思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

ありふれた光景が非日常的な光景に 

玄関先というか私道に面した民家の入り口にいる猫。
飼い猫か野良猫なのかわかりませんが、ちょこんとたたずんでる姿に惹かれシャッターを押しました。
昔ならよく見かけたありふれた光景ですが、猫が外にいるのを目にすることがかなり少なくなってて、非日常的な光景になりつつあると感じてます。
ま、いるところにいるのは事実ですが、それでも誰もが目にするとは限らないのでは?
街中に猫がいて当然だった時代を知ってるだけに、猫を見かけるのが少なくなってるのが気になってます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO



銀座が変貌してます。
今も昔も銀座のランドマークといえば銀座四丁目角の服部時計店でしょうが、半世紀近く前よく行ってた当時、日劇や朝日新聞に数寄屋橋阪急なども待ち合わせ場所として利用してた方が多いはず。
それがなくなったし、ソニービルも建て替えのために先月閉店。
そして今日松坂屋の跡地にGINZA SIXがオープン。

半世紀という時は建物だけでなく銀座そのものを変えてきたような気がします。
当然といえば当然のことで、おかしくもなんともない。
それでも有楽町駅前にはちょっとした商店街がありスマートボールをしたり、そこかしこの喫茶店で待ち合わせをしてた者としては、何か違う気がしてならない。
時代の潮流からはじき出された者の愚痴といえばまさにそのとおり。

浜島信子さんが時報代わりに「まもなく10時銀座三越開店の時間です」とアナウンスしてたFMファミリー
流れる音楽はスクリーンミュージックやイージーリスニングがほとんどで、学校をさぼったときはよく聞いてたものです。
FM放送といえば音楽をじっくり聞かせる番組がほとんどだったのに、今では音楽より話ばかりの番組が多くなってるようだし、それも時代の流れ。
どんな時代になっても享楽できないと生きていけないんでしょうね・・・
town_0003_20170420193737326.jpg town_0004_20170420193739237.jpg town_0005_20170420193741076.jpg   

テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

ミケの仔猫 

いたるところに猫がいた街。
最寄駅からそこへ行くには15分ほどかかるんですが、その間にもけっこう猫がいるのできょろきょろしながら歩いてると、いましたよ~~~

エアコンの室外機で寝てる三毛猫にピントを合わせてると起きてしまいました。
それでも逃げないのでシャッターを押してると、眠いのかまた寝てしまいました。
正面から見ると少しふてぶてしい顔でしたが、まどろんでる横顔はまだ仔猫のようにあどけない。
起こして悪かったと思いながら後にしました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
cat_town_0036_20170417180854e64.jpg cat_town_0037_20170417180856137.jpg cat_town_0038_20170417180857bf2.jpg   
テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

猫がいない 

一時よく行ってたところの猫たちがいない。
ほとんどが不妊去勢されてる地域猫たちなので、原因がなんであろうとで亡くなれば一代限りの生命なのだから減ることはあっても増えることはない。

都心のど真ん中の飲食街のこの猫たちにしても、このところ足が遠のいてるとはいえ、行っても姿を見ることがない。
元気でいればいいのだが・・・


テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

雨にも負けず風邪にも負けない猫 

風邪をひいてるのか猫が鼻提灯作ってました。
猫だけでなく犬にしても人間と同じでいろんな病気にかかり、花粉症で苦しむ猿はお尻だけでなく顔も真っ赤にしてます。
それでも生きて行く逞しい生命力に脱帽です。
雨にも負けず風邪にも負けず、猫さんも頑張ろうね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

あなた、友達いますか? 

今朝テレビを見てるとシニア世代の人たちに友達はいるかと聞いてる番組があり、堤防で海釣りしてた定年退職した男性がリポーターに友達が来たと指さしたのは猫でした。
一人ぼんやり釣りをする男性は小魚をあげてるうち、猫はそれを目当てに寄って行くだけでしょうが、その距離感に男性も猫も満たされてるんでしょう。

また昨夜ネコメンタリーというテレビでは、養老孟司さんとその飼い猫スコティッシュフォールドのマル君との日常を追ってました。
鎌倉にある氏の邸宅は緑に囲まれマル君が散歩するにはうってつけの環境。
それでも7キロでメタボリックなのはマヨネーズが大好物だからなのか?
14歳と高齢ながらも身軽な動きをする半面、スコティッシュ特有の親父座りが可愛いかったです。

マル君の詳細はこちら

さてこちらの猫2匹は冬日を浴びてまったり。
縄張りを主張する猫は本来単独行動する生き物ですが、人がかかわるようになってからは群れをなすことも珍しくない。
あなた、友達いますか?
猫はこう答えるに違いない。
友達より餌が欲しい~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

忖度される猫 

ここには4匹か5匹の地域猫がいます。
そして猫の面倒を見るボランティアの方が複数いて、毎日餌を出しに来るのもいれば日祭日だけとか、たまたま猫がいるのを見てコンビニでキャットフードを買ってきたのを出すとかいろいろです。
猫たちのなかには一見の人でも膝にのるのがいるし、そうされれば可愛いし餌をあげたくなるのは人情でしょう。

小さな公園にいるそうした猫を見た人たちはなにかと忖度するのでしょう。
不妊去勢はもちろん体調が悪いとみれば獣医に連れて行くのは、放っておけないからでしょう。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO



なんとかしてあげたいと思わせるのは猫だけでなく、人間にしてもそうでしょう。
困ってればなおさら手助けしたくなる。
そういったことで、森友学園の籠池泰典氏が国会で証人喚問された。
その理由が安倍晋三総理を侮辱したからとか・・・

総理大臣という権力を濫用し日本を米国に売るは、意に背く者を徹底して貶める。
それが喩え正論を訴えててでもだ。
TPP然り自衛隊派遣法や共謀罪はもちろん、籠池氏証人喚問の陰で種子法廃止や水道民営化など次々と滅茶苦茶な法案を成立させてる。
これにより民間企業というより外資が経営参加するのは日の目を見るより明らかで、公共性と安全性が危うくなる。
森友学園開園を忖度しさせたなどより、もっと重大なことを市井が気づかないうちどんどん成立させてる。
こんな売国奴の総理大臣が侮辱されるのは当然だし、おかしいと思うのは自分だけだろうか?

新自由主義という名のもとインバウンド効果はそれなりにあっただろうが、東京の下町へ行っても外人だらけで風情がなくなっていき、ここは日本なのかと不思議に思ってしまう。
外国人が山奥まで行き日本の自然を知るのはいいとしても、白馬やニセコは地元民より外国人のが多いのではと思ってしまうところが多々ある。
高山や京都がその最たる例でしょう。

金もうけさえできればいいい。
そんなことでしか幸せを実感できない人間がはびこってるし、さらに権力と地位名誉をまとってるのが安倍晋三や彼を忖度してるろくでもない政治屋だろう。

籠池氏の証人喚問では自民党と維新の議員が恫喝ともとれる言葉を何度も発してるが、一民間人を証人喚問しての発言が恫喝とは呆れるばかり。
それも安倍晋三を忖度してのことなのだろう。
証人喚問の肝は官僚と安倍晋三の妻付き秘書が森友学園開園に際し忖度したかどうかだし、10億円近い土地がタダ同然になった経緯を白日の下にさらすには橋下徹や松井一郎をはじめとした役人も証人喚問すべきだろう。

籠池氏安倍晋三夫婦のどちらが嘘をついてるのか知らないが、政治家や官僚たちは市井のためになることをしっかりとしてほしいものだが・・・
あ、そうそう、今年の流行語大賞は「忖度」で決まりでしょうね~~~

今日は朝から雨で桜の開花を促す催花雨か?
雨の桜並木に通行人が来たのに合わせようと思ったらボケてしまった。
政治家や役人がボケるのはいい加減にしてほしいが写真までボケては・・・
それでもボケの花のボケ具合はとろけそうで~~~

追記
稀勢の里は昨日負傷を押して出場するも負けるも今日も出場し、本わりと優勝決定戦と勝ち、新横綱として優勝賜杯を手にしました。
横綱になれそうでなれなかったこの数年プレッシャーに弱いとさんざんいわれてましたが、横綱としての今場所はまさに立場が人を育てるというか作った感じで、この逆転優勝は今後の語り草になるでしょう。
それにひかえ安倍晋三など総理として返り咲いても、立場をわきまえるどころか幼児性まる出し。
そんな安倍晋三をはじめとした有権者を愚弄する政治屋どもは、稀勢の里の爪の垢を煎じて飲めどころでなく、付け人となって、人とは何かを見習えといいたい。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR
flower_sakura_02057.jpg 2017_03_0009.jpg  
テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

後ろ髪ひかれる猫たち 

過日あるところへ行く途中なにか気になり、足を止めると猫と目が合いました。
猫を撮りに行く目的でなかったので思わぬ出会いでした。
3匹の猫は足をとめたこちらに気づくや否や、フェンスの下をくぐって出てきました。
車が通るって危ないので、こちらがフェンスに寄って行きました。
もしやと思いバッグの中を探るとシーバが一袋あったので出してあげると瞬く間に食べたし、帰りにも寄るとまた出て来たのは餌を出すと思ってでしょう。
でもないし、近くにコンビニもないのであげることはできません。
それでも猫たちは帰って行くこちらをいつまでも見てました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
 cat_shishi_0002.jpg cat_shishi_0003.jpg cat_shishi_0004.jpg cat_shishi_0006.jpg 

帰りがけこっそり撮影してたら寝てたのが起きてしまいました。
もう餌の持ち合わせがないので撮影だけしたかったのに、また餌を出すと思ったのか通りに出てきました。
cat_shishi_0007.jpg cat_shishi_0005.jpg 

いつまでもこちらを見てるのは餌が欲しいからでしょう。
それでもないとわかるとフェンスのなかに入って行きました。
初めて出会った猫なのに人懐こいのはボランティアの方々や通りすがりの方が餌を出してるからでしょう。
後ろ髪ひかれる猫たちにまた今度という思いであとにしました。
cat_shishi_0008.jpg cat_shishi_0009.jpg 
テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

路地にいた猫を記事にしたらうちのマロ君ですとコメントされました 

歩いててなにげなく路地に目をやると猫の後ろ姿が目に入り、逃げられないようにそっとカメラを向けました。
猫を撮り始めてまだ間がない頃で、とにかく猫がいればうしろ姿だろうとなんだろうと撮る。
それで近づいて行っても逃げない白猫。
そんな路地にいた猫を記事にしたらうちのマロ君ですとコメントされ、びっくりするやら嬉しくなったことがあります。
後日プリントしたのを届けると喜んでくれたのはもちろん、弟猫もいると聞いて撮影させてもらいました。
りょうほうとも元気だといいんですけど~~~

撮影機材 Nikon D90 /AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED
 cat_kojimaya_0006.jpg
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

路地に猫2匹 

京島は鰻の寝床のような狭い路地があちこちありますが、こちらが6年前行ったとき建て替えてるところがかなりあったので画像のような路地は減ってきてるかも知れません。
あちこちいた猫も亡くなってるのが多かったし、こうした光景を見ることは難しくなってるのかも・・・

撮影機材 Nikon D90 /AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED

テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

伸びをしてる猫 

伸びをしてる猫がいかにも気持ちよさそうでした。

2月22日の今日はニャンコの日
我が家の野良猫にご馳走をあげますかね~~~(=^・・^=)

撮影機材 Nikon D90 /AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED
cat_kojimaya_0003.jpg
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑