シクラメンのかほり

小椋桂さんが作曲した「シクラメンのかほり」は布施明さんが歌って大ヒットしましたが、シクラメンにかおりはないと物議をかもしたのが懐かしい。
もう40年も前の歌ですが、この季節になると自然と口ずさんでることが多いです。

ちなみにシクラメンにかおりがないなら香るようしてやろうと、その後キリンがすぐに品種改良したそうです。
そしてシクラメンの花が下向きで咲くのは、花粉が雨で流されたり風で飛ばされないためとのことです。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / smc PENTAX-A 50mmF1.4
2015_11_flower_0008.jpg 

関連記事