思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

長屋がなくなっていく京島 

昨日テレビ東京が「朝の!さんぽ道」墨田区京島の特集をしてました。
21年前の散歩道というガイドブックをもとにタレントが歩き回ってましたが、掲載されてる長屋とか銭湯がなくなってるのを目の当たりにしてがっかりしてたが、こっちはなくなる前にそんなのも撮影してました。

こちらが京島へ初めて行ったのは7年前でスカイツリーの建設真っただ中でした。
21年前の京島は知りませんが、40年ほど前浅草から向島へ行ったときマンションなどなく棟続きの長屋風の窓を開け放った二階から三味線の音が聞こえてきて下町情緒たっぷりでした。
向島芸者の街だし、粋な姉さんの三味の音に聞き惚れた知人が道端からチップだとばかり、小石を包んだ千円札を投げ入れたものです。

戦時中空襲に遭ったその向島界隈の住民たちが空襲に遭わなかった京島へ大挙して引っ越して行ったそうです。
京島は田畑が多く区画整理することなくそんな避難民のためにあちこち長屋が建てられ、それが初めて行った2010年でもまだかなり残ってました。
それでも行くたびに空き地だったところにモダンなマンションや民家が建ってたり、住んでたはずの家が空き家になったりで、街並みがどんどん変わっていってました。
kyojima_0002_20170903092329950.jpg kyojima_0001_20170903092327bb2.jpg kyojima_0003_2017090309233092b.jpg kyojima_0004_2017090309233151f.jpg kyojima_0003_2017090309233092b.jpg  kyojima_0005_20170903092400d63.jpg kyojima_0008_20170903092405f40.jpg  

上の空き地は現在住宅が建ってますが、ここはまだそのままのようです。
kyojima_0006_20170903092402592.jpg 

古い屋並がどんどん建て替えられ長屋がなくなっていく京島です。
kyojima_0009_20170903092425f20.jpg kyojima_0010_20170903092426f2a.jpg kyojima_0011_20170903092428ae1.jpg          

農地を整備しないまま建築したので畦道が路地として残り、まさに鰻の寝床といった感じで所狭しと建ってた屋並。
それも大正時代の建築でトタン張りが多い。
それらのほとんどは淡いグリーンと濃いブルーのツートンカラーで、チョーキングを起こし粉をふいたトタン長屋が集まってるのに郷愁を感じたものです。
トタン張りは夏は暑く冬は寒いし、プライバシー重視の若い者たちはどんどん出て行くとともに核家族化が進み、残ってる住人といえば年寄りばかり。

それでも長年暮らしてたし知らないところへ行かず、遠い親戚より近くの他人とばかりお年寄りたちは近所付き合いを楽しんでる方たちが多かった。
そんなお年寄りたちは猫を可愛がってるのが多く、黒猫に惹かれて行くと老婦二人が立ち話をしてた。
いずれも大正末期か昭和初頭の生まれという容貌でも矍鑠としてて、黒猫の飼い主は長屋に惹かれて写真を撮ってたのが、いつの間にか黒猫を撮るようになってそれも何度も来ては写真をくれるのが多いと嬉しそうにいってました。
こちらもそんな黒猫を撮影したもののその後行っても黒猫と会えないし飼い主を見なかったのは、その老婦が病に倒れ黒猫を身内に引き取らしたからでした。
その老婦が亡くなり玄関の曇ガラスの引き戸に羽目板がバツ印に打たれたのを見たとき、すぐに行って写真を渡してあげたかったと後悔の念に駆られたものです。
kyojima_0012_2017090309242926c.jpg

この京島へ興味を持ったのは郷愁に惹かれてのことですが、あちこちに猫がいたのに歓喜しその後何度も撮影してて、猫と街並みと分けてフォルダーを外付けハードディスクに保存してました。
猫は別のハードディスクにバックアップしてましたが、街並みとか動物やその他にもいろんなジャンルのをバックアップしてなかったそのハードディスクがお釈迦になってしまったのが先月。
と同時にPCの調子が悪いし・・・

それでも昨日見た「朝の!さんぽ道」の京島に、猫のフォルダーを見ると懐かしい屋並がけっこう残ってたし、ハードディスクがお釈迦になったのはしょうがないと諦めながらもほっとしてるところです。


撮影機材 NIKON D90 /Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G

テーマ: 何気ない日常の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

京島から見るスカイツリー 

京島から見るスカイツリーです。
戦前からの建物が多く残ってる京島も建て替えが進んでて、いつかスカイツリーが見えなくなる日が来るかも知れません。
空き地だったところも新築してるところが多くなってます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
kyojima_0004.jpg kyojima_0005.jpg kyojima_0006.jpg kyojima_0007.jpg kyojima_0008.jpg 

kyojima_0009.jpg kyojima_0010.jpg kyojima_0011.jpg kyojima_0012.jpg kyojima_0013.jpg kyojima_0014.jpg 


このところ晩酌だけで夕飯を食べないことが多くなってる反面、無性に稲荷寿司とかかっぱ巻きを食べたく思うときがあります。
それなのに昨夜、五目御飯にしようとしたら干し椎茸と高野豆腐がない。
ま、それでもいいと、米酢に三温糖と塩に昆布出汁で合わせ酢を作り金糸卵をちらして出来上がり。
キュウリとワカメの酢の物に脂がのってない塩鮭で、ひさしぶりに晩御飯を食べましたよ。
cooking_0014.jpg cooking_0015.jpg cooking_0016.jpg cooking_0017.jpg
テーマ: 街の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 8 | edit

ページトップへ↑

都心の秋空 

東京タワーが都心の秋空を突き刺すようにそびえてるといったら大袈裟ですが・・・
ぐずついた天気が多かった9月が終わり10月になると、青空が目立つようになってきて撮影したこの日、雲が多いながらいかにも秋という感じでした。

そんな東京タワーと高層ビルが傾斜したかのように写ってるのは、万能ズームSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DCを広角側にしタワーの全景が写り込むようにカメラを上向きにしてるからです。
上向きでなくカメラを地面と平行にすればタワーとビルが内側に傾斜することなく垂直に撮影できますが、たまにはこうしたのも面白いと画像処理で歪曲修正することなく掲載しました。

どうしても垂直で撮影したいならカメラ位置を後退させればいいんですが、車の往来が激しい道路では無理でした。
また12mmや14mmなどの超広角なら全景は訳なく写せますが、それはそれでまた癖のある写りになるでしょう。
以前TOKINAR 11-16mmを使ってたことがあり、こういうシーンでは威力を発揮しますが前景に対し後景の東京タワーとプリンスパークタワーは極端に小さく写り、こちらが意図したのとは違うイメージになったはずです。

撮影した日は小春日和のような暖かさだったのに、今日は氷雨が降ってて、まさに女心と秋の空のようで・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC
town_0002_201610162311375c7.jpg
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

等々力渓谷に早くも秋の気配 

先日自転車で床屋へ行ったついでに等々力渓谷へ寄ってみると個人でなくグループで来てる人たちがかなりいました。
半世紀ほど前の高校時代よく行ってたときでは考えられない人出にびっくり。
地元のボランティアの方が、人が来るのはいいけどペットボトルを所かまわず投げ捨てるしタバコのポイ捨てで火事になったらと嘆くほど大勢の人が来てました。

緑濃いそんな等々力渓谷をよくよく見れば色づいてるカエデがありました。
10月だというのに30度を超える猛暑日があったかと思えば20度を下回り、都内でも秋の気配を感じられる季節の変わり目。
どこへ紅葉を撮りに行こうか思いを巡らしてますが、今年は例年より遅いでしょうね・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC
snap_184.jpg 2016_10_0001.jpg
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

柿の実 

果物で好きなのは梨と柿です。
なかでも柿はお歳暮によく利用してました。
干し柿ですがけっこういい値段するし、贈られた方でも有難いでしょう。

山梨に一年ばかりいたことがあり、そこは干し柿の産地で塩山や勝沼周辺ではこれから枯露柿を目にする時期。
山から里へ下りそんな長閑な光景を目にしてたのは20年以上も前。
山登りはもう無理としても里山の秋の風情だけでも味わいたいと思ってるんですが、それも叶わず都会の片隅で深まる秋を実感してる今日この頃です。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
2015_10_wood_0002.jpg
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

青空に黄葉そして夕焼け  

昨日四谷迎賓館へ撮影しに行くと前庭を公開するということで人出が凄い。
それもツアーの参加者がいて、ツアー会社の商魂には呆れかえるばかり。
なんのために迎賓館へ行ったかったかといえばイチョウ並木ですが、人の多さに撮影する気になれませんでした。
それでも青空に映える紅葉が目に沁みました。
秋というより初冬を思わせる澄んだ青空に、昨日は都内から富士山も見えたのではと思ったほどです。
2015_11_wood_0001.jpg 

左は農鳥岳と塩見岳ですが多摩川から南アルプスが姿を現すのは、よほど冷え込んだ朝か風が強くないと見えません。
こんな山が見える日もそう遠くないでしょう。
mount_0029.jpg mount_fuji_0020.jpg mount_fuji_0021.jpg   

迎賓館をあとにし学園祭へ行きました。
加山雄三の若大将シリーズのロケ地として利用されたらしいですが、あの当時の光景が浮かんで来ることがないのは模擬店一色だからでしょう。
猫カフェがあるとは知らず次の大学へ行くも、ツタのからまるチャペルのイメージはなく、こちらも模擬店一色。
ま、それでも若者たちのなかに身をおくと心が華やいでくるので、それなりの気分転換ができていいです。
college_0001.jpg college_0002.jpg college_0003.jpg   

一夜明けた東京は一転して冷たい雨。
午後からやんだとはいえどんよりした曇り空が恨めしい。
我が家の野良猫が雨上がりに出てきたものの寒さで震えてたのは、最高気温が昨日より7度も下がった13度しかなかったからでしょう。
餌を食べてもしばらくじっとしてるのを見てて、もう一か月も前から塒を用意してるのに、なぜ入らず外にいるのかと思ってしまう。
強情な猫なので何かしら訳があってのことか、それとも塒があることに気付かないのか?
yoshino_0152.jpg 

このところまたぞろ睡眠障害でそんな猫に餌をあげたあと急に睡魔に襲われる。
雨がやんでも寒く、何より何もする気になれない。
男性でも更年期障害があるというしその兆候か・・・
1時間ほど寝たあと散歩してると西の空が赤い。
夕焼けかとカメラを持ち出して多摩川に駆けつけたものの、秋の日の釣瓶落としでわずかに間に合わず。
それでも気分がいいのは雨がやみ、夕暮れの多摩川から丹沢の山並みが見えてたからでしょう。
山都東京の醍醐味を味わえる日がもう間近ですから~~~
sunset_0005.jpg 

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
テーマ: *写真で残す日常* | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

東京に木枯らし一号 

昨夜東京で木枯らし一号が吹いたそうです。
十日ほど前から雨が降れば寒かったし、今夜は灯油の引き売りがまわって来て、秋の深まりを感じさせてます。

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
2015_10_wood_0001.jpg
テーマ: ある日の風景や景色 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

古井戸 

自由が丘周辺の呑川緑道を歩いてると大井町線の線路下に古井戸がありました。
災害が起きた緊急時に使えるよう保存してるようですが、子供のころは日常的に利用してたのが懐かしく蘇りました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
town_0004.jpg
テーマ: 何気ない日常の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

昭和のこども写真展 

ここが元防衛庁だったと知ってる人はかなり少ないでしょう。
2007年に東京ミッドタウンが建つ以前は防衛庁の敷地でした。
それから8年たてば東京ミッドタウンがあって当たり前のように思い、防衛庁があったとは信じがたい思いの方もいるのでは?
town_0002.jpg 

私が初めて六本木へ行ったのは高校生のころですから、45年ほど前です。
六本木の交差点から飯倉方面へ行った左側にハンバーガーインがありました。
このころ銀座で歩行者天国が始まりマクドナルドがオープンしハンバーガーを歩きながら食べる光景をよく見たものです。
六本木ハンバーガーインへ行っても子供のころ魚肉の赤いウインナーのホットドッグに慣れ親しんでたこともあり、ハンバーガーでなくホットドッグを食べてるほうが多かった。
そのハンバーガーインは閉店し麻布の方で新装開店してるようですが、六本木や麻布などバブル崩壊以降ほとんど行ってません。

それなのになぜ昨日行ったかといえば、フジフイルムスクエアで昭和のこど写真展が開催されてたからです。
木村伊兵衛土門拳、濱谷浩、林忠彦、田沼武能、熊切圭介らが戦後から高度経済成長に至る間を撮り続けたものですが、子供たちを通して当時の時代背景を如実に物語ってる写真はドキュメントーそのものです。

歌は世につれ世は歌につれといいますが、写真も同様です。
時代を物語る写真。
街角写真に人が写り込むのは当然ですが、昨今の個人の肖像権や著作権侵害問題で気楽にスナップできない。
幼稚園児らすら顔を隠すのに、そのくせテレビカメラだとピースサインを出しながら自ら映ろうとする。
それも今という時代だし、それさえもうまく表現して残していくのが写真家の務めでしょうが、加納典明氏など渋谷のスクランブル交差点でシャッターを押すことはないだろうといってます。
その詳細についてはこちらを参照してください

トラブルを起こさないためには賢明でしょうが、記録写真としてだけでなくスナップ写真としても残せないのはあまりにも寂しいし、何十年かたった時、東京ミッドタウンの広場さえ後世に残すことができないのでは?
昭和のこども写真を見て、そういうジレンマを感じました。

写真展は9月30日までです。
town_0003.jpg 

撮影機材 LUMIX DMC-FZ1000
テーマ: 昭和レトロ | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

上野公園不忍池の冬と夏 

上野公園不忍池の冬と夏ではこうも違うのかと・・・
ハスが咲いてないか咲いてるかだけでなく空気感も違う。

撮影機材 左はPENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO 右はLUMIX DMC-FZ1000
flower_hasu_0001.jpg flower_hasu_0002.jpg
テーマ: ある日の風景や景色 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑