思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

馬鹿なのか賢いのかわからない猫の知能程度 

猫の知能程度は人なら3歳ぐらいだとされてるようですが・・・

我が家の野良猫は12歳で、外猫としてそれなりの生き方の術を知ってるはずです。
それなのに今日冷たい雨が降ってるにもかかわらず庇で寝てました。
そのまま寝かせておけば風邪をひくし、そうなれば2年前生死の境を彷徨った悪夢の再来になってしまう。
そうならないために呼びかけて起こし、温めたウエットを朝から何度か出しました。
yoshino_0148.jpg 

温めたウエットは匂いがたって食欲をそそるのはいいんですが、それを食べてしばらくすればウエット自体の水分で体が冷えてきます。
家猫ならホットカーペットや猫ベッドでそれほど影響ないでしょうが、外猫だとかなり体温が奪われて寒さが増すかも知れません。
このあたり当の猫でないとわからないですが・・・

そのウエットを出すにも塒のそばに近づけるんですが、それだと警戒して食べません。
春まで自分がいた塒だというのに、その塒の存在を忘れてるのかこんな氷雨が降ってても入らず、そのあげく庇で寝てる神経がわかりません。

その塒にしてもはじめは猫ベッドの上にいるだけだったんですが、毛布を二枚重ねにしてあげるとその間に潜り込みました。
馬鹿なのか賢いのかわからない猫の知能程度と思ってましたが、猿知恵に勝るではないかと思ったものです。
そんな塒があるのに思い出せないのか、思い出す能力もないのか?
餌を食べてる首根っこをつかんででも塒に押し込んでやろうと思うものの、手を伸ばせばさっと逃げてしまう。
6年も餌をあげあれこれ気遣ってるのに、いっこうに警戒心を緩めない我が家の野良猫にはほとほと手を焼かされ気苦労ばかりさせられてます。
それでもどちらかが天命をまっとうするまでこの状態を続けて行こうかと・・・
yoshino_0149.jpg 
テーマ: 我が家の猫 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑