思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

彼岸に撮影したヒガンバナ 

片道2時間かかるのに体調がすぐれず彼岸なのに墓参りに行かず仏壇に手を合わせ両親を供養。
その後カメラを持ち出し散歩してると彼岸花が目に付く。

9月半ば過ぎになるとネットでヒガンバナを目にすることがが多く日高の巾着田が話題に挙がってました。
数年前その巾着田へ彼岸時に行ったことがありますが、500万本ものヒガンバナが群生してる様は圧巻でも遠方から観光バスで押し寄せる人の波も負けず劣らず多く落ち着いて撮影できる状態ではなかった。
ま、早朝なら人はあまりいないでしょうが・・・

そんな巾着田でも行きたいと思ってたのは猫がいるかだし墓地から比較的近いからですが、墓参りとあわせるとまる一日かかるし歩く距離もかなり長くなるので断念。
ということで近所のヒガンバナを撮影。
背景がうるさくても白いヒガンバナは珍しいので撮影しました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO
 2017_09_0017.jpg 2017_09_0016.jpg 2017_09_0019.jpg  


高校時代級友が突然自宅を訪ねて来たことがありました。
その彼ととくに親しくなかったので何故と思うものの、来るもの拒まずで近所の土手へ行きました。
そこで何を話したのか全く覚えてませんが、今度はうちへ来ないかといいます。
近所に絵描きの東郷青児がいて仲がいいんだというのに、東郷青児が誰だか知らないというと自由が丘のケーキ屋モンブランの包装紙の絵を描いた人だといわれすぐにわかった。

高校時代自由が丘は何かにつけよく行ってて、ジャズ喫茶ファイブスポットで100円のコーヒーで何時間もねばりながらマイルス・ディビスやウエス・モンゴメリーなどを聞いてたし、デートにモンブランでケーキを食べちょっとした贅沢気分を味わってたからです。
で、その後戸越公園だか戸越銀座にある東郷青児の家へ案内されたことがありますが、変わったおじさんというイメージでした。

その東郷青児がテレビ美の巨人たちで紹介されてましたが、高校時代変わったおじさんだと思ったのはともかく、ネットで調べるとかなりの艶福家だったようです。
これより遅れること少しで付き合った彼女の父親が前衛画家だったし、二十歳ごろよく鎌倉へ撮影しに行ってて知り合った年配の方がなんらかのサークルに所属してたのか、その会合に連れて行かれると二科展の常連熊谷九寿さんという画家を紹介されたことがあります。
その当時60代半ばだったと思いますが、鎌倉の山奥に住んでて仙人のようないでたちでした。
油絵で鯉を描くのをライフワークにしてたようで若輩者の私にその鯉をポストカードにして年賀状を送っていただいたことがありました。

写真に対する造詣があっても絵心の全くない私が数年前から土曜の晩というと「美の巨人たち」を見るようになったのは絵に対してコンプレックスがあるからだろうか?
東郷青児熊谷九寿という著名なふたかたにいまさら畏敬の念を抱いても仕方ありませんが、引き合わせてくれた両者に感謝したいものです。
テーマ: *写真で残す日常* | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑

お彼岸に墓参り 

2016_03_0001.jpg

2016_03_0005.jpg 
威風堂々とした山門をくぐり墓地へ。
桶の水で墓石を洗い清め牡丹餅にが両親が好きだったものを供える。
今もなんとか生きてると故人となってる両親に伝え供え物を頂戴する。
墓参りをすませたら本堂の回廊で一休み。

とまぁ、彼岸の墓参りの一節を理想として描くものの、実際はこんな立派な寺の墓地ではない。
広島の山奥から上京した両親が東京に菩提寺があるわけでなく、かといって広島にもありません。
いや、あったのかも知れませんが、親族のすべてが去ってるので菩提寺の有無は分かりません。
それで父親が亡くなった近辺の霊園墓地で墓を建立しました。

その墓地へは自宅から3時間ほどかかります。
それで墓参りする当日早朝に弁当を作って行きます。
最寄り駅に幕の内弁当などが売ってればいいんですがコンビニの類しかなく、それで間に合わせることもありますが味気ないですからね・・・
そして墓参りがすめば辺りを散策します。
霊園自体山を造成してて周囲が山里で枝垂れ桜があるんですが、彼岸のときではまだ花を見ることはできません。
それでも長閑な雰囲気が好きで、こんなところで住んでみたいと思うこともあります。
春秋の彼岸だけでなく月命日とか近くへ撮影しに行ったときなど寄りますが、近ければ足繁く行きたいのに一日がかりなのではそうもいきません。
年間通して5回ぐらいですが、それだけに墓参りは両親へ近況報告をするだけでなくいろんな思いにふけてしまいます。
2016_03_0006.jpg 2016_03_0007.jpg  

2016_03_0002.jpg 2016_03_0003.jpg 2016_03_0004.jpg  
テーマ: 何気ない日常の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

ページトップへ↑

旧六郷用水の桜の蕾がはじけそうです 

旧六郷用水桜の蕾がはじけそうです。

左が19日で右が今日21日に撮影したものですが、旧六郷用水桜の蕾が開こうとしてるのがお判りでしょうか?
flower_sakura_0004_20150321175020f07.jpg flower_sakura_0005_20150321175021fd5.jpg

来週半ばには開花し週末には満開となって人々を楽しませるでしょう。
flower_sakura_0006_201503211750221ad.jpg flower_sakura_0007_20150321175024507.jpg  

明日はお彼岸だし墓参りへ行ったついでにソメイヨシノが咲いてないか探しまわろうと思ってますが、まだ早いでしょうね・・・

テーマ:  | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 9 | edit

ページトップへ↑