思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

高幡不動のアジサイ 

ajisai_0098.jpg

昨日に続き高幡不動アジサイです。
高幡不動は初めてですがどういうところか予備知識を入れることなく行って来ました。
駅を出て裏道を行ったのは猫がいるかと思ってのことですがいませんでした。
それでも青梅の街並みを思わせるしぶい居酒屋があり、アジサイをからめてみました。
ajisai_0103.jpg ajisai_0104.jpg 

高幡不動アジサイは高幡城址へ続く小路の山腹に咲いてました。
四国八十八ヶ所霊場の全行程1460キロを高幡不動尊の山内八十八ヶ所めぐりで手軽にできていいですが、時間と経済的ゆとりのない私にすれば有難いもののご利益はあるのか?
ajisai_0105.jpg ajisai_0106.jpg ajisai_0108.jpg

弘法大師像に手を併せ手早速アジサイを撮影。
ajisai_0107.jpg ajisai_0109.jpg ajisai_0110.jpg    ajisai_0111.jpg ajisai_0112.jpg ajisai_0113.jpg 

ajisai_0099.jpg

ajisai_0100.jpg

ajisai_0101.jpg

ajisai_0102.jpg

多摩川台公園のアジサイはマクロ撮影が多かったんですが、こちら高幡不動では風景として少しばかりアジサイを撮ることができました。
それでも滴を見ると思いっきり寄りたくなる+>j<*';

老若男女問わず小雨が降ったり止んだりのなか、皆アジサイを楽しんでました。
ajisai_0114.jpg ajisai_0115.jpg ajisai_0116.jpg

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO

昨日カメラバッグと一脚を購入するのに2時間以上かかり、写真を撮り歩くより疲れた感じ。
購入したあと引き戸すべてが開け放たれた開放的な居酒屋でビールを飲んでると猫が通り過ぎて行くのが目に入り、店長に猫撮って来るからとバッグから取り出したカメラで追って行きました。
もどって来ると店長が写真はいい趣味ですねという。
店員たちの福利厚生は恵まれてるほうだけど、休みの日はクタクタで寝てばかりで趣味を持っててもする暇がないという。
確かに寝れば疲れはとれるだろうけど、趣味で楽しまないと心までは満たされないだろうというと、そうなんですよね~と苦笑してた。

ほろ酔いで居酒屋を出て電車に乗り込むと、ガタンという音がして何だろうと見ると足元にカメラが転がってた。
やっちまったか・・・
下部はレンズ収納の仕切りで上部はカメラ本体と小物入れになってるカメラバッグというかショルダーザック。
上部に購入したレンズ用の仕切りを入れその上にカメラを入れてたんですが、ファスナーを閉め忘れてたのだ。
万能ズームにフードを逆付けしフィルターをつけてましたがなかなかとれないし、レンズキャップをようやく外せたはいいが、フィルターはひびどころかかなり砕けてる。
それを恐る恐る外すとレンズに大きな傷は見えないものの、それでも砕けたフィルターの破片がレンズに付着してる。
カメラを落としたのはこれが2回目で、何やってんだか・・・
帰宅後ブロワーで破片を落とし完動したのを確認すると、それで由乃を撮影しファイルを確認したらPCでは異常が見られない。
御釈迦にならなかったのは高幡不動で山内八十八ヶ所めぐりしたおかげだろうか~~~
有難うございました、弘法大師様~~~
ともあれ、フードとフィルターを装着してたのが幸いしてたんでしょう。
フィルターはよけいだという方がなかにはいますがそのよけいなものは画像処理できるし、フードはレンズ保護の為にも常時装着してるほうがなにかと無難でしょうね~~~

昨日はカメラとレンズが御釈迦にならずほっとしたのも束の間、今日雨が降ってるなかアジサイを撮りに行ったらカラスだかハトにカメラの軍艦部に糞を落とされてしまいました。
テイッシュとレンズクリーナー用のペーパーでなんとか事なきを得ましたが、昨日に続いてこの災難にはほとほと参りました。
それでも居合わせた若いカメラ女子と写真の話をしたりでめげずにすみました。
さきほどその女性に自分が使ってた昔のレンズを進呈しました。
Nikkor 43-86mmで40年ほど前購入したものですが、今ではジャンクめぐりしても見当たらないほど古いレンズ。
またニコンにもどることがあっても使うことはないので、写歴3年だという彼女に使ってもらえればレンズも喜ぶでしょう~~~
trackback: -- | comment: 8 | edit

ページトップへ↑