思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

暗いときにはもってこいの開放値F1.4の単焦点レンズ 

猫の前面と左右は開けてても猫の後ろには高い塀があり、その背後は鬱蒼とした林で日がかなり傾いてました。
それでも画面を占めてるほとんどの色合いはグレーで、日中なら露出をプラス補正しなければ猫は黒くなってしまうケースです。
下のエグジフを見ればおわかりでしょうがかなり暗い状況でした。
SS 1/30は手ブレするかどうかのボーダーラインですが、猫の瞳孔にばっちりピントが合っててボケてません。
ISO 1000という高感度でもさほど画像が荒れてない。

フィルム時代NEOPAN 100をASA 800まで増感現像したら見られたものではなかった。
アナログではISO100のフイルムが基本でしたが、デジタルの今はISO200~400で撮影してます。
そのせいか晴天の日中だと絞りがF8でもシャッタースピードが1/2000を超えるときがあります。
アナログカメラのミドルクラスだとシャッタースピードは1/2000が最速でしたが、デジタルでは1/4000や1/8000で撮影するのも容易。
そんな高速シャッターでジャンプしてる猫を写し止めたいものですが、そういうシーンに出くわしたときは慌てまくってうまく撮れない。
と同時にこの猫のようにじっとしてたとはいえ、低速シャッターでブラさずに撮れたことににんまり。
それもこれも開放値F1.4という明るい単焦点レンズの恩恵ですが~~~

撮影データ ISO 1000 F2.8 -3/10 SS 1/30
撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4

テーマ: RICOH DIGITAL CAMERA | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

smc PENTAX-A 50mmF1.4の開放値で撮影すると・・・ 

smc PENTAX-A 50mmF1.4開放値で猫を撮影しました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
PENTAX K-5Ⅱsはモニター固定でチルトできずライブビューで猫の目に合わせても、カメラを中腰で膝を抱え込むようにして持ったままそっとシャッターを押しましたが、見事に外れてカリカリに合ってしまいました。
カリカリからレンズ先端までの距離は70センチぐらいでしたが、開放値F1.4の被写界深度はめちゃくちゃ浅くピントが合ってる範囲が10センチぐらいしかありません。
 

こちらも同じような恰好で撮影しましたが猫がじっとしてたので目に合わせたピントは外れませんでした。
それでも足のつま先がボケてるし背景はなおさらでなんだかわからないぐらいボケ、いかに被写界深度が浅いかというのがわかります。
yoshino_02213.jpg yoshino_02236.jpg  

PENTAX K-5Ⅱsにsmc PENTAX-A 50mmF1.4だと35mm版換算では75mmの中望遠になり、フィルム時代憧れてたNikon Ai-S NIKKOR 85mm F1.4に匹敵する写りではないでしょうか?
もっとも逆光での撮影は鏡筒内で乱反射を起こし、ゴーストとフレアだけでなくフリンジも結構発生します。
それでも夕暮れに1/320 1/640のシャッタースピードを稼げたし、夜間撮影にはもってこいです。
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

夜の猫をライブビューで撮影 

K-5Ⅱssmc PENTAX-A 50mmF1.4で夜の猫をライブビューで撮影しました。
しかも手持ちでこれぐらいピントがきてれば上出来でしょう。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
yoshino_02206.jpg yoshino_02207.jpg yoshino_02208.jpg 

我が家の野良猫は餌を食べ終えてもすぐ去って行かず、じっとしててくれたおかげでブレなかったんでしょう。
8年ちかく餌を出してても懐かない猫ですが、それでもこちらの気持ちがわかるのかズームレンズから単焦点に付け替えてる間も待っててくれました。
おなかいっぱいになった由乃はサービス満点でレンズを見てくれキャッチライトがあたってました。
昨夜は幼馴染と飲んで帰宅してからの撮影でしたが、これだけ撮れれば満足です。   
テーマ: 猫画像 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

smc PENTAX-A 50mmF1.4のボケ味 

smc PENTAX-DA 50mmF1.8を一時使ってたことがありますが、少しでも逆光気味になるとゴーストとフレアが大量に発生するのに嫌気を感じてました。
smc PENTAX-A 50mmF1.4smc PENTAX-M 40-80mm F2.8-4.0にしても同じような現象を起こしますが、下の画像を見るとやっぱりsmc PENTAX-A 50mmF1.4のボケ味は捨てがたいです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
flower_2016_05_0028.jpg flower_2016_05_0029.jpg flower_sakura_02038.jpg 

少し絞れば解像度が上がりますがAPS版だと75mmの中望遠になるので、フルサイズ機で標準レンズとして使うのがベストでしょう。
それでもこちらは貧乏人なので、あるもので工夫しながら撮るほかないですが・・・
flower_sakura_02039.jpg 2017_03_0008.jpg      

彼岸入りですが明日から三連休だし行楽を楽しんでくださいね~~~
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

smc PENTAX-A 50mmF1.4 鏡筒内の乱反射を活かす 

オールドレンズは現行レンズに比べコーティングが劣ってることもあり点光源を写すと鏡筒内で乱反射を起こすことが多い。
それでもイルミネーションの撮影なら乱反射がかえっていい雰囲気になることがあります。
ファンタジックとまでいきませんが乱反射を活かしたのが下の2枚です。
SIGMA 24mm F1.8 DG MACROも用意してましたが、これはオールドレンズのがいいだろうとの思いは的確なレンズの選択になったようです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
illumination_0004.jpg illumination_0003.jpg
テーマ: 猫撮りの撮影技法 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

smc PENTAX-A 50mmF1.4で夕暮れを撮影 

先日多摩川浅間神社の例大祭が行われた夜、防湿を兼ねてひさしぶりにSIGMA 24mm F1.8 DG MACROを持ち出したのはいいんですが、翌朝アジサイの撮影をするのにファイルをコピーしないままメディアを削除してしまいあっけなくぱ~~~。
30枚ほどで大したの写ってなかったのが不幸中の幸いでしたが・・・
それでこんどは smc PENTAX-A 50mmF1.4で同じく多摩川浅間神社の夕暮れというか屋台の光景を撮りに行きました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4

宵の口でも曇っててF5.6に絞るとシャッタースピードは1/60~100前後。
右2枚は絞りを開けると被写界深度が浅くなり適度なボケはいかにも標準レンズという写り。
event_0014.jpg event_0015.jpg event_0016.jpg event_0017.jpg 

神輿が戻って来た時には晴れてて逆光になり、レンズの鏡筒内で乱反射を起こしたのか、真ん中の人の頭に神輿の装飾がゴーストのように写ってました。
この現象はオールドレンズだけでなく所有してる現行レンズでもごくたまにあります。
event_0018.jpg 

まだ完全な夜ではありませんが提灯が灯り夕暮れの雰囲気。
背景のツツジが暗くならないように、カメラのキー設定を一段上げコントラストは逆に一段下げところつぶれませんでした。
右端は手前の提灯まで3メーターほど距離がありましたが、F2.8間まで絞りを開け後ろに連なる提灯と樹木のボケが柔らかくなるようにしました。
event_0020.jpg event_0022.jpg event_0021.jpg event_0023.jpg  

祭りといえばなんといっても屋台ですね~~~
event_0024.jpg event_0025.jpg 

撮影し始めたとき丹沢山塊の上にかすんでた富士山も帰るころはわりとくっきり見えましたが、展望台でなく下の階から撮影したため東横線の送電線を吊り上げてるステムが邪魔になってしまいました。
event_0019.jpg event_0026.jpg  

昔からある釣具屋の隣に何年か前カフェができ、肌寒いのにカップルがビールを飲んでました。
それを丸子橋を背景に撮りたいというと快諾してくれました。
smc PENTAX-A 50mmF1.4は最短撮影距離が45センチであまり寄れず背景の丸子橋をうまくぼかせませんでしたが、SMCペンタックスA35-70mmF3.5-4.5ならマクロ機能があるのでかなり寄れ丸子橋にしても綺麗にぼかせたと思います。
これが原宿や代官山などにある洒落たカフェのオープンデッキだったら、あまりにも見慣れた光景で撮る気など起きなかったでしょう。
なんてことのない日常の道路と橋が背景だからこそ撮りたくなったわけで・・・
帰宅したらこちらもビール飲みましたけどね~~~
event_0013_20160607092435a2e.jpg 

smc PENTAX-A 50mmF1.4がいくら明るいといっても開放値で撮影すると色収差が出るし、紗がかかったようなもやっとした写りになることがあるので少なくても1.8とか2.8にしてます。
それでも万能ズームに比べたら数段明るく、シャッタースピードを稼げるので夕暮れや夜間撮影にもってこいです。
ファインダーが見やすいK-3とかならマニュアルフォーカスでもピンボケを量産しなくてすむでしょうが、生憎とこちらはK-5Ⅱs。
K-SⅡはK-5Ⅱsよりクリアに見えるというし、そろそろ買い増ししたいんですが懐具合が寂しくて・・・

昨日の画像をSMCペンタックスMズーム40-80mmF2.8-4で撮影したのは、上段左から数えて2、6、10、11枚目がそうです。
絞り羽根が7枚で玉ボケが七角形になりますが、それも絞り値によってかなりまるく写ることがあります。



昨日舛添要一が雇った弁護士が政治資金の使途について報告したころ、違法はないが不適切なものがあったとのこと。
巷では第三者の目といいながら自らが選任した弁護士では第三者の目にならないだろうと呆れかえってましたが、それよりも何より政治資金自体がザル法なので起訴するのはかなり難しいでしょう。
wikipediaによればかつて以下のような使途があったらしいです。

親族の会社への支出
親族の生活費への支出
自宅を事務所としその家賃支払い(自身に資金が還流)
子供の送迎費用
子供服
子供の床屋代
愛人の高級クラブへの支払い
愛人の洋服代
高級飲食店
高級衣服
性風俗店
ラブホテル代
クラブ
キャバクラ
SMバー
ガールズバー
バー
コリアンクラブ
ニューハーフショーパブ
カラオケ
ゴルフ代
美術品
自著
大学院の授業料
化粧品
美容代
宝飾品
高級クリスタルガラス
高級ブランド品
高級雑貨
高級ワイン
家族旅行
家族の飲食代
高性能掃除機
キャミソール
ベビー用品
漫画
幼児玩具
商品券
演劇鑑賞
スポーツ観戦
ペットのエサ代
神の水
健康診断料
ライザップ費用

これらに使った政治家が逮捕されたと聞いたことがありません。
元をたどれば国民の血税である政治資金がいかに政治家のポケットマネーになってるか!
まともな政務活動で使われるならともかく、一国の総理である安倍晋三はガリガリ君やミネラルウォーターまで政治資金で購入してるというし、呆れるのをとおりこし国民を馬鹿にするなといいたい。
今日もどこかで食うや食わずで飢えをしのいでいるのがいるし、果ては貧困を苦に自殺してるのがいるでしょう。
そんな人たちに320億円の政治資金をまわせば、年間3万人と公表されてる自殺者を救えるでしょうし、公表されない自殺者はその数倍以上だというし、絶望の深淵から這い上がらせることも可能でしょう。

選挙の投票を棄権する者がいる限り自分たちがぬくぬくしたい政治屋はこれからもはびこるだろうし、社会保障費や福祉に関する予算はこれからも棚上げされ切羽詰まる者はどんどん増えていくでしょう。
愚かな有権者の国は、政治家も比例して愚かだといいます。
古来より日本人は我慢と辛抱を美徳としてましたが、今の政治には我慢も辛抱も限界でしょう。
テーマ: スナップ写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

smc PENTAX-A 50mmF1.4の味わい 

丸子の渡し祭りを撮影しに行ったのに雨が降っててそれほど撮る気になれなかったことを記事で書きましたが、その後多摩川台公園へ紅葉の状況を見に行きました。
当然というか思った通りモミジは依然として色づいてないんですが、ハナミズキやサクラはかなり赤くなってるし落ち葉になって、緑の中ひときわ光彩を放ってるようでした。

雨が降ってても、枯葉とか静物が対象になるとじっくり構えて撮りたくなるのはsmc PENTAX-A 50mmF1.4がマニュアルフォーカスのせいでしょう。
オートフォーカスなら構図を決めたとたんシャッターをすぐ押しますが、マニュアルだとピント合わせにかなり手こずるからです。
左のように最短撮影距離ぎりぎりだと前ピンジャスピン後ピンと、何度もピントリングをまわしてはシャッターを押してます。
合焦マークが点灯してもファインダーで見る画像がピントが甘いのは、レンズ自体古いのでピントが狂ってるからでしょう。
そのためもありますが手ブレ防止のため、同じものに何度もシャッターを押さざる得ない。
それでモニターで拡大したのを見ても、ピントが合ってるかどうかはっきりしないほど視力が衰えてる。
そんなことで保険を掛けるつもりでシャッターを押しまくり、帰宅後画像処理ソフトで閲覧し初めてピントがきてるかピンボケなのかがわかる状態です。

右のはかなり絞り込んでるのではなれてる背景でもあまりボケてませんが、そのかわり葉のすみずみまでピントが合ってます。

smc PENTAX-A 50mmF1.4は1万5千円ほどで入手した中古レンズですが、手間暇惜しまなければこういう画を撮れるし気に入ってます。
smc PENTAX DA 50mmF1.8を使ったことありますが硬い画像は花の撮影に向かないし、フリンジだけでなくゴーストとフレアが凄く、また筐体が安っぽくてやぼったいデザインが好きになれない。
そんなことで面倒なレンズですが花の撮影では使うことが多いです。
ま、現行のsmc PENTAX-DA★ 55mmF1.4 SDMには到底及ばないスペックですが、自分好みの絵を撮れるということで重宝してるレンズです。

冬から春になるときは菜種梅雨
春から夏には梅雨
夏から秋へはススキ梅雨とか秋霖
そして秋から冬にかけては山茶花梅雨
梅雨にもいろいろあるらしく、その命名は如何にも侘び寂を愛する日本人好み。
今夜の雨は明日未明には止むようですが、気温が高くなれば霧が湧いて幻想的な朝になるかも知れませんね・・・


撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
leaf_0023.jpg leaf_0024.jpg
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

赤提灯がともるころ 

我が家の野良猫が餌を食べにくる時間が晩くなってることもあり、夕暮れに出かけることができるようになってます。
それで夕暮れの街をsmc PENTAX-A 50mmF1.4で撮って来ました。
日中ピント合わせにそれほど苦労しなかったのに、暗いなかではさすがにピンボケ増産です。
シャッター速度を稼ぐのに絞り値をかなり開けてるせいで被写界深度がめちゃくちゃ浅く、まるでマクロレンズで撮影してる感じでした。
赤提灯がともるころ、なんとか画になりそうだと撮ったのが下の画像です。
画像処理なしでJPGを圧縮しただけです。

撮影データ 1/100 秒 f/2.8 露出補正-1/3 ISO 800
50mm_0008.jpg 

テーマ: 夕景・夜景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

美女を撮りたくなったレンズ 

昔のマニュアルレンズを使いたいということで一昨日smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0購入しましたが、やはり単焦点が欲しい。
ネットで検索してるとsmc PENTAX-M 28mmF2.8が純正の角型フードつきで一万円弱。
昨日鎌倉と江の島へ行くつもりだったのを急遽変更し都心のカメラ屋へ。

そのまえにM42レンズをペンタックスKボディにとりつけるマウントアダプターを購入し、目的の中古カメラ専門店へ。
smc PENTAX-M 28mmF2.8を早速PENTAX K-5Ⅱsに装填して見ると好みの画角より少し狭い。
スナップにはやはり21mmかせいぜい24mm。
28mmや35mmの比較的開放値が明るいレンズで夕暮れを撮るのもいいが、日中手あたり次第撮るにはあまりピント合わせに神経質にならなくてすむ被写界深度の深いレンのがいい。
それでも店に在庫はないし他のカメラ屋へ行ってもあるとは限らない。
それならマニュアルレンズの大道である50mmF1.4にしよう。
50mmF1.2は現行の単焦点大口径に匹敵するほど高いが50mmF1.4なら一万円ちょい。

smc PENTAX-A 50mmF1.4はスクリューマウントでないのでアダプターを買う必要はなかったが、今後どういうレンズを欲しくなるかわからず買っておいて損はない。
というより値段が高くなる一方なので、買っておいて正解だ。
RAYQUAL製でかなり高かったが、活躍してくれる日は近いだろう~~~
50mm_0001.jpg 

外に出て早速撮影したのを見ると、F3.5でもボケ具合が柔らかい。
カメラをはじめた当時50mmの標準レンズだけで撮影してたが、このときボケ具合が柔らかいのは当然だったし、それよりは構図がどうのこうのとそんなことばかり仲間や先輩から批評されてたのが懐かしい。
とにかく現行の単焦点大口径レンズに勝るとも劣らないボケ具合に満足。
流石に現行のマクロレンズのように大きくはボケないが、それも撮り方しだいで近づけるのも可能だろう。
中学時代の同級生の父親がニコンフォトミックと135mmF2.8を貸してくれたことがあり、それで後輩の女子を撮ると背景の木立の木漏れ日が玉ボケとなって凄く綺麗だった。
標準だけでなく望遠レンズが欲しいと痛切に思ったもので、そのボケ具合の新鮮さに度肝を抜かれる思いだった。
いや、好きな子を撮れて感激してたのかも知れないが・・・
50mm_0002.jpg 50mm_0003.jpg 50mm_0004.jpg 50mm_0005.jpg    

そんなことを思い出しながら街角スナップしてたが、家を出てからすでに4時間ちかくたってて、暑いし足が痛いわで涼しい店へ。
ビールを飲んでると隣に女性が座った。
横顔が菜々緒に似た美女だ。
「このレンズ、ボケが凄く綺麗なんだけど撮らせてもらえる?」
厚かましくもそういうと、微笑みながら撮らせてくれた。
マニュアルレンズはマクロレンズほどではないがピント合わせに気を使う。
それでも薄暗い店内で撮ったわりにあまりブレてない。
彼女が仕事中でなければポートレートを撮らせてもらいたかったが、明らかに昼休みといった感じなので押し留まった。
28mmを買ってたならこんな厚顔無恥なことはしなかっただろうが、smc PENTAX-A 50mmF1.4は美女を撮りたくなったレンズだ。
昨日まで川崎の風鈴市か鎌倉と江の島へ行くつもりでしたが、予定変更でレンズを買いに走りこの女性を撮ったここともあり大正解でした。
50mm_0006.jpg 50mm_0007.jpg
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑