暑いので冷やし中華作りました

今日は暑いので冷やし中華を作りました。
酢を多めにした醤油だれと粉からしのつんとした味がさっぱりして美味しかった(^_-)-☆
cooking_0012_20180420130900cad.jpg


緑萌えるカエデ
目には青葉 山ホトトギス 初鰹ではありませんが、新緑のまぶしい季節になりました。


関連記事
関連記事

滝山城址の新緑と散り桜

都内のソメイヨシノが満開から散り桜になった先週、八王子市郊外の滝山城址へ行きました。
曇というより雨が降りそうな気配のなか、メインルートでないところから上り始めると誰もいなくて静かそのもの。
いや、静かどころか熊が出て来るのではないかと思うほど踏み跡が少ない小径。
秩父や奥多摩の山道を歩いてたとき、木の幹がかきむしられてたり小枝が鳥の巣のようになってるのをなんども見てて、それが熊の仕業だと知ったとき寒気を覚えたものです。
4月といえば冬眠から目覚めた熊の活動期だし、人っ子一人いないそんな小径を歩くのはあまり気分のいいものではない。

それでも稜線に出るとまだ散ってない桜があったし新緑に目を奪われる。
30年ほど前ゴールデンウイークのころ行った大蔵高丸とか生藤山の山道から見たヤマザクラやフジが新緑に映えて眩しかったのを思い出すと、撮影したのが50枚にも満たないし同じカットばかりで物足りない。
そんなことで里山へ行こうと八高線の小宮駅まで歩いたら疲れ果てました。

sakura_0051.jpg  sakura_0052.jpg 

昨日テレビを見てると丹沢は鍋割山荘の鍋焼きうどんを取り上げてました。
山の頂で、それも寒い時なら身も心も温めてくれるボリュームたっぷりの鍋焼きうどんの有難味はなんともいえません。
北アルプスなら2千円でもおかしくないのが千円だし、それも富士山や相模湾を見ながらとくれば誰もが食べに行ってみたくなるのが人情でしょう。
今の時期雨が降れば寒いだろうし、登山靴でなくスニーカーで登るのもいるだろうし、そうなれば足元がずぶ濡れになってしまう。
そうでなくてもヤマビルが多い丹沢の登山道はぬかってるところが多く、スニーカーでは瞬く間に吸いつかれてしまうでしょう。

鍋割山荘へは登山道を4時間近く歩いて行かなければならない紛れもない山小屋ですが、番組では行列ができる秘境の店とかやらのキャプションで、視聴者の射幸心を煽るかのようにしきりに店といってたことに違和感を覚えてなりませんでした。
番組内では担当者が最寄り駅から鍋割山荘まで歩いてるのを紹介してました。
来るゴールデンウイークにこの番組を見て行かれる方もいるでしょうが、まだ雪が残ってたし五月といえども雨が降れば一転して冬に逆戻りするので、くれぐれもしっかりした装備で行かれることをお勧めします。
間違ってもスニーカーで折り畳み傘があればいいだろうなどと、侮らないことを老婆心ながら付記しておきます。
それにしても、山小屋を店という神経がわからないし、ネット社会で育った者がインスタ映えするんじゃね~とかで行き、遭難騒ぎを誘発しなければと思わずにいられません。

違和感を覚えたものといえばもうひとつ。
同じく昨日アベマテレビで見た将棋の名人戦で佐藤天彦名人。
羽織袴でいかにも名人戦といういでたちなのに、イカやタコのように終始体をくねらせたかと思えば寝たのか?と思ってしまうような姿がしばしば。
佐藤天彦名人の対局を見るのは初めてなので、これまでもそうだったのかわかりません。
落ち着きがないというか対戦者に対し失礼な振る舞いに見えてなりませんが、ひょっとしてそれは心理戦なのか?
今日は欠伸をしたかと思えば、開局して10分と経たないうちに中座してしまう。
そんな彼に対し羽生善治竜王は苛ついてないんでしょうかね・・・

関連記事

雨上がりの新緑

雨上がりの新緑についた滴は爽やかな感じですが、こんな玉の汗をかくような蒸し暑い日が間近に迫ってるような・・・
奄美大島に遅れて先週沖縄が梅雨入りしたそうですが、来月というか来週になれば九州が、そして本州も鬱陶しい季節になっていくんでしょう。
梅雨は嫌いですが植物には恵みの雨だし、写真愛好家にはアジサイやハナショウブなどしっとりしたのを撮るシャッターチャンス。
いい写真撮りたいですね~~~

万能ズームの簡易マクロでも葉っぱにレンズが触れそうなぐらい接近すると、離れてる背景のボケ具合がマクロレンズに負けず劣らないほど綺麗に撮れました。
撮 影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
leaf_0001.jpg
関連記事

目にしみるクスノキの青葉

目に青葉 山ホトトギス 初ガツオ
そんな季節になりカツオがたたき売りならぬタタキを目にするようになりました。

食い気もいいですが、目にしみるクスノキ青葉は見たくもない世相を忘れさせくれ心が洗われました。
近郊の山ではツツジが緑に花を添え、シャクナゲも咲き始めてるかも知れない。
20年以上前梅雨入りするころ北八ヶ岳白駒池へ行ったことがありますが、夜が明けるとともに湖畔に霧が立ち込め、それが新緑を覆い隠すベールとなって神秘的でした。
そんな池畔に三脚に据えたカメラのファインダーを覗き込み、シャッターチャンスをものにしようと必死だったことが思い出される。

その当時FujiのVervia36枚撮り5本パックがヨドバシやカメラのサクラヤなど量販店で5千円弱だったろうか?
現像代が千円ちかくし10本近く撮ればしめて2万。
それに車のガソリン代や高速代に、泊りがけともなれば一泊でも5万前後の出費をしてた。
それがデジカメの今フィルムと現像代はかからないが、移動費は当時より嵩む当世。
それにもまして衰えてる体力と気力。

そんないま数日前猫撮りで歩いてたとき目にしたクスノキ青葉に、どうにもならない構図ながら雲の配置を考えなんどもシャッター押した。
まるで山を登ってた当時のような気分でだ。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC
flower_may_0001.jpg flower_may_0002.jpg
関連記事

萌える新緑

人生五十年といわれたのが八十年になったのはいつからか・・・
生きるのは楽しい。
が、辛いことのが多いように思えるのは自分だけだろうか?
今までもこれからもそう思いながら生きて行く。

円形脱毛症をご心配下さり有難うございました。
長生きするのにストレスは大敵。
なにごとも鷹揚にやり過ごして行こうと思いますが・・・

老夫婦が仲睦まじく歩く姿は、萌える新緑のように爽やかでした。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
satoyama_0030.jpg
関連記事