思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

岩合光昭さんの「ねこの京都」写真展を見て来ました 

日本橋三越7階で開催されてる岩合光昭さんの「ねこの京都写真展を見て来ました。
京都の猫でなく猫の京都題された写真展に、なるほどと頷いたのは猫が主役になってるのはもちろんのこと、猫目線で撮影されたというのがひしひしと伝わってきたからです。
岩合さんならあちこちから猫がいるから撮影しに来たらとお誘いがあるでしょうが、猫がいればいいというものではないし猫の視点で撮影するのにどうするべきかをわきまえての撮影でしょう。
とにかく素晴らしい写真ばかりで圧倒されました。
15日月曜の5時までですので、明日明後日の週末はかなり混むと思いますが行かれることをお勧めします。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
iwago_0001_20170512161257988.jpg iwago_0002.jpg

このところ痴漢したと思われる男性が線路に逃げ込むのが続発し、今日はビルの屋上から飛び降り自殺した事件が起きました。
身元を公開されれば家族だけでなく近所や勤務先でも白眼視される。
既婚なら離婚されることもあるだろうし会社も首となれば人生台無し。
それをわかってて痴漢するんでしょうが、その心理が理解しがたい。
平凡な毎日であろうと五体満足で健康ならそれが一番幸せだと思うのに、そういうことに頭がまわらないのだろうか?
楽しいことや快感を得るなら、ほかにいくらでもあるだろうに・・・
ランニングしてると気持ちがよくなるというか興奮してくるランニングハイ。
山に登ってると苦しいのにもうすぐ頂上だと意気軒高になるし、下山すれば温泉入ってビールを飲む至福のひととき。
いろいろあるのに、酒飲んで気が大きくなって痴漢してしまう。
酒を飲まなくても助平心を抑えられずに・・・
そんな馬鹿な事すれば被害者の女性が怒るのは当然だし、場合によっては痴漢されたことがトラウマにだってなる。

なぜこんなことを書くかといえば、従妹の女性が痴漢に遭ったことがあるからです。
従妹だけでなく満員電車に乗る女性なら多かれ少なかれ痴漢されたことがあるんでしょう。
それがたとえ故意でなく不可抗力で痴漢行為に似たようなものでも、女性とすれば不快極まりないはず。
だから間違っても満員電車に乗りません。

あるとき秩父へ行った帰り眠くて隣の女性に頭が持たれてしまい、連れの男性から肩をたたかれて起こされたことがあります。
朝早く起きて寝不足だったし帰り間際に缶ビール1本飲んだのが効いて居眠りしてたんですが、それがどういう訳か起こされてもまた女性の方に頭がかしいでいくのに、男性がわざとではないかと思ったようです。
女性が眠いんだからしょうがないじゃないといっても、男性としたら気分よくなかったんでしょう。
痴漢ではないにしろ、それ以来寝不足のときは外出先で絶対飲酒をしなくなりました。
触らぬ神に祟りなしではありませんが、あらぬ疑いをかけられるのはいやですから。

話がそれてしまいましたが、痴漢は犯罪です。
電車内に監視カメラが設置されるというし、ばれないと思ってもどこで誰が見てるかわからない。
それどころかおとり捜査で痴漢した相手が婦警だったなんて笑うに笑えない事体もある。
世の中は「天知る 地知る 我知る・・・」です。
女性にしても酔って寝るなど無防備にならないように用心してくださいね~~~
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

レンズ沼にははまりたくない 

昨日SIGMA 17-50mm 2.8 DCを売却し迷った末smc PENTAX-DA 50mmF1.8 を購入しました。
本当は31mmとか43mmのが欲しいし広角も考えてましたが、夜はイルミネーションの撮影に行く予定だったのでとりあえず売却した代金で賄える安いもので我慢しようということでの購入でした。
レンズ沼にははまりたくないですから・・・

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR SIGMA 24mm 1.8 DG MACRO
この3本に購入したばかりのsmc PENTAX-DA 50mmF1.8の4本あればたいがいの撮影条件をクリアできるだろうと、日本大通り駅から地上に出ると開港記念会館が目の前にありますが、50mmではまったく全容が入らない。
それで24mmに替えようとしたところ持参してないことに気付く。
相変わらずポカをしてしまい地団太踏んだところでしょうがないし18-250mmをつけるが暗く、ISOを3200に上げてもシャッター速度は1/3。
こんなシャッタースピードではいくらなんでもブレブレになってしまい、SIGMA 17-50mm 2.8 DCを売却するのが早すぎたと後悔しても後の祭りでした。

そんなトラブルにもめげず持ち合わせのレンズでなんとか撮ろうと歩きまわりましたよ。
night_0025.jpg night_0026.jpg night_0024.jpg

上の3枚はいずれもsmc PENTAX-DA 50mmF1.8で撮影したものですが、玉ボケもまずまずだし強烈な照明の逆光にもゴーストやフレアーが発生しないのには驚きでした。
これがSIGMA 24mm 1.8 DG MACROなら間違いなくゴーストとフレアーが発生するでしょうが、広角レンズなので致し方ないことかも…

みなとみらいはものすごい人出ですが、野毛はクリスマスだというのに閑散としてました。
昔よく行った百万石は1年前あたり閉店したそうだし、昔なじみの店は毛沢東も腰を抜かすタンメンで有名な三陽ぐらい。
ジャズ喫茶ちぐさは営業してたものの空腹を満たすのが先だとだんまや水産へ。
ビールと刺身にホルモン鍋で生き返り、ちぐさへと思えば閉店してるじゃないか・・・
night_0027.jpg



昨日みなとみらいへ行くのにひさしぶりに満員電車に乗りました。
サラリーマンたちでごった返してる車内はまさに立錐の余地もなし。
それでも目の前にいる四十代後半と思える男性がやたらと動くので何事かと見ると、彼が目の前の六十代らしき男性に文句をいって背広の襟をつかみ始めた。
険悪な雰囲気にこちらが混んでるんだからちょっとのことは仕方ないだろうと、四十代の男性の腕をつかんで諌めました。
それでもやめないので、やめろと大声で怒鳴りつけたものです。
それなのに二人は売り言葉に買い言葉で応酬してましたが、暴力沙汰になってない。

電車が停まると警備員が駆け付けたのは、こちらが大声でやめろといったのに反応した乗客が非常ベルを押したんでしょう。

四十代はホームに降りて行きましたが六十代は私の目の前で座ってます。
警備員がトラブルになった人はいませんかという掛け声に、六十代が逃げるように駆け出して行く。
どういうトラブルがあったのか知りませんが、クリスマスに喧嘩して警察の世話になるなどつまらない。
男性二人は駅務室に連れて行かれたようですが、後味の悪い出来事はみなとみらいへ着いたとたん24mmを忘れてると気づかしたものです。
そして今日は病院へ行くのにひとつ手前の駅で電車は停まったままで、外来受付終了15分前で苛々。
子供が持ってた洒落た風船のようなボール球を線路に落としたようで、それを拾い上げるのに時間がかかったらしい。
二日続きどころか先日も何らかのトラブルでダイヤ通り電車が来ないし、到着してもなにが原因かアナウンスがない。
このところ電車を利用するたびに何らかのトラブルがありそれがたいした原因でないものが多く、公共マナーの悪さにつくづくいやな世の中になってると思わずにいられないです。
テーマ: イルミネーション | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 10 | edit

ページトップへ↑

奥多摩御岳渓谷の紅葉 



奥多摩の御岳渓谷へ来てます。
墓参りの帰りで今夜は御岳山の民宿で宿泊します。
都会の喧騒から逃れてといいたいところですが、かなりの人出です。
皆さんやはり紅葉目当てのようです!
trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

SIGMA 17-50mm 2.8 DC  

SIGMA 17-50mm 2.8 DCを欲しくなったのは大口径でF2.8通しの明るさに惹かれたことと、去年暮れ在庫が底をつき2か月待ちとなり、ひょっとすると生産中止かという噂が流れたからです。
それが年明けというか正月3日、3万円あまりで販売してるのを見つけ買いに走りました。
なにしろ11月か12月のときは4万円近い高値を付けてたんですから、絶対買うべきだと山手線が停まってるというのに地下鉄を乗り継いでなんとか購入店に着いたものです。

去年秋、カメラを買い替えたんですがそれ以前はNikon D7000を使ってました。
そのとき標準ズームとしてTAMRONの18-50mmF2.8通しを使ってましたが、これはいいという感じを持ってませんでした。
でPENTAXに買い替えたときとりあえずSIGMAの18-250mm F3.5-6.3と24mm F1.8を購入しました。
18-250mm F3.5-6.3は主にスナップ用ですが、これしか持ってなくて花を撮らなければならないときでも簡易マクロ機能があるのでかなり便利です。
それでも単焦点の24mm F1.8で撮ったのと比べるとボケが違うし歪曲してるのが多い。

そんなことで標準ズームとしてSIGMA 17-50mm 2.8を購入した訳です。
ところがこのレンズシグマにしては珍しくマクロ機能を搭載してません。

最短撮影距離が28センチで最大倍率は1:5ですから、花を撮るときはかなり寄ってうるさい背景をぼかしたいのに場合によってはできないことがあります。
それがこの風船カズラで、すぐ後ろの他の花軸があまりボケずごちゃついた背景になってしまいました。
flower_fall_0005.jpg 

ところが寄れればこのコスモスのように前景背景共に綺麗にボケてくれます。
ま、ボケは絞り値と連動するので一概にどうこういいきれませんが、街中のスナップ撮影には最適だと思ってます。
それでも同じシグマ製品の1.8-70mm MACROがF2.8通しならそっちを購入しただろうと思いますけどね~
fliower_fall_0004.jpg 

単焦点マクロもいいですが、ズーミングできる簡易マクロも捨てたものではありません。
それは人それぞれの価値観でしょうが、画角を変えられるのは便利ですからね~

今日の独り言
ただいま皆既月食撮影中です。
赤くなってたのが今は雲に隠れて見えなくなってますが、まだ1時間ばかりあるのでどうなるのか・・・
ということ月食ではありませんが先日の十三夜と以前の満月を掲載しておきます。
moon_0003.jpg moon_0002.jpg  
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑

猛暑でうんざりです 

梅雨明けと同時に猛暑で連日30度以上でうんざりです。
アートアクアリウムの涼しげに見える金魚たちで、暑中お見舞いです。

greeting_0001.jpg
テーマ: 写真で心を癒しましょう♪ | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

潮来のアヤメ 





潮来のアヤメ園に来てます。
明日は水郷の名残を満喫すべく自然植物園へ行く予定です。
今夜泊まってる宿は歴史的があるんですが.まったく接客を知らない親父のため最悪な一夜にのなりそうです。

trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

独りぼっちはいやだ 

家族そろってどこか行くのか和やかな雰囲気が傍目にも明らか。
独りぼっちはいやだ
と思うのは人だけでなく、猫もそう感じてるかもしれない。

cat_downtown_k_0054.jpg
cat_downtown_k_0055.jpg

テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

家路 

どこからともなく現れた猫が向ったさきは、引き戸が少しばかり開けられてる民家でした。
まだ日が高く家路に就くには早いと思いましたが、秋の日は釣瓶落としですからね・・・

cat_downtown_tsuki_0001.jpg
cat_downtown_tsuki_0002.jpg

テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

写真を上手に撮りたい 

私が初めてカメラを手にしたのは48年前で、ミノルタかリコーのハーフ判でした。
親戚からもらったそのカメラでなにを撮ってたか覚えてませんが、子どもだったこともあり写真というものを不思議に感じてました。
なにしろシャッターを押せばフィルムが感光され、それが印画紙に焼き付けられ写真になってしまう。
そんなプロセスを
写真部員として中学高校時代目の当たりにしてました。

高校時代には一眼レフを手に鎌倉の神社仏閣を撮り歩いてましたが、家族や友人からそんなもの撮ってどこが面白い?年寄りじみてると揶揄されたものです。
それでも構図とか被写界深度など写真撮影に関するノウハウを、覚えるというか研究してるようでした。

働くようになると山へ行くことが多くなり、風景撮影ばかりしてました。
建築業という仕事柄90年代前後はバブル景気で休みをとれず、カメラから遠ざかってることが多くなってました。
それでも山岳写真の同好会に所属し、90年代後半までかなり山の撮影をしてました。

同じ山に何度行っても、一枚として同じ写真を撮ることはできません。
それは気象条件や時間により、まったく違う光景になるからです。
山だけでなくありふれた光景に見える風景も同じで、二度と同じものは撮れません。

山登りは体力だけでなく、公共機関にしてもマイカー移動にしろそれなりの出費が必要です。
40代後半で体力の低下、50代半ばには気力も衰えて、もう山は無理だと思ってるとき、外猫に見せられていくようになりました。

猫を撮ってるだけで楽しい。
暑いの寒いの、虐待されたり病気で生死の境を彷徨ってる外猫たちがおかれてる実態を知るにつれ、そんな姿を見たくないと思うことが多々あるのが本音です。
それでも何食わぬ顔で大きな欠伸をしながら伸びをしてる外猫たち。
そんな奔放な一瞬を撮りたいと、この5年間ちかく外猫たちを撮り続けてきました。

写真とは何か?
肉眼で見たものを記録媒体に保存するといってしまえば身も蓋もありません。
自分の趣味にに合うものを残しておきたい。
それも、できることなら他人から認めて欲しい?
そんな思いで写真を撮ってる方が多いのではないでしょうか?
私自身他人から認めて欲しい思いはありますが、それよりもなによりも自分自身なにをどう撮ってきたか?
そしてこれからはどういうふうに撮ればいいのか?
そんな思いでブログに写真を掲載してきました。
忘録でもいいけど、自分自身納得できるものを撮りたい。
できることなら写真を上手に撮りたい

「記憶のシャッター」というブログをそんな思いで5年ちかく続けてきましたが、自分自身これは傑作だと思えたのは10枚あるかないかです。
それでも懲りずに続けてるのは備忘録として、そして少なからず訪問してくれる方がいるからです。

猫写真としてブログを続けてましたがちょっと厭な思いをさせられたことがあり、それでこちらを立ち上げました。
もとが風景とか山を撮ってたので、三脚にカメラをすえてじっくり撮るのが性に合うんですが、諸事情でそうも行きません。
それでも猫撮りしてるとこれは撮っておきたいという光景に出くわすことがあり、そんなことでこのところ「記憶のシャッター」に掲載してる写真は猫撮りのついでに撮ったスナップがほとんどで、これを撮りたいあれを撮りたいという狙いを持ってのことではありません。

撮影したのをすぐにwihi経由でブログに掲載するやり方もありますが、PCもデジカメも安物でそうも行きません。
だいいち撮影したRAWファイルを現像し、それを画像処理しなければなりません。
そういった手間隙を考えると、一つの記事を書くのにかなりの時間がかかります。
にもかかわらずふたつのブログを並行して毎日のように更新するのは、正直疲れてしかたありません。

そんなことで「記憶のシャッター」をこちらと一緒にすることにしました。
スナップ写真と猫写真では一貫性のないものになりそうですが、写真を上手に撮りたいという思いは同じなので、よろしくお願いします。
統合ということで、
ブログのタイトルを「写真を上手に撮ろう」と改名いたします。
お手数かけさせて申し訳ありませんが、今後ともよろしくお願いします。



写真は見るのも撮るのもその人のセンスで、感じ方は十人十色です。
このブログを見て写真をうまく撮れると思う方はいないでしょうが、
猫写真にしろスナップにしろ風景写真もシャッターチャンスしだい。
その一期一会を切り取るためにはどうすればいいのか?
そんなことも自分の経験を元に記事にしていくつもりです。


yoshino_0001.jpg cat_hakodate_0001.jpg cat_hakodate_0002.jpg

woman_0001.jpg

テーマ: ひとりごとのようなもの | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 6 | edit

ページトップへ↑

新しい靴にも猫が寄って来ました 

履き替えた新しい靴にも猫が寄って来ました。
ごろにゃんしたのにそれをうまく撮れないどころか、猫はあらぬ方向を見ててなんて写真だと思われるでしょうが、思い通りいかないのが猫撮りなんで・・・

cat_downtown_k_0047.jpg  
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑