思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

ピントは写真の命 

昨日渋谷ヒカリエへ世界ネコ歩きでお馴染み岩合光昭さんのふるさとのねこを見に行って来ました。
iwago_0001.jpg 

津軽のリンゴ農家に産まれた5匹の仔猫たちを季節ごとに撮影したものですが、猫たちの描写はもちろん、すべてが鮮明な写真に目を見張らされました。
とにかく髭の1本1本が精彩に写ってるんです。

岩合光昭さんといえばオリンパス。
オリンパスといえばマイクロフォーサーズ。
それが大きいものになれば2メーター以上のサイズにプリントしてるというのに、髭がボケるどころか超鮮明に写ってました。
絶えずちょこまか動きまわってる猫なのにですよ~~~
さすがプロは違うと驚かされたし、どうすればあんな鮮明な写真が撮れるのか考え込んでしまいました。

20年前から老眼が始まり10年ほど前に誂えた老眼鏡が見づらく新調しましたが、安物なので度が合う範囲がいたって狭い。
カメラのレンズにたとえるなら50mmF1.8ぐらいの被写界深度といえばお判りでしょう。
そういう状況でも撮影するときは裸眼ですが、アジサイの季節に雨に濡れた花芯や滴に映った景色にピント合わせするのにどれだけ手間取ったことか・・・

そこへもってきて最近はマニュアルフォーカスのオールドレンズを3本購入。
smc PENTAX-M 28-50mmF3.5-4.5はともかく、smc PENTAX-M 40-80mmF2.8-4.0とsmc PENTAX-A 50mmF1.4はマクロレンズなみに気を使いながらピント合わせをしなければならない。
昔ペトリやニコマートなどを使ってたときはマイクロスプリットプリズムだったのでピントが合うとすぐにわかったのが、今は合焦マークが表示されぴぴっと音で知らせてくれ便利になってるものの、それでピントが合ってるとは限らない。
そこで微調整するんですが、昔のレンズなので光軸自体ずれてるのかなかなか合わない。
それでも何枚も撮ったうちの一枚ぐらいきっちりピントが来てるのがあるということは、やはり自分の目がおかしいんでしょう。

そんな状況で smc PENTAX-A 50mmF1.4をF2.2で撮ったのがこちらです。
シベにピントが来てるのでほっとしました。
ピントは写真の命。
老眼だからといってピンボケは許されませんからね・・・
flower_summer_0017.jpg 
テーマ: ★カメラ&レンズ・機材 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 8 | edit

ページトップへ↑