思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

亡きブロ友を訪ねて 

2009年秋母が亡くなり、その翌年結婚した当時父親と住んでた広島県府中市の上下町がどんなところなのか知りたくなりました。
それでも葬儀を終え納骨すると虚脱状態になり、なにもする気になれない日々が続いてました。
年が明け春になっても半ば鬱状態のこちらをブロ友の方たちが気遣ってくれてました。
その一人に広島在住の方がいました。
元は川崎市在住だったようで、こちらも二十歳ごろその川崎で仕事をしてたことがあり、おたがいすれ違ってたのかも知れないとブログで書きあってました。

その方のブログの更新が止まったままになり、どうしたのか案じてると火事で亡くなったことを知りました。
寝た切りの母親との二人暮らしで老々介護の果てストーブからの失火で火事になったそうです。
末期癌の母のことでなにかと激励してくれてたし、飛んで行きたかったものの、長い間仕事を休んでたのでそうもいきませんでした。

それから一年たったこともあるし、上下町へ行きたかったしブロ友の墓参りを兼ねて行く決心をしました。
ところが、すべての手配を終えたところで東日本大震災が起きました。
航空券と宿を手数料なしでキャンセルできるというのでキャンセルしたものの、やはり行こうと再度計画を練り直したものです。

上下町は白壁が多い町並みですが、両親がいたのは町はずれの山村だったようで、身内がいる訳でないしどこだか見当もつきませんでした。
それでも食堂を兼ねた宿の女将さんがそんな山村まで車で案内してくれました。
宿自体古くても気のやさしい女将さんでした。
 travel_hiroshima_0002.jpg 

その上下から三次に出て芸備線でブロ友がいた戸坂へ。
駅に降り立つとローカル線らしき感じですが、タクシーでブロ友が住んでたところへ行くと山林を切り崩したような住宅街。
人っ子一人いないなか空き地があり、もしやと思い近所宅で確認すると釣り爺さんのぼやきというブログを運営してた北田さん宅でした。
火事を通報したのもその近所宅の方で、最寄り駅へ行くのに送って行こうといいますが、かなり歩きそうだし帰りは上り坂になるので途中で引き返してもらいました。
北田さんがこの長い坂道を上り下りしながら市内のグローバル塾まで通い、そのうえ母親の面倒を見たりで大変な思いをしてたのではと・・・
travel_hiroshima_0003.jpg travel_hiroshima_0004.jpg 

墓がある国前寺は桜が満開で、二回忌の北田親子に春が来たと教えてるようでした。
墓前には花だけでなく缶コーヒーが添えられてたし、塾生たちの思いやりが偲ばれました。
travel_hiroshima_0005.jpg travel_hiroshima_0006.jpg 

両親が住んでたところを見たいのとブロ友の墓参りのほかにもうひとつ、金本耕三が母を偲んで建立し西の日光といわれるほど立派な耕三寺へ行くのも目的でした。
自分にしても北田さんにしても母に対する思いが強かったし、だとすれば金本耕三の偉業を見て損はないだろうと・・・
陽明門や平等院に五重塔は法隆寺のを模したものですが、若干高い入場料以上に見る価値ありでした。
travel_hiroshima_0007.jpg 

北田氏が亡くなってまる7年たち、今日は八回忌なのにあいにくの雨模様ですが、母ともに極楽浄土で第二の人生を謳歌してることでしょう。
グローバル塾の塾生たちに親しまれた北田昌利さんを偲んで合掌です。
テーマ: 独り言 | ジャンル: ブログ |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

ブロンドヘアー 

子供の頃「緑色の髪の少年」という映画を見たことがありますが、内容を全く覚えてません。
そこでちょっと調べたら悲惨な過去を思い出したら、翌朝には髪が緑色に変わってたという物語でした。

いまどき髪の色が緑だろうがピンクであろうと驚くに値しない。
むしろ黒髪そのままの日本女性を見て、びっくりするのが今という時代。

欧米人にはブロンドヘアーが多いという既成概念が強いんですが、実はそれほどでもないらしい。
栗色や赤に茶とかのが多く、ブロンドはかなり少ないといいます。
なのにブロンドが多いというイメージがあながち間違ってないのは、欧米人も日本人同様ブロンドに染めてるからだとか・・・

こちらの女性は見事なブロンドでした。
眉毛は眉墨で本来の地毛と違う色になってるかもしれないし、髪の生え際が少し黒っぽい感じだし、ひょっとして染めてるのかもしれませんが・・・

いや、そもそもブロンドヘアーというのは根元から毛先まですべてがブロンドでなく、部分的に色が違ってるようです。
ということでやはりブロンドなんでしょうね~

woman_0008.jpg    

今日の独り言
FC2の訪問者履歴の重複、ようやく解消されたみたいですが、皆さんはいかがですか?

テーマ: 女性ポートレート | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

純真無垢な微笑み 

2歳か3歳ぐらいの純真無垢な微笑みにカメラを向けていました。
それにしても可愛いお子さんですね~

DSC_9910.jpg

テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

動物とふれあうことの意義 

今日知り合いが参加してるOTAふれあいフェスタ2013へ行ってきました。
いろんなエリアがあるなかで動物とふれあうコーナーがありました。
子どものころからこうして動物と接することで何か感じてもらえば、犬や猫を飼っても邪魔になったから病気になったからと見捨てないでしょう。
動物とふれあう意義を知らない子どもたちもやがては大人になり、命の大切さとか生きることの尊さを知るときがくるはず。
そのとき、撫でてたウサギやヒツジにウシの温かさとかいろんなことを思い出すでしょう。

最近肉や魚を食べたくない感じになってます。
殺生したものを口にすることに少なからず抵抗が出てきてるんですが、いまさらこんなことを感じたところでトンカツやエビフライとか牛丼にすき焼きなど飽きるほど食べてきてますからね・・・

もうかなり前のことですが、スーパーモデルのGisel Bundchenが毛皮を着ないと断言してファッション界に一石を投じたことがあります。
動物愛護のためにもいいことですよね~

animal_0003.jpg
animal_0002.jpg
animal_0001.jpg

テーマ: 動物愛護 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑

大学の文化祭でギターとマンドリンの調べ 

大学文化祭が開催されてるとはしらず、呼び込みにつられのこのこついていくと若者たちの熱気でむんむん。
空腹だけでなくのどが渇いてて模擬店でなにか口にしようにも、歩くのさえままならない。

人ごみはもうたくさんとばかりに猫の撮影に行こうとすると、ギターマンドリンの演奏会はどうかと呼び止められました。
お腹すいてるしのどが渇いてしょうがなかったけど自動販売機まで案内してくれたし、人ごみから逃れるように行きましたよ。
久しぶりに聞くギターマンドリンの音色にうっとりしましたね~

young_0001.jpg
young_0002.jpg
young_0003.jpg

昨日パソコンを起動したらモニターが映りませんでした。
もう5年以上使ってるしパソコンを買い換える時期だと思ってましたが、モニターがさきにおかしくなったようです。
パソコンの代わりにスマフォを代用する手もありますが、同期してなかったし何かと不便で、今日モニターを買いに走りました。

帰宅してからつなごうとネジをいくらまわしても締まらない。
よくよく見るとPC側の
端子がぐらついてました。
そんな馬鹿な・・・
筐体とシャーシをつないでる部分をはずそうとしましたが、それもネットを見ないとわからず頭を抱え込みましたよ。
なんとかはずせないものかとほかのネジをはずすと、ぽろっと落ちるものがありすこしだけ指が入る空間がありました。
それでケーブルを差し込もうとなんどもネジを締めるけど、いっこうに締まらない。

古いモニターのケーブルよりネジがみじかいことに気付きました。
どうなるか分からない不安まじりに古いケーブルをつなぐと、映りましたよ~
帰宅してから2時間あまりの格闘の末ようやくパソコンを使えるようになり、1インチ小さいだけでかなり小さく見えます。
高さの調整もできない安物だからしょうがないですね・・・
カメラ購入後3日目にして動画モードで撮影してるとフリーズしてしまい、なんてこったと思うもののメディアが劣化してるのが原因かもしれないということで元通りなりましたが、カメラに続いてPCまで不調になり泣きっ面に蜂でした。

ま、これでいつもどおりパソコンを使えるようになりましたが、たった1日半使えないだけですごく不便な思いをしました。
スマフォ中毒ならぬ、PC中毒になってることを改めて感じたしだいです。

テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑

微笑 

駅を出ると大学の文化祭の呼び込みにあい、猫の撮影をあとまわしにして行けば、若者たちの人いきれにかつての青春時代が蘇ってくる。

怖い人間が笑顔になれば別人のようにやさしく見える。
ましてや、女性の微笑ならまわりの者さえにっこりしてしまう。
女子大生の魅力的な笑顔というか微笑にシャッターを押さずにいられませんでした。

woman_0002.jpg

テーマ: 顔に見えるもの | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑