思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

西嶺町の梅を見る撮る 

樹木に花をつける植物といえば、梅や桜がその代表でしょう。
正月が過ぎると都内では梅の蕾が膨らみ、日当たりがいいところでは開花し始めます。
小枝の蕾というか花芽が半分ほど開花すれば、というか五分咲きぐらいになるとカメラを向けずにいられなくなります。
花が新鮮で勢いがあり、ヴィヴァルディの交響曲四季春ではないですが、春がくるのかと心がうきうきしてきます。

2月になれば早咲きのシベが早くもしおれるのがあり、アップで撮影するのにそれが写り込むと見苦しい。
そして3月ともなればシベがしおれるだけでなく、くすんだ花が多くなってきます。
そうなるとアップでなく引いて、しおれたシベとくすんだ花が目立たないように風景として撮影することが多くなります。

1月半ばから梅を撮り続けてきました。
今年は例年より1週間ほど早く開花したせいか、早咲きの梅はすでにしおれてるのがかなりあります。
それでも日当たりが悪いところでは蕾だったりで、まだ見頃を迎えてないのがあります。
西嶺町の梅の里や周辺の梅を撮り続けてて、今年はもうこれでお終いかなと思ったのは昨日のこと。
それでも西嶺町の梅の里には地元以外の方たちが寒梅に来てます。

私にとって梅の見ごろは1月下旬頃ですが、写真撮影が目的でない人にとっては3月のこれからなんでしょう。
遅咲きや八重の梅がありますからね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
 flower_ume_0293.jpg flower_ume_0294.jpg flower_ume_0296.jpg flower_ume_0297.jpg 

flower_ume_0300.jpg flower_ume_0301.jpg flower_ume_0302.jpg flower_ume_0303.jpg flower_ume_0298.jpg  

flower_ume_0305.jpg flower_ume_0304.jpg flower_ume_0299.jpg       
テーマ: カメラ散歩 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

西嶺町の梅の里そろそろ見頃になります 

西嶺町の梅の里そろそろ見頃になります。
といっても見頃の定義は定かではありませんが、満開でしおれかかるより五分から七分咲きのが花が新鮮でいいですから。

撮影機材 / LUMIX DMC-FZ1000
flower_ume_0244.jpg flower_ume_0245.jpg
テーマ: 街の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 1 | edit

ページトップへ↑

西嶺町で梅が咲きだしてます 

年末にと桜が花芽をつけてましたが、年が明け小春日和が続いてたせいかが咲きだしてました。
西嶺町の梅の里は日当たりがいい丁字路入り口の紅がほぼ満開ですが、中ほどはまだ蕾にもなっていません。
おそらく下旬ごろから咲きだすのではないでしょうか。
ぶらぶら散歩してると白梅も開花してて、新春なんだなと思わされました。
新春の御喜び心より申し上げますは年賀状の定型句ですが、まさにそんな心境になりました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
flower_ume_0198.jpg flower_ume_0199.jpg flower_ume_0200.jpg flower_ume_0201.jpg
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑