思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

夜に猫を撮る 

夜に猫を撮るのはじっとしてればオートフォーカスでも楽に撮れるでしょうが、そのオートフォーカスが利かないことが多い。
以前使ってたNikon D90やNikon D7000でAF-S NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-EDとかAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VRの組み合わせでは下の画像と同じところだとたまにしか合焦しなかった。
薄暗いというかかすかな明かりの条件下で開放値の暗いズームレンズを使うこと自体無謀というべきで、ISO12600で合焦したとしてもシャッタースピードは1/15がやっとではブレたのばかりでした。
 
そこで開放値が明るい単焦点smc PENTAX-A 50mm F1.4を使い始めてますが、オールドレンズなのでピント合わせは手動です。
このときレンズ先端から猫との距離は50センチほどで、少し動いただけでもピンボケになるしシャッタースピード1/30ではブレてしまいますが、ピントリングをまわしながら何度もシャッターを押し、どうにかピントが合ってるのが撮れました。
現行レンズでオートフォーカスが利くSIGMA 24mm F1.8 DG MACROもありますが、35mm換算で75mmとなる中望遠になるsmc PENTAX-A 50mm F1.4の写りのが好きですから~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mm F1.4
yoshino_0194.jpg
テーマ: 猫撮りの撮影技法 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑