思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

猫の目 

凝視してる猫の目はなにを見てるのか?
ちょこまか動きまわってるスズメなのか、こちらに近寄るなと訝しがってるのか、餌を早く出せとアピールしてるのか?
カメラから30センチほどしか離れてないところで撮影するなど、以前の由乃ではありえなかった。
それが最近では自ら近寄ってくることもあるし、瞬間的に尻尾や背中を触っても飛んで逃げることはなくなった。
それでもこちらのことを信頼してるとは思えないが・・・

ペンタックス初のフルサイズカメラK-1はモニターがチルトするのでいいなと思ってますが、経済的に余裕のないこちらはK-S2に食指が動いてたところ、K-70が上位機種並みのスペックで発売されるという。
APS-Cでもバリアングルモニターは魅力的というか、猫の撮影では絶対欲しい機能。
そんなことで去年バリアングルモニター搭載のLUMIX DMC-FZ1000を購入したのはK-S2が発売されたばかりで高かったからです。
1インチセンサーは夕暮れとか夜高感度で撮影するとノイズが目立ちますが、日中なら画質に不満はない。
オートフォーカスの精度がかなり高く猫の目にピントを合わせるのも楽で、地上すれすれのカメラ位置でも撮影できるのが何よりです。
ネオ一眼なのでレンズ交換できないのは仕方ないですが・・・

撮影機材 LUMIX DMC-FZ1000
yoshino_0191.jpg yoshino_0192.jpg yoshino_0193.jpg 

中学生のとき大阪にいる叔父のところへ行くと、松下幸之助の物の味方考え方という本がありました。
当時14歳だった私がその本に書かれてることを理解できなかったのはいうまでもないし、担任教師が勧める亀井勝一郎の人生論にしてもそうだった。

そんな固いものより武者小路実篤の友情とか愛と死など恋愛小説のが面白かった。
と同時に金園社だったと思うが、都道府県別の名所シリーズのようなものを片っ端から読み漁ってた。
その内容はガイドブックに近いが、今のようにやたらとグルメ案内してるのと違い、たとえば鎌倉なら神社仏閣がなぜ多いのかとか鎌倉五山とはなにかなど知識教養を探求してる編集だった。

授業科目では地理が好きだったこともありそういったものを漁っては図書館で借りてたし、月刊誌旅とか今の旅行読売の前身だったのかレジャー読売など愛読しては、行ったことのない地へ思いを馳せてやまなかった。
高校生になりアルバイトで稼げるようになると好きな山登りで奥多摩などへ行くのと同時に、夜行列車に乗っては日帰りで野辺山とかへ行ってた。

時同じくして、日本テレビで永六輔遠くへ行きたいが始まった。
国鉄ディスカバージャパンのキャンペーンのタイアップ番組だったと思うが、永六輔独自の物の見方考え方があふれてて、それまで旅番組といえば兼高かおるの世界の旅しか知らなかった私にすれば斬新なものだった。
特に印象に残ってるのは筑豊炭田のボタ山と中山道を訪ねた際の油屋旅館。
印象に残ってるといってもどういう内容だったかとんと覚えてないのに、ボタ山と油屋旅館の映像が今でも瞼に映し出せるのが不思議だ。
それだけ永六輔が興味深いことを話してたからだろう。

私が永六輔の存在を知ったのはNHKテレビの夢で逢いましょうだったが、実際に彼を目にしたのは土曜日のパックインミュージック深夜版だった。
中村メイ子のロストラブのあとに始まるのにあわせ、赤坂のTBSスタジオで久米宏が前ふりをしてた。
そして永六輔が例の早口でまくしたてる話にいちいち納得してたのが懐かしい。

子供のころからそして青春時代も永六輔からはなにかと博識の一部を頂戴してた。
だからこそ清里を単なる観光地として見なかった。
その詳細はこちら

今年は空梅雨で節水宣言が出される気配ですが、そんなことも併せて奥多摩湖に沈んだ村やそれゆえ清里へ移住した人たちの苦労を思えば節水も苦にならない。
そんなことより永六輔からなにげなく得た物の見方考え方を大事にしていきたい。
広い視野とかすかな光でもものを判別できる猫の目のように、永六輔からは物事をしっかりとらえることを教えてもらった気がする。

本日鳥越俊太郎が東京都知事選挙に立候補しました。
その記者会見で気になったのは都知事ではなく国政に与すべきではないのかという質問でした。
これまでの鳥越の一連の発言を振り返れば、都政より国政のが圧倒的に多いのでそういう疑問を抱くのも無理ない。
だが、その質問者の意図というか深層には、都政にしろ国政にしろなぜ野党から支援を受けるのかというのが見え隠れしてる気がしたのは自分だけだろうか?

自民党都議連は小池百合子の都知事立候補に難色を示すどころか、自分たちにとって都合のいい増田寛也を擁立する出鼻をくじかれ体面を傷つけられたと彼女を快く思ってない。
本来であれば除名処分にすべきなのにそれをできないのは、小池百合子を除名にすれば有権者から責められた挙句、彼女が都知事になってしまう可能性があるからだ。
石原慎太郎の小倅と、伏魔殿といわれる都議連の内田茂が画策したのか、小池百合子を応援した者は処分対象にするという姑息さだ。

硬派な古谷剛正が難しい問題でもわかりやすく解説してたように、鳥越俊太郎も国政でなく都政に参画する意図を明瞭簡潔に話したが、質問した記者が納得したか否かはわからない。
というより野党からの支援を受ける鳥越などろくでもないと思ってるのかも知れないし、この記者会見でなんとかボロを引き出そうと思って質問したかも知れない。

こんなことも含め、物の見方考え方がしっかりしてないと、メディアだけでなく自分を取り巻く環境に飲み込まれてしまう。
そうならないためにも物の見方考え方をしっかり持たないとならない。
それを私は永六輔のユニークな言動から学んできた。

いまごろ天国で野坂昭如や坂本九に中村八大らと馬鹿話をしてるだろう永六輔。
先週遠くへ行きたいについて書いばかりなのは虫の知らせだったのか・・・
故人を偲ぶとともに冥福を祈るばかりです。
敬称を略させていただきました。
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

合縁奇縁は猫のおかげ 

知らない街を歩いてみたい どこか遠くへ行きたい
知らない海をながめていたい どこか遠く へ行きたい
遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅・・・・ 

永六輔さんが「遠くへ行きたい」を作詞したのは日本テレビが同名の旅番組を放送を始めたときだと思ってたら、NHKの「夢で逢いましょう」の今月の歌のために発表した50年以上も前らしい。
若い人でもつい最近まで放送されてたトットてれびを見てたなら「夢で逢いましょう」がどんな番組だかわかるでしょうが、ハナ肇さんらのクレージーキャッツとザ・ピーナッツらが出演してたシャボン玉ホリデーみたいな内容ですね。

それはともかく「遠くへ行きたい」の番組が始まったときの私は高校生で、毎回永六輔さんが全国各地を訪問しなにげないことを興味深く紹介してるのが好きでした。
旅番組というより、永六輔さんの博識を披露してるような内容でしたから。

そんな永六輔さんに影響されたかどうか、母の実家がある姫路へ14歳のとき初めて一人旅をしたのを皮切りにこれまでいろんなところを訪ね、行ってないのは高知県と沖縄だけ。
風来坊というより浮遊するデラシネなのか・・・

若いときはいろんな人と一緒に旅をしましたが、鼾だけでなく歯ぎしりが凄い私に同行する者が根を上げたし、それが心苦しかったし思いたったらさっと好きなとき好きなところへ行きたいという思いが強く、その後は一人旅がほとんど。
しかも四十代後半から猫に興味を持ったことで、なおさら同行者がいなくなってしまいました。
なぜって、猫を見るのに何万円も使うか?猫カフェなら千円ぐらいで人懐こいのいるじゃないかと・・・
いやいや、そんな単純なことじゃない。
野良猫と疎まれながら逞しく生きてる姿、そんな猫に憧れるし畏敬の念を持つといったらおかしいでしょうが・・・

とにかく猫は写真の被写体として魅力があるし、それをうまく撮れなくてもいい。
撮りたいがために猫を探し歩く。
猫をうまく撮れなくてもいいと書きましたが、猫を見てるだけでなにかしら得るものがあるからです。
それが自宅付近でなく旅さきでなら気分が高揚しててなおさら楽しいものです。

そんなことで青森で顔馴染みの猫たちと何度目かの再会をし、そして函館と定山渓をまわり小樽へ行ったわけです。
小樽は五回目だろうか、めぼしい観光地は過去に行ってて何度も行く気はない。
それでも小樽で猫を撮影するのは初めて。
さて、どこにいるのか?

そう思ってるとヤクルトレディーが通りかかりました。
街の様子を知ってるだろうと猫がいるところを知らないか聞くと、すぐそこにいるというところへ行くと何匹もいました。
撮影してると人が現れ猫が好きなのかと聞かれ、三度の飯より好きで東京から来たというと仔猫を抱き上げてくれました。
生後二か月ぐらいで今がいちばん可愛い盛り。
ここの猫をもらったのが自宅にもいるという夫婦はこちらとの親戚だという。
cat_otaru_0001.jpg cat_otaru_0002.jpg cat_otaru_0003.jpg 

その夫婦と少しばかり話し街を歩いてると、あちこちに猫がいるものの写真にはならない。
それが手宮の廃線跡に行くと若い親子のそばで錆猫がいいポーズをしてたのに、慌てたせいかピンボケ。
cat_otaru_0004.jpg cat_otaru_0005.jpg cat_otaru_0006.jpg cat_otaru_0007.jpg cat_otaru_0008.jpg cat_otaru_0009.jpg 

さらに街中を徘徊し坂を上って行くと何やら声が聞こえる。
両耳の鼓膜が破け難聴なのがやっと気づいたのは坂道に面した家の二階から声をかけられてた。
見ると、仔猫を抱き上げた女性でした。
街中で会ってから2時間ほどしかたってないのに、それもさっき会ったばかりの方との再会?
お腹空いてないの気安く言う方に、それより猫を飼ってるといってたのを思い出し、撮らせてほしいというと快く猫を玄関先に連れ出してくれました。
2匹の猫は不審者のようなこちらを警戒しまくりでしたが、奥さんが抱き上げたのを撮影したの帰宅後送りました。
猫を撮影してるとなにかと話しかけられることがあるし、これまでにいろんな一期一会とか合縁奇縁があります。
このブログではありませんが、撮影した猫を記事にしたら飼い主の方からうちの猫だと思わぬコメントがあったりとか~~~
まさに合縁奇縁は猫のおかげです。
cat_otaru_0010.jpg 

昔ながらのいかにも北国の民家に猫が2匹。
雪が降ったらこの猫たちはどこでどうやって雪をしのぐのか考えてしまうが、猫には猫の知恵がありこちらが案ずるより逞しく冬を乗り越えていくんでしょう。
cat_otaru_0011.jpg cat_otaru_0012.jpg cat_otaru_0013.jpg 

青森から始まった旅がいよいよ最終日を迎えるとなると、やっと帰るのかと思う半面、由乃とクロがいなければもっと旅をしていたいとも思う。

愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行き たい 
愛し合い信じ合い いつの日か幸せを 
愛する人とめぐり逢いたい どこか遠くへ行きたい

そんなセンチメンタルでなく、愛らしい猫を追い続けたいだけですが~~~


夜明けの小樽港ですが、部屋からこんな光景を見られたのは小樽港湾センターシーサイドインに泊まったからです。
名称からして港湾関係者が出張時に利用するための施設のようですが、一般の宿泊も可能で和室素泊まりが税込み3240円でビジネスホテルより安いし、食事は併設されてるひら川で朝夕食とも予約で可能で昼は一般利用できます。
港湾関係者の利用が主ですが地元民もかなり来てます。
travel_hokkaido_0049.jpg 

小樽港湾センター シーサイドイン 

小樽港湾センター食堂『ひら川  

ここを見つけたのは公益社団法人日本観光振興協会が運営してる「観るナビ」でした。
大手旅行サイトが取り上げてない宿がかなり多く、予算や目的に応じたのを見つけられるし、観光歳とも全国ネットで掲載されてます。
きめ細やかに紹介してるじゃらんや楽天もいいですが、掲載件数が少ないと思われる方にはお勧めの検索サイトです。

撮影機材 Nikon D90 / Nikon D7000 / AF-S NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED / AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑