思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

CP+2015 に行って来ました 

CP+2015に行って来ましたが、目的はもちろんペンタックスのフルサイズ機。
cp+_0003.jpg

といってもまだ開発途中なのでそのサンプルが展示されてるのみで、スペックの詳細など不明ですがバリアングル搭載は外観でわかります。
cp+_0004.jpg cp+_0005.jpg cp+_0006.jpg

リコーのブースからシグマへ移動すると、低価格ながらハイスペックというかカメラメーカーが発売しないようなコストパフォーマンスのいい製品に来訪者たちの熱いまなざしが集まってました。
cp+_0007.jpg 

10時開場と同時に入場しましたが受付でかなり並んだし、各ブースはタッチ&トライの行列待ちができてました。
それでも広い会場ですからブースを出ると比較的すいてる感じでした。
これが今日とか明日だとかなり混雑するでしょうね・・・
cp+_0009.jpg cp+_0008.jpg

パナソニックのブースはモデル撮影ができるタッチ&トライに凄い行列ができてました。
こういうイベントに華を添えるのはモデルさんやコンパニオンさんですから当然でしょう。
こちらはFZ1000で少しばかり撮影しましたが、メディアを余分に持って行かなかったためその写りがどういうものなのか自宅でじっくり見ることができなかったのが残念です。
ということで我が愛機で撮影したモデルさんです。
昨日記事にした美女二人はパナソニックのモデルさんです。
cp+_0010.jpg

cp+_0011.jpg cp+_0012.jpg cp+_0013.jpg

会場を出る頃は曇って風が強かったですが、三渓園行きのシャトルバスが目の前で発着してたので行きました。
この日の予定ではみなとみらい駅から元町中華街へ移動し、山下町からバスで三渓園へ行くつもりだったので大助かりでした。
cp+_0014.jpg  

私が写真を始めたのはかれこれ半世紀近く前になりますが、その当時モデル撮影会は真冬をのぞいて毎週どこかしらで開催されてました。
2月下旬か3月はじめには大倉山梅林だったし4月ともなれば桜まつりにあわせそこかしこでなになにと銘打ってて、まだ中学生から高校生のくせにオヤジ連中にまざって「目線お願いします」なんていってたものです。
そのモデル撮影会へ最後に行ったのが池上のお会式だったと思いますが、それも40年ほど前のこと。
カメラが月給何か月分という超高価で手に届かなかった時代は遥か昔で、中学生や高校生だった私でもアルバイトをすればハーフ版どころか一眼レフを買えたし、カメラが一般庶民の手にいきわたって主催社側のカメラとフィルムメーカーにすればメリットが薄れて行くどころか、時代はあっという間にフイルムカメラを飲み込んでしまいデジタルカメラが誕生したと思えばスマフォに凌駕されそうな趨勢。
かといってスマフォメーカーがモデル撮影会を主催することはあり得ないでしょう。
スマフォメーカーで利益を上げてるのはappleぐらいで国内メーカーは青息吐息だし、通信メーカーにしても加入者の分捕り合戦に躍起でモデル撮影会を主催することなど考えたこともないというか、世はまさにデジタル世代で思考回路までデジタル化され、損して得を取れという発想はないんでしょうね・・・
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑