思い通りに写真を撮りたい

最近草花が多くなってますが 猫とスナップがメインの忘備録的ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

思わぬ出会い 

墓地を購入したのは30年ほど前。
景気が良く仕事が順調だし毎月50万円ほど定期積立預金をしてた当時のことで、寝る間がないほど忙しいというのにシルビアで山へ行ったり写真を撮りにあちこち乗りまわしてました。
それがバブルがはじけ天国から地獄へ真っ逆さまに落ち、もう何もする気になれず会社をつぶして雇われる身分に。
収入はがくんと減ったものの、いわれたことをやればいいのはどれだけ楽かと思いましたね~~~
ま、その後車を手放す羽目になりましたが・・・

車がなくてもレンタカーがあるし友人知人が持ってるので、それで10年ほど前までマイカー時代同様あちこち行ってましたが、それが今では3年余り運転してない。
我が家の野良猫の餌やりに翻弄されてることもあリますが、リタイア同然の今ドライブや旅行など贅沢をひかえてます。
それでも困るのが墓参り。
墓地がとんでもないところにありバスで行けても本数が少ないし、墓地の送迎バスは土日祭日と彼岸の期間以外前日予約しなければならない。
しかも管理事務所から墓まで400余りの階段を上らなければならず、やはり送迎バスを利用せざる得ない。
そういうところに墓地を決めたのは父親が亡くなった先の近くだからでしたが、今思えばもっと近くで便利なところなかったのかと・・・
そんなところでも墓石建立までにかかった費用が400万近いんですからね・・・

そんな墓地へ先日の彼岸に行きましたが、その周辺はまさに里山。
satoyama_0001.jpg satoyama_0002.jpg  

それでもなんども行ってて見飽きてるので少しばかり足を延ばしました。
それで行った先は都内及び近郊在住で草花の撮影愛好者ならあそこなら知ってるよというところですが、敢えて場所は伏せておきます。
ま、その最寄り駅に着き市街地の狭い路地のような道を歩いてると、第一猫発見。
cat_town_0040.jpg

人馴れしてないのか逃げられましたよ。
それから少し行くと第二第三の猫がいたし、目的地へ行く道から外れると迷う恐れがあるので脇道へは行きませんでしたが、行けばかなりいるのではないかと思いましたね~~~
cat_town_0041.jpg cat_town_0042.jpg satoyama_0003.jpg satoyama_0004.jpg satoyama_0010.jpg 
そして目指したところへ到着すると昨日記事にした菜の花畑の前の茅葺屋根があり、しばらくその周辺を撮影したものです。

satoyama_0007.jpg
 
satoyama_0006.jpg satoyama_0005.jpg satoyama_0008.jpg satoyama_0009.jpg

モダンな住宅が建ってるとはいえ、高野辰之の唱歌の詩が思い浮かぶような里山の光景。
それを撮り終え表通りに出て帰ろうとすると猫がいるではないか~~~
それも3匹・・・?
思わぬ出会いに小躍りしちゃいましたね~~~
cat_house_0005.jpg

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO 
テーマ: 心に残る風景 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

猫の対人認識度は? 

昨日記事に書いた猫撮りのホームグラウンドにしてた墓地へ今日行って来ました。
今年は1月7日に行って以来なので、ほぼ1年ぶりになります。
初めてここへ行ったのは5年前のお盆ですが、このとき生後4か月ほどの縞三毛がいてテイラーと名付け、その後半年間は三日とあけずに通ったものです。

そんなことでテイラーちゃんこちらが合図すると必ず出て来たものですが、3年ほど前から行く機会がめっきり減ってます。
それで1年ぶりの今日はどうかと例の如く合図するとすぐに出て来ました。
tailer_family_0001.jpg 

出てくるなりこちらの前で伸びをしたと思ったら、いきなりごろにゃンして挨拶してくれました。
それに足にすりすりしてくるし、こちらのことを忘れてないようです。
猫の知能程度は人にすると3歳から5歳ぐらいではないかといわれてますが、猫の対人認識度は高いようですね~
tailer_family_0002.jpg tailer_family_0005.jpg  

と思ってたら、テイラーちゃんの母猫がいつの間にかこちらを見てます。
この猫は私に懐くどころか常に警戒心をあらわにし、餌を出してもめったに食べません。
あたしゃあんな男からもらわなくたって平気だから、好きなだけ食べたらと思ってるのか・・・
はたまたうちの娘を誘惑しないでよという鋭いまなざしが刺さりそうです。
tailer_family_0003.jpg tailer_family_0004.jpg  

30分ほどいましたが持ち合わせの餌がなくなったところで引き上げることにしました。
するとテイラーちゃんこちらの後を追って来ます。
見送りまでしてくれるとは嬉しくなってしまいます。
またすぐ来るからといって別れましたよ(=^・^=)
tailer_family_0006.jpg 
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑