がかかり頂上しか見えませんでした。
都内でも朝晩冷え込んできたとはいえ、100キロ近く離れてる富士山がはっきり見えるのは例年11月半ば過ぎからのようですが、青空だった今日撮影しに行った時間が晩かったため雲に覆われてました。
昨夕も青空だったので撮りに行ったのに、丹沢山塊と富士山だけ雲のなかというつきのなさでした。

16日9:45撮影
mount_fuji_0017.jpg
14日9:07撮影
mount_fuji_0018.jpg
テーマ: 富士山 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑

台風一過で富士山が都内からでもくっきり見えました 

台風18号は沖縄から本州の茨城まで縦断したようですが、被害に遭われた皆さんは大丈夫でしょうか?
無事でいられることを願ってます。
私が住んでる東京は昼前に雨が上がりフェーン現象のような蒸し暑さになりました。
それでも青空がひろがり、ひょっとして台風一過のおかげで富士山が見えるのではと・・・

夕方西の空を見るとどんよりとしてましたが、それでも多摩川浅間神社の展望台へ行って来ました。
4時半ごろはヘイズがものすごくこりゃ駄目かと思いながら待ってると、陽が山の端に沈むにつれ空が焼け赤から青くなっていきます。
そんなアーベンロートのなか富士山はもちろん西は箱根の二子岳、東端には秩父の武甲山までくっきり見ることができました。

大気が澄んでくる秋から3月初めごろまで、多摩川浅間神社の展望台は富士山の撮影をする人が少なからずいます。
今日も100-400mmの大砲を手持ちで撮影する人がいました。
撮影したのを見せてもらいましたが、ホワイトバランスの調整がばっちりでこちらとは大違い。
そんな私が撮影した拙い富士山奥多摩奥秩父の山をご覧いただければと思います。

mount_fuji_0001.jpg mount_fuji_0002.jpg mount_fuji_0003.jpg mount_fuji_0004.jpg mount_fuji_0005.jpg mount_fuji_0006.jpg mount_fuji_0007.jpg mount_fuji_0008.jpg mount_fuji_0009.jpg mount_fuji_0010.jpg mount_fuji_0011.jpg mount_fuji_0012.jpg mount_fuji_0013.jpg mount_fuji_0014.jpg mount_fuji_0015.jpg mount_fuji_0016.jpg                
テーマ: 富士山 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

上高地に宿はいろいろありますが西糸屋山荘がリーズナブルです 

 上高地に宿はいろいろありますが西糸屋山荘がリーズナブルです。
というのは二段ベッドをおいてる部屋がいくつかあり、バックパッカーのように相部屋になるからです。

今の人はユースホステルの存在すら知らないと思いますが、ドイツが安い料金で観光者向けに学校が休みのとき期間営業したのが始まりです。
私が高校生のころ軽井沢の愛宕山山麓にあったユースホステルで泊まったのも二段ベッドのある部屋でした。
そのベッドに寝袋のカバーのようなスリーピングシーツに入って寝るんですが、これが圧迫感があって寝つき悪かったのを思い出します。
夕食後はミーティングの参加が義務付けられてて、宿泊者同士が集まったなかペアレント化マネージャーを交え雑談をしたものです。

西糸屋山荘のベッドルームではそんなスリーピングシーツもミーティングもなければ禁酒でもありません。
風呂は旅館部と同じ大風呂に入れるし、宿泊代はその旅館部より安くなってます。
それに山好きだけでなく写真愛好家が多いので、いろんな情報交換できるのが有難いです。
それも繁忙期の今観光気分の方が大勢を占めてるでしょうが、ほかの高級ホテルが満員でも、西糸屋山荘なら泊まれる可能性あるかも知れません。
もちろん一般客向けの旅館部もありますし、どちらを選ぶかはご自由に~


mount_0027.jpg  mount_0026.jpg 
trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

上高地の梓川と明神岳に穂高 

上高地の梓川というか河童橋からは明神岳と穂高がよく見えますが、こちらが行ったときは雲が垂れ込め山頂部があまり見えませんでした。

明日からはお盆だし、すでに盆休みをとってる方がいると思いますが、夏だからこそ気楽に行ける上高地へ足を伸ばし、涼むのもいいと思いますね~

mount_0023.jpg mount_0024.jpg   


テーマ: 山の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

上高地の河童橋 

上高地河童橋は子供連れの避暑客がいるかと思えば、北アルプスの玄関口ですから当然ハイカーもいます。
いろんな世代、そしていろんな目的でにぎわってる河童橋です。

mount_0016.jpg mount_0017.jpg  mount_0018.jpg mount_0019.jpg    

今日の独り言 タヌキかアライグマか?

台風の影響で雨が降ったりやんだりしてたのがようやく治まった
昨夜、由乃に餌をあげてるとこちらの後ろをかすめるように駆け抜けていく影が目に入りました。
何事かと目を凝らし暗いなか影を追うと、あっという間に駐車場の車の下に潜り込んでしまいました。
餌を食べてた由乃はこちらより早くその影に気付いて追っかけましたが、逃げられたようです。
数年前その駐車場にタヌキの親子連れがいたのにびっくりしましたが、今回もその狸だかアライグマでしょう。
近くに雑木林と川があり、タヌキにとって棲家には最適な場所だし、都会とはいえ野生動物がいてもおかしくありません。

それにしても、由乃。
おまえタヌキやアライグマなんてめったに来ないし、縄張りを荒らすことなんてないんだぞ。
それよりあのホルスタインを追っ払えよ。
おまえの行くところ行くところ追って来て、いつもびくびくしてるんだろう?
このところ由乃の定位置にちゃっかり居座ってるホルスタイン。
このままではますますストレスがたまり、由乃の体調が気になってしょうがないんですが・・・

昨夜はカメラを持ってなかったし撮影できませんでしたが、数年前現れたタヌキはこんな感じでした。


テーマ: 山の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

上高地は涼しい 

 連日の猛暑にうんざりしてましたが、この3日ばかり風が強くいくらか涼しい思いをしてました。
先月電気代の請求にびっくりし、それ以来エアコンをつけずに暮らしてますが、それでも何とか凌いでます。
それに今日は台風の影響で室温は29度で、扇風機もつけなくてもいいぐらい。
といってもじめじめしてるのでつけてますけどね~

上高地へ行ったとき気温は25度ぐらいだったと思いますが、涼しい風がなんともいえないほどさわやかでした。
自宅のエアコンは霧ヶ峰ですが、あの高原の爽やかさをイメージしたネーミングなんでしょう。
霧ヶ峰にも行ったことありますが、パラグライダーの愛好者がいるほど風が吹いてます。
高原というか広い大地は遮るものがなく、確かに心地いい風が吹いてました。
それでも上高地のほうが景観がいいし、いずれ上高地という名前のエアコンが発売されるかもしれません。
上高地は涼しいですからね~~~

mount_0015.jpg
テーマ: 山の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

小さな小さな森 

上高地梓川沿いを歩いてると枯草から伸びてるカラマツを見つけました。
小さな小さな森のように見えました。
梓川槍ヶ岳を源にし犀川千曲川と名前を変え、信濃川となって新潟県寺泊の野積海岸へ注いでいきます。
寺泊といえば魚のアメ横といわれるほど魚貝類を売る店が並んでます。

この野積海岸隣の田野浦海岸にある民宿喜左衛門に、30年以上前泊まったことがあります。
大きなテーブルに所狭しとならべられたカニやエビと魚に目を見張ったものです。
春先だったこともあるし日本海の荒波にもまれた魚介類の美味さに、連れと口を聞かず黙々と食べたものです。

その魚介類が育つには餌となる養分が必要です。
槍沢から流れだした梓川と甲武信ヶ岳を源流とする千曲川と合流した信濃川がその養分を運んで野積海岸に注いでます。
その途中目立った工業団地は上田市ぐらいでしょうか。
いろんな市街地を蛇行してますが大半は農村地帯です。
田畑のおこぼれをちょうだいしようと、野鳥や虫に微生物が多く集まりその排泄物が川に流れますが、当然肥料や農薬も混入してるはずです。
それでも日本の農薬基準はかなり厳しいし、ましてや無農薬栽培が取りざたされてる今、中国のようにめったらやたらと農薬散布はしてないでしょう。
そんなことで野積海岸は肥沃な海となり、魚介類が美味しいんでしょう。

山からの一滴。
それが木や林となり森へ。
豊饒な山々が谷をなした川が信濃鱒というブランド品を育ててる。
そんな川がそそぐ海の魚介類がまずい訳ありません。

中国も自分さえよければ他人がどうなってもいいと思わず、こうした自然環境を大事にすれば他国から文句をいわれることはないでしょう。
ウナギの養鰻池などヘドロのようで悪臭を放ってるといいます。
そんなウナギが国産品として堂々と売られてますが、日本国内で流通してる総量の5パーセントしか国産ウナギはないといわれてます。
日々口にしてるなにかしらが中国産という現実。
国産品だけを食べようとしても、表示基準があいまいな今まず無理でしょう。
せめて魚介類だけは新鮮な日本の近海産を食べたいですが、スーパーにしても回転寿司にしても大半は輸入物。
そんなことで貧乏人は、安かろう悪かろうというものを口にするしかないんでしょうかね・・・

大河の一滴。
それは小さな小さな森から始まる。
山と森が川を育て、川が魚貝類を育てる。 

梓川畔のカラマツ
mount_0013.jpg
テーマ: 植物の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

万年雪 

沢筋に残る万年雪の雪渓は人類が誕生するまえからあるんでしょう。
その万年雪も地球温暖化で近い将来消滅するかも知れない。

東京は連日35度前後の猛暑が続いてます。
夜でさえ30度近い高温で寝苦しい毎日。
ヒートアイランド化のせいといってしまえばそれまでですが、都会は24時間眠ることなくエネルギーを消費し続け、地球温暖化を助長してる。
原発による電力供給をしなければ需要が追いつかないと声高に叫ぶ政治家と学者たち。
そして週末は都バスの終夜走行と、エネルギーが足りないといいながら真逆の方へ突っ走ってる。

ストロー現象による都会一極集中化に対し、地方の過疎化と高齢化で増える一方の限界集落。
それによる山里が、皮肉にも脚光を浴びてしまう一面がある。
そのいい例が白川郷や棚田百選に認定されてる十日町市松之山の狐塚。
両者とも観光地というか写真愛好家がづかづかと私有地に入り込み、プライバシー侵害を受けてるとか・・・
そのため白馬村の青鬼地区などよそ者に対し排他的になってるとか・・・

文化的な生活を享楽する反面、郷愁を味わいたい。
そんな都会人の飢えというか渇きが限界集落に向かわせる。
さもなければ酒池肉林とはいわないまでも、金品に対してしか価値観を見いだせない者が大都会を徘徊してる。
政治家や役人の多くがそんなだから、都会の一極集中化などなんとも思ってないのだろう。
ウナギが絶滅危惧種になりつつある今、万年雪も遠からぬうち消滅するのは間違いないだろう。

mount_0012.jpg
テーマ: 山の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑