思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

一度覚えたら忘れられないトケイソウ 

名前を知らない花が星の数ほどあるなか、一度覚えたら忘れられないトケイソウ
なぜなら時計の文字盤と長針短針のような姿だからです。
朝なにを食べたか思い出せないことがあるし花の名前を覚えるののは大変でも、このトケイソウとかビヨウヤナギなど個性的なのは度忘れすることがあってもすぐ思い出せます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO


春から放送されてた「やすらぎの郷」 が9月に終わりましたが、昨夜出演者たちによる同窓会的番組があるのを見てました。
錚々たる出演者たちが七十代以上という高齢で、オンエア中に野際陽子さんは他界してしまった。
この野際陽子さんを初めて見たのはすでにNHKのアナウンサーを辞めて女優に転身し、梶山季之原作の赤いダイヤというドラマに出演してるときでした。
主人公役の大辻伺郎が恋焦がれる悪女役でしたが、半世紀以上前10歳の私が見てもセクシーと感じてたのはませてたのか?
この「やすらぎの郷」は野際陽子さんや八千草薫さんに浅丘ルリ子さんと石坂浩二さんをはじめとした出演者が高齢というだけでなく、放送界を皮肉ってるような脚本が話題になってたし、原作の倉本聰さんが来る東京オリンピックに向けて禁煙を声高に訴えてる風潮に逆らうように、出演者のほとんどがタバコをぷかぷか吹かすシーンが多かったのは愛煙家たちの留飲を下げさせたのではないでしょうか?
それだけでなく高齢とはいえ豪華キャストたちに高齢者たちが好んで見たのは想像に難くないし、高視聴率を上げたことでテレビ関係者にしても固唾を飲みながら見てたに違いない。
でも終わってれ見ればさしたる反響がなかったのは、視聴者の多くが高齢者でネットに書き込むことなどしなかっただろうか?
これに対し若者向けのドラマ「カルテット」や「逃げるは恥だが役に立つ」では放送終了後の反響がものすごかった。
高齢者だからネット利用をしてないとは限らないですが、いちいちテレビドラマについて発信しようと思わないのかも知れない。
一過性のことに動じないというか、ただ見てお仕舞にしてるのか・・・
そういう状況に物足りなさを感じてただけに、昨夜の中居正広の身になる図書館でとりあげた「やすらぎの郷」は意義ある番組だったし見ごたえがありました。
倉本聰さんもかなりの高齢で今後も脚本を書くのかどうか知りませんが、山田太一さんは絶筆状態で心を揺さぶる番組が少ないし、今後のテレビドラマの行方が気になります。
そんな今池井戸潤さんの「陸王」が放送され毎回見てます。
毎度おなじみのパターンですが、脇役の檀ふみさんと阿川佐和子さんに正司照枝さんらの演技に見入ってしまう。
もちろん主役の役所広司さんの熱演もいいですけどね~~~
テーマ: 花・植物 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

ヒトデのようなホトトギス 

ヒトデのようなホトトギスと感じたのは蕊の模様からですが、先人はそれが鳥のホトトギスの胸の模様に似てることから命名したらしい。
そんなホトトギスをマクロ撮影しました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 2017_10_0027.jpg 2017_10_0029.jpg
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

トマトの花 

トマトの花です。

トマトやキュウリとかナスがバラ科だと知ったのはいつの頃だったか?
これらの野菜がなぜバラ科なのか?
バラには実がならないし野菜じゃないのにおかしい。
そんなこと思っても、学術上バラ科に分類されたのは姿形がが刺々しいからだろうか?

どうでもいいことをあれこれ思い悩んでも仕方ない。
それより台風21号で花が散って倒されるかと思うとせつなくなる。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

秋霖のしずく 

雨ばかりで寒い日が続いてますが都内で紅葉してるのはハナミズキぐらい。
モミジは青いままで紅葉するのは12月になってからでしょうが、青モミジに秋霖のしずくは風情があっていい感じでした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 2017_10_0003.jpg  
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

夏から秋へ 

近所に咲いてるキバナコスモスとサルスベリですが、今ではともに萎れかかってるのが多くなってます。
咲いてる場所で日照時間が違うので一概にいえませんが、季節が夏から秋へと移ろってるせいでしょうか?

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
 2017_09_0003.jpg 

このところ暑い日が続いてますがそのまえは肌寒い日が多かったし、おでんで晩酌しご飯抜きの日が続いてました。
いいおでん種を売ってるところへ行くのが面倒で外出したついでに買ったウインナー巻きと餃子巻き。
これが意外と美味しかった。
出汁昆布がなかったので昆布つゆと粉末の鶏ガラで出汁を作り、大根とコンニャクは出汁が染みるように隠し包丁というよりめいっぱい切り目を入れたのでよく染みてました。
練り物は熱湯をかけて油を落としてからさっと煮て食感を残しましたが、それでも出汁が染みてたのは鍋ごと食べてたからでしょうか?
今日の東京は朝からというか昨夜から雨でかなり寒く、じょじょに秋の気配が濃くなっていくこれからはおでんの季節ですね~~~
cooking_0004_20170910221536a2a.jpg 

駅地下とかデパ地下で惣菜を買うとめちゃくちゃ高く、セロリのおひたしなど500円以上する。
たいして美味しくないし自分で作ったほうのがいい味してました。
ポテトサラダにしてもゆでた直後のジャガイモをつぶして酢をあわせ、冷めてから砂糖とパウダーチーズを混ぜればこくが出てくる。
キュウリやタマネギなどの野菜は塩もみしておけば2,3日は水っぽくならないしジャガイモを茹でたとき酢と一緒にバージンオイルを合わせておけばなおさら水分が出ないようです。
ちょっと暑いと感じたときは酢ゴボウ。
さっぱりしたなかにも甘みがあって美味しかったです。
cooking_0002_201709102215339d2.jpg  cooking_0003_20170910221535d88.jpg cooking_0005_20170910221537950.jpg

先日アマゾンで外付けハードディスクを注文したら10時間後には到着。
プレミアでなくノーマル配送でその速さに有難いやら驚くやら~~~
そんなことで2TB以上のデータをバックアップしてるところです。
テーマ: 作ってみた | ジャンル: グルメ |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

バラと秋空 

スカッと晴れることがあまりない今日この頃で、晴れても雲が出てることが多い。
それでも日が照ってるなかバラがすくっと秋空に伸びてるかのようでした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO


昨日京島へ撮影しに行き5キロほど歩き回って股関節ぎくしゃくしてたため、今日は家から一歩も出ずじまい。
ハナミズキとともに桜の葉が少しばかり色づいてきて秋の気配を思わせるものの、30度近くなってる日中家の中は暑くエアコンをかけてました。
先週から始まった「植木等とのぼせもん」を見逃してたのが再放送してるのを見ると、今年の春同じくNHKでやってた「トットてれび」を髣髴させてたのは昭和30年代が時代背景だからだろう。
主演?の山本耕史は若い時の山城新伍に似てて、演出の関係もあるんだろうが演技に違和感があるし植木等役はどうなのかと思うが、今後の展開ではどうなるのか?

物語は東宝映画無責任時代を演じた植木等を軸に、その付き人になった小松政夫の師弟関係を描くらしい。
どういう展開になるのか知りませんが、付き人になる前の小松政夫といえば自動車のトップセールスマンだったのはつとに有名。
映画や歌とは正反対だった人間性の植木等トップセールスマンだった小松政夫が、どういう人だったのか垣間見るにはいいドラマだと思う。
きっと無責任とは正反対な人柄があぶりだされるのでは?

無責任といえば先日記事にした山尾志桜里議員が気になる。
民進党を離党したが、これからどうするつもりなのか?
欧米では不倫だろうと何をしようが職務を全うしてれば議員としての資質を問わないらしい。
それはビル・クリントン元大統領がモニカ・ルインスキーと不倫しても辞職に追い込まれなかったし日本とはまるで違う。
要は私生活より議員としてどうなのかを欧米では重視してる。
特にフランスでは戸籍上の婚姻関係より実生活での夫婦関係に重きを置いてるし、不倫とか離婚再婚という名目など関係ないんだろう。

なぜこんなことを書くのかといえば、山尾志桜里という議員としての資質を見てるからで、これからも鋭い切込みで不正を糺して欲しかった。
ガソリン代や不倫疑惑があっても、山尾志桜里のように悪人の懐をえぐるような質疑をできるものはそうはいない。
税金や政務活動費を小遣い代わりにしてる無責任で悪辣な政治屋とそれをむさぼる悪党を懲らしめるには、山尾志桜里はなくてはならない議員だと思うんですがね・・・
テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

藤色のサルスベリ 

サルスベリの花は白、ピンク、赤、紫ですが、これは藤色にちかいサルスベリです。
光線の加減とかでそう見えるのであって、本来は紫なんでしょうが・・・



昨日掲載した八重咲のコスモスですが、松葉ボタンではという指摘がありました。
花の名前に疎いので、不正確なようで申し訳ありません。
テーマ: 四季−夏− | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 1 | edit

ページトップへ↑

カーネーションを思わせる八重咲コスモス 

カーネーションを思わせる八重咲コスモスですが、その実カーネーションだったり・・・


テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

線路端のキバナコスモス 

今朝起きてテレビをつけると、襟裳岬沖の太平洋上に北朝鮮の弾道ミサイルが落下したと何度も繰り返しアナウンスされてた。
狂気の沙汰としかいいようのない蛮行だが、こうなるまでにはいろいろ伏線があったし防ぐ手立てはなかったのか?
それでもマッチポンプした輩は内心思惑通りとにんまりしてるのだろうが・・・

先月北海道内を一人旅してた中国人女性が、昨日釧路市内の砂浜で遺体となって発見された。
とともに滞在してた宿から家族や友人宛に遺書が残されてたことが分かった。
彼女の父親が心配し道内の関係各地を訪れた時はすでに自死してたのかも知れない。
彼女がなにを思って他国の北海道で自ら命を絶たなければならなかったのか?
その真相が明かされることはないだろうが・・・
それはともかく道内の所轄署がこの中国人女性の行方を必死に捜索してたのは間違いない。
たった一人の中国人行方不明者を日本人が心配しながら見守ってたのとは反対に、今朝北朝鮮が日本に向けて発射した弾道ミサイルについて、国連に加盟してるにもかかわらず中国はななんら声明を発表してない。
日本がどうなろうと関係ないという姿勢は明らかだろう。

中国人に対するイメージは、とにかくマナーが悪く自分勝手とほとんどが口をそろえていう。
こちらも数年前流氷ツアーに参加した時、朝ホテルを出てバスに乗り込むと添乗員が何度も忘れ物はないかと聞き出発したら、中国人の三世代家族が忘れてるといいだしホテルに引き返したことがあり、それで30分ほどロスタイムしたが詫びれた態度など微塵も見せなかった。
この家族はツアー初日飛行機内で私の後ろに座ってて、ハンバーガーを食べるのはいいとして、子供が後ろから座席を蹴ってるのを大人たちが止めようとしないので睨み返してやった。
浅草や都内の各地で写真を撮ってても目の前に割り込んで来たりとか、その傍若無人さに殴ってやろうかとさえ思ってしまう。
こんなことを経験したのは私だけでなく、多くの者が中国人に嫌な思いをしてるのは間違いないのでは?

第二次大戦後否応なく中国内に残された日本人がかなりいた。
いわゆる中国残留孤児。
見るに見かね我が子同様に育てた中国人たちに対しては感謝すべきだろう。
そういう思いはあっても昨今の中国がしてることは経済力を傘にやりたい放題で、アジアだけでなくヨーロッパや中東方面まで手中に収めようと一帯一路政策を推進してる。
と同時に東シナ海など日本の海域付近で不気味な脅威を見せつけてる。

これでは右派とされる者たちが憲法改正に一気呵成になるのは無理もないが、果たしてそれでいいのだろうか?
そりゃやられる前に防戦するのは当然だとしてもだが、ほかに手立てはないのかと思ってしまう。

狂気の北朝鮮とはいうが、アメリカのトランプだって自国さえよければいいと凶暴な政策を推し進めてるし、中国は世界の工場と化して経済大国になったもののモラルのなさがとかく問題視されてる。
インバウンド効果を高めるために民泊を推進すれば中国人の出入りが激しくなり睡眠障害に陥ったり、マンション敷地のいたるところで煙草の吸い殻を捨てたりと、そんなことは枚挙に暇がない。
それどころか京都郊外とか北海道では水源地まで中国人が買い占めて何を目論んでるのか?
それを野放しにしてる日本政府の愚かさには口あんぐりだ。

方や中国人女性が釧路で自死したのは、北海道を舞台にした映画かテレビドラマの影響を受けてのことなのか?
爆買いなど関係なく心に秘めた何かに突き動かされての結果なんだろうが、まだ27歳の若い身空で死に急ぐことはないだろうに・・・


線路端のキバナコスモスです。
悠長にこんな写真撮れる日がいつまでも続いて欲しいものですね~~~

 
テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

青空にフヨウ 

東京は7月19日に梅雨明けしましたが、その後夏らしくなったと思えるのは蒸し暑さだけで青空があまり見えない。
それどころかどんよりとした日が多く、梅雨明けしたのかとさえ疑いたくなってしまう。
梅雨明けして10日間は晴天が続くというのが定説ですが、今年はそれが当てはまらず梅雨に逆戻りしたかのように曇りや雨の日が多い。
午後から大雨が降ってまして、青空フヨウが映えてたのが懐かしくさえ感じてしまいます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

テーマ: 四季−夏− | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑