思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

猫と睨み合うようにしてピント合わせ 

猫を撮り始めたときオートフォーカス任せでした。
猫の魅力を知ったというか、猫に憑りつかれたというべきか?
とにかく猫を見ると、レンズを向けてシャッターを押してました。

今から8年前の盆過ぎ。
ある墓地には猫だまりがいくつもあり、行けば少なくても20匹ぐらい多いときは50匹以上見かけてました。
フォーカスポイントを合わせるのももどかしく、とにかく猫を撮れればいいという感じですから、目にピントが来てないのがかなり多かった。
そのうち猫の習性を少しずつ知るようになったし、顔馴染みになった猫が増えるにつれ、じっくりカメラを構えて撮影できるようになりました。
それで目の上にフォーカスを当ててたのは、目だと暗いので露出とホワイトバランスが狂うからでした。
それは露出モードによってかなり違いがあるので一概にどうこういえませんが・・・

ところがオートフォーカスが正確でないのかピントが甘いのが多い。
それでマニュアルフォーカスするようになったし、それも瞳孔にピント合わせするようになりました。
ズームの望遠端で撮影することが多く、被写界深度が浅くなって目の上でもピンボケみたいになるからです。
広角レンズで絞り込めば、目の上でも瞳孔が被写界深度内に入ってきりっとした写りになるんでしょうが、APSなのにフルサイズ用の300mmを使えば450mmになって、ほんの少しの誤差でもピンが甘くなる。

そんなことで顔を対角線状に横切ってる猫と睨み合うようにしてピントリングを調整しシャッターを押しました。
画像処理するのにサイズを再サンプル化しても瞳孔にピントがきてるし髭まで鮮明に写ってました。
年々老眼の度合いが進みピント合わせがつらくなってますが、睨み合うようにしてなら大丈夫。
それでも両腕と肩が震えないようにしてるのはつらいですけどね・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

テーマ: 猫撮りの撮影技法 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

やんちゃな猫と澄ましてる猫 

親子なのかそっくりな2匹の猫がそろって右側を見てたのを撮ろうとしたら、白黒猫が突然立ち上がってこちらに向かって来る。
そんなやんちゃな猫と澄ましてる猫それぞれの表情が相まって面白い画になったのに、白黒猫がピンボケになってるのが残念。
望遠ズームでなく広角レンズならこれほどピンボケにならなかったろうにと思っても、レンズ交換してる間にシャッターチャンスを逃してしまうし、この猫たちを撮るときはたいがいSIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROだけなのでそれも無理。
広角と単焦点にズームを付けたカメラ3台を状況に応じて瞬時に使い分けられればいいですが、そんなのは助手がいるプロカメラマンとそれに準じた人ぐらいでしょう。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

テーマ: 猫撮りの撮影技法 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

ピント合わせはマニュアルフォーカスかオートフォーカスどちらですか? 

数年前花の撮影をするようになってからというもの猫にしてもピント合わせマニュアルフォーカスにしてます。
というのは任意のところを選んでも、所有してるレンズでオートフォーカスだと若干ピンボケ気味になるからです。
ピント調整すればそれなりにきちんと合うんでしょうが、置きピンしたりするしフォーカスポイントから外れてるところにピント合わせすることもあるので、レンズのピント調整をしたところであまり効果ないかという疑念があるからです。
ということでファインダーを見ながらマニュアルフォーカスしてることがほとんどです。

昨日の記事にしてもそうですが、縦に棒状の門扉ごしの黒猫をオートフォーカスにするとSIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROだと凄く迷うし当然マニュアルフォーカス
もっと近づいて格子の間にレンズを突っ込めばオートフォーカスでもピントはきますが、門扉の格子をいれたほうのがこの黒猫の表情が引き立つのではという思いであえて写しこみました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO


先日テレビにガッキーと一緒に出演してた石川佳純選手。
ガッキーこと新垣結衣は誰からも好かれるタレントらしいですが、卓球をしてるとき厳しい表情ばかりの石川佳純選手のほんわかした顔は最高に可愛かった。
映画ミックスに出演するようです。
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 1 | edit

ページトップへ↑

木製物干しにスカイツリー 

ここを何度か撮影してるのは、昭和の遺物と化した木製物干しと近代が誇るスカイツリーのアンバランスな組み合わせが面白いからです。
それでも限られた構図にしかできないジレンマがあるし、曇ってても空が背景になれば物干しが黒くつぶれがちになる。
そうならないように露出をプラス補正すれば背景の家とスカイツリーがとんでしまう。
三脚利用でHDR撮影すれば解消できますが、何キロも歩きまわるスナップ撮影に三脚を持ち運ぶのは疲れてしまうので持参してません。
ということでRAW現像する際、アンダー・適正・オーバーの3枚のレイヤーを合成しHDR撮影したような感じに仕上げました。
コントラストが上下か左右きっちり分かれてるならハーフNDフィルターで処置できるでしょうが、左のように混在してるような構図では不可能でしょう。
明暗比の高い画像をこうして再現できるのは画像処理の妙というか画像処理ソフトのおかげですね。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 kyojima_0016.jpg 

今日「やすらぎの郷」が最終回でした。
中盤見ないこともありましたがストーリーもさることながらほとんどが八十代前後の出演者たちに圧倒されるばかりでした。
六十代半ばの自分が朝なにを食べたか思い出せなかったり、外出したはいいものの鍵を閉めたかガスを消したかといった強迫観念に駆られ、したことを思い出せないことが多くなってるというのに、やすらぎの郷の俳優たちは台詞を覚え演じてた。
台詞を覚えるのが仕事とはいえ八十歳前後で記憶力は衰えないものかと感心しながら見てました。

内容はテレビをつまらなくしたテレビ局を皮肉ってるし、原案と脚本担当の倉本聰は愛煙家ということで男優女優問わず煙草をふかすシーンが多いのも時勢を皮肉ってるようでした。
テレビにしても喫煙にしても問題提起してるように感じたし、単なる団塊世代向けとは一味違うドラマでした。

このところリアルタイムでテレビを見るのはニュースぐらいで、あとは動画サイトで見てることが多い。
ドラマにしてもバラエティーやその他もろもろを見られるし、こんなのがあったのかとときめいて見るのもある。
それでも「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」とか「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」など各地を巡るロードサイド物は気楽に見られて面白い。
それなのに毎週のように見てた土曜スペシャルの旅番組とか大和田伸也ナレーションの「いい旅夢気分」がほとんど見ることができないのが残念でならない。

テレビがつまらなくなったというのは若者たちだけでなく年寄りも同様なのかテレビ離れが多い。
理由はいうまでもなく見たい番組がないからだし、見ててほっとしたりクスッと笑えるのがないからでしょう。
どうでもいいことを大袈裟に、それも無理に笑わせようとする番組にそっぽを向くのは当然で、視聴者をくすぐる番組がないのか見つからないのか?
そういう意味ではテレビ東京はなにかと話題の番組が多いし、テレビ朝日にしても今回のやすらぎの郷ドラマとはこういうものだと見せつけてくれた。
まだまだテレビは捨てたものではないと思いますけどね~~~

敬称は略させてもらいました。
テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

彼岸花をうつ伏せで撮影 

携帯用の折り畳み椅子ではヒガンバナを見下ろしてしまうのでうつ伏せで撮影しました。
草っぱらでは服が汚れるので、100円ショップで売ってる銀マットを広げた上で寝転ぶというかうつ伏せ。
つらい体勢ですが目線をヒガンバナの高さに合わせるには仕方ありません。
それで少しは非凡なものが撮れたかといえば、ご覧の有様で・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 2017_09_0014.jpg 2017_09_0015.jpg 2017_09_0011.jpg 2017_09_0012.jpg 2017_09_0007.jpg 2017_09_0008.jpg 

ヒガンバナのそばに雑木林が生い茂ってるし金網のフェンスがあるはで、斜光線で撮ることができない。
そんなことで敢えてヒガンバナの高さにレンズを合わせての撮影でした。
2017_09_0009.jpg 2017_09_0010.jpg
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

ランタナをどう撮ろうか考える 

下町の一角にランタナが咲いてました。
どんな花を撮影しても凡庸になりがちなのに、花が小さくピント合わせが特に苦手なランタナをどう撮ろうか考える。
するとランニング姿の男性が通りかかり、いかにも下町の住人といった感じ。
素早く画角を決め、あまりぼかさないように絞りを決めすかさずシャッターを押しました。
この男性が通らなかったら詰まんない写真でしょうね。
え?男性が写ってても詰まんない?
う~~~ん・・・
そういえばそうでしょうかね・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

ピントはずれ 

山や風景を撮ってたのは四十代半ばころまででした。
この当時あまりカメラを持ち出すことはなかったんですが、山へ行くときは必ず持参してました。
まだアナログカメラで拡大ズーム機能などなイ時代でも、撮影したプリントがピンボケになってるなどほとんどなかった。
それは被写体がカメラからはなり離れてたし、絞り込んでる場合がほとんどで被写界深度が利いてたからでしょう。
それでも新聞や文庫本の文字がぼやけて見え、視力が落ちたのかと思ったら老眼が始まってました。
と同時に体力が落ち始め山から遠ざかっていき、撮るものといえばスナップ。
スナップといっても被写体はいろいろありますが、街中で目に付いた点景です。
この時でもピンボケはあまりなかったのがアナログからデジタルカメラに替え、猫や花主体になるとピンボケ手ぶれを量産。

猫はちょこまか動き回るのでマニュアルでのピント合わせはは難しく、オートフォーカスでコンティニュアスモードにしても精度があまりよくないのかびしっと合うことがほとんどないしシャッター速度が遅ければブレてる。
花にしてもちょっとした風で揺れるし、アップにしたりマクロ撮影はブレとピンボケが半分以上など当たり前。
オートフォーカスでは思うようにピント合わせできないと感じマニュアルにしてますが、老眼なのでなおさらピントが合わない。
そんな状態で撮影したヒャクニチソウですが、いかがでしょうか~~~




日野皓正がジャズバンドでドラムの中学生にピンタした動画を文春デジタルが報じたのに、あれは中学生が悪いと日野皓正をかばう傾向が強かった。
それが昨日帰国した日野皓正本人が中学生にピンタしてないと会見したことに、多くの者がそれはないだろうと見方を一変した。
動画ではりピンタしてるようにしか見えないし、スティックを取り上げられてもなおも手でドラミングしてる中学生を自分勝手だと思ったし延々とソロを続けようとする彼に非難が集まってた。
たとえ中学生だろうとジャズプレーヤーとして世界に名を轟かせてる日野皓正にピンタされただけでも有り難いと思うべき、などなど日野皓正に非はないとの見方が大勢だったのに、俺はピンタなんかしてないというのに唖然となってしまった。
日野皓正が、悪いことは悪いんだからピンタしたといえばかばってた多くの者は納得しただろうに・・・
世界の日野皓正が体罰を恐れたような発言に、そりゃ皆が落胆するのは無理もない。
体罰といってもピンタでさほど強くもなかったし怪我もしてない。
当の中学生も彼の親も悪いのは本人自身だと言ってるのに、日野皓正がピンタしてないといった真意はともかく、腑に落ちない一件だった。
いや、ピントはずれとでもいうべきか・・・

ピントを合わせるのは、本当に難しいですね~~~
※敬称は略させていただきました
テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

露出は難しい 

キバナコスモスを見た目通り再現しようと画像処理してると、どんどんパステル画のようになって質感が失われていった。
実際にはもっと明るかったのに、これ以上明るくしたら写真でなくなってしまう。

よく白とびとかハレーションを起こさないように撮るというが、肉眼で見たこのキバナコスモス自身質感がない感じだった。
それだけ陽射しで反射を起こしてたのに、画像処理で質感を再現すること自体が無謀。
後ろのコスモスの輪郭が二線ボケのようになってるのも、無謀な画像処理のせいでしょう。

露出は難しいのに反射してるならなおさらですね~~~


テーマ: 絵画風加工写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

野に咲く花は・・・ 

野に咲く花というより線路端のオシロイバナでしょうか?
蕊にピントを合わせるのに苦労してるのに、風が吹いたり電車が通過するたびに揺れる。
それでも ・・・

野に咲く花は どこへ行く  野に咲く花は きよらか
野に咲く花は 少女の胸に そっとやさしく いだかれる
可愛い少女は どこへ行く 可愛い少女は ほほえむ
可愛い少女は 若者の胸に 恋の心 あずけるのさ


昔よく歌ってた歌詞を思い出しながらシャッターを押してました。

なんてことのない野に咲く花でもキバナコスモスも一緒に咲いてて、近所なのでこの時期になると毎年撮りに行ってます。
同じ花を同じところで毎年撮ったところで何の足しになる訳でもない。
それでもレンズを通して見ると綺麗で、シャッターを押さずにいられない。

写真を撮るというのは何か目的を持ってのことがあれば、ただカメラを持ち出してぶらつき何かあれば撮ろうと、目的なしのことのほうが多い。
見慣れたありふれた光景ばかりでも、その時の気分でおやっと思わされることがあるし、それでシャッターを押す。
やたらと人が多いところだとどうしても人が写りこんでしまうし、それをネット上で公開すれば問題になることもあり、今では街中でのスナップ撮りをあまりしなくなってるだけに花の撮影が多くなってます。

写真はカメラのレンズを通すと肉眼で見たのとは別物に見えることが多い。
ましてや前景と背景をぼかせば非日常の光景に。
このオシロイバナがどんなところに咲いてるのか全景を見せたら、なんだと思う方がほとんどでしょう。
写真はそう思わせる魔術みたいなところがあり、それがカメラを手放せない理由のひとつになってます。

野に咲く花は どこへ行く
かの如くカメラを手に近所をうろついてる今日この頃ですが、連日35度近い猛暑日はさすがに外出する気になれません。



テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

ピントがなかなか合わないランタナ 

ランタナを撮影すると半分がピンボケになってる。
それは花が小さいし、下のように斜め横からだと、花芯があまり見えずどこにピントを合わせたのかわかりづらいせいからだろうか?
ピントがなかなか合わないランタナは風で揺れてることが多いのも一因でしょうが・・・

 2017_08_0002.jpg 2017_08_0003.jpg 2017_08_0004.jpg    
テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑