思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

名前を知らない気になる花 

花を撮影しても知らない名前のが多く、この木なんの木 気になる木 名前 も知らない木ですから~~~♪♪♪と口ずさんでしまいます。
それにしてもこの花の名前が気になります。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO





あの娘の名前はなんてんかな 後姿の素敵な娘
手当り次第に名前を呼べば まぐれ当りで可愛い返事
ニッコリ僕に振り向いて 「あら 私どうしましょう」
って云うかどうか わからないけど呼んでやれ~~~♪♪♪

坂本九さんのこの歌ではありませんが、初めて携帯電話を購入して間がない頃、飲み仲間たちと面白半分で適当な女性の名前を宛先にしてメールを送信したことがあります。
送信不能で帰って来るのがほとんどですが、なかには送信しましたと表示されるのもありましたが、もちろん返信などない。
週末婚のようなことをしてたし、返信があったとしても会う気などなく、酔っ払って面白半分にやってたものです。 
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 1 | edit

ページトップへ↑

ヤマアジサイでしょううか? 

アジサイの種類は多くてよくわかりませんがヤマアジサイでしょうか?
日陰だというのに早くも装飾花が咲いてましたが両性花はまだ蕾でした。
それにしてもシアンが鮮やかというか毒々しかったです。
それでも両性花が開花し雨滴がつくとファンタジックに見えるのがいいです。

そんなのを撮影したのはこちらです

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG

テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

葉に映るアジサイの花影 

アジサイが色づいうてるかと行きましたが、先日掲載したのがかなり開花してました。
それ以外はまだまだで今年は去年に比べ晩いのかとがっかり。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG
flower_ajisai_0088.jpg 

それで葉に映るアジサイの花影を撮影してみました。
上端にアジサイの花を少し取り込んでますがボケボケで、アジサイと明記しなければわからない方もいるのでは?
 



朝のうちに撮影し、帰宅してからファイルをPCに転送して画像処理。
それから記事の下書きをしながらテレビで「噂の!東京マガジン」やって!TRYを見てるとシラスおろし。
タタミイワシをなにかではさんだり、シラスを醤油炒めにしたりとか滑稽な調理をするのは相変わらずで呆れも驚きもしない。
それがコーナー最後に調理師が出てきてダイコンをおろした上にシラスをのせて完成。
有名店の調理師が登場したからにはもう少しひねるのかと思ってたので肩透かしを食らってしまった。
出汁醤油に酢を合わせたのかけるのが好きなので、そういうひねりがないかと思ったら冷製パスタに利用してました。
暑い時の定番ですね。

母の生家が姫路なので夏というと揖保乃糸をよく食べてました。
素麺にしろ冷や麦にしても、とにかく播州素麺揖保乃糸が美味しいと自慢してました。
ところがあるとき漫才師の青空はるおさんが、茂野のおじゃるというのをテレビコマーシャルでしてたのを見た母がどんなものか買って来たのを食べたら、つるっとした喉ごしがいいしこしがあって美味しい。
値段も揖保乃糸よりかなり安いし、それからというものは茂野のおじゃる一辺倒です。

昨日は都心で30度を超え真夏日に。
ジャガイモとニンジンにタマネギとウインナーを炒めたのでビールを飲んで暑気払い
おじゃるの素麺を食べようと思ってたのに眠くなって昼寝しましたよ。

下のは過日紅生姜の天婦羅を買ったとき作ったおじゃるです。
蒲鉾と油揚げを煮たのをのせたたのに、見てくれは悪くても美味しかったです。
cooking_0024.jpg
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

スイレンの季節です 

今年もスイレンの季節がやってきました。
まだ咲きはじめというか次から次へとかいかしては枯れていきますが花の数は少ないといっても、初夏の到来を思わせます。

スイレンとハスの見分け方は、スイレンは水面すれすれに花を咲かせるのに対し、ハスは水面からかなり高いところに花をつけます。
そしてスイレンのシベはキクの花のような感じですが、ハスは真ん中にジョウロの先端のような花托があるので簡単に見分けがつきます。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG
 flower_suiren_0024.jpg flower_suiren_0027.jpg flower_suiren_0026.jpg 


このところ竹原ピストルがメディアに取り上げられることが多いようです。
私が彼を初めて目にしたのは「海炭市叙景」という映画ででした。
函館市出身の作家佐藤泰志の短編小説をオムニバスにしたというかドキュメンタリータッチの作品で、勤務先の造船所が不況で閉鎖されようとするなか、初日の出を見に函館山に妹と行くものの、帰りのロープウエー代にも事欠き妹だけ乗せた兄役の竹原ピストルは歩いて下山する。
終幕間近に世の中に絶望し自殺したのか、遭難死だったのかはっきりしないがテレビで彼の死が流される。
そんな彼の演技は寡黙でも力強さを感じたものです。

この海炭市叙景を見てから6年ほど経過してますが
よ~、そこの若いの 俺の言うことを聞いてくれ~♪♪♪
こんな歌を耳にしてる方が多いのでは?
この歌手がまさかあの竹原ピストルとは思いもしていなかった。
昨夜もNHKで夜遅く出演してて、人気のほどがわかろうかというものでした。
歌手もいいですが、私としては俳優としてもっと出演して欲しいと思ってます。

敬称を略させていただきました。
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

多摩川台公園のアジサイが一株だけ色づいてました 

先日多摩川台公園へ行くとアジサイが一株だけ色づいてました。
来週になればもっと色づいてくるかと思いますが、こればかりは天気次第なので・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG
 flower_ajisai_0084.jpg
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

花はおそかった 

そろそろエゴノキが咲いてるのではと思い行くと、確かに咲いてましたが少し晩かった感じ。

かおるちゃん おそくなって ごめんね
かおるちゃん おそくなって ごめんね
花をさがしていたんだよ
君が好きだった クロッカスの花を
僕はさがしていたんだよ

上記は昔美樹克彦さんが歌ってた「花はおそかった」の歌詞ですが、花の旬は咲きはじめなのに散り始めたとは・・・
まさに花はおそかったと思わずにいられません。
これからアジサイが、そしてハナショウブがどんどん咲き始めるので、旬を撮り逃がさない教訓にしたいです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4 / smc PENTAX-A 50mmF1.4 / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
上段が今年で下段が去年撮影です。
flower_2017_05_0001.jpg flower_2017_05_0002.jpg 


flower_2016_05_0033.jpg flower_2016_05_0034.jpg flower_2016_05_0035.jpg flower_2016_05_0036.jpg       
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

アジサイに似てるオオデマリとコデマリ 

アジサイが咲いてるのかと寄って行くとそうでない。
いくらなんでも4月下旬にアジサイが満開になるはずがないのは元より承知ですが、遠目ではそっくりでした。
帰宅しブロガーさんの記事でオオデマリとわかりました。

近くにはこれまたアジサイかと思わせる花が咲いてましたが、こちらは去年コデマリと判明してました。
昨日今日は夏のように蒸し暑いし、アジサイが色づくのもそう遠くないようです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_ajisai_0083.jpg 2017_04_0024.jpg  

テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

花を愛でる心 

ソメイヨシノと八重桜の見頃を終えた今、ハナミズキが葉桜に彩を添えてます。
朝晩はひんやりしてまだまだ寒いですが、日中は初夏をとおりこし蒸し暑い日がある東京です。
日本は四季がはっきりしてて季節折々に花を愛でることができます。
が・・・

挑発をやめない北朝鮮に対しアメリカが威嚇するのを、安倍晋三が支持支援すると表明したことで日本はますます北朝鮮から敵視されるに違いない。
これまでは単なる挑発だけだった北朝鮮が、本気で核弾頭を搭載したミサイルを日本に向けて発射する可能性が高くなり、こんなブログを運営してるどころでない日がいつ来てもおかしくない。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
flower_sakura_02150.jpg 

 2017_04_0012.jpg  2017_04_0010.jpg 

着物を着た女性が銀座の花椿通りにはハナミズキの並木を歩いてますが、こんな優雅な光景も一瞬にして火の海と化すだろうし、東日本大震災や熊本地震を上回る大惨事になるでしょう。
核弾頭搭載ミサイルの標的は間違いなく首都東京だろうし、死者がどれぐらい出るのか・・・

生き残ったとしても食うや食わずで路頭を彷徨い、花を愛でるどころでない。
それでも安倍晋三や国会議員ら一部の者はのうのうと飯を食ってるに違いない。
それは過去の大戦を紐解くまでもないこと。
そういう戦争がいつ起こってもおかしくない非常事態を迎えてるのに、自分自身もふくめそんな馬鹿なことなど起きるはずないと思ってるはず。
ま、元凶は北朝鮮の独裁者なんで、それを懲らしめることに異論はないにしても、武力行使以外に他の方法があるだろうに、気に入らないからなんでもいいという短絡的な考えしか持てないトランプと安倍晋三がタッグを組んでは戦争になってもおかしくない。
どちらにしろ国民を自分の意思に従わせることしか頭にないんでしょうから・・・

花を愛でる心があるなら、戦争を絶対にしないし起こさせないでしょう。
ろくでもない野心をもった者が国の代表となり、それゆえ多くの人間を不幸にするというのがわかってないんでしょう。
安保条約など破棄してスイスのように永世中立国にすればいいものを、そういう平和主義に思考が及ばないんですから…

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 28-50mmF3.5-4.5
2016_04_0001.jpg 

ハナミズキの和名はアメリカヤマボウシらしいですが、そのヤマボウシを見られる時期がもうすぐ。
来るゴールデンウイークに皆さんがあちこち行かれてるころ、こちらはヤマボウシを撮影してるでしょう。
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

薄紫の藤棚の・・・ 

薄紫の藤棚の下で歌ったアベマリア 澄んだ瞳が美しく なぜか心にのこってる~~~♪♪
「女学生」の歌は安達明さんのが馴染み深い方がいるかも知れませんが、私は三田明さんが歌ってたのを聞いてました。
なんでもかんでも略語化してしまう今、女学生という言葉自体死語となってJKとかJDなど語彙のない呼称になってますが・・・

正月明けから梅を撮り始めその後少しすると並行して河津桜を、そして都内では若葉になってますが東北と北海道でこれから見頃を迎える桜を撮影してましたが、ツツジやチューリップが目につくなかフジが見頃を迎えてます。
足利フラワーパークのような豪華さはなくても、歩いて行ける近所の藤棚に初夏を感じてます。
それにしてもフジの花は本当に薄紫ですね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR / smc PENTAX-M 150mm F3.5 / smc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0
 2017_04_0016.jpg 2017_04_0014.jpg 2017_04_0013.jpg 2017_04_0015.jpg
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

北の丸公園から見た千鳥ヶ淵の桜 

都内の桜は昨日嵐のような風で花吹雪にになり、かなり散って若葉が目立つようになってきました。
それでも東北や北海道ではこれからが桜の季節だし、日本は南北に細長いため桜を追いかけて撮影してる方もいるんでしょう。

4月も半ばになりもうすぐゴールデンウイーク。
山へ行ってたとき盆休みは暑くて山に登る気になれなくても、ゴールデンウイークは登山にはもってこいの季節。
それで大蔵高丸とか三頭山など手ごろなハイキングを兼ね桜を撮影しに行ったものですが、奥多摩湖は近くて季節問わず行ってました。

その山から遠ざかって20年ほどたってるんですが、都内の桜を撮るにしても山の雰囲気を感じさせるところがいい。
そんなところがあるのか調べてもピンとこないし、起伏に富んだ大きな霊園墓地とか去年秋初めて行った北の丸公園なら千鳥ヶ淵の桜が水面に映えるのを撮れるかも知れない。
そんな思いで撮影しましたが、奥多摩湖や山の雰囲気を感じられるでしょうか?
flower_sakura_02133.jpg flower_sakura_02138.jpg  flower_sakura_02134.jpg flower_sakura_02135.jpg flower_sakura_02136.jpg flower_sakura_02137.jpg 

山登りをしてたといっても八ヶ岳や南アルプスに、奥秩父とか奥多摩がほとんどで北アルプスの山は上ったことがない。
一時は山岳写真のサークルに所属するも、組織の醜さに辟易し退会。
違う同好会へ行くとそちらは雰囲気も会員もよかったのに、とにかく仕事が多忙を極め山どころでなかった。
そこの会員たちと毎月例会で神田の大越などで飲み会をしてたのが懐かしいし、できることならまた山へ行きたいものですが・・・

繁華街や有名なスポットはいつ行っても外国人が多く、北の丸公園も例外ではありません。
上野公園や浅草寺のように偽僧侶はさすがにいなかったものの、とにかく外国人の多さが奇異に感じてならないのは自分が古い人間だからでしょう。
外国人による経済効果を思えば、風情がなくなったとばかり嘆いてもしょうがない。
それでも日本人老夫婦のスナップ撮影ができました。
flower_sakura_02139.jpg flower_sakura_02140.jpg flower_sakura_02141.jpg flower_sakura_02142.jpg  flower_sakura_02143.jpg flower_sakura_02144.jpg 

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

今日テレビで「誰だって波瀾爆笑」」を見てるとゲストが中川家でしたが、愉快な兄弟にほのぼのとさせられました。
この番組は「いつみても波瀾万丈」がはじまりで、その当時のアシスタントが遠野舞子さんでした。
彼女まだ高校生だったような気がしますが、凄く可愛かったと記憶してます。
なぜこんなことを覚えてるかといえば、時同じくして林真理子さん原作の「葡萄が目にしみる」という単発ドラマがあり、戸田菜穂さんが主演しその初々しさに惹かれたし、舞台が山梨県勝沼のぶどうの丘でした。
山梨は仕事の関係で1年ばかり住んでたこともあるし、勝沼インター近くの紅玉園というドライブインで何度も食事をしてました。
それで茅が岳へ行った帰りぶどうの丘によると泊れることがわかり、山の帰りで疲れてたので泊まることにしました。
ワインカーブで試飲し放題のワインを飲み、夜は石和の花火大会があり宿泊棟前のテラスから見てました。
夕食はガラス張りの展望レストランで思蓮鍋なるすき焼きを食べ、翌日朝食を終えてテレビを見てると遠野舞子さんが出てたしだい。
少女から女性に移ろって行くような感じだった遠野舞子さんも今では40代となってますが、ますます美貌に磨きがかかってるようです。
今でこそぶどうの丘の宿泊棟は豪華なホテル顔負けの広さだし、温泉の天空の湯もできてますが、当時は木造の研修室のような感じでした。
それも20年ほど前第三セクターに運営を委ね宿泊料が倍近くなってからというもの泊ってないし、今はどうなってるのか・・・
なんだかとりとめがなく脈絡のないことですが・・・

昼過ぎは「草刈正雄の島で一杯~ 今晩、一緒に呑みませんか?」という番組で、顔を真っ赤にしながらも端正な顔立ちは相変わらずで、男が惚れておかしくないマスクでした。

夜「 バナナマンのせっかくグルメ!」は草刈正雄さんとは対照的なルックスの日村勇紀さんですが、彼が女性に人気があるのがなるほどと納得する人柄がにじみ出てました。

桜の花はほとんど散ってカメラを持ち出すことが減りそうで、今日はそんなこともあってテレビを見てました。
夏を思わせるほど暑かった日中も夜ともなればひんやり冷えてきてますが、我が家の野良猫由乃がフードを食べたあと少しばかり撮影に付き合ってくれました。
穏やかな気分でのんびりした日曜日。
毎日こんな気分でいられるといいんですけどね~~~
テーマ: 桜のある写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑