思い通りに写真を撮りたい

猫と花にスナップがメインの日記代わり的忘備録ブログです 右上のMENUクリックでカテゴリーが表示されます

日陰で昼寝してる猫 

5月だというのに30度どころか35度以上の真夏日を記録するなど、まさに五月晴
といっても五月晴は梅雨の合間に晴れを指すので誤用ですが・・・

とにかく暑くて歩いてると汗だらけになるし、カメラをにぎるグリップがべたつく。
そんななか見つけた猫は日陰でのんびり昼寝。
暑いときは日陰に限るとばかり、塀の上でも寝てる猫がいました。

撮影機材 PENTAX K-5Ⅱs / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO


動物写真家・岩合光昭さんが今夜7時半から「NHKプロフェッショナル仕事の流儀」に出演します。
命のエネルギーがあふれ出る写真はいかにして生まれるのか?
「猫とイコールでありたい」と語る岩合光昭さんに長期密着。
10月からの朝ドラでヒロインとなる女優・葵わかなさんが「猫好き」代表として、岩合光昭さんに「猫を上手に撮るコツ」を教わるコーナーもあるそうです。
※ヤフーテレビガイドより抜粋
猫好きだけでなく猫をどう撮ればいいか思い悩んでる方に役立つことが多いと思います。

おニャン子は秋元康とテレビ局をはじめとしたメディアの金もうけに利用されるなど可哀想だなと思ったものです。
元巨人軍の城之内邦夫さんが大好きでして、近所に住んでたこともあったし叔母が同じく元巨人軍の藤尾選手宅で家政婦をしてたこともありV9時代の皆さんのサインをもらったこともあります。
おニャン子メンバーの城之内早苗さんがそんな城之内さんの姪っ子と知り、それも子供だましみたいな秋元康の歌でなく演歌を歌いたという彼女を陰ながら応援したものです。
その彼女が昨日旅サラダに出演してました。
それもデジイチに望遠ズームをつけてました。
へ~写真が好きなのかと見てると、そのレンズにフードを装着してない。
レンズフードはよけいな光線をカットするだけでなく、フィルターとレンズ保護のためにも装着しておくべきなんですが・・・
それが違うシーンになるとフードをつけてたのは、同行してた写真講師がフードがあるなら装着すべきと教えたのか?
霧にまかれた湖を撮影した城之内早苗さんは真っ白でなにも写ってない感じといってましたが、露出補正の定石通り、白いものを白く写すにはプラスで、暗いものを暗く写すにはマイナス補正にしても、そのときの状態で露出補正はまるっきり違う。
そんなことも講師に教わってればいいんですが~~~

上記した技術的なことを知ってても、猫を思い通りに撮れないのを痛感してます。
そういうことで今夜「NHKプロフェッショナル仕事の流儀」で岩合光昭さんがどんな撮影をするのかじっくり見たいと思ってます。
テーマ: 猫の写真 | ジャンル: 写真 |  trackback: -- | comment: 2 | edit

ページトップへ↑