思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

浅草のほおずき市 

梅雨だというのに真夏のような日が続いてて、七夕といえば決まって雨か曇ってることが多いのに快晴でした。
入谷の朝顔市に続いて浅草ほおずき市に行った時も汗だくでしたが、浴衣姿の方が多く涼しそうでした。

ほおずき市浅草寺の縁日四万六千日とともに開催されますが、この日に参ると四万六千日分の功徳があると伝えられてます。
その由来は米一升の数が四万六千粒だからだそうです。
また、ほおずきは鬼灯と書き、厄除けや薬としても重宝されてたとのこと。
そんな鬼灯を購入し売り子さんが持ってるのを撮影しました。

汗をかいた後は蛇骨湯でさっぱりしたかったんですが、ウイークデーでも地元民だけでなく浅草に遊びに来た人たちや外人までいてかなり混んでるし、日曜など行ったら芋の子を洗うような状態。
そんなところに行く気になれず帰り途中、他の銭湯へ行きました。
露天風呂もあって、ひさしぶりに手足を伸ばして入る銭湯は格別でした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO / smc PENTAX-A 35-70mm F4
 hozuki_0001.jpg hozuki_0002.jpg hozuki_0003.jpg hozuki_0004.jpg hozuki_0005.jpg hozuki_0006.jpg hozuki_0008.jpg
テーマ: 祭り/イベント | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

いなくなった猫たち 

初詣に節分やほおずき市とか羽子板市だけでなく、街角スナップで浅草へよく行ってました。
その浅草蛇骨湯という銭湯があり、撮影したあとひと風呂浴びたものです。
浅草の路地には猫がかなりいて蛇骨湯の向かい側にも猫が何匹かいました。
顔馴染みなのか塀の上の猫を撫でて風呂屋に行くのもいて、撫でられた猫もまんざらでもない。

浅草の路地は古い民家がかなりありますが、それも建て替えが進んで撮影したこの民家はすでになくなってます。
猫たちがどうなってるのか気になり様子を見に行きましたが、撮影した猫と会うことはできませんでした。
古い町並みがどんどん新しくなっていき、猫たちの居場所がそれに反比例するかのように少なくなってます。
時代の趨勢といえばそれまでですが、街中にとけこむかのように生きてた猫たちを見られないのが寂しい限りです。

撮影機材 FinePix F770EXR
 cat_town_0045.jpg
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

黒湯の温泉銭湯 

このところ撮影意欲が失せてて、なぜなのかと自問してしまう。
それが過日4キロほど先にある銭湯へ行こうと散歩がてら行くついでにカメラを持ち出しました。
たまには知らないところの猫を撮りたいしスナップも。
それでLUMIX DMC-FZ1000を手にぶらぶら・・・

ウメが蕾をつけてるかと思えばネコヤナギが咲いてて、年末だというのに春のよう。
2016_12_0025.jpg 2016_12_0026.jpg

しばらく歩いてると空き地で黒猫が日向ぼっこしてました。
自分が子供のころはこんな空き地があちこちあってソフトボールをよくしたものですが、今そんなことすればうるさいし他人の敷地でなにしてるんだと住居不法侵入で警察に通報されるかも知れない。
それにこんな広い空き地なら、目ざとい不動産業者が地主にアパートやマンション建設を勧めいつの間にかモダンな建物が建ってしまう。
空き地ではないものの近所でそうした過程で工事が進んでるし、築50年ほどのアパートの住人たちがいつの間にいなくなってなにか建築するのか測量してたし、この黒猫にしても由乃にしても居所がどんどんなくなっていく。
cat_town_0027_20161225072452835.jpg   

かつてはこうした和風建築の家が多かったのが今では無機質な建物にとって代わり、積み木のような家ばかり増えてますが、右のような家では寒いし暑いし、先進的な住宅のが生活しやすいし無理もないです。
2016_12_0027.jpg 2016_12_0028.jpg 

飼い主が家のなかに入っても茶猫は玄関先にいて、カメラを向けると警戒してる。
かと思えば突然塀の中から現れた猫にカメラを向けても、露出オーバーだしピンボケに。
cat_town_0028_201612250725172b2.jpg cat_town_0029_201612250725194d6.jpg 

歩きつかれた頃やっと銭湯に到着。
銭湯の営業時間は夕方からが多いなか、こちらが行ったのは毎日昼からやってるし祭日ということもあってかなり混んでました。
それでも黒湯電気風呂で足を伸ばして使ってると心地いい。
自宅近所の銭湯はシャワーヘッドが水垢で詰まってたちカランの不具合も放置したままでメンテナンスしないし、頭を洗い終えてもシャワーを出しっぱなしで体を洗うのが多く、隣にいるこちらにその飛沫がかかる。
浴槽の淵に両手をひろげたままつかって他の者が入るのを邪魔してるのや、ぺっぺタンを吐いたりとか、とにかくマナー知らずで不埒なのが多い。
入浴は体を洗うだけでなく気を休める意味合いが強いのに、そんな銭湯など行く気になれない。
そんなことで遠くても他へ行くし、撮影しに行った先で入浴することが多いです。

多少混んでても時間が経過していくにつれ減って来たし、温泉銭湯で身も心も清め癒されたしだいです。
帰りは最寄り駅まで2キロほど歩きましたが、初夏のような陽気で湯冷めすることなく帰宅しました。
体調のいいとき歩いておかないと運動不足になるし、こうして散歩がてらの銭湯巡りもいいものです。
猫も撮れますからね~~~

LUMIX DMC-FZ1000が価格コムでこのところ乱高下を繰り返してますが、何が理由なのか?
多機能で高倍率ズームというのが人気のひとつでしょうし、高感度撮影しなければ荒れた画像にならないし1インチセンサーでも画質はそこそこいい。
それにオートフォーカスが早くて精度の高さには頭が下がるし、猫撮りにはもってこいですが、いかんせん被写界深度が深くなるのでデジイチみたいに思うように背景をぼかせない。
デジイチにしてもレンズしだいだし、撮り方しだいではかなり重宝するLUMIX DMC-FZ1000です。

撮影機材 / LUMIX DMC-FZ1000

ところで数日前からfc2ブログの記事を作成するのに文字変換が先頭の語句に太い下線が表示されるものの、変換後右へ移動しない。
それでうまく文字変換ができなくなってますが、皆さんそういう症状出てませんか?
テーマ: お散歩写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑