思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

岩礁にたたずむ猫たち 

一昨日に続いて島猫ですが、岩礁にたたずむ猫たちが何匹いるかわかりますか?

撮影機材 Nikon D7000 / AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
cat_ilmd_h_0002.jpg 



<大分県警別府署>隠しカメラ、「民進党」関連建物敷地内に

こんなことが起こってるとは恐ろしい世の中になったものです。
大分県警は特定秘密保護法の下、なんのために隠しカメラを設置したのかなんら釈明することはないんでしょう。
共産党が絡んでたから盗撮したのかはともかく、これいがいにも市井の知らないところでいろんなことが行われ、まるで戦時中の特別高等警察を思わせる。
特高に殺された著名人として真っ先に思い出すのは蟹工船で有名なプロレタリア作家の小林多喜二ですが、市井にしても謂れなき理由で獄門死してるんでしょう。
特高を思わせる不吉な時代にさせてるのはいうまでもなく安倍晋三。
歴代の政治家でひどいのは何人もいてもそのうち名前を思い出せないほど過去の人となってその愚行を忘れてしまうものの、安倍晋三ほどろくでもないのが総理として国民をないがしろにするのは許すまじき好意で憎しみが募って忘れることができないだろう。
都知事選で桜井誠が10万票も集めたことも不気味だが、それにもまして安倍晋三は危険人物そのもので、それこそ戦中なら特高によって拷問を受けててもおかしくないのだが、特高自体が国家の犬ではどうにもならない。
そして今回のこの事件も然りで大分県警は安倍晋三の思惑によって動いたのだろう。
こんなことをブログで発信してる自分がいつ投獄されもおかしくない時代が刻々と迫ってるようで恐ろしい限りだ。
テーマ: 野良猫と地域猫 | ジャンル: ペット |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑