思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

梅の撮影で花びらの白飛びを抑える  

多摩川台公園の撮影をしてきました。
35mm F2.8 50mm F1.4 100mm F2.8 MACRO 150mm F3.5そしてネットで落札し昨夜届いた28-135mm F4.0 MACROの5本用意しましたが、いちばん使ったのは100mm F2.8 MACROでほとんど使わなかったのは150mm F3.5 28-135mm F4.0 MACROです。
その理由は後日するつもりです。

今年は暖冬だからという訳でなく、多摩川台公園のこのは日当たりがいいため去年も1月半ばはじめには開花してました。
かえって今年のが花のつきが晩いぐらいです。
斜光線で撮るのに8時ごろ行こうと思ってたのが、着いたのは10時過ぎ。
しかもドジなことに中央部重点測光だけでマルチパターン測光で撮影するのを忘れ、花びらの質感が飛んでしまいました。
露出をアンダーにすればハレーションを防げますが、中央部重点測光だと背景が暗く落ちてしまい肉眼で見たものとはイメージがガラッと変わってしまう。
そうならないために画像処理でシャドーだけでなく全体的に少し持ち上げたため、白飛びを起こしてしまいました。
でも、肉眼で見た時も光線が反射した白い花びらはぎらついてましたけどね~~~

の撮影で花びらの白飛びを抑えるには適正露出もしくは若干アンダー気味にし、測光モードを替えながら撮影しないと・・・

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX DFA MACRO 100mm F2.8 WR
flower_ume_0067.jpg flower_ume_0068.jpg flower_ume_0069.jpg flower_ume_0070.jpg      
テーマ: 撮影技法について | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑