思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

ピース又吉の「火花」を読みましたが・・・ 

この連休は行楽の秋とか食欲の秋を満喫されてる方が多いんでしょうね~
秋といえば夜長の読書。
このところ夜中に起きてしまい寝られないことが多く本を読んで眠気を誘ってますが、つい先日ようやくピース又吉の「火花」を読み終えました。

芥川賞受賞作ということで話題沸騰でしたが、読後感は和田アキ子ではありませんがつまらなかった?
登場人物の魅力が乏しく、それにストーリーが面白くなかった。
こう書くとけなしてるような感じになりますが、作者が何を書こうかというテーマは痛いほど伝わってきていいんですけどね~

同じようなテーマで書いてた花登筺「漫才師」をそのまえに読んでましたが、こちらは登場人物の魅力はあるものの、ストーリーテラーだけにストーリーに追われるような展開に物足りなさを感じてました。
花登筺とは小説家というより劇作家が本業ですが、細腕繁盛記やどてらい奴など根性物とか商人を描いた小説をかなり書いてます。
新幹線作家といわれるほど量産してた超売れっ子作家ですから、本人の意図することより出版社の意向で書いてるほうのが多かったでしょうし、商業作家らしい読みものでした。

その花登筺と似たような作家のひとりに梶山季之がいました。
こちらが描く小説はそれこそ魅力たっぷりの登場人物ばかりで、赤いダイヤは主人公の小塚慶太が房総の海で自殺を図ろうとするのを相場師の森玄一郎に助けられることから始まり、悪人を懲らしめながらあれよあれよという間に大金を手にして行く痛快無比な展開。

トップ屋だった梶山季之にしても超多忙を極めたベストセラー作家で入院中でも原稿を書きまくり、取材先の香港で45歳で亡くなったのは若いとき患った結核が尾を引いてたのかも知れませんが、サービス精神旺盛だったことで無理を重ねた過労が大きな原因でしょう。
その梶山季之が同じ広島県出身の佐々木久子に、どうしても直木賞をとりたいんだといってたのが叶わずじまい。
志高く善人の登場人物がいるかと思えば「悪人志願」では強盗慶太やピストルの堤として、彼の電鉄会社の創業者たちの裏側を描いてる。
ルポライター出身の視点はバラエティーに富んでて、登場人物の動向に一喜一憂させられたし波乱万丈のストーリー展開にやきもきさせられたものです。

そういう意味においてピース又吉の火花はあまりにも小さくまとまりすぎてる感がぬぐえない。
それでもお笑い芸人の彼がよくここまで書いたと感心したのも事実。
二作目を書くのかどうか知りませんが、もう少し華のある人物を描いてほしいしストーリーにしても、もっとドキドキするようにしてほしいと思うのは自分だけだろうか?
人物描写はできてるし文章構成が完璧なだけに、お笑い芸人が書いたから売れたではなく、作品自体に期待したいものです。

考える人はロダンですが、ピース又吉はこの猫のように考えながら書いてたんでしょうかね・・・
敬称は略させていただきました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX DFA MACRO 100mm F2.8 WR
cat_hidaka_0009.jpg
テーマ: 読書感想文 | ジャンル: 小説・文学 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

ありふれた日常に忍び寄る影 

ありふれた日常に変化が起きれば新鮮でいいことがあるかも知れない。
でもそうでなく逆に不安になるとしたら・・・
いつもいる猫が突然姿を見せなくなり、車に轢かれたのか病気になったのかあれこれ気を揉んでた。
それでも今日はいつもの時間いつものところにいたし、呼ぶと出て来て餌を食べほっとさせられた。

それにしても我が家の野良猫はどうして姿を見せなかったのか?
気まぐれな猫のことなのでなにが原因かわかるはずもない。
ただ、姿を見せなくなる5日ほど前突然餌を食べなくなり、たまに出すチャオちゅーるを出すと食べてた。
それがなくなり買いに行ったとき事情を話すと、カリカリをチャオちゅーるでふやかすといいといわれ、そのとうりにして出すと手でかきだして一粒も残さず食べてた。
これで一安心と思ってたやさきに失踪というか姿を見せなくなったので、いったいどうなってるんだと頭を抱えてしまった。

もう12歳で外猫とすればかなり長生きしてるが、それでもいなくなればどうなるのか・・・
そんなこと考えたくないし思いたくもない。
懐かなくても自分の手で餌を出し、食べたあとはぷいと逃げるようにして去ろうと、そんな毎日でも永遠に続いて欲しいと思う。

昨日文芸春秋9月号を購入したのは又吉直樹氏が芥川賞を受賞した「火花」を読みたいだけでなく、川上千春氏の手記が掲載されてるからだった。
川上千春氏は御巣鷹山に墜落した日航123便の生存者である川上慶子さんの兄だ。
その千春氏は妹の慶子さんと事故のことを一切語り合うことがなかったと記してる。
唯一生き残った家族の妹がどれだけ苦悩の日々を送ってるか知ってたからだろう。
そんな妹を思いながらも、もし自分が家族と一緒に旅行をしてたなら5人になってて、キャンセル待ちしてた4人分に乗ることはなかっただろうと悔しがってる。
運命の皮肉に翻弄されうつ病を発症したとも記してあるが、亡くなった父を超える年齢になり家族の絆がいかに大切なものかを切々と綴ってます。
川上千春さんと川上慶子さんの二人が子供を育てる年となったのは、あの事故から明日で30年を迎えるからです。
ありふれた日常が一挙に地獄へ突き落された川上千春さんと川上慶子さんの平穏無事な毎日が続くことを願うばかりです。

といっても安倍政権はあくまで安保法案を成立させる構えでいる。
川上兄妹のような稀なケースは論外としても、手の届くところにいる人たちがいつなんどき戦場に駆り出されるか知れない。
こういうと安保法案の解釈をはき違えてるという輩がいるだろう。
本当にそうか?
安倍晋三は祖父と父ができなかったことを自分がすると意気込み、総理大臣としての権力を、それこそはき違えてしまってる。
与党内でそんな輩を非難する声が少しばかりあるが、安倍晋三と同じ穴の狢たちは寄らば大樹の陰なのだろう。
親分が黒い物でも白といえば黙って従うヤクザになってる。
義理人情を重んじる侠客ならまだしも、そこらのチンピラ風情が名誉欲に駆られ、特攻するというか猫に鈴をつける役を果たしてると勘違いしてるんだろう。
その様はまさに裸の王様そのもの。
SealdsだけでなくMIDDLEsにOLDsも黙っていられないとデモを繰り広げ、その結果内閣支持率はどんどん下がって行く一方。
安倍晋三は戦後70年のなかでも最低な総理として刻まれるに違いない。
否、小泉純一郎や麻生太郎にしてもそうだろう。
庶民たちのありふれた日常をぶっ壊してきた張本人たちなのだから・・・

有事でアメリカや他国の後方支援をすれば敵国と見做され、人が多く集まる渋谷新宿浅草などで無差別テロが起きる可能性が大きい。
それに巻き添えされてもおかしくないし、そういう国になりつつある。
相手に一歩譲った上で自分の思いを聞いてもらう。
そういう奥ゆかしい人間が少なくなり、逆に自分がいってることは正しいと相手の意見を聞かない。
私は総理大臣だと権力を振りかざし、何でもかんでもひれ伏させる駄々っ子のような安倍晋三。
誤った認識は捨てるべきだろう。

我が家の野良猫由乃がいなくなったら・・・
家族同様に思ってる由乃と会えなくなるのは辛い。
それがやテロや戦禍が原因だとしたら、なおさらやりきれない。
長々と書いてきたことが単なるとりこし苦労で終わって欲しいと願うばかりだ。
ありふれた日常に忍び寄る影が来ないようにと・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-M 50mm F1.4
yoshino_0143.jpg

yoshino_0141.jpg yoshino_0142.jpg yoshino_0144.jpg yoshino_0145.jpg
テーマ: 猫のいる生活 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑