思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

黒猫 

画像処理で少し明るくしたのは黒猫の輪郭を出すためというか、黒猫がいることを証明するためです。
黒猫がいるとは、撮影した私自身なかなか気づかなかった。
夜の街にそれだけ溶け込んでたからです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
cat_tow_0028.jpg cat_tow_0027.jpg  

テーマ: 猫写真 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

そろそろ猫の集会時間か・・・ 

闇の中に浮かぶ看板の明かりに照らされた白猫が、そろそろ猫の集会時間かとばかりに腰を上げた瞬間です。
伊豆で顔馴染みの猫たちと4か月ぶりに会いましたが皆元気で何よりでした。

今日昼過ぎ帰宅すると由乃の姿はありません。
この暑さですから日陰に行ってるのはわかってますが、どうしてるのか気になります。
それでいそうなところめがけて呼びかけると出て来ました。
出かけるときは後ろ髪を引かれる思いだったので元気な姿を見てホッとしたし、夜になればいつもどおりの時間餌をねだりにやって来て、こちらのことを忘れてなかったとひと安心。
6年も付き合ってるとこのあたり阿吽の呼吸になってますが、外泊しても気が気でありません。
そんなことでトップ画像をひさしぶりに由乃に差し替えました。

撮影機材  PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 24mm 1.8 DG MACRO
撮影データ 1/50 秒; f/2.5 -7/10; ISO 3200

cat_ito_0023.jpg
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

招かれざる客 

イルミネーションが施されてるのはなにかしらの飲食店でしょうか?
そこで猫がなにやらしてますが、招かれざる客なんでしょうね・・・

cat_shinma_0004.jpg

テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

影絵と招き猫 

藤代清治氏の影絵にはおよびませんが、なんとなく惹かれたガラス窓。
どうして惹かれたのかわかりませんが、よくよく見れば黒猫が階段にいました。
この黒猫が私を惹きつけたんでしょう。
招き猫かもしれませんね~

cat_shinma_0002.jpg

テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

夜の路地に猫1匹 

夜の路地に猫1匹がぽつんと佇んでました。
仲間の猫が大勢いるはずなのに、彼らは猫の集会でも開いてるんでしょうか?

cat_ami_0006.jpg

テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

猫を撮りたいけど猫がいないという方へ 

猫を撮りたいけど猫がいない方へ

猫カフェ行けば当然いますが相手にしてくれるかどうかは猫しだいで、撮影するにしても寝てることが多いかもしれません。
おなじお店になんどか足を運んで慣れてくれれば、膝に乗ってきたり抱っこさせてくれたりするでしょう。
猫カフェの猫といえども思いどおりいかないというか、撮影するにもそれなりの準備をしておかないと気に入ったようには撮れないでしょう・・・
猫カフェでさえそういう状況だし、外猫となればまずはどこにいるのか探さなくてはならないでしょう。

外猫がどこにいるのか?
冷え込みがきつくなるこれから、外猫たちは日当たりのいいところでなおかつ人目につかないところで、
庇や屋根などを探しまわれば必ず1匹や2匹はいるはずです。
もっとも曇ってると当てにできませんけど・・・

先日熱海へ行ってきました。
夕方着いてからすぐ数ヶ所まわりましたが、生憎と猫たちはいませんでした。
2年ぶりに訪ねたことで、顔見知りの猫たちが元気かどうかもわからない状態で夜も見まわりましたが、いたのは1匹だけでした。

それでもうろうろしてると、もしやという影を見つけました。
いましたよ~夜の猫が・・・

cat_ami_0003.jpg
cat_ami_0004.jpg
どうしてこんな暗いのに猫だと思ったのかは、昼間この付近に猫がいることを知ってたからです。
それで耳の形に気付いて反対側にまわったら、案の定猫でした。
猫を探し当てるには歩きまわるしかありませんが、夜でもこうして見つけることができます。
夜より昼のが見つける確率高いと思いますが~

そんなことまで
して猫を撮ってどうするのかといわれても、答えようがありません。
ただ猫が好きだから撮る。
それだけのこと。
ま、腰と足が痛くてしょうがないこともあったし、たまには温泉はいりたかったということで熱海へ行ったまでですが・・・


テーマ: 猫撮りの撮影技法 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑