桜坂のソメイヨシノが満開です

桜坂のソメイヨシノが満開です。
昨日撮影してると風に吹かれた花びらが舞ってて、もう花吹雪になってもおかしくない状況です。
満開の桜は雨が降ればあっという間に散ってしまいそうな感じのなか、ワンちゃんも花見をしてました。

江戸時代この桜坂は大山参りに使われてたし、茅ケ崎から東海道の裏街道としても重宝されてたようです。
その桜坂がテレビ番組で未来日記の舞台として登場し、福山雅治が作詞作曲した「桜坂」がテーマ曲となって大ヒットしました。
放送された花見時は最寄り駅から桜坂はもちろん六郷用水の遊歩道も人波が押し寄せ、近所に住んでる者としてはなにごとかと目を疑ったものです。
テレビ放送されてから20年近くたつ今も、桜の季節ともなれば人波とまでいかないまでもそれなりに人が多い。
テレビだけでなくSNSなどで撮影スポットが拡散されてる影響でしょうか・・・

 sakura_0026.jpg sakura_0029.jpg sakura_0027.jpg sakura_0028.jpg

相撲協会を告発してた貴乃花が訴状を取り下げたという。
その経緯は皆さんご存知でしょうが、なんとも腑に落ちない。
去年日馬富士が貴ノ岩を暴行したことが発端となり、メディアが連日貴乃花親方と相撲協会をとりあげてましたが、2月に朝日新聞が財務省の決裁文書改竄があったと報道したことで少しばかり影が薄くなってました。
それが自分の弟子貴公俊が付け人に暴行したことが発覚し、寛大な措置を求め訴状の取り下げ。

相撲は魁傑や旭国の時代から兄弟横綱となった若貴時代は毎場所欠かさず見てましたが、外国人力士がやたらと多くなったころから見なくなってる。
引退し親方となった貴乃花が兄や母と疎遠になったころからファンでなくなったし、他の親方が弟子を暴行死させたのは論外でも、今の貴乃花の心中がまったくわからない。

先日宮沢りえが結婚しましたが、彼女以前は貴乃花と結婚寸前でした。
もし二人があのまま一緒になってたら、貴乃花は親方としてだけでなく、人柄も今とは違うのではないかと思ってしまう。
宮沢りえが親方夫人だったなら・・・
関連記事
関連記事

花吹雪の昼下がり

寝坊して起きたら9時前。
窓を開けると風が吹いてるものの暖かい。
花筏を撮りに行くのにレンズをどうするか迷った挙句、50mmだけ持ち出したら案の定画角が狭い。
それでもけっこう風が強いし、そんな状況でレンズ交換すればミラーやセンサーにごみが付着する可能性が高いのでしょうがない。
それに適度なボケをうまく利用したのを撮りたいという思いがあるし~~~

花筏何枚も撮りましたが、昼前から1時間ほど撮影してるとスナップ的な画が撮れたので先にそれを掲載します。
昼下がりの遊歩道には部活帰りの中学生が座り込んで話してる。
先日入学式があったばかりだし、もしかすると新入生かも知れない。
そんな遊歩道沿いの水路は花筏が流れ、そこに花吹雪というか花びらが舞い散る。
花吹雪の昼下がりはいかにも春という感じでしたが、撮影中襟首に舞い散る花びらが落ちてたのか、シャワーを浴びるときいくつかその花びらが肌についてました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
flower_sakura_0207.jpg 
関連記事

桜の花吹雪と花筏

今日の東京は曇って風が強く、そのため花吹雪花筏も見られた。
今朝7時過ぎ芝公園では花見の場所取りで若いサラリーマンがブルーシートを敷いて場所取りしてましたが、こんな強風のなか今も先輩たちにあれこれ命令されこき使われてるのだろうか?
ご苦労なことで・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs smc PENTAX-DFA MACRO 100mm F2.8 WR
flower_sakura_0047_20150403180408f7e.jpg flower_sakura_0046_201504031804117d3.jpg  

関連記事