思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

看板猫として修行中 

以前行ってた猫だまりの猫たちがこの半年ほど姿をまったく見せないと思ったら近所の店にいました。
目やにがひどかった黒猫は首輪までつけてもらい元気だし、生後3か月ほどだったのがかなり成長してました。
白黒猫は段ボールハウスの上で日向ぼっこし、看板猫としての修業は黒猫にまかせてるのか?
看板猫として修業しないと追い出されるかも知れないんじゃないの?


撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
cat_shim_0020.jpg cat_shim_0021.jpg cat_shim_0022.jpg


昨日福岡市で解体中のビルが崩壊し、商店街にコンクリートが散乱し交通規制する事態が起きました。
工事手順に抜かりがなかったかどうかはともかく、解体は主に重機で行ってたんでしょう。
俗にいうカニ爪で外壁や鉄骨を切り取るというかひしゃげて解体していく。
その他ではユンボのアームにシャベルやドリルのようなものをつけてコンクリートをめくったりしますが、その振動と騒音たるや凄い。
これがビルが林立してるところなら隣接地はともかく、それほど気にならない場合が多いのは堅牢なビルにいるからで、住宅街で木造住宅にいるとその振動と騒音たるやは耐えられるものじゃない。
パチンコ屋に行かないのはちんじゃらの音が耐えられないし、賭け事が好きでないからですが、解体工事は突然震度2とか3ぐらいの揺れがしたと同時にドスンとかガチャンとか物凄い音がします。

では行政で騒音振動の規制をしてないかといえば、きちんとしてます。
ところがこれが眉に唾をつけても納得できない条例ばかり。
振動騒音が凄いからといっても、それが一定時間ずっと続く場合条例違反になりますが、瞬発的だと規制値として認めざるえないというもの。
それが震度3とか4でもそうだし、電車が通過するガード下にいるような騒音でも条例違反にならない場合がほとんど。
それを盾に解体業者は規制値以内なんだから文句ないだろうとばかりやりたい放題する。

今から15年ほどまえですが近所でビルの解体があり、その振動に堪らず役所に事情を話したらしたら測定してくれたことがありますが規制値内でどうにもならないといわれたました。
そして去年また解体工事がありましたが、これは15年前に比べたらそれほどでもないし規制値内に治まってるのは想像に難くない。
それでもユンボの片側を浮かせたのを落として解体するのにドスンドスンと自宅がかなり揺れてました。
あまりにもひどいので工事してる者に、そんなやり方して万が一家が崩れたらどうする気だというと、建て替えてやるという。
30半ばの男はいかにもという風体で生意気だし、役所に電話すると様子を見に来てくれましたが、工事を中止させるほどでもないとのこと。
それが行政側の条例で、小市民は我慢するほかないのかと・・・

バブル全盛時月島のいたるところが地上げされ高層マンションやオフィスビルが建設されましたが、立ち退かずに残った住民たちがどれだけ騒音と震動に苦しんだのか、身をもって体感しました。
そしてさらにもう一軒アパートの建て替えが控えてるかと思うとノイローゼになりそうだし、猫の由乃にしたら日向を奪われ行き場を失ってるし、相当なストレスを溜めこんでるに違いない。

福岡では幸い怪我人はいませんでしたが、心に病を抱えるかも知れない者がいるということを、行政側と工事業者には肝に銘じてもらいたい。
鰻の寝床のような私道だらけの京島では戦前に建てた木造民家がひしめいてましたが、それも今は建て替えがかなり進んでますが、そこでも私のようにノイローゼ寸前になってる方がいるかも知れませんし・・・
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑