ピンボケやブレてなかった

smc PENTAX-A 35-70mm F4で最短距離まで近づいて撮影した花の蕊を、帰宅して見ると ピンボケブレてなかった。
七枚ぐらい撮ったほかはすべてピンボケブレブレでしたが……
手持ち撮影でこうしたアップのとき必ず五回以上シャッターを押してるのは、老眼のためピントが合ってるかどうかその場では判別しづらいからです。
へたな鉄砲数打てば当たる方式で~~~

桂歌丸さんが本日逝去されました。
ご冥福をお祈りいたします。
故人の師匠桂米丸さんは大正生まれの93歳でも未だ高座に上がってるとのこと。
米丸師匠はひと回り下の歌丸さんを見送るのは辛いでしょうね・・・


関連記事

タチアオイと玉ボケ

smc PENTAX-A 35-70mm F4 を久しぶりに使いましたが、線路端のタチアオイ玉ボケとなって花電車のようになってました。
関東では梅雨明けしたものの対馬や長野県と群馬県では集中豪雨が降ったというし、米原では竜巻が発生しました。
甚大な被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

関連記事

万能ズームと単焦点レンズの写りはこんなにも違う

上が万能ズームで下のは単焦点レンズで撮影しました。
撮影距離が若干変わってることもあるし絞り値もかなり違いますが、万能ズームの開放値は単焦点に比べ暗いので背景のボケが違うのは当然としても、こんなにも写りが違います。
レンズを比較するのに絞り値と構図が一緒でないのはともかく、こんなにも違う。
どちらがいいとか悪いとかでなく好みの問題ですが、オールドレンズ単焦点も捨てたものではないと改めて感じました。

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO 53mm相当 
F5.6  SS1/250  ISO400


smc PENTAX-A 50mmF1.4
F2.0   SS1/800   ISO320
hanashobu_0003.jpg

関連記事
関連記事

smc PENTAX-A 35-70mm F4はボケ味が良いのか悪いのか・・・

smc PENTAX-A 35-70mm F4が発売された正確な年月日を知りませんが、おそらく30年ほどまえでしょう。
その発売当時、準広角から中望遠域にちかい2倍ズームはキットレンズとして売られたようですが、開放値が暗いものの使い勝手のいいレンズだったと思います。

なによりも最短撮影距離が25cmというのはマクロ撮影とまでいかないまでもかなり大きく写せるのは、花のクローズアップだけでなくポートレートにも向く。
こちらはもっぱら花の撮影に使ってますが、逆光でなければフレアゴーストが発生しないしボケが柔らかい。
それでも二線ボケとか絞り羽根の形状が出たりします。
smc PENTAX-A 35-70mm F4はボケ味が良いのか悪いのか・・・

デジタル専用の現行レンズはコーティングがよくフレアゴーストを抑制できるし、ボケがまるくて柔らかい。
アナログ時代のレンズはそうはいかないものの、それでもsmc PENTAX-A 35-70mm F4はいい味わいだと思ってますけどね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4
2017_07_0001.jpg 2017_07_0002.jpg
関連記事

暗いときにはもってこいの開放値F1.4の単焦点レンズ

猫の前面と左右は開けてても猫の後ろには高い塀があり、その背後は鬱蒼とした林で日がかなり傾いてました。
それでも画面を占めてるほとんどの色合いはグレーで、日中なら露出をプラス補正しなければ猫は黒くなってしまうケースです。
下のエグジフを見ればおわかりでしょうがかなり暗い状況でした。
SS 1/30は手ブレするかどうかのボーダーラインですが、猫の瞳孔にばっちりピントが合っててボケてません。
ISO 1000という高感度でもさほど画像が荒れてない。

フィルム時代NEOPAN 100をASA 800まで増感現像したら見られたものではなかった。
アナログではISO100のフイルムが基本でしたが、デジタルの今はISO200~400で撮影してます。
そのせいか晴天の日中だと絞りがF8でもシャッタースピードが1/2000を超えるときがあります。
アナログカメラのミドルクラスだとシャッタースピードは1/2000が最速でしたが、デジタルでは1/4000や1/8000で撮影するのも容易。
そんな高速シャッターでジャンプしてる猫を写し止めたいものですが、そういうシーンに出くわしたときは慌てまくってうまく撮れない。
と同時にこの猫のようにじっとしてたとはいえ、低速シャッターでブラさずに撮れたことににんまり。
それもこれも開放値F1.4という明るい単焦点レンズの恩恵ですが~~~

撮影データ ISO 1000 F2.8 -3/10 SS 1/30
撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4

関連記事

オールドレンズsmc PENTAX-A 35-70mm F4でアジサイのマクロ撮影

オールドレンズsmc PENTAX-A 35-70mm F4アジサイのマクロ撮影しました。
ほぼ最短撮影距離したので等倍以上に写ってます。
下段はSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROで撮影したもので、こちらも等倍以上に写ってます。
それでもsmc PENTAX-A 35-70mm F4のボケのが滑らかに感じるのは思い込みでしょうか?

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACROはスナップや猫撮りなど万能ズームとして多用してますが、花の撮影ではsmc PENTAX-A 35-70mm F4のほうが好きです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4
 flower_ajisai_0113.jpg flower_ajisai_0114.jpg flower_ajisai_0112.jpg flower_ajisai_0111.jpg 

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
flower_ajisai_0115.jpg 
関連記事

マクロ撮影もできるsmc PENTAX-A 35-70mm F4

花の撮影でクローズアップできるマクロレンズがいいと思う方が多いのでは?
マクロレンズといえばタムキューといわれるほど評判がいい。
でも、こちらはペンタックスなのでsmc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WRを使ってます。

下のスイカズラを撮影するのに邪魔なものはいっさいなく、最短撮影距離まで寄れました。
そういう状況でsmc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WRだと画角が狭くなるので後退しなければ、下のような画角になりません。
そうなるとフォーカスポイントから離れた前後のボケがどうなるかといえば、開放値にしても距離が離れた分被写界深度が深くなるのは自明の理。

SMC PENTAX-D FAマクロ100mmF2.8の最短撮影距離30cmに対し今回撮影したsmc PENTAX-A35-70mmF4は最短撮影距離25cmで5cmの差があります。
この5cmの差は大きく、ほぼ被写体にくっつきそうな距離まで寄れます。
開放値がF4でも寄った分ボケが大きくなり、100mmF2.8にも負けず劣らずといった感じです。
マクロレンズで開放値がF4というのはかなり暗いですが、ほとんどがF5.6以上に絞り込むことが多い私にしたら問題ありません。

そんなsmc PENTAX-A35-70mmF4は発売当時はキットレンズとして販売されてたようで、オールドレンズでも在庫が豊富だし値段もピンキリで安い物なら千円ぐらいで手に入りますが、マニュアルフォーカスなのでピントリングのしっかりした五千円以上のを選んだ方がいいと思います。
私が購入したのは税込み四千円弱でしたがグリス切れなのかピントリングが軽いのが難点です。
それでもあまりピンぼけにならないのはピントの山がつかみやすいのかも知れません。

これからアジサイと花ショウブの季節になるし、オールドレンズでマクロ機能のあるレンズなら、是非ともsmc PENTAX-A35-70mmF4を選んでほしいものです。
ま、それはこちらの主観だし、撮影者によっては焦点距離が短くて寄れないときのことを考慮したらタムキュークラス以上を望むんでしょうが・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 35-70mm F4
flower_2017_05_0011.jpg

 flower_2017_05_0007.jpg flower_2017_05_0008.jpg flower_2017_05_0009.jpg flower_2017_05_0010.jpg       
関連記事

smc PENTAX-A 50mmF1.4の開放値で撮影すると・・・

smc PENTAX-A 50mmF1.4開放値で猫を撮影しました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
PENTAX K-5Ⅱsはモニター固定でチルトできずライブビューで猫の目に合わせても、カメラを中腰で膝を抱え込むようにして持ったままそっとシャッターを押しましたが、見事に外れてカリカリに合ってしまいました。
カリカリからレンズ先端までの距離は70センチぐらいでしたが、開放値F1.4の被写界深度はめちゃくちゃ浅くピントが合ってる範囲が10センチぐらいしかありません。
 

こちらも同じような恰好で撮影しましたが猫がじっとしてたので目に合わせたピントは外れませんでした。
それでも足のつま先がボケてるし背景はなおさらでなんだかわからないぐらいボケ、いかに被写界深度が浅いかというのがわかります。
yoshino_02213.jpg yoshino_02236.jpg  

PENTAX K-5Ⅱsにsmc PENTAX-A 50mmF1.4だと35mm版換算では75mmの中望遠になり、フィルム時代憧れてたNikon Ai-S NIKKOR 85mm F1.4に匹敵する写りではないでしょうか?
もっとも逆光での撮影は鏡筒内で乱反射を起こし、ゴーストとフレアだけでなくフリンジも結構発生します。
それでも夕暮れに1/320 1/640のシャッタースピードを稼げたし、夜間撮影にはもってこいです。
関連記事

夜の猫をライブビューで撮影

K-5Ⅱssmc PENTAX-A 50mmF1.4で夜の猫をライブビューで撮影しました。
しかも手持ちでこれぐらいピントがきてれば上出来でしょう。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
yoshino_02206.jpg yoshino_02207.jpg yoshino_02208.jpg 

我が家の野良猫は餌を食べ終えてもすぐ去って行かず、じっとしててくれたおかげでブレなかったんでしょう。
8年ちかく餌を出してても懐かない猫ですが、それでもこちらの気持ちがわかるのかズームレンズから単焦点に付け替えてる間も待っててくれました。
おなかいっぱいになった由乃はサービス満点でレンズを見てくれキャッチライトがあたってました。
昨夜は幼馴染と飲んで帰宅してからの撮影でしたが、これだけ撮れれば満足です。   
関連記事