思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

ソメイヨシノの花芽が日々成長してます 

一昨日は春をとおりこし初夏のように暖かく都内では20度を超えましたが、昨日はいっきに気温が10度も下がり、今日はさらに寒くなり深夜から明日未明にかけ雪が降るかも知れないという予報です。
三寒四温をくりかえしてますが、来週の15日からはいっきに春めく気配です。

そんななか河津桜がしおれはじめる半面、ソメイヨシノの花芽が日々成長してます。
都内の桜の開花予想は21日ですが、日当たりのいいところはそれより早まり20日前に見ることができるかも知れません。
その日まであと10日。
ソメイヨシノや枝垂れ桜を撮りに行き、その画像処理で忙殺される日も間もなくで、嬉しいやら辛いやら~~~

flower_sakura_0118.jpg

4年前我が家の野良猫由乃はクロを弟分として認めこうしてひなたぼっこをしてたものですが、よせる年波なのか縄張り荒らしに来る猫を追っ払うことができないためか、クロがいなくなってからというものますます孤高になっていくようです。
yoshino_0157.jpg

嗅覚が鈍い私にの香りはしなくても沈丁花の甘い芳香はさすがに感じます。
ユキヤナギも咲きだし暑さ寒さも彼岸までの喩えどおり春はまじかでしょう。
flower_ume_0191.jpg flower_2016_03_0001.jpg flower_2016_03_0002.jpg flower_2016_03_0003.jpg    

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR
flower_sakura_0109.jpg flower_sakura_0104.jpg flower_sakura_0115.jpg  

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
flower_sakura_0105.jpg flower_sakura_0106.jpg flower_sakura_0107.jpg flower_sakura_0110.jpg flower_sakura_0111.jpg flower_sakura_0112.jpg flower_sakura_0113.jpg flower_sakura_0114.jpg flower_sakura_0116.jpg



二十代半ばから三十代半ばまで山や旅行する時しかカメラを持ち出すことはなかったし、それ以降も仕事に追われカメラを持ち出すことはあまりありませんでした。
それでもカメラを手にしてから半世紀たってます。
中学高校時代と写真クラブに所属し、先輩や顧問からいろんなことを学んでました。
それで得た技術論を試す如く鎌倉の神社仏閣を撮っては構図の研究をするとともに、写真雑誌を見ては被写界深度から絞り値がどれぐらいか推し量ったり、自分ならこう撮るとかあれこれ考えたものです。
また街中にいるときは両手指を四角にしたのをファインダーに見立ててフレーミングし、常にどういうのが画になるのかセンスを磨いてたものです。
三十代後半には山岳写真のサークルに参加してたこともあり、そこで合評しあうのは撮影者の意図が分かり興味深いものでした。
そういうことを経て今に至ってますが、半世紀たってようと写真はシャッターチャンスが大きくものをいうし、何がいい写真かなど定義するのはナンセンス。
プロや著名な写真家が撮ったからといって、それがいいものと思えないのはざらにあるし、ブログでもランキング上位の写真がいいと思えないのも然り。

ある人が写真は公表した時点で自分のものではなくなり、見る人のものになるといってました。
それは撮影者がなにを感じてどう撮ったのかなど関係なく、見る人によって感じ方はそれぞれなのに、撮影者の思いをおしつけるものではないということでしょう。
それでも長年カメラを手にしてる者としては、シャッターチャンスさえ恵まれればもっといいものを撮れるという忸怩たる思いがあるし、写真のイロハも知らないど素人にとやかくいわれたくないというのがあるのも事実。

それはともかく山や風景を主に撮ってたのが、5年ほど前から猫やスナップに草花へと変わってきてます。
それら身近なテーマを撮影する人たちが多くブログをにぎわせてます。
そういう写真を見て参考にすることがある反面、違った撮り方をしなければと思うのも事実。
かといって奇を衒ったやり方は本意でないし、あくまでオーソドックスな手法でです。

7年ほど前だったか、ブログでAdobe Lightroomを使った画像を見たとき画像処理のための画像であって、写真の良さを感じなかったことがあります。
それでも社交辞令でメリハリある写真だとコメントしたら、画像処理なんて簡単なもんだとレスされました。
この当時私はPhotoshop 7を使ってて、色相・カラーバランス・トーンコントロールなどレイヤー別に調整してて、それなりの画像処理法を知ってたつもりですが、上記したように写真のイロハも知らないトウシローがLightroomをもてあそび諧調を無視した写真でいい気になってるのに腹が立ったものです。

カメラやレンズメーカーが常に新製品を開発してるのは、いうまでもなくいい写真を撮れるようにするためでしょう。
そのいい写真とはすべての諧調を表現できるとかではないにしろ、写真を撮影してるほとんどの方は少しでもいいカメラとレンズが欲しいと思ってる。
それでもなにがいい写真なのかとなると、撮影機材に左右されないものがあるだろうし、もちろん画像処理ソフトとも関係ないでしょう。
そうはいってもネットで掲載するのに、見栄えをよくしたいというのは人情。
なにもメリハリをつけるばかりでなくフラットにすることだってあるし、ハイキーやローキーにすることもある。
撮影したものと別物となっても写真は写真。
撮るだけでなく、見せる工夫も必要なのではと・・・

脈絡がちぐはぐな文章ですが、写真は誰がなんといおうと好きだから撮るのであり、これからいつなにがどう変化するかによって撮り方が変わるかも知れませんが、歩けなくなるまで撮り続けるでしょう。
いや、歩けないとか目が見えない方でも撮ってる方がいます。
写真はそれほど虜にする魅力を持ってるんでしょうね~~~
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

満開の河津桜と紅梅 

今日東京で春一番が吹き20度を超え5月上旬並みの陽気でしたが、昨日も暖かく河津桜と紅梅が満開でした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-D FA MACRO 100mm F2.8 WR
flower_sakura_0102.jpg flower_sakura_0103.jpg
テーマ: 季節の花たち | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑

西嶺町の梅の里と河津桜の開花状況と観蔵院の蝋梅とクチナシの実 

六郷用水河津桜が開花してました。
場所は大田図書館下のせせらぎを鵜木方面に向かい緩やかな坂になる手前で、シュロとともに紅梅が何本もあるマンションの下です。
観蔵院へ行く手前ですが、沼部駅から六郷用水沿いを10分ほど行ったところです。
観蔵院はロウバイだけでなくクチナシが実をつけてますが、墓地の隅に植栽されてる白梅はまだ蕾のようです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SMC PENTAX A 35-70mm F4 MACRO領域あり / smc PENTAX-A 28-135mm F4.0 MACRO
六郷用水の紅梅と河津桜
flower_sakura_0097.jpg flower_sakura_0098.jpg flower_sakura_0101.jpg   flower_sakura_0099.jpg 
2月下旬ともなれば紅梅に負けず満開となる河津桜です
flower_sakura_0100.jpg 

観蔵院の蝋梅とクチナシの実
flower_ume_0116.jpg flower_2016_02_0001.jpg 

西嶺町の梅の里は日当たりのいいところは満開に近いですが日当たりの悪いところはほとんど開花していません
flower_ume_0117.jpg
テーマ: 季節の風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑