思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

映画瀬戸内少年野球団の舞台になった真鍋島の猫たち 

阿久悠さんの半自叙伝的映画瀬戸内少年野球団のヒロインを夏目雅子さんが演じてから30年近くなりますが、それをテレビドラマで武井咲さんが演じることになったらしい。
今回は阿久悠さんの小説どおり舞台は淡路島ですが、映画では笠岡諸島の真鍋島でした。
5年前その真鍋島へ行こうと予定をたて飛行機と宿の手配をすべてすませた直後東日本大震災が起き、キャンセルしようかどうするか迷ったものの行きました。

真鍋島へ行ったのは母が亡くなってから2年後のことですが、本来の目的は母の嫁ぎ先である広島県の上下町がどんなところか見たかったことと、広島なら尾道鞆の浦と猫がたくさんいるし、ついでに島猫を撮りたいということでした。
その候補として真鍋島を選んだのは冒頭に記した映画瀬戸内少年野球団の舞台になってたからだし、北木島同様宿に泊まれることで猫たちをゆっくり撮影できるのも大きな理由でした。

画像は以前のブログで掲載したもので、記憶のある方がいるかも知れませんがご了承願います。

撮影機材 / Nikon D7000 / AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
映画の舞台になった真鍋島小中学校
cat_manabejima_0001.jpg 

漁船に乗り込む猫がいるし路地の奥からは海も見える
cat_manabejima_0002.jpg cat_manabejima_0008.jpg

海辺から少し山の方へ行っても猫たちがいて見知らぬこちらを出迎えてくれるばかりでなく見送りもしてくれました
cat_manabejima_0003.jpg cat_manabejima_0004.jpg cat_manabejima_0005.jpg 

猫たちは島の一部のように同化してて島民たちがことさら可愛がるわけでもありませんが邪険にすることもない
cat_manabejima_0006.jpg cat_manabejima_0007.jpg 

白黒猫はとぼけてるというか愛嬌者でした
cat_manabejima_0010.jpg cat_manabejima_0009.jpg

この日は赴任してた教師たちの離任式で猫との別れを惜しんでるようでした
cat_manabejima_0011.jpg cat_manabejima_0012.jpg             
テーマ: 国内旅行 | ジャンル: 旅行 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

鶴瓶の家族に乾杯で西内まりやちゃんが泣いてました 

島に着くとそこかしこにいた猫が集まって来ました。
cat_manabe_0001.jpg 

島の猫たちは浮世から離れのんびりしてていいです。
cat_manabe_0002.jpg cat_manabe_0003.jpg cat_manabe_0005.jpg cat_manabe_0004.jpg    

島民の方が教えてくれた猫だまりです。
cat_manabe_0009.jpg cat_manabe_0010.jpg cat_manabe_0011.jpg cat_manabe_0012.jpg     

ここを撮影してもどろうとすると猫たちがぞろぞろついてきます。
警戒してる癖について来るとはおかしなものですが、猫とはそういう生き物。
それで振り向くと、ぴたっと立ち止まります。
餌をねだろうとしてるのか、珍しいのが来たと興味津々なんでしょう~
cat_manabe_0008.jpg cat_manabe_0007.jpg cat_manabe_0006.jpg     

港にもどると猫が寄って来ました。
人懐こいのがいれば我関せずのもいます。
cat_manabe_0013.jpg cat_manabe_0014.jpg cat_manabe_0015.jpg cat_manabe_0018.jpg cat_manabe_0019.jpg cat_manabe_0020.jpg cat_manabe_0021.jpg   cat_manabe_0017.jpg     

この2匹は兄弟なのかよく似た顔立ちをしてます。
cat_manabe_0016.jpg 

船着場から山越えした反対側にある宿は海が目の前で夕闇間近。
この日の宿泊は私一人きりで女将さんが少しばかり晩酌の相手をしてくれました。
オコゼの活き造りや新鮮な魚介類はさすが瀬戸内海と頬が緩んでましたね~
cat_manabe_0022.jpg cat_manabe_0023.jpg cat_manabe_0024.jpg

島の春は穏やかそのものです。
cat_manabe_0025.jpg cat_manabe_0026.jpg cat_manabe_0027.jpg cat_manabe_0028.jpg    

春といえば別れの季節。
島の先生が生徒たちに送られ船乗り場へ。
どれぐらいいたのか知りませんが猫に別れの挨拶をする先生。
愛嬌たっぷりの白黒の猫は、きっとこの教師をなにかと癒してたんでしょう。
教師は皆が船乗り場へ行っても猫との別れを惜しんでました。
cat_manabe_0031.jpg cat_manabe_0029.jpg cat_manabe_0032.jpg cat_manabe_0033.jpg cat_manabe_0030.jpg cat_manabe_0034.jpg cat_manabe_0035.jpg 

こちらも今日は帰宅する日。
結婚した両親が住んでた広島の上下町をふりだしに、老々介護の果て火事で亡くなった交友してたブロガーさんの墓参りをし、宮島から尾道鞆の浦とまわり、そしてこの島嶼群へ。
その間少なくなからず人との出会いがあり、一期一会の人生を感じてました。
船に乗り込むとそんなことが思い出されたし、愛嬌のいい白黒の猫が待合室前で見送ってくれてました。
いろんなことが思い出に残る旅でした。
cat_manabe_0036.jpg cat_manabe_0037.jpg 

さて、この島がどこだかお判りでしょうか?
猫好きな方ならうどん屋ですぐお判りでしょう~
夏目雅子さんが主演した瀬戸内少年野球団のロケ地となった真鍋島です。
cat_manabe_0038.jpg 

撮影機材 Nikon D90 / NikonD7000 / AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED / AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR


何故4年も前のことを今さら記事にするかといえば、鶴瓶の家族に乾杯西内まりやちゃんが愛媛の松山から近い忽那諸島で女生徒と出会い別れるとき泣いてたのを見てて、人の出会いはいいと思ったからだしましてや島旅は郷愁がひときわ。
そんなことで古いファイルを引っ張り出すと、4年前とはいえ昨日のことのようにいろんなことが蘇って来ました。
人との出会いもさることながら猫との出会いも格別です。
猫好きな西内まりやちゃん、きっと島で猫を何匹も見たでしょうし、それも後々思い出になるんでしょうね~~~
テーマ: 旅行の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 4 | edit

ページトップへ↑