思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

川崎市立日本民家園の吊るし柿 

生田緑地へ行ったとき隣接してる川崎市立日本民家園吊るし柿がありました。
今年こそ山梨の塩山へ行き枯露柿を撮ろうと思ってたのに、その願いは叶わずじまい。
それが思わぬところで吊るし柿があり勿怪の幸いとばかりにカメラを向けました。
それで画にしたいと思うもののどう撮っていいかわからない。

建物の白壁を背景にすると柿が浮き上がっていいんですが、木枠をどう処理するかいい案が浮かばない。
それで逆光にすると映えますが、24mmのマクロや50mm F1.4でうるさい背景の雑木林をぼかしたくてもあまりぼけません。
100mmマクロならもう少しボケるでしょうが、それではあまりにも画角が狭く、柿が写り込む数が少なくなってしまう。
そんな状況で30枚ほど撮りましたが、納得できるものはありませんでした。
塩山の甘草屋敷や恵林寺周辺の枯露柿にしても条件は同じか、いや人出がもっと多く風景でなくスナップになってしまうおそれがあるでしょう。
農家の軒先に吊るされまわりが田畑というのが理想ですが、そういう光景を探し当てるのは郊外をくまなく歩かなくてはなりませんね~~~

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4 / SIGMA-24mm F1.8 DG MACRO
ikuta_0015.jpg ikuta_0016.jpg ikuta_0017.jpg ikuta_0018.jpg ikuta_0019.jpg ikuta_0020.jpg ikuta_0021.jpg ikuta_0022.jpg ikuta_0023.jpg ikuta_0024.jpg    
テーマ: ある日の風景や景色 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑